曇り空の下でも・・2024/06/20 15:13

曇り空の下でも・・
雨がちな日々の近づきを告げているのでしょうか。
スッキリしない曇り空に覆われた正午前になりました。
そんな空の下でも、昆虫達の動きは、それなりに活発。
好みの花に来て、吸蜜に熱中する蝶の姿をたびたび目にしました。
シロツメクサの花に止まっていたのは、ヤマトシジミ。
翅の端部に大きな欠損が見られました。活発な動きを続けている証拠ですね。
迷惑者・アブラムシが続々と・・
ヒマワリの葉に、うっかりすると見過ごしそうな 小さな小さな昆虫が・・
いま、続々と誕生中のアブラムシです。
体は小さいけれど、食欲は かなりなもの。植物を弱らせるパワーは抜群です。
今日の目撃はこの1匹だけでしたが、気持ち悪い程の群れを目にする事も度々。
育ち盛りの夏の植物にとっては、心配のたねが 今年も・・ですね。

※6/20に都内で撮影

きつ過ぎる暑さに・・2024/06/19 16:03

きつ過ぎる暑さに・・
まだ高温慣れしていない体には、きつ過ぎる程の暑さに見舞われました。
オシロイバナの花も、元気なく うなだれて・・
自然が夏モードにシフトチェンジする迄には、もう少し時間が掛かりそうですね。
獲物の手応えがさっぱり・・
カマキリの若齢幼虫は、強い陽射しを苦にもせず。
葉から葉へ、獲物探しのパトロールを続けていました。
大きくなる為には、とにかく沢山食べないと・・でも、肝心の獲物の姿はさっぱり。
そろそろ、日陰に逃げ込もうかなと考えていたかも・・
葉陰に身を隠している昆虫たちには、警戒アラート発令でしょうね。

※6/19に都内で撮影

寂しいですね。2024/06/18 13:35

寂しいですね。
一部地域で大雨警報が発表される程。そんな本降りの雨に見舞われた日中。
にわかに元気付いていたのは、旬の花・アジサイ。
「こんな空を待っていたんだよ」って言う声が聞こえて来そうでした。
この情景に似合う生き物と言えば、デンデンムシムシ・カタツムリでしょうね。
目を凝らして探してみましたが、その姿は、さっぱり。
絶滅の危惧も囁かれる状況とか・・寂しいですね。

※6/18に都内で撮影

手応えがさっぱり・・2024/06/17 15:52

手応えがさっぱり・・
梅雨入りしたと言われても、素直に納得できる様な 冴えない曇り空。
そんな空の下、元気者のツバメ達も いまひとつ調子が出ない様子でした。
電線に止まって、じーっと・・
狙いとする昆虫達の動きも低調で、ハンティングの手応えがさっぱりなのかも・・
※注:背景は空ではなく、大きな倉庫の外壁です。
暇そうにしていた蜘蛛
昆虫キラーの蜘蛛も、葉っぱの上でじーっとしていました。
狙いとする昆虫たちの動きもさっぱりなんでしょうね。
降るなら降るで、はっきりして欲しいなぁ。あきらめがつくからね かも・・

※6/17に都内で撮影

爽やかな空とも・・2024/06/16 18:07

爽やかな空とも・・
澄み切った青空に浮かぶ昼の月。
梅雨の足音が聞こえ始めてもおかしくない時期に差し掛かりました。
こんな爽やかな空とも、しばしお別れの時が、近づいているんですね。
それを思うとね・・
ナナホシテントウ お昼寝中
穏やかな空気に包まれて、元気なナナホシテントウも、ついウトウト・・
好物のアブラムシ退治はひとまず置いといて、スヤスヤ お昼寝中でした。
幸いな事に、この草には、アブラムシの姿は皆無。
草としては、「いざとなったら、よろしくお願いします」でしょうね。
草の願いはじゅうぶん承知の筈。その時に備えてパワーを充電中の様でした。

※6/16に都内で撮影