目を凝らせば・・2023/02/03 13:18

目を凝らせば・・
どんよりとした曇り空が今日も継続。気温も一向に上がる気配が見られません。
当然の事ながら、昆虫の姿は皆無。
一年のうちで、最も退屈な時期が今なのかも知れません。
アジサイの冬芽
そんな中でも、よく目を凝らせば、それなりに嬉しくなる物との出会いが・・
これは、道端で目にしたアジサイの冬芽です。
牛のツノを思わせる2枚の葉の中央で、曇り空に向けて突き上がっていました。
寒さ何するものぞ!の強い意志を感じる事が出来て、ほっとしました。
アオキの赤い実・一粒だけ・・
地味な色ばかりの木立の中で、はっとする様な鮮やかな紅色に出会えました。
低木・アオキの実です。
まわりの実はまだ未熟な緑色ですが、一番乗りは僕だよと誇らしげな表情の様にも・・
目立ち過ぎて、ヒヨドリなどの野鳥の標的にならないかちょっと心配。
何しろ、やつらもお腹を減らしてますからね・・
種子の散布役を担ってくれるので、本当は有難い存在なのかも知れませんが・・

※2/3に都内で撮影

春の気配は・・2023/02/02 12:56

春の気配は・・
カラーで撮ってもモノクロで撮っても同じ。そんな感じの寒空に覆われました。
吹く風も、肌にピリピリと突き刺さる感じ。
春の気配は一向に・・そんな感じの天候がこの先もしばらく続くのでしょうか。
レンギョウの花・一輪だけ
咲き揃えば賑やかな雰囲気を漂わすレンギョウの花も、たった一輪だけ。
試しに咲いてみましたって言う雰囲気でした。周りの蕾は固く閉じたまま。
先駆者の ”まだやめといた方がいいよ" の声を聞いて、そう決め込んだみたい。
タンポポの花も今日はここまで・・
地面スレスレで目にしたタンポポの花も、今日はここ迄で限界みたい。
これでは、蜜や花粉を求める昆虫達も取り付くシマがありませんね。
事実、あたりに昆虫達の姿は皆無でした。
今日は、どこかにこもって暗い空を恨めしげに見上げていたかも・・
まだまだですね。

※2/2に都内で撮影

手応えはさっぱり2023/02/01 13:13

手応えはさっぱり
寒さが少し和らいだ様ですが、肌で感じる冷気はまだかなりのレベルでした。
春の訪れはまだずーっと先の事と言う感じ。
冬空を飛翔していたのはトンビ。滑空しながら地上の獲物を探索しているらしい。
急降下のアクションはなかったので、手応えはさっぱりの様でした。
野草のロゼット、地面にベッタリ
地面にべったり張り付いて寒さに耐える野草の冬姿・ロゼット。
立体化する気配は、まだ見られません。
にょきっと立ち上がって花が開き、蜜を求める昆虫達に向けて強くアピールを・・
あと何日ぐらい掛かるのでしょうか。待ち遠しい気持ちです。

※2/1に都内で撮影

早過ぎたかね?2023/01/31 13:54

早過ぎたかね?
明るい陽射しに恵まれた昼前。しかし、肌にピリピリの寒気は相変わらずでした。
そんな中でもウメの花の見頃は依然継続中。
空の青との対比で、より一層鮮やかに感じられました。
アジサイの冬芽成長中!
寒さに負けないぞ!って言う感じで突き上がっていたのは、アジサイの冬芽。
花の見頃はまだだいぶ先ですが、その時への準備は着々と進んでいる感じ。
何色の花を咲かせてくれるのか、楽しみになってきました。
全開になっていたオオイヌノフグリの花
草地では、まだ少数ですが、オオイヌノフグリの開花を確認出来ました。
この二輪はほぼパーフェクトな開き方。
蜜を求めるハチやアブ達にとっては、魅惑的な姿でしょうが、訪問客はさっぱり。
花粉媒介役を期待する花としては、拍子抜けって言う感じでしょうね。
”少し早過ぎたかね” と語り合っていたかも・・

※1/31に都内で撮影

寒さに負けないぞ!2023/01/30 15:37

寒さに負けないぞ!
澄み切った冬の空に浮かぶ昼の月。今の時期を象徴する風景と言えそうです。
手前の木立はサクラ(ソメイヨシノ)。
枝にはびっしりと冬芽がついて、少し膨らんだ様にも・・
冬の寒さに負けないぞ!と言うパワーが感じられて、ほっとしました。
ナナホシテントウの求愛ポーズ
足下に目を落としたら、ナナホシテントウのホットなシーンが・・
猛烈なプロポーズを敢行中と言う様に見えましたが、これ以上の進展はなくバイバイ。
時期的にちょっと早過ぎる求愛だった様ですね。
もう少し暖かくならないとね。

※1/30に都内で撮影