二頭の龍が・・2012/12/04 21:25

二頭の龍が・・
夕方近くの空。二頭の龍が身をくねらせて天に昇っていきました。
これは毎年寒さが厳しさを増す時期になると目にする光景。
火力発電所の煙突から出る暖気が上空で冷やされて出来る巨大な水蒸気の柱です。
今日の出方もかなり盛大。寒気の強まりを実感させられました。
ツタの紅葉
遠目にもかなり目立っていましたので、何だろうと近寄ってみたらこれでした。
建物の壁を這うツタ。カエデの紅葉にひけをとらない程の見事な色づきでした。
若干異様な感じがするのは否めませんが・・
マユミの実
花が自然界の彩りの主役だった時期はとうに過ぎ、今は木の実が代役を務める頃。
これはマユミの実。小さなこの実には二重の楽しみがあります。
季節が進みピンク色の実が割れると、中から赤い種子が顔を覗かせます。
今はまだ少数ですが、この先ぱかんぱかんと盛大に割れ始める筈です。
サルスベリの実
これはサルスベリの実。夏に咲く花は鮮やかな色合いですが、実は何とも渋い色。
冬枯れの野にぴたりマッチしている感じです。
この実はスズメ等小鳥の大好物。集団でついばむ光景も近々目に出来そうです。

※12/4に都内で撮影

コメント

トラックバック