それぞれのスタイルで2012/12/23 20:37

それぞれのスタイルで
この時期に出会える野鳥の中で、私のお気に入りと言えばジョウビタキ。
今日も可愛らしい姿を目にする事が出来ました。
▲これがジョウビタキの定番ポーズ。
それほど高くない位置に生えた小枝に止まり、草原の様子をうかがっています。
ジョウビタキのメス
何かを見つけると、さーっと飛び降りて獲物をキャッチする戦法です。
狙うのは昆虫やクモ等なんですが、今の時期は空振りも多いみたい。
これは ”あぁ、しくじった” のシーン。
すぐに元の小枝に戻って、下界監視を続けます。
目立たない体色なので、このまま地上での獲物探しを続ければいいと思うけど・・
小さいながら孤高のハンターです。その狩猟スタイルは頑として崩しませんね。
ジョウビタキのメス
近くの小枝に止まってくれたので一枚。
くりっとした目が何ともチャーミング。
その顔で虫を食らうか・・って言う感じではありました。
シジュウカラ
単独行動を旨とするジョウビタキと異なり、シジュウカラは集団行動派。
今日も枯れ色に染まったヨシ原に多数集結して、捕食行動に精を出していました。
シジュウカラ
枯れた茎を嘴でついばんで、中の小昆虫を捕らえるのが彼らの作戦。
枯れ具合もかなりいいレベル迄進んで、絶好のお食事タイムが到来した様です。
パチパチと言うついばみ音が賑やかでした。

※12/23に都内で撮影