今の色2015/02/13 20:32

今の色
背景はヨシの群落。カラカラに乾いた枯れ色は今の時期を象徴する色合いです。
それと好対照を成していたのが、水辺に生えた幼木の葉。
枯れ色との対比で、若い緑の鮮やかさがより一層強調されている感じでした。
ナンテンの葉
若い葉はみんなフレッシュグリーンって言う固定観念には一寸問題も・・
まず赤く染まってから緑色に変化する葉を持つ植物も結構多い。
例えばこのナンテンの若葉。今は秋かい?って思わせる色に染まっていました。
初春に紅葉する理由には諸説ある様ですが、難しくてちょっと・・
オオイヌノフグリ
春の始まりを告げる嬉しい色と言えば、オオイヌノフグリのコバルトブルー。
陽射しの強まりと共に、複数個の花が咲く光景を見かける様になって来ました。
この色に惹かれる虫の数、極めて多しなんですが、流石に現状そこ迄には至らず。
所在無さげに咲く姿ばかりと言う所がちょっと寂しい。

※本日撮影の画像ではありません(2/11に都内で撮影)