脅威の存在は今2015/05/03 21:26

脅威の存在は今
ここの所、注目し続けているクヌギの木の樹液噴出スポットの今日の様子です。
気温の上昇を受け、樹液の噴出量も増加しているみたい。
それを狙うコアオハナムグリの集結状況はいつもの通り。
今日は更にシロテンハナムグリ(画像中央・艶のある個体)も新規参入して大賑わい。
オオスズメバチの樹液摂取
突然、その群れに割って入って来たのは、見た目も恐ろしいオオスズメバチでした。
とんでもない乱暴者と言うのは、甲虫達も十分に承知しているらしい。
これが現れた途端に、潮が引く様に樹液スポットから離れてしまいました。
残った2匹も、強烈な頭突きを食らってしまい、樹液スポットに近づけません。
樹液を出す木がまだ少ない今、ここは甲虫達にとって貴重な樹液スポットです。
イヤな奴に見つけられてしまったなと、嘆きの声が聞こえて来そう。
オオカマキリの幼虫
他の昆虫達とっての脅威の存在・オオスズメバチは既にフル稼働中。
同様に恐るべき存在であるオオカマキリの現状は?・・
ご覧の通りの超ミニサイズ。葉っぱの先で怖々下を覗き込む等、動作もまだ頼りない。
よほど小さい昆虫でなければ、捕食される危険は少ないかなと思えます。
しかし昆虫の成長の早さは驚異的。そうそうのんびりともしていられないかも・・

※5/3に都内で撮影