ドジな赤鬼2015/05/05 19:44

ドジな赤鬼
そろそろかなと思い、目を凝らして見たら・・いました!。長い角を持つ赤鬼。
タブノキを食害する事で知られる髪切虫・ホシベニカミキリです。
その食性を証明する様に、今の時期になると、タブノキの下の草地で良くみかけます。
何かの拍子に、木からころっと転げ落ちてしまうらしい。
で、手近な草によじ登って、飛び上がろうとするのが、いつものパターン。
ホシベニカミキリ・悪戦苦闘中
しかし重い身体が災いして、この様に草が激しくかしいでしまいます。
これでは飛び上れません。で、打つ手なく、再び地上に落ちてしまう顛末の繰り返し。
見ていて、じれったく感じる程の見事なドジぶりです。
ホシベニカミキリ・余裕の表情?
ようやく学習効果が効いたらしい。細すぎないしっかりした草を見つけました。
何だか余裕の表情。この後、翅を大きく開いて飛び立ちました。
目指すのは、おそらくさっき転げ落ちてしまったあのタブノキでしょうね。
でも、あのドジぶりだと、再び木からころっとなるのが、必定の様にも・・
クロイトトンボ
草地の鮮やかな緑に良く映えていたのは、ホシベニカミキリの紅色。
一方、このイトトンボは、地味な色合いで全く目立ちません。
今季初遭遇のクロイトトンボ。
これまでは、アジアイトトンボが多数派の位置を占めていたこの草地。
新顔の登場で、いよいよ賑わいを増しそうです。

※5/5に都内で撮影

コメント

トラックバック