小粒だけど頼もしい2015/11/12 21:01

小粒だけど頼もしい
草むらを鮮やかな黄色で彩ったセイタカアワダチソウも、終末期の様相に・・
セイカタアワダチソウ、白く泡立つ
名前の通り、白く泡立った背高の穂先が、晩秋の陽を受けて輝いています。
花粉や蜜を求めて集まっていた昆虫達の姿も既になく、ただ寂しさが漂うだけ・・
ナナホシテントウ捕食中
・・ではなくて、依然オンタイム・しっかりお仕事中の昆虫も・・
生彩を失った草にも、アブラムシがしつこく付きまとっているらしい。
それを退治する為に大忙しだったのが、ナナホシテントウ。
冬の最中にも目にする事が出来るタフな奴。
厳しい冬を乗り越える為の体力作りに余念がない時期の様です。
四季を問わず、強力な効能を発揮する生物農薬。
小粒だけど、何とも頼もしい。

※本日撮影の画像ではありません(11/11に都内で撮影)

コメント

トラックバック