冬景色に馴染む2015/12/15 22:04

冬景色に馴染む
池に映る水辺に立つ木のシルエット。
葉をすべて落とし尽くして完璧な冬姿に変わっていました。
春の陽射しを受け樹々に活力が戻る迄、長く目にする事になる寒々しい光景です。
枯れたヨシ原
目を水辺のヨシに転じてみると、カラカラに乾いた枯れ色に埋め尽くされていました。
辛うじて暖色系なので寒々しくはありませんが、これも又冬を象徴する光景です。
ヨシ原のオオカマキリ卵鞘
そんなヨシの茂みを仔細に観察すると、所々でこんな物を目にする事が出来ます。
秋に産み落とされたオオカマキリの卵鞘です。
周囲の色に違和感なくフィットする様な、完璧な枯れ色に変化していました。
擬態上手な成虫。そしてそれが産み落とした次世代の生命のパッケージも擬態上手。
昆虫の生き方は、つくづくしたたかだなぁと感心させられます。

※12/15に都内で撮影

コメント

トラックバック