もう一踏ん張り2015/12/18 20:10

もう一踏ん張り
澄み切った青空に浮かぶ昼の月。
葉を散らし尽くした木との組み合わせは、冬を象徴する風景の一つと言えそうです。
今日の月は丁度半分位。
更に欠けて鋭いナイフ状になると、雰囲気的により一層それらしくなるのですが・・
(樹木はポプラ)
やる気の失せた?ジョロウグモ
雲一つない空から降り注ぐ陽射しは燦々。
木の枝に網を張ったジョロウグモをシルエット状に浮かび上がらせていました。
網は既にヨレヨレだし、その網に掛かった邪魔な落ち葉もそのまま放置。
息も絶え絶えで、陽射しの暖かさに救いを求めている状態なのかも・・
餌になりそうな昆虫の姿もばったり。”もう、やってられんな” の段階らしい。
葉上のカメムシ
蜘蛛は、ほぼ諦めムード。でも昆虫観察者としては、もう一踏ん張り。
そして見つけたのがこの小さなカメムシ。南に向いた常緑樹の葉上でした。
小さいけれど、完璧なカメムシ体形で、赤錆を噴いた様な体色にも凄みあり。
成虫のまま越冬するかは不明ですが、その資質は十分ありそうな感じでした。
南に向いた常緑樹の葉上。この先も色々な種に出会えそうなので要注目だなと・・
(アカヒメヘリカメムシと推定)

※12/18に都内で撮影

コメント

トラックバック