黒い筋走る翅2016/04/12 21:51

黒い筋走る翅
若緑の草をかすめて、白い蝶がひらひらと行ったり来たり・・
一瞬モンシロチョウかと思ったのですが、翅休めを幸いに接近して見たらこの通り。
表翅に走る何本もの黒筋。モンシロチョウには見られない特徴です。
その名はスジグロシロチョウ。モンシロチョウと同じシロチョウ科に属します。
畑のアブラナ種を好むモンシロチョウに対して、こちらは野生の草を好むのだとか。
と言う事は、私の観察地では、この先も頻繁に出会える可能性大。
一応、ご挨拶代わりに一枚。
ツバメシジミのメス
白い翅が目に眩しく映るスジグロシロチョウとは正反対。
裏翅の黒が渋いこれは、ツバメシジミのメス。翅を開いて日光浴を満喫中でした。
オスは派手、メスは地味と言うのが、昆虫の世界で良く見られる現象です。
ツバメシジミもその通り。オスの裏翅は光に映える青紫色で目立ちます。
春の陽を浴びて輝くその姿を目にするのも間近と思われます。

※4/12に都内で撮影
機材:SONY NEX-6, E30mm/3.5 Macro