いまこの姿で・・2017/10/18 20:15

いまこの姿で・・
久しぶりに青空に恵まれましたが、それも、どっしり安定してとはいかない感じ。
天気の崩れを予告する様な雲が掛かる時間帯が、次第に増え始めました。
葉の多くを散らしたサクラの木の枝先にも、アキアカネの姿は無し。
秋の情趣を堪能したい気持ちに対し、今年も天候は余りにも意地悪過ぎだなぁと・・
オンブバッタ幼虫
それでも、晴れ間が覗いた日は、昆虫達の動きも活発化してそれなりに楽しめます。
でも、手放しで楽しめるシーンばかりではないところが、何とも微妙。
例えばこれ。まだ翅も生えていないオンブバッタの若齢幼虫です。
この種は、成虫での越冬は出来ないとされています。あくまでも卵の形でだけ。
そのライフサイクルから判断して、今の時点でこの状態と言うのは余りに遅過ぎ。
この先も無事成長を続けて欲しいけど、まず無理でしょうね。なんか悲しい。
アオクサカメムシ幼虫
一方、このアオクサカメムシ幼虫については、今の時点でこの姿でも全然問題無し。
この種は、成虫のまま、林床に積もった落ち葉の下などに潜んで越冬するそうです。
今の時期は、丈夫な成虫になるために秋の草を猛食中なんですね。
オンブバッタの幼虫とは異なり、こちらは、安心して眺められる幼虫と言う訳。
冬の足音が次第に近づき始める頃、昆虫観察もかなり複雑になって来ました。

※10/18に都内で撮影