共存関係?・・2018/03/28 20:28

共存関係?・・
今を盛りと咲くヤマブキの花。明るい黄色がかなりの迫力で目に迫って来ました。
ところで、いくつかの花にはちょっと気になるオマケが・・
画像左側に写っている緑色の物体。良く見ればバッチリ蜘蛛の形をしていますね。
植物の一部分の様な体色で獲物をあざむく、ワカバグモでした。
”蜜を求める虫よ、いつでもいらっしゃい” のポーズで待機中。
花は沢山シベを立ち上がらせて、花粉媒介役のアブやハチに対してウェルカム!。
そんな気持ちの花にとっては、この蜘蛛はどう見ても邪魔者ですね。
”早くあっち行け” って言う気分だったかも・・でもこいつ、絶対どきませんね。
カラスノエンドウとアリ
こちらは、花と昆虫の ”仲良し・共存関係” の一例です。
野草カラスノエンドウで良く目にする光景。花の周囲を動き回るアリです。
茎や葉の上を行ったり来たりしながら、必死に何かを探しているみたい。
で、このアリは ”この花はダメだわ、次行ってみよう” となって降下中。
カラスノエンドウで吸蜜するアリ
これは、目的の物が見つかって、集団行動中の一コマです。
アリが探し回っていたのは、花外蜜腺と呼ばれる蜜を分泌する器官。
この花ではその器官が豊富に蜜を供給中だった様です。”おいしいね” って、皆満足。
アブラムシ等の害虫をアリに退治させる事がこの草の目的。
蜜はその為の誘惑手段と言う訳ですね。
でも、その狙いがズバリ的中しているかと言うと・・どうも疑わしい。
”害虫を食べるより蜜の方がいいや” って、吸い終わると即退散の例が多いみたい。
花と昆虫の共存関係の具体例と言えるかどうかは、ちょっと微妙ですね

※3/28と3/27に都内で撮影