ナナホシテントウは今・・2019/02/05 19:47

ナナホシテントウは今・・
お日様大好き昆虫と言えば、何を置いてもまずテントウムシが思い浮かびます。
冬の間も、陽射しが燦々で寒気が緩んだ日にはその姿を確認する事が出来ます。
これはそんな出会いの一枚。廃木の幹で日向ぼっこ中のナナホシテントウです。
ちょこまか歩くのが、この虫のキャラクターですが、この場面ではじーっと静止。
それ程までに、この日の陽射しの心地よさは抜群だった様です。
花壇を歩行中のナナホシテントウ
こちらは花壇の土の上で目にしたナナホシテントウ。
同じく日向ぼっこ中の様に見えますが、実際はせわしなく歩行中の一コマです。
獲物であるアブラムシを探索中だった様です。
でも周囲はご覧の通り乾いた土が主体で、アブラムシが居そうな緑の草はまばら。
首尾よくそれにたどり着くには、どうしても早足にならざるを得ない様でした。
ナナホシテントウの幼虫
同じ花壇で目にしたこれはナナホシテントウの幼虫です。
食性は成虫と同じくアブラムシ等の捕食。
しがみついていたこの若草では、どうやらその手応えがあったらしい。
成虫より一足お先に獲物にありつけて、やったね!の得意顔でしょうか。
春の到来を待たずに始まった、成虫、幼虫入り乱れての食料争奪戦。
ナナホシテントウの世界も中々厳しそうですね。

※本日撮影の画像ではありません(2/3と2/2に都内で撮影)