一日花に来て・・2019/02/18 21:30

一日花に来て・・
清涼感漂う花オオイヌノフグリ。そろそろ纏まった数を目にする時期に入りました。
個々の花は、一日だけ咲いて散ってしまいます。
その短い命を惜しむかの様に、全開状態で陽の光を目一杯浴びようとするその姿。
この花を見るたびに、つくづく健気だなぁと・・
オオイヌノフグリにいたアブ
春を心待ちにしていた昆虫達にとって、何よりの恵みはこの花の蜜にありつける事。
今日も多数が訪れていました。これは小型のアブ・フタホシヒラタアブ。
大切そうにシベを抱えながら、丁寧な吸蜜を繰り返していました。
で、顔面をクローズアップしてみるとこの通り。正に花粉まみれ。
繁殖の為に花粉を媒介して欲しい花にとっては、まさに望み通りの光景でしょうね。
オオイヌノフグリにいた大型アリ
別の花には、ちょっと場違いな様にも感じられる昆虫が・・
がっしりとした体型のクロヤマアリ。花と比べてもそのデカさが歴然です。
で、花に止まって何をしていたかと言うと、花弁に顔をくっつけてスリスリ・・
どうやら蜜を求めるアブとは違い、花弁に付いた花粉を食べる事が目的だったらしい。
アブの様に花粉媒介役としての務めを果たせるかには、疑問符がつきそうですね。

※2/18に都内で撮影