今の彩りに・・2019/04/18 20:47

今の彩りに・・
穏やかな春の青空に似合うのは、目に眩しい輝きを放つ若葉。
そんな一例を披露してくれたのは、街路樹・モミジバフウでした。
秋には、鮮やかな紅葉やトゲトゲの針を持つ丸い実で目を楽しませてくれる木。
それにつながる第一歩が、たった今踏み出された感じ。
今日の青空は、それを祝福している様にも感じられました。
ツツジの花で吸蜜するマルハナバチ
地上に目を落とせば、これもまた今の時期ならではの彩りが・・
路傍や公園の植え込みとして多く目にする事が出来るツツジの花です。
まだ咲き始めと言う段階ですが、紅色の鮮やかさは既に存在感十分。
蜜を求める昆虫たちへのアピール効果も抜群の様でした。
と言う事で、こんなシーンが・・ころっとした体形を持つマルハナバチの吸蜜です。
一つの花での滞在時間は極めて短い。蜜をちょっと吸ったら次の花へ・・
なんとも贅沢なグルメ気分を堪能している感じでした。
ツツジの花で待ち伏せするハエトリグモ
花に惹かれて我を忘れるととんでもない災難が・・それを予知させる光景がこれ。
ツツジの花に引っかかった落ち葉の上に怪しい物影が・・
網を張らずに獲物の到来を待ち伏せするタイプの蜘蛛・ハエトリグモの一種でした。
そのポーズは、獲物が花に止まったら、即、飛びかかるぞ!って言う臨戦態勢。
”綺麗な花には毒があるではなくて、危険が潜む” の1シーンですね。

※4/18に都内で撮影

コメント

トラックバック