雨の止み間のシジミ蝶2019/07/04 21:03

雨の止み間のシジミ蝶
朝方の強い雨はおさまりましたが、細かい雨が断続的に降る日中となりました。
これは、そんな雨が止んだ時間帯に見かけたヤマトシジミ。
水気が乾ききらない葉上でひっそりと翅休めをしていました。
翅を手前に少し傾けているのは、濡れた翅を早く乾燥させる為の工夫でしょうか。
雨の季節に生まれた蝶ならではの生活の知恵と言えそうです。
葉上にいたツバメシジミ
こちらはオシャレな尾状突起を持つツバメシジミ。
ヤマトシジミ同様に翅を乾燥中なのかと思ったのですが、そうではないみたい。
そう判断した根拠は、お尻の先っぽです。ポツンと白い物が写っています。
ツバメシジミの産卵
詳細を確認するとこの通り。白く見えたのは、きらりと光る球体でした。
雨粒の様にも見えますが、お尻との位置関係から見て、卵と判断して良さそう。
雨の止み間の今がチャンスと、急ぎ産卵行動に入ったらしい。
気になるのは、この後の空模様の推移。
二つの卵にダメージを与える様な降り方にならない事を祈るばかり。
強い雨を受けて流されたら、あんまりですからね・・

※7/4に都内で撮影