帳尻は合ってる?・・2019/08/13 20:22

帳尻は合ってる?・・
真昼時に見た北の空。見る者を圧倒する感じの夏雲が湧き上がりました。
この後、猛烈な暑さを鎮める雨が・・と言う展開を予想したのですが、それは無し。
その代わりに木立から耳に届く蝉時雨の音が一段とボリュームアップしました。
ツクツクボウシ
声の主は、ミンミンゼミ、アブラゼミ、クマゼミ・・それに新たな鳴き声が・・
夏の終わりが近い事を告げるしんがり・ツクツクボウシでした。
声そのものは結構通るのですが、その姿の目撃は中々・・
でも、今日こそはと言う事で、木立の中でじーっと目を凝らしました。
そしてゲットしたのがこの画像。大きな木が林立する、昼なお暗い場所での撮影です。
あまりに暗いので、やむを得ずストロボの力を借りて一枚。
透明な翅、青緑を主体とした体色。ミンミンゼミを一回り小さくした感じでしょうか。
でも、その声は独特。哀愁を帯びた調子で夏の終わりが近い事を告げています。
で、その通りになるかと言うと?ですね。何しろ梅雨もあんなに長かったからなぁ。
命を終えたミンミンゼミ
猛暑の夏が長いか短いか予測がつきませんが、セミ成虫の寿命の短さは例年通り。
ついこの間鳴き始めた様に感じるのですが、こんな姿を見かける事が多くなりました。
こんな光景を目にすると、どうしてそんなに生き急ぐの?と感じてしまいます。
暗い地中での幼虫生活が長かったから帳尻は合ってると言う事?。
でもなぁ・・

※8/13に都内で撮影