冬支度が足早に・・2023/12/06 13:11

冬支度が足早に・・
スカッと澄み切った晴れ空が拡がった午前。
ちょっと地味目な紅葉が、その空に映えていました。
隣のサクラの枝には、一枚の葉も残っておらず。
様々な樹木の冬支度が足早に進んでいますね。
タンポポの花で吸蜜するホソヒラタアブ
野に咲く花達は、依然、秋の延長線上です。
陽射しに向かって開く姿を、いくつか確認出来ました。
すこしヨレヨレ気味でしたが、タンポポの花も陽射しに向けて精一杯オープン。
待ってましたと、吸蜜にやって来ていたのは、ホソヒラタアブ。
至福の時を過ごしている様子でした。
ウラナミシジミの魅惑的な斑紋
豊かな陽射しを浴びて、ウラナミジミの斑紋が魅惑的な輝きを見せていました。
少数ながら、咲き続けている秋の野の花に感謝でしょうね。
※注:コセンダングサの花

※12/6に都内で撮影

寂しい日々に・・2023/12/07 13:55

寂しい日々に・・
朝夕の気温の低下が一気に進んでいる様です。
樹々の紅葉が急速な色づきを見せていました。
華やかな色合いですが、寂しい季節の到来を告げる眺めですね。
訪問客さっぱりな野の花
視線を地上に落としたら、秋の野の花が依然頑張りを見せていました。
これだけ開けば、蜜を求める昆虫達への訴求力は十分な筈ですが・・
しばらく観察しましたが、それらの訪問はゼロでした。
いよいよ寂しい日々に突入したと言う事でしょうか。
まだまだ早過ぎる様な気がしてならないのですが・・

※12/6に都内で撮影

青空に映える黄色2023/12/08 14:21

青空に映える黄色
気持ちよく晴れ渡った空にイチョウの葉が鮮やかな色合いで映えていました。
木によって落葉のタイミングに差がある様ですが、この木は、もう少しの間大丈夫。
出来るだけ先延ばしでいいよって言う思いで見つめました。
目にしみる様な紅色
逆光状態で目にした、目に沁みる様な紅色。
紅葉の美を楽しむには、このライティングもかなりいけてるなぁと・・
樹々の葉の色づきを楽しめる日々がもう少し続きそうです。
晴天の継続を強く望みたい気持ちになりました。
さて、昆虫との出会いは・・これがさっぱり。いよいよ厳しい時期に入りましたね。

※12/8に都内で撮影

青空の下で・・2023/12/09 13:30

青空の下で・・
気持ちのいい青空の下、水辺の草の穂がゆったりと風に揺れていました。
やがて、揃って倒れてしまうさだめ。
気持ちを落ち着かせてくれるこの眺めを楽しむのも、今のうち。
黄色く色づいた柑橘類の実
種類は判りませんが、柑橘類の実が黄色く色づいていました。
目で楽しむ風邪対策のビタミンCと言ったところでしょうか。
アキアカネとの嬉しい出会い
さすがに、もう無理かなと諦めていたのですが、嬉しい出会いが・・
地面にぴったり張り付いた草の葉に止まるアキアカネのオスです。
日向ぼっこに専念の日々の様ですが、こうして出会えれば、とても嬉しい。
今日の様な穏やかな天気が、この先も安定して続けばいいのですが・・

※12/9に都内で撮影

こんな天気がこの先も・・2023/12/10 13:22

こんな天気がこの先も・・
穏やかな陽射しに恵まれた日。樹々の葉の色合いに見惚れる事しきりでした。
紅葉は勿論ですが、今の時期に不似合いな程の緑色に輝くものも・・
今の時期にこんな色に出会えるなんて・・自然の多様さを改めて実感しました。
日向ぼっこを楽しむ蝶
昆虫達も、陽射しの恩恵を、目一杯受けようと言う思いだったみたい。
翅を全開にしての日向ぼっこシーンをいくつか目にしました。
これは、ヒメアカタテハのそれ。
これ迄の活発な活動の結果でしょうか。翅に部分的な欠損も確認出来ました。
でも、この程度だったら、問題なし。
この先も、この先もこんな空模様が続くといいねって言う思いで一枚。
日向ぼっこ中のムラサキシジミ
ムラサキシジミは、細い茎に止まって、開翼の気配を全く見せずでした。
魅惑的な紫色の斑紋は目にできませんでしたが、それでも出会えて幸せ。
次に会う時にはぜひ。まだまだ機会はありそうですね。

※12/10に都内で撮影