吸蜜のバリエーション2021/03/06 17:31

吸蜜のバリエーション
思った程の天気の崩れはなく、陽射しが降り注ぐ時間帯もありました。
そんな空の下、賑わいと迄は行きませんが、昆虫達の活発な動きも所々で・・
小粒な白い花が数を増しつつあるユキヤナギに来て吸蜜していたのは、ルリシジミ。
ライバルの数が少ない今はおいしい蜜を吸い放題。至福の時と言う感じでしょうか。
カラスノエンドウにいたアリ
カラスノエンドウでは、アリ達の活発な動きを観察出来ました。
茎の上を忙しく移動した後、決まって見せるのがこのポーズ。
茎に口吻を接しさせて、やっているのは、こちらも吸蜜です。
でも、蜜は花から吸うのがノーマルなのに、なんか変だなぁと思えるのですが・・
花外蜜腺から吸蜜するアリ
別アングルで見てみるとこの通り。
アリが口吻を差し向けているのは茎の特定部位・この画像で三角形に尖った部分です。
これは花外蜜腺と言う器官で、三角形の根本から甘い蜜が滲出しているらしい。
意外な場所に蜜の供給点を設けて、それを知っているアリだけにプレゼントする。
つまりこれはカラスノエンドウが採っている、巧妙なアリ誘引作戦と言う訳ですね。
自分に被害を与える害虫の退治を、アリ達にやらせようと言うのが、その狙いらしい。
害虫の姿がまだ見えない今は、一方的なプレゼントの様に思えるのですが・・
その内きっとなんでしょうね。

※3/6に都内で撮影

穏やかな陽射しを浴び・・2021/03/03 16:53

穏やかな陽射しを浴び・・
穏やかな陽射しを浴びて、春を待っていた物達が一気に活気づいた感じ。
タンポポの花も、やる気全開!と言う感じの咲き方を見せていました。
タンポポの花で吸蜜するアブ
となれば、当然の事ながら、昆虫達へのアピール度が格段にアップした様です。
これは、常連客とも言える小型アブの吸蜜シーン。
シベに前脚を差し伸べての丁寧な吸蜜を繰り返していました。
まさにこの時を待ち望んていたんだよって言う感じでしょうか。
緑色の草の葉を運ぶアリ
豊かな陽射しは、働きアリ達にとっても、大きな力添えになったみたい。
巣穴に向けて様々な物を運ぶ姿をいくつも目にしました。
そんな中、このアリの運搬物は、ちょっと風変わり。
口でくわえて、ワッセワッセと運んでいたのは、緑色の細長い草の葉でした。
何か有効活用の見込みがあるんでしょうか。とにかく一生懸命!。
君はハキリアリの親戚か?と、問いかけたい気持ちになりました。
何はともあれ、徒労に終わらぬ事を祈るばかり・・

※3/3に都内で撮影

こんな空も・・2021/03/02 16:52

こんな空も・・
足早に通り過ぎて行く灰色の雲。穏やかな春の空とは正反対の眺めが続きました。
春がどっしりと腰を据える迄には、こんな空も避けられないと言う事でしょうか。
ホトケノザの花
顔見せを始めた春の花達にとって、陽射しが途切れてしまったのが、何よりも辛い。
ホトケノザの花も、どっちを向いて咲いたらいいのか、意見が割れている様子でした。
自信たっぷりの咲き方を見せるには、春の陽射しの力添えが絶対必要な様ですね。
働きアリ奮闘中!
これは、豊かな陽射しが降り注いだ昨日、地面スレスレで目にした光景です。
大きな荷物を、全身の力を込めて運搬中のアリ。
運んでいるのはゾウムシの一種の遺骸と思われます。巣穴を目指して奮闘中でした。
春の訪れは、アリ達にとっては、超多忙な日々への突入を意味します。
陽射しに恵まれなかった今日は、たぶん開店休業状態だったかも・・
明日、晴れさえすれば、再び・・となる事は間違いないでしょうね。

※3/2と3/1に都内で撮影

強風が吹いた日に・・2021/02/20 22:26

強風が吹いた日に・・
春の嵐一歩手前くらいの強風が吹いた日。
体が縮こまる程の寒さと言いたい所ですが、実際はやや生暖かさを感じる程。
季節が春に向かって着実に進展している事を実感しました。
ヨレヨレの情けない開き方をしていたハルジオンの花も、今日はここ迄シャッキリ!。
あと、もうひと頑張りって言うところ迄来ましたね。
カラスノエンドウの花開く
私にとっては今季初目撃の春の花。紅色が印象的なカラスノエンドウです。
この花を好む昆虫と言えば、アリの仲間達が筆頭に挙げられます。
花の付け根に空いた小さな穴・花外蜜腺から滲み出す蜜を漁る姿が定番。
しかし、今日はその様子は観察出来ずでした。
花の数がまだ少数なので、アリ達も開花に気づいていなかったのかも・・
一瞬ひやっ!
強風をもたらしたのは澄んだ青空。それを背景に着陸態勢に入ったジェットライナー。
その直前をそれなりの大きさの野鳥が、さーっと横切りました!。
実際には相当高低差がある筈なので、全然ノープロブレムだったんでしょうが・・
レンズの遠近感圧縮効果で、危なっかしかった様にも感じてしまいました。
いずれにしても、デカいの相手に直前横断するのはやめといた方がいいよ、野鳥くん。

※2/20に都内で撮影

春を呼ぶのは・・2021/02/19 18:47

春を呼ぶのは・・
春は地面スレスレから・・そんな事を強く感じさせられた光景がこれ。
お日様の方角を指差す様に突き上がった、早起きな野の花・ヒメオドリコソウ。
まだヨレヨレ気味に咲く姿が殆どのタンポポに比べ、その元気さが際立っていました。
タンポポの花も頑張ってる!
とは言え、頑張っているんですよ。タンポポだって・・
これまでは、地面にべったり密着して開く花が殆どでしたが、今日はこんな姿も・・
ほんの数センチですが、地面から離れた位置で花開いていました。
時期が来れば、ひょろっと伸び上がった茎の先っぽでシャッキリと・・
ここまで来れば、そう先の事ではない筈です。
粒状の土の塊がびっしり
さて、昆虫達はどうしてるの?って言う事ですが、これを見て、始動を確信しました。
草の葉を覆い隠す様に積み上がった小さな粒状の土の塊。
自然にこうなる筈もなく、これにはちゃんと犯人がいます。
巣穴造成中の働きアリ
しばらく観察していたら、現れました!、犯人が・・
がっしりした体形の働きアリ。どうやら巣穴作りに多忙を極める時期に入った様です。
粒状の土の塊は穴掘りに伴う副産物。一粒一粒作っては、巣穴の周囲に堆積中らしい。
冬の間もそれなりの活動を確認出来ましたが、いよいよ本番モードに入った様です。
そのバイタリティは立派の一言。地味だけど、春を呼ぶ昆虫はアリで決まりかなぁ。

※2/19に都内で撮影