目立つ・目立たない2021/09/06 14:41

目立つ・目立たない
すっきりとしない天気が続いている九月初頭。爽やかな秋風が吹く日は一体いつ?・・
そんな空の下でも、草地では秋の空気がお似合いの花を目にする事が出来ます。
何となく金平糖(コンペイトウ)を連想させるこれも、そのひとつ。
さて、名前は?・・なんですが、これがなんと、ママコノシリヌグイ。
葉や茎にあるトゲが、憎らしい継子のお尻を拭くのに最適なんだとか、オイオイ!。
何ともひどい発想による名付けですね。名前を変えた方がいいと思うけどなぁ。
ササゲの花
小粒で、色も控えめだけど、なぜか印象に残るこれは、マメ科植物・ササゲの花。
確かにマメ科植物の花の特徴をしっかり具備していますね。
この先も、色彩豊かな野の花々が、目を楽しませてくれる筈。
それには、爽やかな秋空の定着が必須条件と思えます。一体いつになったら?・・
枯れ葉に擬態した蛾
花粉を媒介して欲しい野の花は、様々な彩りで昆虫達にアピールをしています。
いっぽう、目立たずに身を護る事を第一義とする物が多いのが、昆虫の世界。
例えばこの蛾。ちょっと見には枝から散り落ちた枯れ葉の様にしか見えません。
でも、斑紋をよく見ると、見事な迄の左右対象!。
律儀な性格が、そんないい加減な事を許さないって言う事でしょうね。
そこのところがちょっと惜しいかなぁ・・

※9/5に都内で撮影

突然どしゃ降りの雨が・・2021/08/18 15:58

突然どしゃ降りの雨が・・
今日に限っては雨の心配はないかなと思っていたのですが、とんでもない!。
突然怪しげな雲が立ち込め、どしゃぶりの雨が降り始めました。
雨脚の強さはかなりのもの。災害につながる降り方って、こんな感じなのかなと・・
さいわい短時間で止みましたが、この夏の空、決して油断出来ませんね。
デカブツ排出中!
ガサガサ肌のワイルドなバッタが、雨上がりの葉上に止まっていました。
どうなることかと思ったけど、短時間で止んでほっとしたよって言う感じ?・・
ほっとしたついでに、お尻からかなりのデカブツを排出していました。
何を食べたら、そんなに立派な物を出せるのかねぇ・・
スズメガのイモムシ引越し中
雨上がりの路面を移動中だったのは、派手な模様をまとったスズメガの幼虫でした。
もと居た場所が、強い雨によるダメージを受けてしまったのかも・・
新しい居場所を求めて、引越し移動中だったのかも知れません。
戻って来た強い陽射しを浴びて、路面の雨の痕跡があっという間に消えて行きます。
路面温度も急速に上昇中!。早くたどりつかないと、ヤバいんじゃないの?・・

※8/18に都内で撮影

鬱陶しい雨空が・・2021/08/13 15:26

鬱陶しい雨空が・・
予報によると、このさき当分の間は、こんな感じの鬱陶しい雨空が続きそう。
地域によっては、豪雨への警戒が必要な様です。
爽やかな秋の空がひろがる迄には、まだまだ長い時間が必要なんでしょうか。
順調に育つススキの穂
そんな空の下でも、秋の風物詩とも言える野草の成長は着実に進んでいます。
代表格とも言えるのが、道端で目にしたススキ。順調な成長状態と感じました。
豊かな秋の斜光を浴びて輝く姿を、早く目にしたいなぁと・・
ランタナの花で吸蜜するユニークな蛾
長い期間咲き続けて、目を楽しませてくれる花壇の花。
ランタナの花もそのひとつと言えるでしょうね。
その花を巡って忙しく吸蜜をしていたのは、ギョロ目が特徴のオオスカシバでした。
一見ハチの仲間の様にも思えるけど、実は蛾の仲間です。
翅を高速で震わせて飛翔しながら、口吻を花に差し向けて吸蜜を繰り返します。
実に効率的な食事法。花が多数密集するランタナにはぴったりだなぁと感じました。

※8/13に都内で撮影

変なやつに出会う2021/07/05 17:04

変なやつに出会う
一口に蛾と言っても、その姿は様々。
今日出会った2種は、ユニークさではかなり高ランクに位置しそうです。
派手派手な体色とデブッチョな体形が印象的なこれは、オオモモブトスカシバ。
蛾のイメージとは大きくかけ離れたその姿。とんでもない奴に出会ったなと言う感じ。
オオモモブトスカシバの側面図
側面から見るとこの通り。
逆立った感じの毛むくじゃらの姿は、相手への威圧効果を狙ったものでしょうか。
捕食しようとする相手も、この姿の迫力には、ちょっと気落ちしちゃうかも。
実際は、蜜を求めて花から花への、心優しいやつなんですけどね。
トリバガの一種
こちらはデブッチョとは正反対。これ以上細くなり様もない程にスリムな体形の蛾。
トリバガの一種です。翅の形が鳥の翼を連想させる事から付けられた名前でしょうか。
鳥でも、ここまで細い羽根を持つやつはいないよなぁと思うのですが・・
風変わりなやつも顔を揃え始めた蛾の世界。
さて、次に出会うのは、どんなヘンテコなやつ?・・

※7/5に都内で撮影

ヘンテコな奴らに出会う2021/06/12 15:03

ヘンテコな奴らに出会う
昆虫世界の賑わいが増すにつれ、ヘンテコなやつらを目にする機会も増えてきました。
例えばこれ。草の葉上でよく目にする白いブラシ・・の様に見えますが・・
ヘンテコなやつら
実態はこれ。ブラシ状に見えていたのは、お尻に生えたモジャモジャでした。
このモジャモジャ、成虫時にはなくなりますが、幼虫時には必須の救命ツールらしい。
草から転げ落ちた際などに、パラシュート的な役目を果たすとの事。
それにしても、ずいぶん大袈裟な物を背負っているなぁと・・
(ハゴロモ科・ベッコウハゴロモの幼虫)
葉っぱの上で垂直姿勢を保つ幼虫
イモムシと言うには細過ぎですが。草の葉上で目にしたこれもかなりヘンテコです。
完璧な垂直姿勢を保って微動だにしません。詳細を確認してみると・・
垂直ポーズの秘訣は・・
垂直状態を維持出来ていたのは、先端のここでしっかり葉っぱをつかんでいるから。
垂直に立ち上がる姿勢は、かなり目立ちますが、自信満々でぴーんと・・
(シャクガ(蛾)の幼虫・いわゆるシャクトリムシの一種)

※6/12に都内で撮影