空を見上げたら・・2022/01/27 13:52

空を見上げたら・・
ぴーんと張り詰める寒気。その事は、澄み切った冬の青空からも窺い知れます。
これは早朝に見上げた東の空。
顔を覗かせた陽の光を浴びて、朝雲がほんのりと橙色に色づいていました。
さざなみを思わせる雲が・・
枝剥き出しのサクラの背景は、さざなみを思わせる橙色の薄雲でした。
枝に止まる野鳥もさえずる事なく、ただこの光景に融け込んでいる感じ。
今の時期ならではの風景に、しばし見とれてしまいました。
希少品・ミノムシ
澄み切った青空に恵まれた日中。視線を上に向けたらこんな光景が・・
細枝にぶら下がる褐色の物体。枝に残った枯れ葉の様にも思えますが・・
実はこれ、ある昆虫の幼体の冬越しの姿・通称ミノムシです。
蛾の一種・ミノガの幼虫が眠る入れ物で、枯れ葉等を組合わせて作られています。
昔はごく普通に目にできる冬の風物詩だったんですが、いまや希少価値大の存在。
出会えてラッキー!。無事に春を迎えられますようにと言う思いで見つめました。

※1/27に都内で撮影

イージーじゃない!2022/01/20 14:11

イージーじゃない!
薄氷が残る池の水面。正午近くに通い慣れた観察地で目にした光景です。
暦の上では大寒。さすがに夜間の冷え込みは相当なものだったんでしょうね。
寒さ対策で一晩を半屋内で過ごした蛾
昨日1月19日の記事に掲載した、寒気を避けて避難中の蛾の今朝の様子です。
廊下の風除けガラス板に止まったまま、姿勢を殆ど変えていませんでした。
寒い事は寒かったけど、寒風の直撃を避けられただけでも、ここにいて正解!。
そんな想いだったでしょうか。もしかすると長期滞在になるかなぁ?・・
※追記 午後3時頃に確認したら、いなくなってました。流石にここにじーっとは・・
水草の枯れ茎で昆虫狩りをするメジロ
とにかく、外に出れば危険がいっぱい。
冬に生きる昆虫達にとっては、気をやすめる事が出来ない日々の様です。
そんな危険の一例がこれ。枯れた水草の繁みで目にしたメジロ・2羽。
こうしたポーズをとりながら、鋭いくちばしで枯れ茎をほじくっていました。
その目的は、茎の中に潜む昆虫(幼虫)を捕食する事。
このあたりに居そうだなと狙いを定めてガシガシ!・・
この様な食事法を実践する小鳥は、メジロの他にも多数。
昆虫達にとっての冬越しは、決してイージーじゃないですね。

※1/20に都内で撮影

今夜はここで・・2022/01/19 15:16

今夜はここで・・
いまひとつすっきりとしない空の下、肌にこたえる寒さに、からだがガチガチ。
そんな状況の中、紅梅の後を追って、少数ですが、白梅の花が開き始めていました。
枝には大きく膨らんだ蕾もびっしり。機が熟すれば一斉に!・・
甘い蜜を求める昆虫たちも、そろそろスタンバイしないと・・
すりガラスに何か止まってた!
某建物の廊下で見た光景。すりガラスの風除け板に止まっていた怪しい物影です。
蛾の仲間に違いありませんが、逆光条件なので、詳細がつかめません。
フユシャク(蛾)の一種・推定
照明ツール付きコンパクトの力を借りて一枚。かなり複雑な斑紋を持つ蛾でした。
冬にも生き続ける蛾・フユシャクの一種でしょうか。
寒さには強い筈ですが、寒風の直撃を避ける為の避難行動なんでしょうね。
陽が傾くにつれて、寒さは一層厳しさを増して行く筈。
今夜はここで一泊かも・・
夜になっても動かず
午後10時過ぎに、確認してみたらこの通り。
ほぼ同じ箇所に張り付いたままでした。
廊下の照明の関係で暖かみを感じる色合いですが、実際はぴーんと張り詰める寒さ。
ここから移動する気にはならない様です。そりゃ、そうだよね・・

※1/19に都内で撮影

ハッピーエンドに・・2022/01/16 14:01

ハッピーエンドに・・
澄み切った青空と、くっきりコントラストを成すサクラの木。
このサクラ並木では一昨日、風変わりな蛾ウスバフユシャクのメスに出会いました。
再びと言う事で目を凝らしたのですが、その姿は確認できず。
がっかりだったんですが、しばらく足を止めて辺りを見回していたら・・
メスを探索中のウスバフユシャクのオス
幹の上をゆっくりと動くものあり。ずばり!ウスバフユシャクのオスでした。
その動きは、なんともゆっくり。
どこかにいる筈のメスを求めて、じっと目を凝らしての探索行動中だった様です。
メス探しを一休み
しかし、お目当てのメスとの出会いは叶わず。
この木もダメかと言う事で、収まりのいい窪みに身を潜めて日光浴を始めました。
そう簡単に、ことは運ばない様ですね。
ウスバフユシャク(蛾)のメス
オスとの出会いを待つメス、いったいどこに潜んでいるのやら。
先日、このメスを見かけたサクラとは、そう離れていない場所なんですけどね・・
厳しい気象条件の中、頑張って生き続けているんだもの。
ハッピーエンドな結果が待ちうけている事を、祈りたい気持ちに・・

※1/16に都内で撮影。メスは1/14に同所で撮影した掲載済み画像の引用です。

これもありなの?・・2022/01/14 16:20

これもありなの?・・
葉を散らし尽くした木立の向こうに拡がっていたのは、澄み切った真冬の青空。
寒さがいよいよピークに差しかかった今を象徴する風景と言えそうです。
こんな場所で、幾ら目を凝らしても生きる物との出会いは無理と思えるのですが・・
小さな蜘蛛健在!
そう決めつけるのは早計で、目は疲れるけど、執念を以って観察すれば・・
ノソノソと歩く物を発見!。
木肌に近似している色なので見分けが難しいのですが、小さな蜘蛛でした。
網を張らずに健脚を活かして獲物を捕らえる種ですね。
今の時期に、こうして歩き回っていてもムダなんじゃないのと思えるのですが・・
確信に基づく行動なんでしょうね。それを裏付ける様に・・
ウスバフユシャク(蛾)のメス
少数派ですが、冬の間だけ活動をする変わり者の昆虫がいる事はいるんです。
それがこれ。蛾の仲間・ウスバフユシャクです。これはメス。
この通り、翅らしきものが確認出来ません。君は本当に蛾?って疑問が湧きますが・・
オスは翅を持つ普通の蛾なんですが、メスは翅が退化しており、飛ぶ事が出来ません。
ひたすら待つ生き方
こうして木の幹などに止まって、オスがやって来るのをひたすら待つ生き方らしい。
厳しい自然条件の冬。無駄な動きをせずにひたすらオスの訪れを待つと言うけなげさ。
あなたの人生・否・虫生は、それでいいの?って思えますが、これもありなのかなぁ。
それにしてもねぇ・・

※1/14に都内で撮影