低温注意報が出た!2021/09/07 16:31

低温注意報が出た!
雨は止みましたが、スッキリとしない空。気温も今の時期としては低めでした。
気象庁から、都内に向けて、夏の低温注意報と言うのが出されたらしい。
オホーツク海高気圧が南に張り出して、周辺の北風が東京付近に吹き込んだ為とか・・
なんだか番狂わせな秋の始まりになってしまいましたね。
イヌキクイモの花、一輪だけ・・
秋に咲くヒマワリと言う感じのイヌキクイモの花が咲き始めていました。
咲き始めたと言っても、それなりの姿を見せていたのは、この一輪だけ。
季節外れとも言える低温続きで、開花がやや遅れ気味なんでしょうか。
しかし、蕾は多数。気温が例年並みに戻れば、黄色い花の賑わいが・・でしょうね。
オナガササキリ成虫
冴えない雰囲気の草むらですが、秋の主役達のデビューは順調に進んでいました。
これはオナガササキリの雄。秋の草にぴたりマッチする鋭角的な体形が特徴です。
元気に飛び跳ねる姿は、これから主役の一端を担う資格十分と感じました。
やる気喪失のオオカマキリ
こちらは、活躍の時を迎えた一員としては、いまいちやる気不足の印象でした。
草の葉上でクターッとしていたオオカマキリ。成虫になって間もない個体みたい。
”冴えない天気で獲物がさっぱり。ほんと参ったよぉ” って言うポーズでしょうか。
確かにこの場所ではそうかも知れないけど、いる所にはそれなりに獲物はいるよ!。
場所選びを間違えてるんじゃないの?。エキスパート一歩手前かなぁ・・
夕刻に見上げた西の空
これは夕方5時半頃に見た西の空。普段見慣れない雲がびっしり密集していました。
ひつじ雲 或いは うろこ雲?・・いずれにしても天気が良くなる前兆ではない様な・・
すっきりとした秋空が定着するのは、まだまだ先の事なんでしょうか。

※9/7に都内で撮影

撮らせちゃいけない・・2021/09/04 14:28

撮らせちゃいけない・・
出だしからずっこけた9月の空模様、一向に回復する気配を見せません。
本来なら、ツクツクボウシの声が耳に届いていい筈の木立も、静まり返って・・
そして目にしたのは、こんな悲しい光景でした。
樹下に繁る秋の草の葉に止まって、びくとも動かないクマゼミ。
絶命はしていない様子でしたが、もはや生存の限界点を越えてしまったみたい。
クマゼミの顔面ショット
この草地では、一匹だけでなく、少なくとも三匹のクマゼミを確認出来ました。
どの個体も、同様にじーっと固まったまま、動きません。
お陰で(?)、普段は不可能なディテールをじっくり観察をする事が出来ました。
これは顔面のクローズアップ。日本最大級のセミとしての威厳溢れるその顔つき。
やはり格が違うなぁと感心させられました。
でも、こんな近接ショットを、容易に撮らせちゃいけないなぁと・・
オオカマキリ成虫
こちらは現役バリバリ!。レンズを睨み付ける目力も、かなりなものでした。
秋の昆虫ラッシュに向けて、成虫への変身を完了した緑色型オオカマキリです。
秋の草の色にジャストフィットするその体色。
秋の野を賑わす昆虫にとっては、実に手強いハンターがスタンバイと言う訳ですね。

※9/4に都内で撮影
※PENTAX K-70 with SMC PENTAX-DA 1:2.8 35mm Macro Limited

完全に復活!2021/08/19 15:28

完全に復活!
真夏のパワーが完全に復活した感じ。
八月はやはりこれだよなぁと思える様な暑さに見舞われました。
空に浮かぶ雲は、やや秋めいた雰囲気を漂わせていたのですが、まだまだですね。
葉裏に避難していたハラビロカマキリ幼虫
草の葉裏で直射日光を避けていたのは、ハラビロカマキリの幼虫でした。
秋が本格化するにつれて、くいっと曲がっているお尻も、まっすぐに伸びる筈。
その頃には、秋の陽射しが心地よく感じられるんでしょうね。
いまは、熱中症警戒で、こうして日陰に避難と言う事の様です。
日陰でひっそりムラサキシジミ
ムラサキシジミも同様みたい。
セミの声が響く樹下の日陰スポットに避難、翅を固く閉じて休息中でした。
と言う事で、魅惑的な色合いの表翅の斑紋は確認出来ず。
観察者としては、暑さがおさまる秋の訪れに期待ですね。
日向で頑張るムギワラトンボ
日陰に逃げ込むなんて甘っちょろいわ!って感じで、頑張っていたのがこれ。
シオカラトンボの雌・ムギワラトンボです。
しかし、草の茎に止まってじーっと動きません。
夏のメインキャストとは言え、さすがに今日の暑さは身にこたえている様でした。

※8/19に都内で撮影

晴れ日が待ち遠しい2021/08/17 15:19

晴れ日が待ち遠しい
雨模様の空が今日も・・
幅広なクズの葉には、これまで降った雨が集積した水滴がびっしり。
梅雨時なら判るけど、陽射しがギラギラな筈の今の時期にこれはないなぁと・・
戦意喪失のハラビロカマキリ幼虫
ハラビロカマキリ幼虫も、戦意喪失と言う感じで、ひっそり。
獲物を目にする機会もさっぱりだし、腹減ったなぁと言う感じに見えました。
早く大きくなる為にも、こんな天気の連続は願い下げと言う事の様ですね。
雨滴をびっしり背負ったアオドウガネ
これは同じような空模様の昨日、木の葉上で目にした甲虫・アオドウガネです。
こんなに沢山の水玉を背負っていると、重たいんじゃないかなと余計な心配を・・
でも、この目つきから察するに、”なんでもないぜ、こんなの” と言う事かも。
硬い殻にガッチリ護られている甲虫ならではの余裕でしょうか。
でも晴れ日待望である事は間違いなし。
私としても、そうなる事を強く望みたい気持ちです。

※8/17と8/16に都内で撮影

どんよりとした空が・・2021/07/08 14:28

どんよりとした空が・・
どんよりとした曇り空がひろがり、時折細かい雨も落ちてきました。
そんな空に向かってぐんぐん背丈を伸ばしていたのは、ツル性の野草。
勢い余ってツル同士が絡まり合ってしまう、何ともややこしい事態になっていました。
さて、この先の展開やいかに?・・
ぐっすり寝込んでいたアオドウガネ
アオドウガネは、いつも通りの昼寝体勢で固まっていました。
頭を葉と葉の間に潜り込ませてぐっすり寝込んでいる様子。
これなら、多少の雨が降っても大丈夫でしょうね。
さて、パッチリお目覚めの日暮れ後には、この天気が快方に向かっている事やら・・
ヒマワリの花にいたハラビロカマキリ幼虫
咲き揃い始めたヒマワリの花に、ハラビロカマキリ幼虫が止まっていました。
こうしてスタンバイしていれば、きっと格好の獲物がやって来る筈の臨戦ポーズ。
でも、私が見ている間は、そんな気配は全く感じられませんでした。
今日はハラペコのまま夜を迎えてしまうのかなぁ・・本当にイヤな時期だなぁ・・

※7/8に都内で撮影