きびしい日々が・・2024/02/10 13:35

きびしい日々が・・
陽射しを大きくさえぎる様な雲は掛かりませんが、気温は一向に上がらず。
春の訪れはまだまだ先だなぁを感じさせる正午前でした。
ほとんどの葉を落とした木の向こうを横切っていったのは、トンビ。
視界良好で、地上の獲物を見つけ易い筈ですが、急降下シーンは無し。
きびしい日々が続いている様ですね。
水草の穂で目にしたカマキリの卵のう
カラカラに乾いた水辺の草。今の時期を象徴する光景です。
そのひとつで目にしたのが、カマキリの卵のう。
小枝のいくつかを抱き込む形でしっかり固定されていました。
母虫の知恵がふんだんに盛り込まれた逸品と言えそう。
やがて襲われる立場の昆虫達にとっては、まさに恐怖のユリカゴでしょうね。
場所から推察して、イトトンボあたりが第一の標的になりそうかなと・・

※2/10に都内で撮影

揃ってふくらスズメ2024/01/29 12:29

揃ってふくらスズメ
澄んだ青空に突き上がっていた枝剥き出しの木。
4羽のスズメが止まっていました。
体を丸く膨らませての防寒態勢・いわゆる ふくらスズメ状態 でした。
この先も、この形で春の訪れを待つ日々が続きそう。
野鳥稼業も楽じゃない様ですね。
陽当たり良好な場所で見たカマキリの卵のう
陽当たり良好な低木の枝に、カマキリの卵が、がっちり産み付けられていました。
母虫の狙い通り、ここは、冬の間も陽射しがふんだんに降り注ぐ箇所。
中で眠っている幼い命は、ヌクヌク環境で厳しい寒さを無事乗り越えられそうです。
襲われる立場の昆虫にとっては、ありがたくない事でしょうが・・

※1/29に都内で撮影

春への歩みが・・2024/01/12 12:54

春への歩みが・・
澄み切った青空の下、枝にびっしり付いたウメの蕾が少し膨らみを増している様子。
花開く時期はまだ先の事でしょうが、その日への期待が一層たかまりました。
ハラビロカマキリの卵のう
そのウメの木の枝に、ハラビロカマキリの卵のうが産み付けられていました。
方角は陽射しが豊かに降り注ぐ南側。雨や雪の直撃を避ける為か、やや下向き。
親虫の知恵が目一杯込められた光景と感じました。
この先、活動を開始する多くの昆虫たちにとっては、まさに脅威の存在。
昆虫世界の春へのあゆみ、今年も順調に進み始めましたね。
あとは、目ざとい野鳥達の目に止まらない事を祈るばかり。

※1/12に都内で撮影

ヌクヌク気分を・・2023/12/29 13:08

ヌクヌク気分を・・
寒さが厳しさを増す中、生き物の世界では、次世代への命の継承が着実に・・
ほぼ丸裸になった落葉樹の枝分かれ部で目にした丸っこい塊。
カラスが育児の為に作った巣。小枝を寄せ集めて作った苦心作です。
この場所では、カラスの甲高い声を耳にしない日はありません。
この分で行くと、新しい命も加わって、来年は更にボリュームアップでしょうね。
日向に向かって産卵されていたカマキリの卵
干からびた草の茎で目にしたのは、ハラビロカマキリの卵のうでした。
向かっている方角は、冬でも豊富に陽射しが降り注ぐ南面。
生まれ来る新しい命に、ヌクヌク気分を味合わせようと言う母心を感じました。
捕獲される立場の昆虫達にとっては、「冗談じゃないよ」でしょうが・・

※12/29に都内で撮影

勘所がズバリ2023/12/24 14:01

勘所がズバリ
葉の殆どを散らして冬姿一歩手前の木。紅葉の葉を枝に残している木。
木立の眺めに微妙な時間差が生じていました。
しかし、常緑樹を除けば、身軽な冬姿への変身は、もうすぐ。
この眺めを目にすると、冬本番の足音が間近に迫って来た様に感じます。
水草の茎で餌探し中
水辺に生えるヨシなどの植物は、茎丸出しへの変身を既に完了済みです。
そしてこの時期になると、頻繁に目にするのがこの光景。
茎の間を器用に飛び回って、餌を探す小鳥達の姿。
鋭いくちばしで茎に穴を開けて、中に潜む幼虫を捕獲しようと言う算段ですね。
見ている限り、成功率はかなり高い様に感じます。
透視能力が抜群と言う訳ではないでしょうが、勘所がズバリなんでしょうね。
※メジロ
サクラの枝に産み付けられたカマキリの卵
サクラの小枝の先っぽに、カマキリの卵のうが産み付けられていました。
この状態では、花や葉の時期になっても開く事は到底無理でしょうね。
サクラの木にとっては、害虫を駆除してくれる有難い存在の筈なんですが・・
たまには、こんな迷惑をかける事もある様ですね。
それにしてもこの場所はねぇ・・

※12/24に都内で撮影