食欲モリモリ!2021/09/17 13:40

食欲モリモリ!
”秋は、食欲モリモリの季節” って言う迄にはもう少し時間がかかりそうですが・・
昆虫の世界では、残暑なんて関係なしと言う、食欲全開ぶりを目にする事が出来ます。
このクズの葉なんて穴だらけ。猛烈な食いっぷりを見せていたのはクビボソハムシ。
ところでこの食い跡、決まって、葉っぱの表面に、それぞれ孤立して出来ています。
こうして食い進むのがこの種の流儀らしい。それにしても凄い食欲だなぁ・・
クズの葉上にいたクズノチビタマムシ
一方、このクズの葉で目にした食い跡は、葉っぱの外縁から内側に伸びています。
その食い跡を残して食事中だったのは、小型のタマムシ・クズノチビタマムシでした。
この種の特徴は、必ずこの様に外縁から内側に向けて食い進む事なんだとか・・
口器の構造から、どうしてもこうなるんでしょうね。
どこから食い始めようか・・
右側の個体は、さてどこから食い始めようかと、思案中の様子でした。
ここと決まれば、それ行けって言う感じの超高速で・・葉っぱにとってはとんだ災難。
アジサイの葉に止まるキマダラカメムシ
アジサイの若葉に止まっていたこのカメムシは、表面派 or 外縁派?・・
心配ご無用・・この種の食材は、樹液と果樹液と決まっている様です。
この葉っぱに止まっていたのは、樹液摂取中の一休みと言う事だったみたい。
そう言えば、アジサイも樹木の一種・・心配ご無用とは言い切れないですけどね・・
(外来種・キマダラカメムシ・・凄い勢いで生息数増加中)

※9/16と9/15に都内で撮影

猛烈バトルが・・2021/08/22 15:35

猛烈バトルが・・
昆虫達にとって、クズの葉って、余程おいしい物らしい。
葉っぱ喰いのエキスパー十・ハムシの仲間の猛食ぶりを目にする事も度々です。
その食い痕、すべて君が付けたの?って聞いてみたい気持ちに・・
徹底的に食い荒らされたクズの葉
でも、上の画像の食い痕は、まだ生ぬるいレベル。
究極的には、ここまで徹底的に食い荒らす事も日常茶飯事の様です。
集団で食い荒らされたものとは思いますが、ここ迄やらなくてもなぁと・・
よほど美味しいんでしょうね。
行先を探っているクズのツル
食われる立場のクズにとっての防衛策は、繁茂エリアを目一杯拡げる事。
今の時期は、この様にヒョロって伸びて行き先を探索中のツルを数多く目にします。
葉っぱ喰いの昆虫達のパワーも凄いけど、食われるクズのそれも一枚上の様ですね。
クズと昆虫の猛烈バトル、秋が深まる頃まで続いて行きます。

※8/22と8/21に都内で撮影

晴れ日が待ち遠しい2021/08/17 15:19

晴れ日が待ち遠しい
雨模様の空が今日も・・
幅広なクズの葉には、これまで降った雨が集積した水滴がびっしり。
梅雨時なら判るけど、陽射しがギラギラな筈の今の時期にこれはないなぁと・・
戦意喪失のハラビロカマキリ幼虫
ハラビロカマキリ幼虫も、戦意喪失と言う感じで、ひっそり。
獲物を目にする機会もさっぱりだし、腹減ったなぁと言う感じに見えました。
早く大きくなる為にも、こんな天気の連続は願い下げと言う事の様ですね。
雨滴をびっしり背負ったアオドウガネ
これは同じような空模様の昨日、木の葉上で目にした甲虫・アオドウガネです。
こんなに沢山の水玉を背負っていると、重たいんじゃないかなと余計な心配を・・
でも、この目つきから察するに、”なんでもないぜ、こんなの” と言う事かも。
硬い殻にガッチリ護られている甲虫ならではの余裕でしょうか。
でも晴れ日待望である事は間違いなし。
私としても、そうなる事を強く望みたい気持ちです。

※8/17と8/16に都内で撮影

降り続く雨に・・2021/08/15 15:11

降り続く雨に・・
強まったり弱まったりの変化はありますが、一向に止む気配を見せず降り続く雨。
カンカン照りが当たり前な今の時期にそぐわない暗い空が、今日も拡がりました。
開きかけたかなと思ったススキの穂も、雨を受けてしぼんでしまった感じ。
この姿は、どう見ても、らしくないですね。
背中に雨滴を宿したアオドウガネ
花の時期が終わったアジサイ。その葉にアオドウガネが止まっていました。
背中に沢山の雨滴を宿したまま、昼寝の真っ最中と言う感じでした。
こんな日は食欲も湧かないなぁって言う事で、眠り込んでしまったのかも。
その割に、葉っぱに出来た食い跡は盛大でしたが・・

※8/15に都内で撮影

厳重警戒の日に・・2021/08/10 15:38

厳重警戒の日に・・
熱中症厳重警戒の情報が、頻繁に報道された日。
ここ数日の中では、最も厳しい熱気に見舞われた日中になりました。
暑さに強い筈の夏草も、葉を閉じ気味にして暑さ対策をしている感じでした。
”大丈夫?、そのまま枯れちゃうんじゃないよね” って声を掛けたい気持ちに・・
マルシラホシカメムシ幼虫
そんな陽射しの下でも、成長途上のカメムシ幼虫は、涼しい顔して(?)草の葉上。
早く大きくなる為には、これ位の暑さに耐えられなければって言う事でしょうね。
(マルシラホシカメムシの幼虫と推定)
樹液を吸うサトキマダラヒカゲ
涼を求めて逃げ込んだ木立の中、樹液を求める昆虫達の姿は相変わらずでした。
今日は、甲虫達に混じってサトキマダラヒカゲの姿を確認出来ました。
甲虫の群れには加わらず、少し離れた場所での吸汁でした。
樹液を吸う蝶では外来(人為的?)のアカボシゴマダラが多数派。一方これは在来種。
あんな奴らに負けないで頑張れよ!って言う気持ちでシャッターON!。

※8/10に都内で撮影