秋の斜光に・・2021/11/05 15:41

秋の斜光に・・
陽の傾きがかなり早まり始めました。そんな秋の陽射しのライティング効果は抜群!。
順光ではそれほどではなかった被写体も、印象的な眺めとして浮かび上がります。
これは枝先のアキアカネ。体長比かなり大きめな翅が、強い斜光を浴びてくっきり。
アキアカネには、やはりこの陽射しがお似合いだなと強く感じました。
蜘蛛の網も輝いて・・
鬱蒼と繁った木立の中で目にしたジョロウグモの網。
背後から差し込む斜光を浴びて、キラキラ輝いていました。
さて、蜘蛛にとって、この状況は歓迎できるものなのか?・・
ご覧のとおり、獲物が全く掛かっていないところから察するに、答えは真逆みたい。
獲物になる筈の虫達にも網の存在がバレバレと言う事の様ですね。
天気がこんなに良くなるとはなぁ・・蜘蛛としては文句を言いたい状況だったかも・・
鮮やかなハナミズキの紅葉
樹々の紅葉が目に眩しく映る時期にさしかかりました。
これは、ハナミズキの紅葉。
結構厚めな葉なので、普通の順光下では紅色の色合いがいまひとつ冴えません。
この様な鮮やかさは、早く傾き始める秋の陽射しが降り注いでいればこそ。
樹々の紅葉のベストビューアングルは、これに尽きると言っていいのかも知れません。

※11/5と11/4に都内で撮影

予期せぬ悲劇に・・2021/10/31 13:55

予期せぬ悲劇に・・
ころっと丸い体形のマルカメムシ。成虫の姿で越冬をする寒さに強い種です。
冬越しの場所探しでしょうか、忙しく歩き回る姿を目にする時期に入りました。
体が軽いので、どんな場所でもスイスイ!。
その元気さには、つくづく感心させられます。
蜘蛛の網に掛かってしまったマルカメムシ
活発に動き回る中では、予期せぬ悲劇に見舞われる事も・・
これは、ジョロウグモの網に引っかかってしまった個体です。
こうなってしまうと、もうどうしようもない様ですね。
それにしても、どう言う経緯で、この網に引っかかる結末を迎えたのやら・・
野草に群れるマルカメムシ
こちらは、今年の四月に春の野の草ツメクサで目にした集団です。
新鮮な草の汁を仲良く分け合って吸っているシーン。
これだけの数にたかられると、草側のダメージは相当なものでしょうね。
体は小さいけれど、見かけによらずって言う感じの侮れない存在の様です。

※10/30と4/29に都内で撮影(最下段は、既に掲載済み画像の転載です)

ちょい強めの風に・・2021/10/29 15:32

ちょい強めの風に・・
願ってもない様な青空に恵まれたのですが、吹く風がちょい強め。
秋の野に生きる昆虫達にとっては、ちょっとなぁと言う感じだったかも・・
水辺の草の枯れ茎で翅休めしていた、アキアカネ達。
下手に飛び立って風に煽られるより、こうしているのがベターと言う事みたい。
これ迄の日々の活動の疲れが溜まっているせいもあるんでしょうが・・
風の直撃を避けられる場所で・・
イチモンジセセリの求愛行動も、風の直撃を避けられる低木の葉上で・・
いつもは、気をもたせる感じで雄をあしらう雌(前方)ですが、今日はじーっと・・
こんな日は、案外うまく事が運ぶのかも知れませんね。
手持ち無沙汰のジョロウグモ
壊れかかった網に止まっていたのはジョロウグモのメス。足先には小さなオスも・・
で、肝心の収穫の方は?・・網に掛かっているのは風に飛ばされてきたゴミばかり。
天気がいいのに、この状態はまったく期待外れと言っていいみたい。
風よ、早くやんで!と言う心境だったんでしょうね。

※10/29に都内で撮影

スカッと晴れ渡った・・2021/10/23 15:50

スカッと晴れ渡った・・
昨日とは一変、スカっと晴れ渡った空がひろがる土曜日となりました。
豊かな陽射しを浴びて、ジョロウグモの網がキラキラ輝いていました。
まさに労作と賞賛したくなる程の緻密なつくり。
で、収穫も方も極めて好調・・といかないところが辛いところかなぁと・・
網の規模・大きさに比較して、掛かった獲物の数は拍子抜けする程に少ない。
陽射しが豊かな割に気温の方が低め。昆虫達の動きがいまひとつなんでしょうか。
蜘蛛の餌食になったギンヤンマ
ユキヤナギの繁みでショッキングな光景を目にしました。
陽射しを浴びてキラキラと輝く翅に気付いて、近寄ってみたらこの通り。
カラカラに乾いたトンボの遺骸でした。大きさから見てギンヤンマでしょうか。
葉の繁みに隠れて待ち伏せをしていたカマキリの餌食になってしまったらしい。
夏の間に見せた活発な動きの疲れが出て、つい油断を・・
カマキリにはカマキリの事情があるんでしょうが、悲しいなぁと・・
見下ろす低さの草の葉に止まるアキアカネ
一方、アキアカネは現役続行中!。
しかし、今日は、木の高枝ではなく、見下ろす低さの草の葉に止まる姿が殆どでした。
風がやや強かったせい?・・或いはこれ迄の活動の疲れがどっと出始めて?・・
そんな状態になるのはまだ早過ぎるよ!。元気出して!と声を掛けたい気持ちに・・

※10/23に都内で撮影

今日も冴えない空が・・2021/10/13 15:19

今日も冴えない空が・・
爽やかな秋の青空とは正反対、暗い雨雲が掛かり続ける冴えない日中になりました。
この秋の天気の傾向としては、どうしてもこんな方向に向かいがちですね。
このまま秋が終わってしまうなんて展開だけは勘弁してほしい気持ちに・・
手持ち無沙汰な様子のハエトリグモ
様々な昆虫が吸蜜の為に訪れるユリオプスデージーの花エリアも閑散としていました。
手応えなしって言う事態に諦め気味だったのは、小さなハエトリグモ。
どうせやる気出してもって言う事でしょうか。まだ開かぬ蕾の上で固まっていました。
恨めしそうに暗い空を見上げていた様にも・・
(ネコハエトリ)
ハエトリグモの顔、むりやりアップ!
小さ過ぎて表情が良く判らないので、むりやりトリミングで詳細を確認!
やる気はそれなりにある様にも見えるのですが・・
らしくない場所にいたコオロギ
コンクリート製の構造物の上で珍しい昆虫に出会いました。
声はすれども、姿の方は中々って言う感じのコオロギでした。
定住地が雨に濡れて居づらくなった為に、一時的に避難と言うことだったかも・・
ちょっと気の毒に思える光景でした。
夜には雨もあがり、あの優しげな鳴き声を耳に出来ればいいのですが・・
(エンマコオロギ)

※10/13に都内で撮影