食欲モリモリ!2021/09/17 13:40

食欲モリモリ!
”秋は、食欲モリモリの季節” って言う迄にはもう少し時間がかかりそうですが・・
昆虫の世界では、残暑なんて関係なしと言う、食欲全開ぶりを目にする事が出来ます。
このクズの葉なんて穴だらけ。猛烈な食いっぷりを見せていたのはクビボソハムシ。
ところでこの食い跡、決まって、葉っぱの表面に、それぞれ孤立して出来ています。
こうして食い進むのがこの種の流儀らしい。それにしても凄い食欲だなぁ・・
クズの葉上にいたクズノチビタマムシ
一方、このクズの葉で目にした食い跡は、葉っぱの外縁から内側に伸びています。
その食い跡を残して食事中だったのは、小型のタマムシ・クズノチビタマムシでした。
この種の特徴は、必ずこの様に外縁から内側に向けて食い進む事なんだとか・・
口器の構造から、どうしてもこうなるんでしょうね。
どこから食い始めようか・・
右側の個体は、さてどこから食い始めようかと、思案中の様子でした。
ここと決まれば、それ行けって言う感じの超高速で・・葉っぱにとってはとんだ災難。
アジサイの葉に止まるキマダラカメムシ
アジサイの若葉に止まっていたこのカメムシは、表面派 or 外縁派?・・
心配ご無用・・この種の食材は、樹液と果樹液と決まっている様です。
この葉っぱに止まっていたのは、樹液摂取中の一休みと言う事だったみたい。
そう言えば、アジサイも樹木の一種・・心配ご無用とは言い切れないですけどね・・
(外来種・キマダラカメムシ・・凄い勢いで生息数増加中)

※9/16と9/15に都内で撮影

生憎の空模様の日に・・2021/09/14 14:36

生憎の空模様の日に・・
草地で目にした、何やら不思議な姿の野草。
旬の時を過ぎて、しおれてしまった様にも見えるのですが・・
冴えない姿のススキの穂
上の画像の答えはこれ。もうすぐ、この姿になろうとしているススキの穂先でした。
秋の風景に欠かせないメインキャストとも言える存在。
秋の斜光を浴びて白く輝く様は、秋を象徴する風景の一つと言えそうです。
しかし、暗い曇天の下では、そのキャラクターが十分に発揮出来てはいません。
今日も邪魔な雲が掛かり続ける、あいにくの空模様となりました。
ヒガンバナ開く
暗い空の下、それなりの鮮やかさで目に迫ってきたのは、ヒガンバナの花。
こちらも、これからの野の風景に欠かせない存在でしょうね。
鮮やかだけど、どこか寂しげな雰囲気を漂わせる不思議な花。
その名前に拠るところが大きいのかなぁと・・
オンブしていないショウリョウバッタの雌
らしくない姿を見せていたのは、成熟したショウリョウバッタのメス。
らしくないのは、背中にちょこんとオンブする筈のオスの姿が見当たらない事。
この体格から察するに、オスを背負っても、全然苦にならないと思うのですが・・
漢字では精霊飛蝗。秋の彼岸に縁のある命名です。その時が間近に迫って来ました。
明日にも、らしい姿を目に出来るかも。良縁に恵まれればですけどね。

※9/14に都内で撮影

降りたがりの傾向は・・2021/09/12 15:48

降りたがりの傾向は・・
雨降りたがりの傾向は、そう簡単におさまりそうにありません。
今日も灰色の空から、小粒ではありますが、しつこく降り続く日中になりました。
その空の下、秋に咲くヒマワリと言う趣のイヌキクイモの花も所在なさげでした。
ヤマトシジミもひっそり
野の花に来る蝶達も、こんな空の下ではいまひとつ調子が出ないみたい。
それなりの数は目にするのですが、多くがこんな感じの翅休め状態でした。
これはヤマトシジミ。雨滴を宿す葉上でじーっと固まっていました。
収穫がさっぱりのジョロウグモ
昆虫達の活動が低調だと、大きな影響を受けるのが各種蜘蛛たち。
獲物の痕跡が全く見られない網に、ジョロウグモが所在なさげに止まっていました。
今日は、あてはずれのまま日暮れを迎えてしまうかも・・
見方によっては、平穏な光景と言えるけど、ちょっと気の毒な様にも・・

※9/12に都内で撮影

良縁を祈る!2021/09/11 15:26

良縁を祈る!
青空を隠す雲が掛かりがちな日中となりました。
長い時間ではありませんが、細かい雨が落ちてくる事も度々。
そんな空の下でも、秋を象徴する自然風景への変身は着々と進んでいます。
これは水草・ヨシの今日現在の姿。
今は細い線状にしか見えませんが、成長するとふっくらとした穂先に変身します。
秋の陽を浴びて輝く様は、秋を象徴する風景のひとつ。
既にそれへのスタンバイが完了ですね。
蜘蛛にでも捕らえられた?・・
水辺の草地で目にしたちょっと異様な光景。
草の葉から垂れ下がる様なポーズをとっていたオンブバッタのメスです。
てっきり葉上で待ち伏せしていた蜘蛛に捕えられた悲しい光景かと思えたのですが・・
脱皮をほぼ完了のオンブバッタ雌
それは勘違い。やがてこの通り、安定した水平姿勢に変化しました。
あとで気づいたんですが、お尻の先に抜け殻が確認出来ます。
成虫になるための大切なステップ・脱皮を敢行中の個体だったんですね。
秋の終りまで活動を続ける息の長いバッタです。成虫への最終段階が完了と言う訳。
あとは、お似合いの相手とのオンブ体勢が成立すれば、メデタシメデタシ!。
良縁に恵まれる事を祈りたい気持ちに・・

※9/11に都内で撮影

降ったりやんだり・・2021/09/09 14:19

降ったりやんだり・・
細かい雨が、降ったりやんだり・・天気回復の兆しが一向に見えません。
これは、そんな雨に濡れた低木の葉で目にした蜘蛛の巣。
葉っぱの湾曲を巧みに活用した、いわゆる隠れ網と言われるやつですね。
この下に潜んでいるのは、ネコハグモと思われます。
いずれにしても、雨の日は収穫がさっぱりで、やる気喪失の筈。
雨除け効果は期待できそうにないけれど、じっとしているしかないんでしょうね。
まだ開花していないノボロギクにて
晴れなくても雨の心配が無い日は、昆虫達の活動をそれなりに目にする事が出来ます。
これはノボロギクで目にしたマルカメムシとアリのツーショット。
花は、まだ固く閉じたつぼみの状態でした。
陽射しが乏しい日の連続で、秋の野の花も開花時期に遅れの傾向が見られるのかも・・
この花もダメかぁと、がっかりしている光景でしょうか。
ツユクサの花
湿っぽくて重苦しい空気の中で見るツユクサの花は、一服の清涼剤と言えそうです。
目で見る限りは、かなりいい線をいっているんですが、花としての本心は?・・
天気が芳しくない日は、花粉媒介役の昆虫の来訪もまばらな筈。
一日だけ咲いてしぼんでしまう花。やはり晴れた日に咲く方が幸せなんでしょうね。

※9/9と9/7に都内で撮影