お帰りなさい!2021/09/19 16:05

お帰りなさい!
猛烈な雨を降らせた台風が通り過ぎて、すかっとした青空が戻って来ました。
これは、眩しい陽射しが降り注ぐ草地で出会ったお目当てのもの。
涼しい高原で夏を過ごし、低地への里帰りを果たしたアキアカネです。
念願叶ってゲット出来たファーストショットがこれ。
お尻をぴんとあげた姿は、陽射しをモロに受けない為の避暑ポーズです。
長距離移動して戻って来たのに、この暑さはあんまりだよねと同情の想いが・・
アキアカネの顔面ショット
こちらは、仕切りロープの上で翅休め中。
カメラマンはちょっと屈んで、顔面ショットをゲットしました。
昆虫界のアンパンマンを想起させる、親しみやすい風貌は例年通り。
”お帰りなさい”の気持ちを込めて、レリーズON!。
さっと飛び上がるアキアカネ
親愛の情はうまく伝わらなかったみたい。さっと飛び去ってしまいました。
お友達気分になれるのは、もう少し先の事かなぁ・・

※9/19に都内で撮影

それは望み過ぎ・・2021/09/13 15:24

それは望み過ぎ・・
雲の向こうにうっすら顔を覗かせた青空。春はおぼろにって言う雰囲気が漂います。
しかし、これは春ではなくて、秋の入り口とも言える今日の空。
ぐずつき気味の天気続きでしたが、なんとかここ迄快復しましたって言う感じ。
出来ればすかっとした秋の空を・・さすがに、それは望み過ぎでしょうね。
ウスバキトンボ・・そろそろ旅立ち?
雨の日にはさっぱりだった昆虫達との出会いも実現しました。
これは、細枝にひっそりと止まっていたウスバキトンボ。
一時ほどの数は確認出来ませんが、目を凝らせば、まだそれなりに・・
列島を南から北へ移動を続けるトンボです。旅立ちの時が間近かも知れません。
そろそろ見納めかなぁ・・
キマダラカメムシの幼虫
こちらは、どっしり定住態勢で、この地での生息数が激増中!。
東南アジアや台湾からの移入種・キマダラカメムシの幼虫です。
もはや普通種と言っていい程のレベルに達した様に感じます。
既存種のカメムシとの折り合いは、うまく行っているんでしょうか。
その点がちょっと気がかり。

※9/13に都内で撮影

秋の草の葉で・・2021/09/05 15:26

秋の草の葉で・・
夏から秋へ・・長い間、活動を継続するアオモンイトトンボ。
細長い体形にマッチした秋の草の葉との組み合わせがズバリ決まっていました。
焼けつく様な暑さもおさまり、ほっと一息と言う感じでしょうか。
オンブバッタの最終脱皮殻
草の葉上で目にしたのがこれ。オンブバッタが残した最終脱皮殻です。
こんな複雑な形の殻から首尾良く抜け出せるなんて、大したもんだなぁと・・
オンブバッタのオス成虫
近くでは成虫の姿も確認出来ました。秋遅くまで生き続ける息の長いバッタです。
オスがメスの背中におんぶする例の態勢は目撃できませんでしたが、その内きっと・・
コバネイナゴの成虫
コバネイナゴは、既に完璧な成虫体形に変身済みでした。
イネ科植物の葉を大食いする、要警戒対象の昆虫です。
この逞しい体つきから推測すると、この辺りの被害は相当な物になりそう。
毎年繰り返されている事なんですが・・

※9/5に都内で撮影

秋間近にしては暑い!2021/08/28 15:31

秋間近にしては暑い!
秋間近にしては暑過ぎる!・・そんな感じの猛暑が今日も継続しました。
夏の主役の一つシオカラトンボも、活発な動きを止めて、枝先での休憩を度々。
暑さには強い筈だけど、昨日今日の暑さにはかなり参ったなぁと言う感じ?・・
高枝の先に止まるシオカラトンボ
こちらは、高枝の先に止まっていた個体。
こんな姿を目にすると、やがて里帰りをするアキアカネの姿が思い浮かびます。
そろそろ目にしてもいい頃なんでしょうが、今の所は、この通り代役が・・
いずれにしても、主役交代の時が近づいている事は間違いないでしょうね。
独り者のオンブバッタ
秋から初冬にかけての定番の眺めと言えば、オンブバッタのオンブシーン。
こちらもそろそろの筈ですが、現実は、この様な ”ぽつんとシーン” ばかり。
早くいい相手に巡り合えるといいね!って言う気持ちで一枚!。

※8/28と8/27に都内で撮影

上昇した気温の中・・2021/08/23 15:36

上昇した気温の中・・
夏らしい陽射しが今日も継続しました。気温の上昇もかなりのもの。
それを苦にせず、忙しく飛び回っていたのは、鮮烈な斑紋が光るアオスジアゲハ。
ヤブガラシの花から花への伝い飛びをして、吸蜜を繰り返していました。
花は小粒だけど、びっしり密集しているので、最高だわって言う感じ。
長い旅路を控えたウスバキトンボ
こちらは空中を漂う小昆虫の捕獲飛翔に多忙を極めていたウスバキトンボ。
南から北への長旅を成し遂げる為にも、腹ごしらえが最優先と言う事らしい。
静止する姿を見かける事は稀でしたが、これはやっと捉えた一休みショット。
一休みしたら再び餌取り飛翔を再開でしょうね。
この先の旅路はまだまだ長い。
たくさん食べて持久力をつけろよって、声をかけたい気持ちに・・
熱い地べたで休むシオカラトンボ
こちらは、長旅をしない定住派のシオカラトンボ。
陽射しを受けて、かなり温度上昇している筈の地面で翅休めをしていました。
さすがに真夏を生きるトンボ。暑いのなんて全然苦にならないよって言う事らしい。
それにしても、この角度で眺める複眼って、かなりユニークですね。

※8/23に都内で撮影