冴えない空の下・・2021/09/08 15:08

冴えない空の下・・
昨日夕刻に見たうろこ状の雲は、やはり天気が崩れる事の前触れだったみたい。
(前日9/7の記事・最下段に、その雲の画像を掲載しています)
重苦しい雲が立ち込め、時折、雨がぱらつく生憎の空模様になりました。
そんな空の下、殆ど識別出来ない網を張っていたのは、ジョロウグモのカップル。
大きい方がメスで、比較にならないくらい小さいのがオス。
さて肝心の獲物の方はと言うと、ご覧の通りさっぱり。掛かっているのはゴミばかり。
ほんと今日は冴えないねぇと語り合っていたかも・・
コバネイナゴ、ヨシの葉を猛食中!
天気が悪かろうと、旺盛な食欲にはさしたる影響なし。
そんな感じでヨシの葉に大きな喰い痕をつけていたのは、コバネイナゴでした。
いくら食べても食べ足りないと言う感じ。
少しは手加減をと言う気もしますが、食い始めたら、もう止まらないと言う事らしい。
ヨシにとっては、いよいよ受難の日々に突入ですね。
キンケハラナガツチバチの吸蜜風景
こちらは、野の花と昆虫のフレンドリーな関係を示す情景。
ヤブガラシのオレンジ色の花で吸蜜するキンケハラナガツチバチです。
この距離でははっきり確認出来ませんが、体には名前の通り金色の繊毛がびっしり。
花が望む花粉媒介役としては、実に望ましい特性を持っている様です。
蜜をたっぷりプレゼントするから、花粉をいっぱい運んでいってね!でしょうね。

※9/8に都内で撮影

秋の草の葉で・・2021/09/05 15:26

秋の草の葉で・・
夏から秋へ・・長い間、活動を継続するアオモンイトトンボ。
細長い体形にマッチした秋の草の葉との組み合わせがズバリ決まっていました。
焼けつく様な暑さもおさまり、ほっと一息と言う感じでしょうか。
オンブバッタの最終脱皮殻
草の葉上で目にしたのがこれ。オンブバッタが残した最終脱皮殻です。
こんな複雑な形の殻から首尾良く抜け出せるなんて、大したもんだなぁと・・
オンブバッタのオス成虫
近くでは成虫の姿も確認出来ました。秋遅くまで生き続ける息の長いバッタです。
オスがメスの背中におんぶする例の態勢は目撃できませんでしたが、その内きっと・・
コバネイナゴの成虫
コバネイナゴは、既に完璧な成虫体形に変身済みでした。
イネ科植物の葉を大食いする、要警戒対象の昆虫です。
この逞しい体つきから推測すると、この辺りの被害は相当な物になりそう。
毎年繰り返されている事なんですが・・

※9/5に都内で撮影

今年も順調に・・2021/06/29 16:03

今年も順調に・・
空に向けて、若緑の葉が勢い良く突き上がっていたのはイヌキクイモの群落です。
この先、旬の時を迎え、黄色い花を沢山咲かせる筈。
ほぼ順当な雨の恵みを受け、草地の自然は真夏への変身を着々と進めています。
コバネイナゴの幼虫
そこに生息する昆虫たちも、その多くが依然幼虫体形ながら元気いっぱい!。
例えばこれはコバネイナゴの幼虫。
摂食対象のイネ科植物にとっては嬉しくない状況ですが、多数が元気に飛び跳ね中!。
近々、食い跡だらけの葉がそこいら中に・・
ベッコウハゴロモの幼虫
何とも不思議な姿のこれは、ベッコウハゴロモの幼虫です。
お尻に生えた白いブラシ状の部位は、落下傘の機能を果たす救命胴衣的なパーツ。
葉っぱから転がり落ちた際に、これの浮力で事なきを得ようと言う算段です。
この種は幼虫・成虫とも植物の汁を吸う食性を持っています。
雨の恵みを受け水分をたっぶり蓄えつつある植物群。それを狙っての集団発生中!。
混迷する人の世とは違い、昆虫世界の動きは、今年も順調に進んでいる感じです。

※6/28に都内で撮影

調子がいまひとつ・・2020/11/07 22:16

調子がいまひとつ・・
水辺に立てられた杭の上でじーっと固まっていたイナゴ。
日向ぼっこをするにしては弱すぎる陽射しで、ヌクヌク効果は期待出来ないみたい。
枯れ色が目立ち始めた水辺
イナゴが好むのは、水辺に生えるヨシ等のイネ科植物の葉。
その現状はこの通り。青々としていた眺めが枯れ色主体のものに変わってきました。
イナゴ達にとっては、いよいよ厳しい時期に突入と言う事でしょうね。
ツマグロヒョウモン
緑が残る草地で目にしたツマグロヒョウモン。
セイタカアワダチソウの花を巡って吸蜜を繰り返していました。
しかし、時々この様に、地べたの草の葉に止まって固まってしまいます。
薄曇りの空が拡がり、気温もかなり低め。
こんな日は、さすがの元気者も、調子がいま一つ出きらない様子でした。

※11/7と11/3(水辺の風景)に都内で撮影

大食いの甲斐あって・・2019/10/14 18:38

大食いの甲斐あって・・
台風一過の晴天が拡がった昨日、秋の草も豊かな陽射しを浴びてキラキラ。
その草の繁みの奥からは、秋に鳴く虫達の声が耳に届きました。
夏の象徴・セミ達の声に比べてあまりにも小音量。静かな秋到来を実感しました。
ツチイナゴの成虫
秋の気配が漂う草むらで出会った無骨者!。雰囲気違いもいいとこだなぁと・・
イナゴの仲間の中では唯一の越冬種・ツチイナゴの成虫でした。
いかにも頑丈そうなこの体形は、厳しい寒さの冬を乗り越える上での必須要件。
まだだいぶ先の事ですが、その為の準備はバッチリ完了済みと言う事ですね。
ツチイナゴの幼虫
この種は、初夏に卵から孵化し、暫く幼虫時代を過ごした後に成虫化します。
と言う流れを証明する画像がこれ。同じ草むらで7月15日に見かけた幼虫です。
細長い草にしがみつく様子は何とも頼りなさげ。それが変じて今のあの風貌に・・
実はこれ、しがみついているのでなくて、葉をムシャムシャ食べている光景でした。
その大食いの甲斐あって、いまのあの姿ありと言う事ですね。
成虫になった今は更に食欲増進中?・・厳しい冬を越さないといけないからね・・

※ニュース報道を見るにつけ、台風19号の爪痕の甚大さに驚愕しています。
被災された方々に、心からお見舞いを申し上げます。
ご安全と、一日も早い復興をお祈り致します。

※本日撮影の画像ではありません。
※草地の風景とイナゴ成虫は10/13に、幼虫は7/15に、いずれも都内で撮影。