蝶か蛾か?・・2021/09/18 15:32

蝶か蛾か?・・
ここにきて目にする機会が増えて来たセセリチョウの仲間達。
蝶と言えば、優雅に飛ぶ印象ですが、この一族はそんな雰囲気とは無縁。
目標物に向かってまっしぐら・・ダイナミックな飛翔ぶりを見せます。
戦闘機の三角翼を連想させるこの姿からも、その資質の一旦が窺い知れます。
(イチモンジセセリ)
一休み中のイチモンジセセリ
いたって元気なセセリチョウですが、時々一休みする必要があるみたい。
これは、強い陽射しが戻った日に、葉上で翅休めをしていたイチモンジセセリ。
真夏並みの暑さに急に戻るなんて、ほんとに参っちゃうよって言いたい所かも・・
イチモンジセセリのクローズアップ
ズームアップして見るとこの通り。なんとも個性的な風貌です。
一般的な蝶の顔とはかなり異なる印象。おまけに毛むくじゃらだし・・
あなたは蝶なの?、蛾なの?って尋ねたくなります。分類学的にも微妙な存在とか。
昆虫の世界は多種多様。こんなあいまいなヤツがいても不思議じゃないんですね。
ぬいぐるみにしてもいいかなぁ・・
これは台風通過に伴う雨が降ったりやんだりの午後、花壇に来ていたイチモンジ。
無骨な姿は、花とのマッチングがいまいちかと思ったんですが、中々どうして・・
ぬいぐるみにしてもいいんじゃないかなぁと思えるくらい・・

※9/18、9/17、9/14に都内で撮影

降りたがりの傾向は・・2021/09/12 15:48

降りたがりの傾向は・・
雨降りたがりの傾向は、そう簡単におさまりそうにありません。
今日も灰色の空から、小粒ではありますが、しつこく降り続く日中になりました。
その空の下、秋に咲くヒマワリと言う趣のイヌキクイモの花も所在なさげでした。
ヤマトシジミもひっそり
野の花に来る蝶達も、こんな空の下ではいまひとつ調子が出ないみたい。
それなりの数は目にするのですが、多くがこんな感じの翅休め状態でした。
これはヤマトシジミ。雨滴を宿す葉上でじーっと固まっていました。
収穫がさっぱりのジョロウグモ
昆虫達の活動が低調だと、大きな影響を受けるのが各種蜘蛛たち。
獲物の痕跡が全く見られない網に、ジョロウグモが所在なさげに止まっていました。
今日は、あてはずれのまま日暮れを迎えてしまうかも・・
見方によっては、平穏な光景と言えるけど、ちょっと気の毒な様にも・・

※9/12に都内で撮影

好天への好転を・・2021/09/03 14:55

好天への好転を・・
すかっと晴れた秋空は今日もお預け。雨が降ったり止んだりの空模様が続きました。
樹々の葉には大粒の水滴がびっしり。まるで梅雨時のそれを思わせる光景でした。
雨にたたられてひっそりのイチモンジセセリ
イチモンジセセリも全然調子が出ていない感じ。草の葉に止まってひっそり。
今の時期は、雄が雌のお尻を追っかける求愛シーンが定番ですが、今日もさっぱり。
9月は番狂わせな展開で始まりました。好天への好転を強く望みたい気持ちに・・

※9/3に都内で撮影

九月初日に・・2021/09/01 14:49

九月初日に・・
爽やかな秋晴れで始まれば最高だったんですが、9月初日はどんよりとした曇り空。
その空の下では、季節の移り変わりをはっきりとした示す光景が・・
ばったりと止んだセミの声。昨日はそれなりの声を耳にしたのですが・・
そして目にしたのはこんな光景。路面に降りてびくとも動かないアブラゼミ。
息絶えた個体ではないんですが、樹上に戻るパワーはもはや残されていない様でした。
ランタナの花で吸蜜するイチモンジセセリ
セミの世界は、大きな区切りを迎えた様ですが、蝶の世界は、これからが本番。
花壇のランタナの花には、セセリチョウの仲間が多数集まって、吸蜜に夢中でした。
(イチモンジセセリ)
イチモンジセセリ(蝶)の求愛行動
吸蜜だけでなく、求愛行動に熱を入れるシーンも・・
これは、下方のオスが上方のメスに猛烈なアタックを掛けている光景です。
ややストレート過ぎますが、メスが発する匂いに惹かれて、うっとりしてる?・・
よく見るメスの上側の翅が激しく振動しています。
これって、OKのサインなのか、あなたなんてダメよの意思表示なのか?・・
蝶の社会の恋の駆け引きは不明ですが、この先はこんな光景を多く目にする筈です。

※9/1に都内で撮影

何とも逞ましい!2021/08/29 15:05

何とも逞ましい!
すかっと晴れ渡る空ではないのですが、こもった様な暑さが体にこたえる日中でした。
そんな暑さを一層助長している感じのこの色彩。夏の花ハイビスカスの花芯部です。
暑い日には、むしろこれくらい熱い色彩を目にした方がすっきりするかなぁと・・
あくまでも、かなぁとですけど・・
産卵を繰り返すナミアゲハ・雌
暑さをものともせず、活発な動きを見せていたのがこれ。
ナツミカンの木の周囲を忙しく飛び回っていたナミアゲハの雌。
その目的は産卵です。お尻を曲げて、柔らかそうな葉っぱに産み付けていました。
真夏に産み付けた子は元気に育つと言う事なんでしょうか。
何度も何度もこの動作を繰り返していました。
ナツミカンの葉を食い荒らすナミアゲハ幼虫
同じ木では、既に卵から孵った幼虫の姿も確認出来ました。
止まっている周囲の葉は、大きな食い痕だらけ。
育ち盛りと言う事で、その食欲にもいっそう拍車が掛かっているみたい。
あんまり暑いと食欲の方が・・なんて言う人間界の通例とは真逆の様ですね。
なんとも逞ましい!。

※8/29に都内で撮影