ほっと一息2023/01/29 12:50

ほっと一息
願ってもない程の好天に恵まれましたが、気温の方は一向に上がらず。
目にする眺めと、肌で感じる気温とのギャップに戸惑いを覚える日々が今なんですね。
霜柱が立ちそうな地面で目にした若草
足元に目を落としたらこんな光景が・・
あともう一歩で霜柱と言う感じに盛り上がった地面に野草の赤ちゃんが・・
地面と一緒に持ち上がってしまったみたい。
産声をあげた直後に訪れた危機と言う感じですね。
花を咲かせて昆虫達に蜜のプレゼントを・・その流れが途切れない事を祈るばかり。
若草は元気いっぱい!
しかし、野草達のパワーは、こちらが心配するほどヤワではない様です。
これは、落ち葉が降り積もった樹下で目にした光景。
若草が勢い良く立ち上がっていました。
やがて一面の緑に・・春への歩みが着実に進んでいる事を確認出来てほっと一息。

※1/29に都内で撮影

腹へったぁ・・2023/01/28 13:21

腹へったぁ・・
スカッとした晴れ空が戻ってきました。
でも、陽射しの強さが気温には反映されず、ピリピリとした寒気が肌に痛い程でした。
春はまだずーっと先のこと。枝剥き出しのサクラの木もそう感じていた筈です。
空を行くカラスも、腹へったぁって言う想いだったでしょうね。
モズも当惑気味?
地上に降りて餌(昆虫やミミズなど)を物色中だったのが、小さな猛禽類・モズ。
防寒対策でしょうか、体をまん丸に膨らませていました。
手応えがまったく無くて、途方にくれている表情(?)。
昆虫目当ての私も同様。一年の内で最も厳しい時期が今なんでしょうね。

※1/28に都内で撮影

厳しさを増す寒さに・・2023/01/27 13:06

厳しさを増す寒さに・・
東京でも雪が降るかもとの予報が出された日。確かに寒気の強さは超一級でした。
これは、きのう、公園の池で目にした光景。薄氷が張りキラキラ輝いていました。
今日は更に厚さを増していた筈。いよいよ冬が本気を出して来ましたね。
早咲きのウメの現状
そんな寒さの中でも、早咲きのウメはこの通り。
”寒さなんて何するものぞ!" って言う開き方を見せていました。
しかし残念なのは、花粉媒介役を果たすハチやアブの来訪がさっぱりな事。
あまりの寒さに物怖じして、どこかに身を隠しているのかも知れません。
先を行き過ぎて咲いちゃったかもね・・
綿毛を散布中のタンポポ・ちょっと絵にならない
数はまだ多くありませんが、タンポポの開花を目にする時期に入りました。
中には、花が終わって綿毛を飛ばす段階に入ったものも・・
陽射しを浴びて空に舞い上がる姿は絵になるけれど、寒風に吹かれてではねぇ・・

※1/27と1/26(池の氷)に都内で撮影

見るも無残に・・2023/01/26 14:06

見るも無残に・・
早朝、甲高いさえずりを耳にして、窓の外を覗いてみました。
目に飛び込んで来たのがこれ。鋭いくちばしを持つヒヨドリでした。
このくちばしで木の幹に穴をあけ、中に潜む幼虫を捕らえようと言う算段らしい。
食糧に乏しい今の時期、野鳥達も本気モード・パワー全開の様ですね。
無残に食い荒らされた卵のう
これは、正午近くに、低木・ユキヤナギの枝で目にした光景です。
見るも無残にバラバラに食い荒らされたオオカマキリの卵のう。
中に眠っていた幼体の運命は、当然の事ながら・・
実行犯は、シジュウカラあたりでしょうね。
まだ無傷なオオカマキリの卵のう
近くの小枝では、無傷な状態の卵のうも確認出来ました。
しかし、いつ災難に遭遇するか判りません。この目立ち方だと危険度は大かなと。
”ヌクヌクとした環境下で孵化を” と言う母虫の思いが逆効果となっている様にも・・
無事を祈ると言う気持ちで見つめました。

※1/26に都内で撮影

寒さに負けないぞ!2023/01/23 14:12

寒さに負けないぞ!
どんよりとした曇り空。その雲の隙間から顔を覗かせる太陽も薄ぼんやり。
寒さが身に沁みる日中になりました。
誕生後間もない草
足元に目を落としたら、寒さに負けないぞとアピール中の元気者の姿が・・
地面にべったり張り付く形でしたが、若緑色の草の葉が産声をあげていました。
順調にいけば、地面を覆い隠す程にテリトリーを拡げて行く筈。
それに同期して昆虫達の賑わいも・・待ち遠しい気持ちになりました。
とんがり頭のアジサイの冬芽
こちらは、もっと迫力に満ちたポーズで、寒さ何するものぞ!をアピール中!。
鋭いとんがり頭が特徴のアジサイの冬芽です。
梅雨時の雰囲気は物静かですが、今の姿はかなり勇ましい。
寒い寒いと縮こまってばかりじゃいけないなと、元気づけられました。

※1/23に都内で撮影