昼の月が・・2021/11/28 14:03

昼の月が・・
色づいた葉をつける木の上に広がっていたのは、雲一つない青空。
澄み切った空気を物語る様に、昼の月が浮かんでいました。
前景が枝剥き出しの木なら、正に冬の風景なんですが、一歩踏み留まっている感じ。
しかし、そんな眺めを目にする日も間近に迫っているんでしょうね。
中途半端な開き方のタンポポの花
地べたスレスレで目にしたタンポポの花。
陽射しの明るさに誘われて花開いたものの、吹く風がヒンヤリ。
”こんな筈じゃぁ” って言うことで、中途半端な開き方のままじーっと・・
ほんと罪作りな青空だよねって、同情の気持ちを込めて一枚!。
日向ぼっこをするアキアカネ
アキアカネ達は、地面スレスレでの日向ぼっこに専念中。
それなりの数を確認出来ましたが、揃ってこんな状態で固まっていました。
寒さが厳しさを増す時期の過ごし方は、これで決まり!と言う事なんでしょうね。
たとえどんな姿であれ、こうして出会いが続くのは、嬉しい限り。
冷たい雨だけは降るなよ!って言う想いで見つめました。

※11/28に都内で撮影

結構イケてるね!2021/11/27 15:41

結構イケてるね!
明るい陽射しが降り注いでいるのですが、肌に触れる空気はひんやり。
北から吹き付けるやや強めの風が、強い寒気を運んでいた様です。
そんな風に煽られて、葉を激しく散らす木も多数。
冬景色完成の一歩手前と言う眺めを多く目にしました。
風を避けて日光浴中のアキアカネ
こんな日は、出来るだけ低い場所で日向ぼっこをするのが得策。
それを実行中だったのは、倒木の幹に止まっていたアキアカネ。
まさにベッタリ張り付いている感じでした。
日光浴中のアキアカネの表情(?)
強い風を避けられるし、陽当たりもいいし、ここ最高だわ!って言う事でしょうね。
レンズをかなり近づけても逃げ去る気配はなし。
邪魔をしてごめんね!って言う気持ちを込めて、ポートレートを一枚!。
オオカマキリ雌の優しい(?)表情
以前からのご贔屓・エメラルドグリーンの目を持つオオカマキリ雌もこんな感じ。
陽射しの暖かさが気持ち良くて、完全に戦意喪失って言う風にも・・
優しい顔つきかどうかは微妙ですが、この表情も結構イケてるね!。

※11/27に都内で撮影

もう一枚厚着を・・2021/11/24 16:41

もう一枚厚着を・・
陽射しは豊かなれど、空気を暖める力は、全くそれに比例していない感じ。
11月も下旬に差し掛かれば、これが当然の流れなんでしょうね。
もう一枚厚着をしてくれば・・そう反省しながらの観察散歩でした。
アキアカネの日向ぼっこ
数は激減しましたが、アキアカネの季節が終わったわけではありません。
少数ながら、その姿を目にすることが出来ます。
出会いの確率が高い場所の具体例がここ。
水辺に立てられた木製の杭。今日も日向ぼっこ中の個体に出会えました。
更なる温熱効果を期待してでしょうか。お腹後部を杭の表面にベッタリ。
どんな姿であれ、この先も出来るだけ長い間、出会えればいいなぁと・・
オオアオイトトンボの日光浴
強めの風に煽られた感じで飛んで来たのは、オオアオイトトンボ。
草のツルにふわっと止まりました。
たまたま、止まりやすいツルがあったからではなく、敢えてここを狙って来た感じ。
日向ぼっこに絶好な場所と見定めた様でした。
秋遅くまでを生息期間とする息の長いトンボ。
寒さが厳しさを増す時期への対応は熟知している様ですね。実に頼もしい!。

※11/24と11/23に都内で撮影

木立では今・・2021/11/21 15:40

木立では今・・
いよいよ、落葉樹の葉が盛大に散る時期に入りました。
木立の下には、落ち葉の絨毯が敷き詰められていました。
歩く度に、サクサクと響く乾いた音が耳に届きます。
音で感じる季節の進展と言えるでしょうか。
落ち葉予備軍がまだまだ沢山!
見上げる枝には、落ち葉予備軍がまだまだ沢山。
身軽になって冬の寒さに耐える。落葉樹の変身が当分の間続く筈です。
ハラビロカマキリの卵のう
硬い殻の中で寒い冬を乗り越えて・・
そんな願いを込め産み落とされたカマキリの卵のうを多く目にする時期がいま。
木立の中で良く目にするのがこれ。樹上性のハラビロカマキリの卵のうです。
産み付けられていたのは、 太幹の南面。
冬の間も暖かい陽射しをたっぷり浴びて欲しいと言う想いに基づく位置決めですね。
しかし、シジュウカラを筆頭にして、卵のう食いに熱心な冬鳥が多いのも事実。
この先、そんな悲劇が起こらない事を祈りつつ撮影しました。

※11/21に都内で撮影

早トチリ!2021/11/20 16:44

早トチリ!
気持ちのいい青空がひろがった日。
数はかなり減ったとは言え、アキアカネの姿をそれなりに確認出来ました。
止まっていたのは最盛期を過ぎた水草の茎先でした。
陽射しが乏しい日には地べたにべったりの姿ばかりなんですが、大いに雰囲気違い。
こんな日が続けばまだまだ行けるね!って言う感じでしょうか。
色変わりしちゃった!?・・
定例観察スポットのひとつ・低木の葉の繁みに、目を向けてみました。
お目当ては、この場所で日向ぼっこを楽しむオオカマキリのメスに出会う事。
11月16日の記事で紹介した、魅力的なエメラルドグリーンの目を持つメスです。
あっ、いたいた!って、近づいてみたら、何やら様子がおかしい。
目が緑色じゃないし体も褐色だし、時期に合わせて枯れ色に変わっちゃったの?。
そんなふうに、早トチリしたんですが・・
緑色の目を持つオオカマキリ雌
全くの勘違いでした。近くの葉上に目を凝らしたら、いました!、私のアイドル!。
エメラルドグリーンに輝く魅惑的な目は相変わらず。
私はまだまだ元気でイケてるわよ!って、鋭い目つきで睨まれてしまいました。
午後になっても、陽射しが豊かに降り注ぐこの場所。
余生を過ごすメスたちにとっては、絶好の日向ぼっこ場所となっている様です。
それにしても、趣の異なる美女(?)二匹にいっぺんに出会えるとは・・
私にとっては、この先も、立ち寄り必須の場所と言えそうです。

※11/20に都内で撮影