梅雨入りの翌日は・・2021/06/15 16:15

梅雨入りの翌日は・・
梅雨入りした東京ですが、たった一日だけで明けた?・・なんて事をふと思う様な空。
梅雨だから毎日雨模様と言う事はないのですが、さすがに極端過ぎる展開だなと・・
翅休め場所を譲り合うイトトンボ
晴天大歓迎な筈のイトトンボ達も、昨日と大きく様変わりした天気に戸惑い気味?。
忙しく飛び回る事はせず、水草の枯れ茎に止まってじーっとしていました。
種類は違えど、翅休めに好適な場所は、お互いに譲り合ってと言う事の様でした。
(ベニイトトンンボとクロイトトンボ)
隠れ帯に身を隠す蜘蛛
好天を受けて、蜘蛛達も俄然やる気を出したみたい。
入念に調整した網に止まって、獲物の到来を今や遅しと待ち受けていました。
強い陽射しを浴びて白く輝くギザギザは、自分の存在を隠蔽する為の隠れ帯。
人の感覚からすると目立ち過ぎの様に思えるけど、騙される虫も多いんでしょうね。
この時点では収穫ゼロでしたが、こうして待っていればその内きっと・・

※6/15に都内で撮影

夏景色への変貌が・・2021/06/13 15:14

夏景色への変貌が・・
スッキリしない曇り空の下、ヒルガオの花のピンクが、鮮やかに目に迫って来ました。
周囲の草木の葉の緑も、一段と濃さを増して・・
夏景色への変貌が、順調に進んでいる事を実感しました。
ショウリョウバッタの幼虫
夏の草むらの主役のひとつ・ショウリョウバッタの幼虫に、今季初めて出会いました。
まだ翅も生えていない未完成な状態でしたが、元気いっぱい!。
カメラの接近に気付いて、ピンと飛び跳ねる距離は、既に一人前でした。
ハラビロカマキリ幼虫のお尻曲げポーズ
ハラビロカマキリ幼虫も、元気さでは負けていません。
レンズを睨み返す目線の迫力は、既に成虫並みでした。
ただ、ちょっとなぁと思ったのは、お尻をくいっと曲げた幼虫独特の威嚇ポーズ。
そんな事しても、ちっとも怖くないのにねぇ・・

※6/13に都内で撮影

青空が戻って・・2021/06/07 14:55

青空が戻って・・
ほぼ予報通り、正午近くになって、今の時期らしい青空が戻ってきました。
その空をバックに鮮やかな若緑色の葉を輝かせていたのはエノキの幼木。
ゴマダラチョウやアカボシゴマダラの幼虫にとって、何よりの育児食となります。
やがて食い跡だらけ・・そんな光景を目にする時期も間近に迫っている様にも・・
水辺の草で一休み中のムギワラトンボ
戻ってきた青空は夏のトンボ達にとって、何よりの元気起爆剤となったみたい。
これは、水辺近くの草地で目にしたのはムギワラトンボ。
活発に飛び回った後の一休みだったのかも知れません。
翅には全く傷みが見られず、成虫としてのデビュー後間もない個体の様でした。
ムギワラトンボの顔面迫写
今年の夏もよろしくねって、ご挨拶がわりに、顔面迫写を一枚!。
なんだろねって不思議そうな顔(?)をしていました。
驚かせてごめん・・

※6/7に都内で撮影
※PENTAX K-70 with SMC PENTAX-DA 1:2.8 35mm Macro Limited
& PENTAX-DA 18-135mm ED AL [IF] DC WR

生命力溢れる光景が・・2021/06/03 15:18

生命力溢れる光景が・・
雨の恵みを受け木立の緑が急速に濃さを増しています。
もう少し日々が進むと、更に濃さを増して重苦しい感じになってしまう筈。
この色合いはまさに今の時期限定と言えそうです。
倒木になってもたわわに葉をつける・・
ニセアカシアの葉も、穏やかな陽射しを浴びて輝いていました。
まさに活力溢れる眺めなんですが、実は裏事情が・・
この木には、強風を受けて根元から倒れてしまった過去があります。
しかし倒木となって地を這っても、時期が来れば、これだけ元気な葉をたわわに・・
その生命力の強さにはただただ感心させられます。
さて、この先、どう言う形で復活することやら・・
アオモンイトトンボの繁殖行動
水辺の草地に目を転じたら、そこにも生命力溢れる光景が・・
アオモンイトトンボのカップル。ハート形崩れのいつもの体勢で交尾中でした。
登場後まだそれ程時間が経っていないのに、早くもこの局面に・・
トンボの世界の時計は、想像を超える速さで進んでいるんですね。

※6/3に都内で撮影

梅雨入り前の・・2021/06/01 15:33

梅雨入り前の・・
梅雨入り前にひろがる青空は、スカッとして、実に気持ちいい。
そんな空を、コシアキトンボが飛びかっていました。
雨がちの日々に入る前の定番とも言える光景、今年も同様でした。
アカボシゴマダラ幼虫
こちらは活発な動きは見せず、エノキの葉上でじーっと固まっていました。
仰々しいツノを持つアカボシゴマダラ(蝶)の幼虫。
止まっていたのは育児食であるエノキの葉でした。
この画像でも食い跡が数カ所確認出来ます。しかしこの程度で済む筈もなく。
葉っぱとしては、早く羽化して飛んで行ってくれよ!と言う心境でしょうね。

※6/1に都内で撮影