かなりの密度で降る2021/09/18 08:48

かなりの密度で降る
変則的なコースを辿って進む台風14号。その影響が東京でも強く出始めました。
これは激しい雨音に気付いて、窓越しに見た外の様子です。
かなりの密度で、大粒の雨が降りしきっていました。
この後、少しおさまりましたが、予報では今日はこんな雨空がずーっと続きそう。
台風一過の晴天は明日にお預けの様ですね。

※9/18 朝7:40頃に都内で撮影
※本日(9/18)撮影の画像も含めた新しい記事をUpしました。
記事タイトルは「蝶か蛾か?・・」です。

良縁を祈る!2021/09/11 15:26

良縁を祈る!
青空を隠す雲が掛かりがちな日中となりました。
長い時間ではありませんが、細かい雨が落ちてくる事も度々。
そんな空の下でも、秋を象徴する自然風景への変身は着々と進んでいます。
これは水草・ヨシの今日現在の姿。
今は細い線状にしか見えませんが、成長するとふっくらとした穂先に変身します。
秋の陽を浴びて輝く様は、秋を象徴する風景のひとつ。
既にそれへのスタンバイが完了ですね。
蜘蛛にでも捕らえられた?・・
水辺の草地で目にしたちょっと異様な光景。
草の葉から垂れ下がる様なポーズをとっていたオンブバッタのメスです。
てっきり葉上で待ち伏せしていた蜘蛛に捕えられた悲しい光景かと思えたのですが・・
脱皮をほぼ完了のオンブバッタ雌
それは勘違い。やがてこの通り、安定した水平姿勢に変化しました。
あとで気づいたんですが、お尻の先に抜け殻が確認出来ます。
成虫になるための大切なステップ・脱皮を敢行中の個体だったんですね。
秋の終りまで活動を続ける息の長いバッタです。成虫への最終段階が完了と言う訳。
あとは、お似合いの相手とのオンブ体勢が成立すれば、メデタシメデタシ!。
良縁に恵まれる事を祈りたい気持ちに・・

※9/11に都内で撮影

うろこ雲かかる空の下・・2021/08/20 14:33

うろこ雲かかる空の下・・
秋の訪れ近しを告げている感じのうろこ雲がひろがった空。
この風景からは、肌に触れる空気も少しひんやりと言う様にも思えるのですが・・
実際は真逆。猛暑のぶり返しと言う感じの熱気が漂う日中となりました。
日陰に逃げ込んでいたアオスジアゲハ
元気者と言うイメージのアオスジアゲハも、らしくない場所で避暑中でした。
うっそうと繁った木立の中、直射日光を避けられる場所を選んで、ひっそりと翅休め。
鮮やかな青緑色の斑紋は、やはり、明るい陽射しの下でこそ映えるよなぁと・・
ホリカワクシヒゲガガンボの交尾風景
強い陽射しを苦にせず、パワフルなアクションを見せていたのが、これ。
タイガースカラーが目に鮮やかに映るホリカワクシヒゲガガンボのカップルです。
ヤツデの葉上で熱烈交尾中!。
ガガンボと言えば、か弱い風情の種ばかりと思っていたのですが、これは全く異質。
中々どうして、大したもんだなぁと・・

※8/20に都内で撮影

完全に復活!2021/08/19 15:28

完全に復活!
真夏のパワーが完全に復活した感じ。
八月はやはりこれだよなぁと思える様な暑さに見舞われました。
空に浮かぶ雲は、やや秋めいた雰囲気を漂わせていたのですが、まだまだですね。
葉裏に避難していたハラビロカマキリ幼虫
草の葉裏で直射日光を避けていたのは、ハラビロカマキリの幼虫でした。
秋が本格化するにつれて、くいっと曲がっているお尻も、まっすぐに伸びる筈。
その頃には、秋の陽射しが心地よく感じられるんでしょうね。
いまは、熱中症警戒で、こうして日陰に避難と言う事の様です。
日陰でひっそりムラサキシジミ
ムラサキシジミも同様みたい。
セミの声が響く樹下の日陰スポットに避難、翅を固く閉じて休息中でした。
と言う事で、魅惑的な色合いの表翅の斑紋は確認出来ず。
観察者としては、暑さがおさまる秋の訪れに期待ですね。
日向で頑張るムギワラトンボ
日陰に逃げ込むなんて甘っちょろいわ!って感じで、頑張っていたのがこれ。
シオカラトンボの雌・ムギワラトンボです。
しかし、草の茎に止まってじーっと動きません。
夏のメインキャストとは言え、さすがに今日の暑さは身にこたえている様でした。

※8/19に都内で撮影

足に絡みついて・・2021/08/03 15:08

足に絡みついて・・
樹下の夏草、その繁茂度合いがこれ以上密になりようもない位に変貌していました。
昆虫観察にとっては、絶好な場所の一つなんですが、容易に足を踏み入れられず。
ツルをはわせる草が多いので、足に絡みついて、歩きにくい事この上なし。
まさに、勢いに溢れた自然のパワーに圧倒される感じでした。
セミの抜け殻(たぶんツクツクボウシの・・)
その繁みの脇に林立する木では、セミ達の合唱音がますますボリュームアップ!。
今日は、新顔(?)ツクツクボウシの声まで混じっていました。
声の主の姿は確認出来ませんでしたが、それが残した抜け殻はこの通り。
下方に残された小さめなやつがそれと思われます。
この殻から抜け出した成虫が、上に登って行って初鳴きしている様でした。
ツクツクボウシの声は、夏の終わりを告げる様な、寂しげな響きを持っています。
まさか、この猛暑の中で耳にするとはねぇ・・
暑さを避けて翅休め中?
大柄な蝶・ジャコウアゲハが樹下の日影でひっそりと翅休めをしていました。
パワフルな雰囲気を漂わす蝶ですが、さすがに今日の暑さは身にこたえていたみたい。
と言う事で、熱中症を警戒して、私の今日の観察散策も、ここ迄・・

※8/3に都内で撮影