ウェルカムな?・・2022/05/25 13:57

ウェルカムな?・・
五月の空はやっぱりこれだね!・・そんな感じの気持ちのいい空が拡がりました。
樹々の新緑も目に鮮やかで、爽快感抜群!。
重苦しい梅雨空が覆いかぶさる前に、じっくり目に留めておきたい風景でした。
ヒメトラハナムグリ
視線を下に落とすと、頑丈そうな体を持つ甲虫の姿をたびたび!。
これは旬の花にいた虎柄のチビ。その名はすばりヒメトラハナムグリです。
今季は、なぜかこれとの遭遇機会が抜群に増えた感じ。
他のハナムグリを押しのけて、主役の座を占めようと言う勢いの様にも・・
花を食べるヒメトラハナムグリ
とる行動は、他のハナムグリ同様に、花をムシャムシャ食べること。
体が細かい繊毛に覆われていますので、花粉媒介役も立派に果たしそうですが・・
虎を連想させるその体色の為か、ちょっとなぁと言う気がしてしまいます。
さて、花にとってはウェルカムな存在に変わりないのでしょうか?。

※5/25と5/24に都内で撮影

これでなくちゃ!2022/05/22 14:25

これでなくちゃ!
すっきりしない昨日の空から一変、穏やかな陽射しが降り注ぐ日中になりました。
五月の空は、やはりこれでなくちゃ!って言う感じ。
爽やかな青空をバックに飛ぶ!
天気の快復を受けて、昆虫達も俄然活気づいた感じ。
気持ちよさそうに飛翔する姿を多く目にしました。
このショットでキャッチできたのは、アオスジアゲハとクマバチ(右下)。
気持ちがすっきりする様な眺めでした。
ササグモに捕らえられたハチ
こちらは正反対、オイオイって気持ちで見つめた光景。
葉っぱの上で待ち伏せしていたササグモに捕らえられた小さなハチです。
好天に浮かれて活発に飛び回った結果の悲劇でしょうね。
各種クモ達の顔見せが続いています。
昆虫達にとっては、油断大敵な時期に入った事は間違いありません。

※5/22に都内で撮影

もう少し先でいい・・2022/05/21 13:41

もう少し先でいい・・
重く垂れ込める雨雲。典型的な梅雨モードの空がひろがりました。
そろそろ覚悟が必要なんでしょうが、こんな眺めはもう少し先でいいなぁと・・
アジサイの花の現状
ぐずつき気味の天気を大歓迎なのはこれでしょうか。
路傍のアジサイ。すべてが薄紫色に色づく日も近いかなと感じました。
あまり早いと、梅雨本番の頃に、既に見頃過ぎとならないのでしょうか。
そんな心配をふと・・
アワフキムシ幼虫の住処・ブクブク!
いまの時期になると、頻繁に目にする様になる不思議なブクブク。
草の茎に設営されたアワフキムシ幼虫のすみかです。材料は自分のオシッコ。
上部に小さな黒いものが写っていますが、それが施工主。
オシッコの元は草の汁。草にとっては、何とも困った状況なんでしょうね。

※5/21に都内で撮影

真夏に向けて・・2022/05/18 15:05

真夏に向けて・・
モクモクと湧き上がる感じの葉をつけて、空に突き上がる木。
真夏に向けての歩みを速めている自然を象徴する風景と言えそうです。
でも、その前に鬱陶しい梅雨が訪れるのですが、それを忘れさせる様な眺めでした。
イトトンボの産卵
穏やかな陽射しを浴びて、イトトンボ達も一気に活気づいた感じ。
水辺では、はやくも産卵シーンが多く繰り広げられていました。
具合が良さそうな葉に向けてお尻をくいっと・・
次世代の誕生に首尾よくつながることを祈ってシャッターON!。
いまはにらめっこでも・・
こちらは草むらで目にした、ちょっとハラハラさせられたシーン。
対向する葉っぱの上でにらめっこをするヤブキリ幼虫とササグモです。
しかしこの組み合わせは、どう見てもふづりあい。
小さなササグモにとっては、ちょっと手におえないデカブツと言えそうです。
と言う事で、今回は単なるにらめっこですが、ヤブキリにとって油断は大敵。
もっとデカブツのクモが登場する時期も間近に迫っている筈。
そんなヒヤヒヤシーンを目にする日も、もうすぐでしょうね。

※5/18に都内で撮影

降ったり止んだり・・2022/05/17 14:24

降ったり止んだり・・
細かい雨が降ったりやんだり・・ハナミズキの葉にも雨滴がびっしり。
梅雨入り宣言が出されてもおかしくない様な湿っぽい日中になりました。
爽やかな五月の空を望む気持ちはつのるばかり。
穴だらけになったクズの葉
うっとおしいと感じる雨ですが、草木が順調に成長する上では不可欠な物の筈。
幅広なクズの葉も旺盛な繁り具合を見せ始めました。
しかし、完全無欠なものは少なく、この様に穴だらけになったものも多数。
もちろん自然にこうなった訳ではなく、これにはちゃんと犯人(?)がいます。
クズクビボソハムシ
その名はずばり、クズクビボソハムシ。
クズの葉にとりついて、猛烈に食いまくり、穴だらけにしてしまう大食漢です。
一匹だけでなく、多数が集団でとりつきますので、その被害は甚大。
これは、”あっちの葉っぱもおいしそうだな” の一コマでしょうか。
食われる立場のクズの葉にとっては、ガクブルの情景と言えそうですね。

※5/17と5/15に都内で撮影