冴えない空の下・・2021/09/08 15:08

冴えない空の下・・
昨日夕刻に見たうろこ状の雲は、やはり天気が崩れる事の前触れだったみたい。
(前日9/7の記事・最下段に、その雲の画像を掲載しています)
重苦しい雲が立ち込め、時折、雨がぱらつく生憎の空模様になりました。
そんな空の下、殆ど識別出来ない網を張っていたのは、ジョロウグモのカップル。
大きい方がメスで、比較にならないくらい小さいのがオス。
さて肝心の獲物の方はと言うと、ご覧の通りさっぱり。掛かっているのはゴミばかり。
ほんと今日は冴えないねぇと語り合っていたかも・・
コバネイナゴ、ヨシの葉を猛食中!
天気が悪かろうと、旺盛な食欲にはさしたる影響なし。
そんな感じでヨシの葉に大きな喰い痕をつけていたのは、コバネイナゴでした。
いくら食べても食べ足りないと言う感じ。
少しは手加減をと言う気もしますが、食い始めたら、もう止まらないと言う事らしい。
ヨシにとっては、いよいよ受難の日々に突入ですね。
キンケハラナガツチバチの吸蜜風景
こちらは、野の花と昆虫のフレンドリーな関係を示す情景。
ヤブガラシのオレンジ色の花で吸蜜するキンケハラナガツチバチです。
この距離でははっきり確認出来ませんが、体には名前の通り金色の繊毛がびっしり。
花が望む花粉媒介役としては、実に望ましい特性を持っている様です。
蜜をたっぷりプレゼントするから、花粉をいっぱい運んでいってね!でしょうね。

※9/8に都内で撮影

炎天下の猛者たち2021/08/25 17:08

炎天下の猛者たち
ジリジリと照りつける陽射し。夏の勢いが、まだ衰えを見せません。
そんなきつい日照りをものともせず、頑張っている昆虫も多数。
例えばこのイボバッタ。カサカサに乾いた地面に溶け込む色・模様を持つ猛者!。
ちょっと見には識別が困難な程の見事な擬態ぶりです。
イボバッタの凄い顔!
顔つきも、このとおり、超ワイルド!。
この恐ろしい顔から想像するところ、他の昆虫を襲って食べるのかなぁと・・
答えは否。食べるのはもっぱら草の葉っぱとか・・ちょっと拍子抜けです。
ムシヒキアブ
こちらは、その姿と実態がズバリ合致する乱暴者!。
他の昆虫を襲って体液を吸い取るという荒技の使い手・ムシヒキアブです。
暑さがおさまる頃、秋の昆虫たちが続々と顔見せをします。
その時を、首を・否・脚を長くして待っているんでしょうね。
この足で獲物をガッチリキープした上で、鋭い口吻をブスッと!・・
あまり目にしたくない光景ですが、近いうちにきっと・・

※8/25に都内で撮影

日陰で、日向で・・2021/07/22 15:44

日陰で、日向で・・
昨日より更にパワーアップした感じの真夏のパワー。とにかく猛烈に暑い!。
そんな日、林間では、樹液を漁る甲虫達の動きが活発でした。
・・と言っても、この様に幹に張り付いて微動だにせずの吸汁ポーズなんですが・・
樹液を漁る甲虫たち
これは同じ木ですが、上の画像のとは別の集団。
いずれの場合も、きらびやかなリュウキュウツヤハナムグリが数的に優勢でした。
やたら、光ってる奴らがそれです。
南方からの移入種なのに、いまや多数派を占める迄に勢力を拡大したみたい。
既存種の面目丸潰れって言う様にも感じられます。
日向で獲物を待つムシヒキアブ
甲虫達は日陰になる林間で、甘い(?)汁に酔いしれている感じ。
こちらは、燦々と陽射しが降り注ぐ日向で、獲物の到来を待ち受け中でした。
ハチやアブなどを捉えて、体液を吸い取ってしまう凶暴なアブ・ムシヒキアブ。
焼けつく様な日向をものともせず、じっと待ち伏せポーズを維持する必要あり!。
立場上悪役に相当する奴なんですが、こうして見ると、結構大変なんだなぁと・・
その苦労にむくいる形で、いい獲物が現れるといいね・・なんて、心にもない事を・・

※7/22に都内で撮影

夏来たる!2021/07/17 15:01

夏来たる!
白粉でお化粧をしたかの様に白く色づいたハンゲショウ(半夏生)の葉。
でもこれは期間限定。やがてお化粧を落とす感じで、緑一色に変わってしまいます。
なんでそんな事を?ですが、夏の始まりを告げる上では、貴重なメークアップですね。
CAUTION Bee!
”夏来たる” と言えば、自然観察をする上で、厳重注意を要する事項も・・
自然公園でも、こんな看板を良く見かける時期に入りました。
CAUTION Bee!・・
超危険なセグロアシナガバチ
さっそく、出会った厳重注意アイテムのひとつ!。
アシナガバチの中でも、攻撃性が特に強いとされるセグロアシナガバチです。
刺されたら大変!アナフィラキシーショックを起こして死に到る危険もあるとか・・
しかし、それが判っていて、なんで写真を撮ってるのと言われれば言う事なし。
やっぱり、今後はやめとこうと、強く・・
ちなみに、この画像は、高倍率ズームレンズの望遠端で撮影しています。

※PENTAX K-70 with PENTAX-DA 18-135mm ED AL [IF] DC WR
※7/17と7/16に都内で撮影

雨が止んで・・2021/06/25 15:29

雨が止んで・・
ざーっと降りだしたかと思うと、ぴたっと止んで晴れ空に・・
そんな梅雨時らしい空模様の日中になりました。
草の葉上に残る雨滴も結構大粒。今の時期はちょっとした外出にも傘が必携ですね。
雨の恵みを受けて元気倍増の幼木
降り止んだ雨の名残りで、樹下の地面がしっとり濡れていました。
これは、そこで目にした幼木です。新鮮な若緑が目に眩しく感じられました。
雨に濡れた地面から栄養分をたっぷり吸って元気倍増かと思えたのですが・・
生えていたのは老木の根本
実態はこの通り。
幼木が生えていたのは、地面ではなくて、朽ちた老木の根本の露出部分でした。
水気を吸った老木の組織は、幼木の成長にとって何よりの栄養分を含んでいるみたい。
栄養分を与えてくれる樹木並みに成長する迄には気が遠くなる程の時間が必要な筈。
でもその第一歩がスタートした事は間違いありません。
これもまた、梅雨時の雨の恵みを象徴する光景と感じました。
ハチをキャッチしたササグモ
雨上がりは危険がいっぱい!・・そう感じたのがこの光景。
ガクアジサイの花で目にしたササグモの獲物捕獲シーンです。
捕らえられていたのは、小さなハチ。
雨が止んだので、蜜を吸おうかとこの花にやって来た途端の悲劇らしい。
蜘蛛の側にも、雨の中でじーっと待っていたんだから、こう言うご褒美があって当然。
そんな感じのシーンでしょうね。それはわかるけどねぇ・・

※6/25に都内で撮影
※PENTAX K-70 with SMC PENTAX-DA 1:2.8 35mm Macro Limited