厳しさを増す寒さに・・2023/01/27 13:06

厳しさを増す寒さに・・
東京でも雪が降るかもとの予報が出された日。確かに寒気の強さは超一級でした。
これは、きのう、公園の池で目にした光景。薄氷が張りキラキラ輝いていました。
今日は更に厚さを増していた筈。いよいよ冬が本気を出して来ましたね。
早咲きのウメの現状
そんな寒さの中でも、早咲きのウメはこの通り。
”寒さなんて何するものぞ!" って言う開き方を見せていました。
しかし残念なのは、花粉媒介役を果たすハチやアブの来訪がさっぱりな事。
あまりの寒さに物怖じして、どこかに身を隠しているのかも知れません。
先を行き過ぎて咲いちゃったかもね・・
綿毛を散布中のタンポポ・ちょっと絵にならない
数はまだ多くありませんが、タンポポの開花を目にする時期に入りました。
中には、花が終わって綿毛を飛ばす段階に入ったものも・・
陽射しを浴びて空に舞い上がる姿は絵になるけれど、寒風に吹かれてではねぇ・・

※1/27と1/26(池の氷)に都内で撮影

我慢のしどころ2023/01/25 13:46

我慢のしどころ
東京でも朝方に雪が散らついた様ですが、昼間は穏やかな晴天に・・
しかし、超一級と言われる寒波のパワーは、衰えることなくそのまま継続しました。
陽射しは豊かでも、大気を温める力はほぼゼロ。いよいよ我慢のしどころですね。
咲こうとしたけどのタンポポ
陽射し明るさにだまされて開こうとしたタンポポの花も、腰砕けの状態に・・
”やめときゃ良かった” と後悔していたかも・・
春の花にとっても、逡巡の日々が続きそうですね。
寒さ何するものぞのナナホシテントウ
そんな中、元気な動きを見せていたのがナナホシテントウ。
背丈の低い草の繁みを、足早に歩く姿を複数目撃しました。
見習わなくちゃいけないなと感じるキビキビとした動き。
昆虫世界の春一番乗りは、この種で決まりだなぁと・・

※1/25に都内で撮影

覚悟が必要な・・2023/01/22 12:38

覚悟が必要な・・
陽射しを遮る雲が掛かり続けた昼前。底冷えと言う表現がぴったりの寒さでした。
明日以降も雲マークがズラリ。時間によって、雪がちらつく可能性もあるとか・・
いよいよ覚悟が必要な時期に入りましたね。
カラスノエンドウの花・来客はゼロ
そんな寒さの中、けなげに咲いていたのは、カラスノエンドウの花。
花の下にある蜜腺から滲み出る甘い汁は、アリ達にとって何よりの好物です。
しかし、その姿は皆無。まさか咲いているとは思わなかったよと言う事かも。
来客はさっぱりなツワブキの花
寒さに強いツワブキの花は、揃って満開状態に・・
樹下の草地を明るく彩っていました。
そのアピール力は相当なもの。蜜を求める昆虫達には強力な誘惑サインの筈。
しかし、こちらも来客の姿はさっぱり。
気温がもう少し高ければ、全然違った様子だったかも・・
野に咲く花達の共通の思いは、陽射しよ戻れ!でしょうね。

※1/22に都内で撮影

肌を刺すような・・2023/01/21 12:46

肌を刺すような・・
ピリピリと肌を刺すような寒気。吹き付ける強風がそのパワーを増強していました。
自然観察もいまが我慢のしどころなんでしょうね。
タンポポの花も今日はここ迄
陽射しの強さにだまされて開こうとしたタンポポも、ここ迄が限界みたい。
この状態では、蜜を求める昆虫の来訪は期待できませんね。
早咲きの花のさだめとは言え、気の毒な感じでした。
明日には、風もやんで・・

※1/21に都内で撮影

救いの神的な存在2023/01/20 13:21

救いの神的な存在
澄んだ青空に映える鮮やかな黄色。ロウバイの花が見頃を迎え始めました。
蜜の供給元が少ない今、越冬中の昆虫にとっては救いの神的な存在と言えそうです。
今日は太っちょなハエが来て、長時間滞在をしていました。
可憐な花にお似合いの組み合わせかは疑問ですが、相性はいいんでしょうね。
花粉の媒介もよろしくね!・・
吸蜜の合間に日光浴中のアブ
たっぷりご馳走になって一休みって言う感じだったのは、フタホシヒラタアブ。
樹下の草の葉に止まってじーっと動きません。
吸蜜プラス日光浴が、今の時期の生活スタイルと言えそうですね。

※1/20に都内で撮影