ウェルカムな?・・2022/05/25 13:57

ウェルカムな?・・
五月の空はやっぱりこれだね!・・そんな感じの気持ちのいい空が拡がりました。
樹々の新緑も目に鮮やかで、爽快感抜群!。
重苦しい梅雨空が覆いかぶさる前に、じっくり目に留めておきたい風景でした。
ヒメトラハナムグリ
視線を下に落とすと、頑丈そうな体を持つ甲虫の姿をたびたび!。
これは旬の花にいた虎柄のチビ。その名はすばりヒメトラハナムグリです。
今季は、なぜかこれとの遭遇機会が抜群に増えた感じ。
他のハナムグリを押しのけて、主役の座を占めようと言う勢いの様にも・・
花を食べるヒメトラハナムグリ
とる行動は、他のハナムグリ同様に、花をムシャムシャ食べること。
体が細かい繊毛に覆われていますので、花粉媒介役も立派に果たしそうですが・・
虎を連想させるその体色の為か、ちょっとなぁと言う気がしてしまいます。
さて、花にとってはウェルカムな存在に変わりないのでしょうか?。

※5/25と5/24に都内で撮影

もう少し先でいい・・2022/05/21 13:41

もう少し先でいい・・
重く垂れ込める雨雲。典型的な梅雨モードの空がひろがりました。
そろそろ覚悟が必要なんでしょうが、こんな眺めはもう少し先でいいなぁと・・
アジサイの花の現状
ぐずつき気味の天気を大歓迎なのはこれでしょうか。
路傍のアジサイ。すべてが薄紫色に色づく日も近いかなと感じました。
あまり早いと、梅雨本番の頃に、既に見頃過ぎとならないのでしょうか。
そんな心配をふと・・
アワフキムシ幼虫の住処・ブクブク!
いまの時期になると、頻繁に目にする様になる不思議なブクブク。
草の茎に設営されたアワフキムシ幼虫のすみかです。材料は自分のオシッコ。
上部に小さな黒いものが写っていますが、それが施工主。
オシッコの元は草の汁。草にとっては、何とも困った状況なんでしょうね。

※5/21に都内で撮影

おニューな組み合わせ2022/05/20 15:44

おニューな組み合わせ
卯の花の匂う垣根に・・そんな懐かしい歌を思い起こさせてくれるウツギの花。
清楚な姿で目を楽しませてくれる時期に入りました。
その花に来て熱心な吸蜜を繰り返していたのは、スリムな体形のヒラタアブ。
優しげな雰囲気の花にぴたりマッチする組み合わせと感じました。
ユリオプスデージーで吸蜜するモンシロチョウ
小さなヒマワリとも言えるユリオプスデージーの花も開き始めました。
そこで目にしたのは、羽化後間もないと思われるモンシロチョウの吸蜜動作。
ずばりお似合い。おニューなもの同士の組み合わせですね。
アブラムシ退治に馳せ参じたナナホシテントウ
草むらでは、パワフルに突き上がるハルジオンの花が多数。
そのヒョロ長い茎にナナホシテントウが止まっていました。
上方には、小さくて見にくいのですが、アブラムシの集団が・・
それらを退治するために馳せ参じたと言うわけ。
花にとっては、頼もしい助っ人の登場にほっと一息。
どうぞよろしくお願いしますでしょうね。その期待に応えて・・

※5/20に都内で撮影

見かけによらない・・2022/05/19 17:13

見かけによらない・・
ムラサキカタバミの花がきれいに咲き揃っていました。
草むらの若緑色と好対照を成す薄紅色。好感度が高そうな花ですが、実は!・・
扱いとしては要注意外来生物なんだとか・・
江戸時代に観賞用として米国から渡来したそうですが、そのパワーが凄い。
在来の野草の生育に影響を与える程の繁殖力を持っているらしい。
そんな強引な奴には見えないんですが・・見かけによらない花の代表格かも。
ガクアジサイの現状
こちらは、やがて見頃を迎える花・ガクアジサイです。
ここまで成長した姿を目にする時期にさしかかりました。
ここのところ続いたすっきりしない空が、成長を後押ししたんでしょうか。
晴れ日歓迎の観察者としては、もう少しゆっくりでいいよと思うのですが・・
ジャンプの名手・ヨコバイ
緑が濃さを増す草むらで、たびたび目にするのがこのジャンプ名人(?)。
草の葉から葉へ、ピンピン飛び跳ねる軽業師・ヨコバイです。
草の色に酷似しているので、気付きにくいのですが、その数、かなり多数。
伸び盛りの草の汁をたっぷり吸って、パワー百倍って言う感じ。
この先、さらに数を増やしていきそうです。

※5/19に都内で撮影

スイスイっとね・・2022/05/16 13:46

スイスイっとね・・
まさに予報どおり。暗い空がひろがり、細かい雨が降り続く日中となりました。
まさに梅雨の走りと言った感じ。
梅雨を象徴する花・アジサイにとっては歓迎できる展開なのかも・・
見頃を迎えた時の彩りが想像できるまでに成長していました。
ドクダミの花
梅雨時に元気付く花と言えば、このドクダミも・・
数はまだ少ないのですが、この状態に至ったものを目にする様になりました。
花びらの様に見える白い部位は萼(がく)。本当の花は中央の筒状の部分です。
それを目指して昆虫達が参集!・・さすがに、この雨の中ではさっぱりでしたが・・
水たまりにいたアメンボウ
これはまずまずの天候に恵まれた昨日、路面に残っていた浅い水たまりで見た光景。
水上の名スケーターとも言えるアメンボウ。この状態で、じーっと固まっていました。
今日は本領発揮の軽快な滑りを見せていたはず。スイスイっとね・・

※5/16と5/15に都内で撮影