降ったり止んだり・・2022/05/17 14:24

降ったり止んだり・・
細かい雨が降ったりやんだり・・ハナミズキの葉にも雨滴がびっしり。
梅雨入り宣言が出されてもおかしくない様な湿っぽい日中になりました。
爽やかな五月の空を望む気持ちはつのるばかり。
穴だらけになったクズの葉
うっとおしいと感じる雨ですが、草木が順調に成長する上では不可欠な物の筈。
幅広なクズの葉も旺盛な繁り具合を見せ始めました。
しかし、完全無欠なものは少なく、この様に穴だらけになったものも多数。
もちろん自然にこうなった訳ではなく、これにはちゃんと犯人(?)がいます。
クズクビボソハムシ
その名はずばり、クズクビボソハムシ。
クズの葉にとりついて、猛烈に食いまくり、穴だらけにしてしまう大食漢です。
一匹だけでなく、多数が集団でとりつきますので、その被害は甚大。
これは、”あっちの葉っぱもおいしそうだな” の一コマでしょうか。
食われる立場のクズの葉にとっては、ガクブルの情景と言えそうですね。

※5/17と5/15に都内で撮影

スイスイっとね・・2022/05/16 13:46

スイスイっとね・・
まさに予報どおり。暗い空がひろがり、細かい雨が降り続く日中となりました。
まさに梅雨の走りと言った感じ。
梅雨を象徴する花・アジサイにとっては歓迎できる展開なのかも・・
見頃を迎えた時の彩りが想像できるまでに成長していました。
ドクダミの花
梅雨時に元気付く花と言えば、このドクダミも・・
数はまだ少ないのですが、この状態に至ったものを目にする様になりました。
花びらの様に見える白い部位は萼(がく)。本当の花は中央の筒状の部分です。
それを目指して昆虫達が参集!・・さすがに、この雨の中ではさっぱりでしたが・・
水たまりにいたアメンボウ
これはまずまずの天候に恵まれた昨日、路面に残っていた浅い水たまりで見た光景。
水上の名スケーターとも言えるアメンボウ。この状態で、じーっと固まっていました。
今日は本領発揮の軽快な滑りを見せていたはず。スイスイっとね・・

※5/16と5/15に都内で撮影

カレンダーどおり2022/05/15 14:19

カレンダーどおり
水辺の草の緑が、枯れ色を駆逐する勢いで範囲拡大中。
その繁みから、ギョギョシー・ギョギョシーと言う甲高い囀りが耳に届きました
毎年今頃になると姿を現すオオヨシキリ。ずばりカレンダーどおりだなぁと・・
※残念ですが、その姿は写っていません。
ナナホシテントウ食休め中?
岸辺の草むらの緑も、急速に濃さを増しています。
その緑のガード役を務めるのが、各種テントウムシ。
これは、植物の敵・アブラムシ退治に奔走中のナナホシテントウです。
お腹がいっぱいで一休みの図でしょうか。近くにはアブラムシがたくさん!。
大食漢が休憩しているうちに、逃げりゃいいものをその気配はまったく無し。
まるで、食われるのを待っている様にも・・何とも不思議な光景でした。
悪玉・トホシテントウ
ナナホシテントウは、成長中の緑のガード役とも言える善玉です。
それとほぼ同系色のこれも同じくと言いたいところですが、真相は真逆!。
トホシテントウ。この種が食べるのはカラスウリ等の葉とか・・
善玉の姿を真似て、いい子ぶろうと思っているかも知れません。
しかし所詮はまがい物。勢い余ったのか、黒い点々がデカ過ぎだよ!。

※5/15に都内で撮影

雨があがって・・2022/05/14 15:21

雨があがって・・
朝方まで降り続いた雨があがり、穏やかな五月の空が戻ってきました。
足止めをくらっていた昆虫達も活動を再開!。
葉に雨粒を宿すシロツメクサの群落に来ていたのはツマグロヒョウモンのオス。
この時を待っていた感じで、熱の入った吸蜜動作を繰り返していました。
ヒメヒラタアブ
超スリムな体型のヒメヒラタアブも吸蜜に大忙し。
花から花へ・・軽やかな飛翔動作を見せていました。
アブラムシ退治に大忙しのナミテントウ
伸び盛りの若草も、雨の恵みを受けて更に元気づきそうな雰囲気でした。
その大敵と言えるのが、各種アブラムシ達。
そうはさせまいと、動きを活発化しているのが、益虫・テントウムシ。
アブラムシを求めて、草から草へセカセカと移動中でした。
伸び盛りの野草達にとっては、頼り甲斐のある守護神と言ったところですね。
” よろしくお願いします ” の声が聞こえて来そう。
(ナミテントウ)

※5/14に都内で撮影

まだだいぶ先・・2022/05/13 14:00

まだだいぶ先・・
予報どおり、しとしと雨が降り続くあいにくの空模様になりました。
雨の季節の旬の花とも言えるアジサイも、雨にしっとりと濡れて・・
しかし見頃の日々を迎えるのは、まだだいぶ先と言う感じ。
葉上を這うカタツムリの姿も確認出来ませんでした。
クマバチの吸蜜風景
これは、穏やかな陽射しに恵まれた昨日、草むらで目にした光景です。
シロツメクサの花で吸蜜する太っちょ体形のクマバチ。
花が傾いているのは、ハチの重さのせいでしょうね。
花はオイオイかも知れないけど、花粉を媒介してくれるから文句は言えない。
大食漢なこのハチも、今日の様な天気の日は、ひっそりと休業中なんでしょうね。

※5/13と5/12に都内で撮影