爽やかな空とも・・2024/06/16 18:07

爽やかな空とも・・
澄み切った青空に浮かぶ昼の月。
梅雨の足音が聞こえ始めてもおかしくない時期に差し掛かりました。
こんな爽やかな空とも、しばしお別れの時が、近づいているんですね。
それを思うとね・・
ナナホシテントウ お昼寝中
穏やかな空気に包まれて、元気なナナホシテントウも、ついウトウト・・
好物のアブラムシ退治はひとまず置いといて、スヤスヤ お昼寝中でした。
幸いな事に、この草には、アブラムシの姿は皆無。
草としては、「いざとなったら、よろしくお願いします」でしょうね。
草の願いはじゅうぶん承知の筈。その時に備えてパワーを充電中の様でした。

※6/16に都内で撮影

ジャストフィットな・・2024/05/23 15:56

ジャストフィットな・・
すっきりとは晴れきらない空。そんな空の下でも昆虫達の動きは活発でした。
それぞれが好みの花を訪れて、採餌に没頭していました。
これは小粒な花に小さなアブのコラボ。ジャストフィットな組み合わせと感じました。
ナミテントウ登場
ヨレヨレな姿のユリオプスデージーの花。アブラムシの食害によるものでしょうね。
馳せ参じていたのは、アブラムシ退治のスペシャリスト・ナミテントウ 。
こう言う花を見かけると、放っておけないんだよと言う事でやって来たらしい。
ゴメンね。アブラムシの数が多すぎて、この花に来るのが遅れたんだよ。
がんばって退治するから、もう暫くの間、辛抱してね。
実に頼もしい光景でした。

※5/23に都内で撮影

受難の日々が・・2024/04/26 15:38

受難の日々が・・
道端のツツジの花にヤブキリの幼虫が止まっていました。
このポーズから推察すると、花びらをムシャムシャ食べようと言う算段らしい。
花にとっては、とんでもない迷惑者。その数、極めて多し。
旬の花達にとっての受難の日々が、この先も続きそうです。
この色の組み合わせは凄い。目がチカチカしちゃいますね。注視禁物かなぁ・・
善玉・ナナホシテントウ活躍中
一方、こちらは善玉。シロツメクサの花に止まっていたナナホシテントウです。
ここを訪れた目的は、植物にとっての大敵・アブラムシを捕食する事。
花の期待に応えて、迷惑者の退治に奮闘する意欲十分な感じでした。
実に頼もしい。

※4/26に都内で撮影

明日はきっと・・2024/04/22 13:39

明日はきっと・・
どんよりとした雨空がひろがる午前になりました。
目に眩しい色合いの若葉も雨滴を宿して、ちょっとかわいそうな雰囲気でした。
しかし、このさき目覚しい成長を遂げる為には、不可欠な雨なんでしょうね。
少し冷たいけど、我慢 我慢・・
調子が出ない様子のナミテントウ
お日様大好き昆虫・テントウムシにとっては、明らかに望ましくない空模様の筈。
好物であるアブラムシの姿もさっぱりだし、調子がでないよぉって言う感じでした。
明日はきっと晴れるさ。そんな望みを抱きながら日暮れを迎える事になるのかも・・

※4/22に都内で撮影

喜んで場所提供を・・2024/04/16 13:46

喜んで場所提供を・・
陽射しを大きく邪魔する様な雲は掛からず。おだやかな春の青空が拡がりました。
その空で、クマバチがホバリング飛翔を続けていました。中央やや右の小さな黒い点。
今の時期の定番シーンと言う感じで、目にする機会が、とても多い。
このハチにとっての吸蜜対象・春の花が数を増している事の証明ですね。
※クマバチの、もう一段大きな画像を、昨日 4/15の記事の 2枚目に掲載しています。
テントウムシのアツアツシーン
若葉の上で、テントウムシのカップルが、アツアツシーンを繰り広げていました。
葉っぱにとっての迷惑者・アブラムシの退治役として、今後の活躍が期待される存在。
とても柔らかそうなこの葉っぱ、今後、アブラムシの集中攻撃を受けそうです。
葉っぱとしては、その退治役に、喜んで交尾場所の提供を・・と言う事でしょうね。
その期待に、しっかり応えないとね。

※4/16に都内で撮影