枯れる花と開く花2019/11/25 20:00

枯れる花と開く花
観察地の秋を彩る花の代表種のひとつがセイタカアワダチソウ。
明るい黄色の花を名前通りの背高のっぽの茎の先にびっしりと咲かせます。
しかし最盛期を過ぎた今はこの通り。
花の後に開く白い綿毛の塊が、正に”泡立つ” 感じで密集しています。
セイカタアワダチソウで捕食中のナナホシテントウ
現状、全ての花がモコモコの泡に変化し尽くした訳ではありません。
この様に、黄色かった花の面影を残すものも所々に・・
そこで目にしたのがこれ。しぼんだ花に顔を突っ込むナナホシテントウです。
この草には、セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシが寄生するそうです。
アブラムシ退治のエキスパートとしては、絶好の捕獲場所と言えそう。
成虫越冬をするタフな種。その為の体力増強に邁進中と言う事でしょうね。
サザンカの花
セイタカアワダチソウは枯れる花、いっぽうこちらはこれから開く花。
寂しい冬の間の貴重な彩り、サザンカです。
まだちょっと頼りない開き方ですが、可憐な姿を披露し始めました。
サザンカの花にいたツマグロコシボソハナアブ
人は、花開いた姿を見てほっと癒されますが、昆虫達にとってはもっと実利的。
花が少ない時期の貴重な蜜の提供源として、様々な種を惹きつけて行く筈です。
この日、目にしたのは、かなりエキセントリックな姿をもつハナアブでした。
頭部の形状は普通のアブですが、ひょろっと長い体後半部がユニーク。
名前はツマグロコシボソハナアブ。”腰細”はちぎれそうに細い腰に由来していますね。
いきなりユニークな訪問者に出くわしましたが、この他にもこの花の常連客は多数。
寂しい冬の時期の観察ポイントとして、注目してゆく事になりそうです。

※11/24と11/25に都内で撮影

豊かな陽射しを浴びて・・2019/11/17 20:35

豊かな陽射しを浴びて・・
燦々と降り注ぐ晩秋の陽射し。それが安定して続いた日曜日でした。
赤く色づいたドウダンツツジの葉も、豊かな陽を浴びてひときわ鮮やかに・・
燃え上がる炎の様なその姿に、しばしみとれてしまいました。
翅全開のキタテハ
豊かな陽射しは、晩秋を生きる昆虫達にとっては何よりの贈り物だった様です。
想い想いの姿で日向ぼっこを楽しむ姿を多く目にしました。
ナワシログミの葉上で翅を全開にしていたのは、キタテハ。
蝶の数が、次第に減り始める頃にも、活発な動きを見せるタフな蝶。
そんな日頃の活動の疲れを癒す上からも、今日の陽射しは有難い物だった筈です。
ナナホシテントウも日向ぼっこ
日頃は忙しく動き回るナナホシテントウも、今日はエノキの葉上でひっそり。
重要任務であるアブラムシ退治はひとまず置いといて、日光浴に専念中と言う感じ。
成虫越冬をする種。落葉の下などに潜んで寒さに耐える日々が間近に迫っています。
ほっと一息つける今日の様な日が、この先も続く事を願っているんでしょうね。
日光浴中だったオオカマキリの顔
産卵を無事終えたのか、のんびりした様子のオオカマキリ雌を数匹目にしました。
揃って、疲れた体を癒す為の日光浴中だった様です。
でも、カメラを睨む目つきはご覧の通り、いつも通りに、かなりきつい。
この気の強さがある限りまだまだ大丈夫!・・でしょうね・・

※11/17に都内で撮影

秋型から冬型へ・・2019/11/01 20:44

秋型から冬型へ・・
秋型から冬型へ・・11月初日の夕空は、そんな変化を感じさせる色合いでした。
過激な気象続きで、翻弄されどおしのまま過ぎてしまったこの秋。
こんな穏やかな表情の空を目にすると、気持ちがほっとやわらぎます。
秋の草で捕食中のナナホシテントウ
この先、草むらで目にする昆虫も、徐々に数を減らして行くのが例年の流れ。
そんな中 ”僕は大丈夫。冬の間もちょくちょく出会えるよ” って言いたげなのがこれ。
現在、秋の草上を忙しく行き来してアブラムシ退治に大忙しのナナホシテントウです。
枯れ落ち葉の下などに潜んで冬の寒さに耐え、成虫越冬をする逞しいやつ。
そんな耐寒生活への備えでしょうか。その多忙ぶりにも一層拍車が掛かった感じです。
ほんと、頼もしいやつだなぁと・・

※11/1(夕空)と10/31(ナナホシテントウ)に、いずれも都内で撮影

晴れた日は食欲全開!2019/10/26 20:19

晴れた日は食欲全開!
久しくご無沙汰だった、スカッとした秋晴れの空が戻って来ました。
草むらにも明るい陽射しが燦々と降り注いでいました。
となれば、そこに住む昆虫達は俄然食欲全開・・そんな光景が草むらの至る所で・・
これはその中でも最も過激な食事風景。穴だらけにされたクズの葉です。
その上に群れを成して止まっていたのは、クズクビボソハムシ。
最近中国から渡って来た外来種で、クズの葉対象に甚大な被害を与えているとか・・
従来からクズの葉を好む昆虫は多くいたけれど、こうまで過激なのは初めて。
繁茂力旺盛なクズですが、この新たな展開には、困ったなぁと溜息かも・・
アリを攻撃するナナホシテントウ
植物の敵と言えば、アブラムシの仲間も決して看過できない一大勢力と言えます。
そして、それを退治する頼もしい助っ人とも言える存在がテントウムシの仲間達。
これは、毎度おなじみのナナホシテントウ。
今日もアブラムシ退治に大忙しかなと思ったのですが、食べている物が何か変。
接近して確認したら、この通り、アリでした。
アブラムシとアリの共生関係は良く知られていますが、それを仇に思っての攻撃?・・
私としては、今まで見た事がなかった光景だけに、ちょっとびっくり!。
草の穂先で戸惑うカタツムリ
晴れた日には昆虫達の食欲も全開ですが、雨の日大好きなカタツムリも同様?・・
食料探しに大忙しと言う感じで、動き回っていたのがこれ。
でも、晴れた日には、感覚がややおかしくなってしまうのでしょうか。
草の穂先まで来て、さてどうしたものか?と、戸惑っている様に見えました。
このままぽとりと地上へ落下はきついので、Uターンせざるを得ないでしょうね。
やはり、君の場合は、雨の日限定。今日みたいな晴れ日はじっとしてた方がいいね。

※10/26に都内で撮影

そこにいる目的は様々・・2019/10/20 22:16

そこにいる目的は様々・・
秋の野草の中では最もデラックスな(?)雰囲気を漂わすキンエノコロ。
黄金色の穂が、秋の陽を浴びて輝いていました。
その細茎を上へ下へと忙しく動き回っていたのは、野草達の救世主ナナホシテントウ。
野草にとっての大敵・アブラムシ退治に超多忙な日々をおくっている様です。
キンエノコロの穂で休むベニシジミ
秋の野の花が賑やかに顔を揃えた今の時期、蜜を求める蝶達も大忙し。
このベニシジミは、吸蜜の合間の休憩場所としてキンエノコロを活用していたみたい。
びっしり密集した繊毛にふわっと止まって一休み。
小型で身軽な蝶ならではの翅休めシーンでした。
コセンダングサの花にとまるキタキチョウ
いっぽう、このキタキチョウはバッチリお仕事中。
コセンダングサの花に止まり、いざっ!吸蜜のポーズをとっていました。
いかにもお似合いの組み合わせですが、こんな穏和な雰囲気のシーンも今のうち。
この草は、やがて、鋭いトゲを持つ凶暴な姿の果実(引っ付き虫)を実らせます。
ズボンなどに引っ付かれると、肌にチクチクと痛い厄介者。
草むら観察者にとっては有り難くない変貌ぶりですが、そんな時期ももうすぐ・・

※ベニシジミのみ10/19に、他は10/20に、いずれも都内で撮影