視線をアップ&ダウン2017/11/07 20:41

視線をアップ&ダウン
秋の深まりとともに、次第に数を減らし始めた昆虫たち。
観察散歩も、良く目を凝らさないと・・って言う時期に入りつつあります。
しかし、まだまだ、諦めるには早過ぎる。
こんな時期に必要なのは、全視界への注意力の集中って言う訳で・・
視線をアップ方向に向けた結果、見つけたお宝がこれ。
白く輝く翅を持つウラギンシジミ・雄でした。
背高の草の葉や木の葉に止まる姿が、これからの時期の定番です。
ウラギンシジミ・雄の表翅
陽当たりのいい高所に止まる理由は、ずばり日向ぼっこですね。
今日は半開きでしたが、チャーミングな表翅の橙色パターンも確認出来ました。
この先、更に季節が進めば、翅全開でのソーラーパワー享受ポーズも目撃出来る筈。
今日出会ったこの場所をしっかり記憶に留めておこうと・・
ヨモギの葉の色づき
視線をダウン方向に落としたら、こんな草の葉が目に飛び込んで来ました。
先尖りのヨモギの葉。初期段階はこの様に先端から紅色に染まって行く様です。
私にとっては新しい発見。これはこれで面白いなぁと・・
ヨモギの花にいたダンダラテントウ
目をヨモギの花に転じたら、さらに嬉しい発見が・・
既に枯れ色に変わった花にダンダラテントウが張り付いていました。
このテントウがここにいる理由は、当然、餌を捕食する為の筈。
好物はアブラムシ。こんな終末期の花にも、依然しつこく取り付いている様です。
ヨモギの花にとっては、もっと早い時期に退治してくれればと言う気持ちかも・・

※11/7に都内で撮影

野の花に来て・・2017/10/31 20:13

野の花に来て・・
まずまずの陽射しに恵まれた日、野の花を訪問中のチビ昆虫に注目しました。
小粒なイヌタデの花に止まっていたのは、アオクサカメムシの幼虫でした。
今の時期にまだ幼虫?って言う気もしますが、全然問題無し。
この種は、近づきつつある冬を成虫として乗り越える事が出来ます。
木枯らし一号も吹いたし、早く大きくならなくちゃって、花をムシャムシャ・・
ナナホシテントウ
オオアレチノギクのつぼみには、ナナホシテントウ成虫が逆さまで・・
野草の天敵・アブラムシを退治中でした。
成虫で越冬するこの種は、冬の間も枯野に僅かに残る緑の草を守り続けます。
オールシーズン対応の緑のガード役って言う訳。実に頼もしい。

※10/31に都内で撮影

差し迫り度の違い2017/10/12 20:48

差し迫り度の違い
明日以降暫くは愚図ついた天気続きになりそうとの予報が出ています。
そんな事を耳にすると、この光景の今後についてが大いに気になります。
昆虫世界に於ける秋の象徴的シーンとも言えるアキアカネの枝先翅休め。
青空を背景にしたそれを目にするのも、当分お預けと言う事になりそうです。
このトンボの生息期間にも、そろそろ先が見え始める頃。
空模様の、出来るだけ早い快復を願いたい気持ちに・・
ホソハリカメムシ成虫
成虫での越冬も可能な昆虫に対しては、そんな差し迫った気持ちは湧きませんね。
イネ科の植物につくホソハリカメムシもその一つ。
いま最盛期を迎えているイネ科の草で、頻繁に目にする事が出来ます。
でもそれらもやがて枯れ果ててしまう定め。
そんな厳しい自然環境の中でどう生き抜いていくのか?・・
よほどの秘策があるんでしょうね。
ナナホシテントウのサナギ
こちらも、”余裕、余裕” って言う感じで、草の葉上でひっそり。
ナナホシテントウのサナギです。
これが割れて誕生する成虫には、やがて訪れる寒い冬の日々が待ち構えている筈。
でも、そんな展開はしっかり織り込み済み。その秘策とは集団で身を寄せ合って・・
冬には、ぜひそんな光景も目にしたいものです。

※10/12に都内で撮影

ケバケバしい・・2017/10/04 20:07

ケバケバしい・・
エノコログサの花に、トゲトゲのゲバケバしい奴が止まっていました。
背中や横腹に鋭い針状の突起が突き出しており、いかにも痛そう。
敵に攻撃された時に備えての防御策なんでしょうね。
一見してカメムシの幼虫と判りますが、さてこれが成虫になった姿とは・・
ホソハリカメムシ成虫
これは9/14に撮影した画像、ホソハリカメムシの成虫です。
さしたる特徴が見られない、ごく普通のカメムシと言っていいでしょうか。
トゲトゲの体で身を守って来たから、こうして成虫デビューの日を迎えられた。
何気なく目にする昆虫達にも、隠された成虫化への秘策が隠されているんですね。
トホシテントウの幼虫
トゲトゲでケバケバしくするんだったら、ここまで徹底してやらないとね・・
・・って言う感じのこれはトホシテントウの幼虫です。
全身に痛そうな針がびっしり。
よほど物好きじゃないと、とても手を出す気にはならないでしょうね。
さて、こう迄徹底して身を守った結果の成虫の姿とは・・
トホシテントウ
これです。トホシテントウの成虫。
この種は、テントウムシの仲間としては珍しく植物を食い荒らす害虫です。
食害されるのは、ジャガイモやカラスウリ等の葉だそうです。
悪い奴ほどしたたかに身を守って成長する。その典型例と言えそうです。
(※この成虫画像は、5/14の当ブログ記事に掲載した画像の引用掲載です。)

※特記した成虫画像以外は、10/4に都内で撮影

終焉のフェーズに・・2017/09/20 20:53

終焉のフェーズに・・
夏の昆虫ステージも、いよいよ終焉のフェーズに入った様です。
セミの季節のトリをつとめたツクツクボウシの声も、か細く途切れ途切れに・・
そんな中、暑い時期にはとんと姿を見かけなかった昆虫との出会いも・・
草の葉上をちょこちょこ徘徊中だったナナホシテントウ。久しぶりの再会です。
この虫の感覚は人に近いのかも。暑い最中は身を隠しそれがおさまると表舞台へ・・
「そう言う一面もあるけど、秋の草には好物アブラムシが沢山たかるからね」かな。
ヤマイモハムシ
秋は、小形甲虫の姿を多く見かける季節。
このヤマイモハムシも、細身な秋の草に止まったら、しっくりフィットしそう・・
・・って思いますが、この虫の生息期間は5月から8月までなんだとか・・
お洒落なツートンカラーもそろそろ見納めって言う事かも知れません。
ハバチ(推定)の顔
これからは、凶暴性のあるハチ・例えばスズメバチの仲間に要警戒の時期。
確かに、今日の観察散歩でも、数匹の飛翔を確認しました。
これは、それとは比べものにならない位に小形。でも、立派にハチの仲間です。
ここに来て頻繁に見かける様になったハバチの一種と思われます。
顔つきはそれなりに迫力あり。これがもし大形だったら、ちょっとビビるかも・・
ハチの仲間って、ひとつとして優しい顔つきのはいませんね。当たり前か・・

※9/20と9/19に都内で撮影