ここを離れ難し?2017/04/28 20:30

ここを離れ難し?
目にも鮮やかな新緑に心奪われる時期。
確かに樹木の上方に目を向ける機会が増えていますが、それだけでは勿体ない。
・・って言うか、それは、昆虫観察に限った話なんですが・・
これはそんな視点で見つけたワンシーン。
画像ほぼ中央、太い幹に左右配分された物体に注目。黒いのと黄色いのです。
超接近
暫く観察していたらこうなりました。黒と黄色が超接近の図。
黒地に赤ポチはナミテントウ。黄色いのはこの母虫が産み落とした卵と思われます。
産卵は済ませたけど、その後が心配。
だから、この場所を離れ難し・・そんな感じに見えたのですが・・
ナミテントウの卵塊
卵を仔細に観察してみたらこの通り。合計16個ありました。
全て完璧って言いたいところですが、最上部二つは割れてしまっていますね。
産卵時に何らかのトラブルがあったのでしょうか。だから心配で・・
母虫として、気がかりなのは分かるけど、残り14個はコンプリート!。
南に向いた木の幹で、暖かい陽射しを浴びて、無事孵化にこぎつける筈。
だから、ずーっとここで見守っていなくても大丈夫だよ。

※4/28に都内で撮影

嗜好の違い2017/04/26 19:32

嗜好の違い
旺盛な成長ぶりを見せる野草。そこで良く目にする光景がこれ。
黒く写っているのはアブラムシの一種です。
この様に群れて、葉や茎から液を吸い出し枯らしてしまう、いわば野草の敵。
それを退治してくれる頼もしいガード役が各種テントウムシ達の筈なんですが・・
この画像に登場したテントウは、アブラムシには全く関心を示さず、移動中。
その訳は嗜好の違いでした。これはムーアシロホシテントウと言う一寸変わり者の種。
この種の食事対象は、植物につく菌なんだとか・・
だからアブラムシには全然無関心だったんですね。
草としては、折角だからアブラムシも食べて行ってよって言う気持ちかも・・
ダンダラテントウ
そんな草にも、すぐ救いの神が現れるのが、賑やかさを増す昆虫界ならではの流れ。
同じ草にやって来たのは、このダンダラテントウでした。
こちらはアブラムシグルメの肉食性テントウです。
この後、目を覆いたくなる様な殺戮シーンが繰り広げられた筈。
でも、私としては、あまり好ましいシーンではないので、あえて省略!・・
(野草はギシギシ)

※4/26に都内で撮影

モリモリパクパク2017/04/13 20:21

モリモリパクパク
早く大きくなる為にはモリモリパクパク大食いしなくちゃ・・って言う事でしょうか。
春の草が生え揃った草むらでは、様々な昆虫達の大食漢ぶりを目にする事が出来ます。
これは、タンポポの花が大好物のヤブキリ幼虫。
今日は綿毛を飛ばし切った丸坊主の一輪に止まっていました。
花を食べた後のお口直しにこれもいいのよって言う事?。
しかし、どうやって食べるの?・・
コアオハナムグリお食事中?
一方、花食いの真っ最中だったのが、コアオハナムグリ。
全身花粉まみれと言う状態で、一心不乱に大食い中?・・
って言うか、微動だにしませんでしたので、お腹がくちくて眠りこけたのかも・・
アブラムシを狙うナナホシテントウ幼虫
これは、カラスノエンドウで目にした一触即発の食事風景。
左側の緑色のは草の汁を吸うアブラムシ。右側黒いのはナナホシテントウ幼虫です。
成虫同様、他の昆虫を捕食する肉食性。この後の展開は・・容易に想像出来ますね。
穏やかな雰囲気が漂う春の草むら。しかし実態はそれ程のどかな物ではありません。

※4/13に都内で撮影

待ってろや!2017/04/11 19:31

待ってろや!
春に咲く野の花の代表種のひとつ・カラスノエンドウ。
その茎で度々目にするのが、このへんてこりんな昆虫です。
野草の茎に取り付いて、中の液を吸い出し、衰弱させてしまうアブラムシ。
この画像では一匹だけに焦点が合っていますが、後方ぼけているのも同種集団です。
とにかく尋常な数ではないので、寄生された野草にとっては、まさに危機的状況。
でも、そんな野草にも救いの神はあり。
ナナホシテントウ幼虫
それは各種テントウムシです。アブラムシ退治に頼もしいパワーを発揮します。
多くが肉食性ですので、動きの鈍いアブラムシは格好の獲物となります。
これは降り積もった落ち葉の上で目にしたナナホシテントウの幼虫。
形は奇妙だけど、アブラムシを退治する能力は成虫とほぼ同じ。
”好き勝手に野草を虐めているアブラムシよ、待ってろや!”って言う感じでしょうか。
一つの種だけの横暴は許さない。そんな自然の掟がこの春も動き出しました。

※本日撮影の画像ではありません。
※アブラムシは4/10に、ナナホシテントウ幼虫は4/7に、それぞれ都内で撮影

モードチェンジ?2017/03/17 20:32

モードチェンジ?
春到来を感じさせる暖かさに恵まれた日。
空の表情も柔らかめ。冬空の、ぴーんと張り詰めた緊張感が消え失せていました。
この先、こんな空が安定して続く事を、強く望みたい気持ちに・・
ルリシジミ
陽射しに誘われたのでしょうか、春一番の蝶・ルリシジミを数多く確認出来ました。
しかし、皆、警戒心旺盛。カメラの接近を感じてヒラヒラと飛び去ってしまいます。
これはやっとゲットした一枚・・ではなくて、十分余裕をもって撮影した一枚。
カメラをかなり接近させても、じーっと動きません。
どうやら、陽射しの暖かさが心地よくて、ぐっすり昼寝中だったらしい。
お陰で、銀箔色に輝く真新しい翅の美しさを観察する事が出来ました。
春モードのナナホシテントウ
いっぽう、こちらのナナホシテントウは、ひと時も休まず、ちょこまか・・
数を増し始めた若緑の草の上を、せわしなく歩き回っていました。
その目的は、獲物であるアブラムシの捕獲で、それなりの成果がある模様。
これ迄、晴れの日は日光浴と決めていた様ですが、もはや完全にモードチェンジ?。

※3/17に都内で撮影