筆頭格は、やはり・・2018/02/18 20:58

筆頭格は、やはり・・
陽射しが乏しい日にはさっぱりだけど、正反対の日には俄然活気づく。
早起き昆虫の筆頭格ナナホシテントウの観察では、そんな図式を覚えておく必要あり。
と言う訳で、文句のつけようがない晴天の下、いつもの草地に足を向けました。
目撃した個体はそれなりに多数。枯れ草と若草の間を縫い忙しく行き来していました。
そんな合間のワンショットがこれ。大きな落ち葉の上でしばし休憩の一コマです。
時々こんな風に日向ぼっこをしないと、パワーが続かないと言う事でしょうか。
本来のパワーが全開となる迄には、まだ時間が掛かりそうだねと思ったのですが・・
ナナホシテントウ・ラブラブ中
そんな推測を打ち消すような光景がこれ。
寒さなんか飛んでいけの熱々シーンを展開中のカップルでした。
春の雰囲気がほんのちょっぴり漂い始めるやいなや、ただちに行動へ!・・
早起き昆虫の筆頭格は、やはりナナホシテントウで決まりだねって確信しました。

※2/18に都内で撮影

元気者に出会った2018/02/12 20:48

元気者に出会った
今の草むらは枯れ草が主体。点在する緑の草も弱々しくて春本番時の姿には至らず。
そんな中、僅かに動きを見せていたのがこれ。
赤地に黒点7つがトレードマークのナナホシテントウでした。
今日の陽射しに誘われて、アブラムシ捕獲の為のそこいら散策を始めたらしい。
ナナホシテントウ日向ぼっこ中
でも、時々こんな風に、じーっと固まってしまいます。
止まっているのは、がっちり安定感のある枯れ落ち葉。
こんな場所を選んでの日向ぼっこを織り交ぜての散策だったみたい。
まだまだ本調子には程遠い状態と言えるでしょうね。
でも、この早起き昆虫との遭遇は、春はそんなに遠くではないよの証明と感じました。
”寒い寒い!” の日々にも、そろそろ飽きて来たからね。

※2/12に都内で撮影

冬を乗り越える2017/11/27 21:34

冬を乗り越える
寒気の強まりと共に、草むらで出会う昆虫もごく限られた物になって来ました。
その限られた物の一つがこれ。出会うと何故かほっとするナナホシテントウです。
成虫での越冬が可能なタフな奴・・とは言え、冬場に見る姿は他の季節とは大違い。
トレードマークのちょこまか歩きは影を潜め、じーっと固まっている事が殆どです。
これは枯れかけた草の葉の窪みに頭から突っ込んで、お休みモード全開中。
無駄な動きはせずに、体力を温存しようと言う作戦の様です。
ハリカメムシ成虫
カメムシの仲間の多くも、成虫として冬を乗り越える事が可能です。
これは、ほぼ平常通りの動きを見せていたハリカメムシ。
イネ科植物に被害を与える害虫だそうですが、その秘密はこのタフさにあるのかも。
イネ科植物が再び繁茂する迄、寒さに耐えて現役続行中。
”憎まれっ子世にはばかる” の典型例と言えるでしょうか。

※11/27と11/26に都内で撮影

視線をアップ&ダウン2017/11/07 20:41

視線をアップ&ダウン
秋の深まりとともに、次第に数を減らし始めた昆虫たち。
観察散歩も、良く目を凝らさないと・・って言う時期に入りつつあります。
しかし、まだまだ、諦めるには早過ぎる。
こんな時期に必要なのは、全視界への注意力の集中って言う訳で・・
視線をアップ方向に向けた結果、見つけたお宝がこれ。
白く輝く翅を持つウラギンシジミ・雄でした。
背高の草の葉や木の葉に止まる姿が、これからの時期の定番です。
ウラギンシジミ・雄の表翅
陽当たりのいい高所に止まる理由は、ずばり日向ぼっこですね。
今日は半開きでしたが、チャーミングな表翅の橙色パターンも確認出来ました。
この先、更に季節が進めば、翅全開でのソーラーパワー享受ポーズも目撃出来る筈。
今日出会ったこの場所をしっかり記憶に留めておこうと・・
ヨモギの葉の色づき
視線をダウン方向に落としたら、こんな草の葉が目に飛び込んで来ました。
先尖りのヨモギの葉。初期段階はこの様に先端から紅色に染まって行く様です。
私にとっては新しい発見。これはこれで面白いなぁと・・
ヨモギの花にいたダンダラテントウ
目をヨモギの花に転じたら、さらに嬉しい発見が・・
既に枯れ色に変わった花にダンダラテントウが張り付いていました。
このテントウがここにいる理由は、当然、餌を捕食する為の筈。
好物はアブラムシ。こんな終末期の花にも、依然しつこく取り付いている様です。
ヨモギの花にとっては、もっと早い時期に退治してくれればと言う気持ちかも・・

※11/7に都内で撮影

野の花に来て・・2017/10/31 20:13

野の花に来て・・
まずまずの陽射しに恵まれた日、野の花を訪問中のチビ昆虫に注目しました。
小粒なイヌタデの花に止まっていたのは、アオクサカメムシの幼虫でした。
今の時期にまだ幼虫?って言う気もしますが、全然問題無し。
この種は、近づきつつある冬を成虫として乗り越える事が出来ます。
木枯らし一号も吹いたし、早く大きくならなくちゃって、花をムシャムシャ・・
ナナホシテントウ
オオアレチノギクのつぼみには、ナナホシテントウ成虫が逆さまで・・
野草の天敵・アブラムシを退治中でした。
成虫で越冬するこの種は、冬の間も枯野に僅かに残る緑の草を守り続けます。
オールシーズン対応の緑のガード役って言う訳。実に頼もしい。

※10/31に都内で撮影