意外と策略家?2018/04/06 22:01

意外と策略家?
花壇に植えられたチューリップの花が見頃を迎えています。
様々な色の大柄な花が春の風を受けてゆらゆら・・正に春爛漫を象徴する感じ。
これだけ目立つと、蜜や花粉を求める昆虫達の気をひかない筈もなく・・
今日も来客の数多数でした。で、全てがハッピーだったかと言うとやや微妙。
それと言うのも、チューリップ特有のこの花形に原因があって・・
この花形に原因が・・
ティーカップ状の花ですから、蜜や花粉を提供するシベは花の底部に潜んでいます。
その周囲は、切り立った絶壁状の花弁で囲まれていると言う訳。
さて、これが昆虫達の採食行動にどう影響するかと言うと・・
ナミテントウ絶壁を登る
その一例がこれ。花の中で目にしたナミテントウです。
花粉が体に沢山ついていますので、食事を終えて満腹の状態らしい。
で、花の外に出ようと花弁を登り始めるのですが、うまく行きません。
花弁は絶壁状の壁ですから、脚が滑ってすってんころりんの連続・・
すってんころりんのナミテントウ
もといた場所(花の底部)に転落することが度々でした。
この画像では、完全にひっくり返っていますね。
こうなると起き上がるのにも一苦労。見ていて気の毒になる程でした。
体に付着する花粉も更に増えてしまった筈。
花粉まぶしのモモブトカミキリモドキ
これは、絶壁登りに成功し花弁の淵までたどり着いたモモブトカミキリモドキです。
ご覧のとおり、体に黄色い花粉がびっしり付いていました。
ナミテントウ同様、花の中で悪戦苦闘した結果と思われます。
正に花粉まぶし。花粉を媒介して欲しいチューリップとしては、しめしめの筈。
チューリップって、ああ見えて、意外と策略家の花なのかもね。

※4/6に都内で撮影

どなたの落し物?2018/04/02 21:05

どなたの落し物?
サクラの花とともに、後戻りしない本当の春がやって来た様です。
穏やかな陽射しのもと、草むらにもそんなほんわかムードが漂い始めました。
春は恋の季節と言う事で、こんなシーンも・・
そんな危なっかしい場所でなくてもと思いますが、愛があればって言う事ですね。
(ナナホシテントウの交尾)
複眼清掃中のヒラタアブ
ヒラタアブは春の花での吸蜜に大忙し。その合間をみてはこんな姿勢で一休み。
注目点は前脚の動作。大きな複眼をスリスリしていました。
花に潜り込んでの吸蜜なので、複眼に花粉が付いて視界が悪くなる事が度々。
で、この様に、前脚をワイパーにして掃除する必要があるって言うわけ。
面倒だけど、蜜探しに苦労していた時期の事を思えば、何でもないや・・
草むらに落ちていた羽根
同じ草むらで、こんな落し物を見つけました。
どなたの落し物かは判りませんが、繊細な美しさに、早速指で摘んで一枚!。
野鳥も厚着の冬姿から身軽な夏姿に衣替えを始めた様で、これはその結果らしい。
この手の落し物探しも、この先の草むら散歩での楽しみとなりそうです。

※4/2に都内で撮影

今日のところは・・2018/03/10 19:58

今日のところは・・
愚図つき気味の天気もようやく一段落、穏やかな陽射しが戻って来ました。
そんな光を浴びながら、ミカンの葉の上で、まん丸目をギラつかせる者あり。
小さな昆虫達にとっての恐るべきハンター・ハエトリグモの一種でした。
昆虫達の本格始動に先駆けて、早くも実戦モードに入ったみたい。
しかし収穫の方がねぇって言う感じ。あっちむいてこっち向いての繰り返しでした。
とりあえず、今日のところは、日向ぼっこ優先と言った感じでしょうか。
ナナホシテントウの日向ぼっこ
こちらは、草地をあちこち徘徊しながら獲物を貪欲に捕獲するナナホシテントウ。
でも、今日目にしたのは、こんな姿がほとんど。
若草の繁みから這い出して、陽当たりのいい場所での長時間のんびり休憩です。
久しぶりに戻って来た陽射しの暖かさを目一杯享受しようと言う考えだったみたい。
ハエトリグモ同様、本気モードのハンティングはとりあえず脇に置いといて・・
でもどちらも、いざ、本性をむき出しにすれば・・
捕獲される立場の昆虫達にとっては、いよいよ黄信号点灯の時期に入った様です。

※3/10に都内で撮影

待ち遠しい2018/02/25 19:54

待ち遠しい
春まだ浅い今は、空模様によって自然の表情が激変してしまいます。
これは昨日(2/24)豊かな陽射しのもとで撮影した草地の様子。
降り積もった落ち葉の間を縫って、ナナホシテントウが忙しく動き回っていました。
その数多数。越冬中だった個体が陽射しに誘われて一斉に活動を始めた様でした。
あとは、地表が若い草の緑に覆われさえすれば、春景色の完成となる筈ですが・・
寒い日のオオイヌノフグリ
なかなかそんな風に進んでいかない所が、早春の自然の複雑さ。
これは、今日(2/25)に同じ草地で目にした光景です。
どんよりした曇り空がひろがり、気温も昨日比ぐーんと低下した中での撮影です。
昨日は全開状態になっていたオオイヌノフグリの花も、ここ迄開くのがやっと。
これでは、蜜を求めるアブなどの来訪は到底望めそうもありませんね。
野の花とそれに惹かれてやって来る昆虫が盛り上げる春本番の雰囲気。
それを安定して観察出来る日々の到来が、本当に待ち遠しくなってきました。

※2/25と2/24に都内で撮影

筆頭格は、やはり・・2018/02/18 20:58

筆頭格は、やはり・・
陽射しが乏しい日にはさっぱりだけど、正反対の日には俄然活気づく。
早起き昆虫の筆頭格ナナホシテントウの観察では、そんな図式を覚えておく必要あり。
と言う訳で、文句のつけようがない晴天の下、いつもの草地に足を向けました。
目撃した個体はそれなりに多数。枯れ草と若草の間を縫い忙しく行き来していました。
そんな合間のワンショットがこれ。大きな落ち葉の上でしばし休憩の一コマです。
時々こんな風に日向ぼっこをしないと、パワーが続かないと言う事でしょうか。
本来のパワーが全開となる迄には、まだ時間が掛かりそうだねと思ったのですが・・
ナナホシテントウ・ラブラブ中
そんな推測を打ち消すような光景がこれ。
寒さなんか飛んでいけの熱々シーンを展開中のカップルでした。
春の雰囲気がほんのちょっぴり漂い始めるやいなや、ただちに行動へ!・・
早起き昆虫の筆頭格は、やはりナナホシテントウで決まりだねって確信しました。

※2/18に都内で撮影