冬の入り口なのに・・2018/11/21 21:32

冬の入り口なのに・・
明日の予報にはまた傘マークが登場。空模様の安定が中々実現しません。
しかし今日のところはひとまず安定、すっきりとした青空がひろがりました。
陽射しを邪魔しない雲が浮かぶ空に向かって突き上がっていたのはイチョウの木。
ついこの間までは枝に沢山の黄葉を付けていたのですが、いまやそれも残り少な。
完璧な冬姿への変身が間近に迫った様です。
ナナホシテントウ
この時期になると、昆虫との出会いが極端に減ってしまうのが例年の流れ。
そんな中、逆に目撃する機会が増えてくるタフな昆虫がいます。
それがこのナナホシテントウ。植物の敵・アブラムシ退治のエキスパートです。
今日目にしたこれも、いかにもアブラムシが湧きそうな葉の繁みの上でした。
この先長い冬の寒さに耐えてゆく植物にとっては、頼もしい援軍が登場と言う訳。
陽射しが豊かな日限定ですが、ちょこまかちょこまかした活動が続いて行く筈です。
ホトケノザの花
冬の入り口なのに、もう春の花?・・そんな気持ちを抱かせるのがこれ。
思い思いの方向を指差している様な面白い形をしたホトケノザの花です。
まだ数は少ないのですが、草むらの所々で、こんな指差しポーズを見せ始めました。
でも、それらは早とちりで咲いてしまった慌て者と言う訳ではありません。
毎年今の時期に咲き始めて、本当の春が来る迄咲き続けるのがこの花の常。
真っ先に咲いて、春よおいでおいで・・そんなセリフがふと浮かんだりして・・

※11/21に都内で撮影

まだまだホット!2018/11/15 20:22

まだまだホット!
花壇に咲く花も旬の時を過ぎた様で、しおれて枯れかかった物が多くなってきました。
そんな花のひとつで、目にした、昆虫達の意外な程の賑わいがこれ。
この角度では、面白い斑紋を持つダンダラテントウと2匹にアリの姿が確認出来ます。
さて、彼らがこの見栄えのしない花を、敢えて選んでやって来た理由とは?・・
花に潜むアブラムシの群れ
どうやら、こいつらの為らしい。
撮影時には気づかなかったのですが、ダンダラテントウの右上側に止まっていました。
緑色タイプのアブラムシの仲間。花に食害を与える為にここにいるらしい。
アリの目的はアブラムシが尻から出す甘露を吸わせて貰い、そのお礼に彼らを護る事。
対して、ダンダラテントウの目的は、アブラムシその物を捕食する事。
全く違う目的を持つ物同士が一つの花に同席中の一コマという訳ですね。
勢いを失った見栄えのしない花。そこでも結構激しい昆虫達のぶつかり合いが・・
日に日に寂しさが増している自然ですが、細部での動きはまだまだホットな様です。

※11/15に都内で撮影

頑張れよ!2018/10/12 20:33

頑張れよ!
草むらにも秋本番の雰囲気が濃く漂い始めました。
そんな雰囲気を盛り上げる野草の代表種と言えば、やはりこのススキでしょうか。
外来種セイタカアワダチソウとの競合に耐え、イネ科特有のしなやかな姿を今年も・・
日本の秋にはやはりこれだなぁと・・
ナナホシテントウ
ススキを脅かすのは、競合種セイタカアワダチソウだけではありません。
ススキアブラムシと言うアブラムシもいる位ですから、昆虫にも狙われやすいみたい。
・・と言う事で、こちらの存在が、俄然クローズアップされる訳ですね。
アブラムシ退治のスペシャリスト・ナナホシテントウです。
真夏にはとんと姿を見かけなかったのですが、ここに来て、遭遇の機会が再び・・
秋の草につく各種アブラムシ退治に大忙しの日々をおくっている様です。
小さいけれど頼もしいやつ。”頑張れよ!” と声援をおくりたい気持ちに・・

※10/12と10/11に都内で撮影

水玉に水玉2018/06/15 20:06

水玉に水玉
強まったり、弱まったり、梅雨時らしい雨がしつこく降り続く一日となりました。
草の葉には水滴がびっしり。
それもかなり大粒でしたので、降り続く時間の長さを物語っている様に感じました。
水玉を付けたムーアシロホシテントウ
葉上でじーっと静止していたこれの体表面にも、大粒の水滴が・・
”水玉模様のテントウムシに本物の水玉が” って言うちょっと面白い光景でしょうか。
植物につく菌類を退治するムーアシロホシテントウ。
植物にとって頼り甲斐のある除菌作業も、本日はやむをえずお休みでしょうね。

※6/15に都内で撮影

愛のハートマークが・・2018/06/07 20:59

愛のハートマークが・・
梅雨入りの発表があった日の翌日は、本当にそうだったの?って思わせる様な晴天。
雨が似合う花・アジサイも、強い陽射しを浴びて今ひとつ情緒に欠ける感じでした。
花としても、こんな筈じゃなかったのにって、戸惑っていたかも・・
水滴にぼんやりと・・
それでも、昨日の雨の名残を所々で目にする事が出来ました。
草の葉にとどまっていた、雨滴の塊もそのひとつ。
どうって言う事もない光景ですが、良く目を凝らすと、こんな面白い現象も・・
水滴の表面に、愛のハートマークがぼんやり浮かんでいました。
どうしてこう見えたのかは判りませんが、何となく幸せな気分に・・
ナミテントウ猛食中
雨空の下ではさっぱりだった昆虫達の活動も、明るい陽射しを浴びて再開です。
これは、ヒメジョオンの花にいたナミテントウ。
同じく活動を再開したアブラムシの退治に大忙しと言う感じでした。
梅雨の晴れ間は、まさに食い溜めのチャンスなんでしょうね。

※6/7に都内で撮影