ウォームアップ2020/02/17 19:53

ウォームアップ
穏やかな陽射しに恵まれ、気温もポカポカ陽気一歩手前のレベルまで上昇しました。
昨日の雨天下では、ひっそりとなりを潜めていた昆虫達も俄然元気づいた感じ。
これは、オオイヌノフグリの花に来て吸蜜をするホソヒラタアブ。
春の訪れを真っ先に告げるもの同士の、お似合いのツーショットです。
オオイヌノフグリの花で吸蜜するホソヒラタアブ
面白い形の口吻をシベに差し向けての丁寧な吸蜜を繰り返していました。
顔面には白い花粉がべったり付着しています。
花粉を出来るだけ多く媒介して欲しい花にとっては、シメシメの状態でしょうね。
草地を歩きまわるナナホシテントウ
ナナホシテントウも、今日の豊かな陽射し大歓迎の様子。
ひと時も休止せず、忙しく歩行を続けていました。
でも、ホソヒラタアブとは違って、オオイヌノフグリの花には全く関心なし。
こちらの関心事は、草に寄生するアブラムシの在り処ですね。
でも、成果の程はイマイチだったみたい。
今日の所は、寒さに縮こまっていた体のウォームアップが主目的だったかも・・

※2/17に都内で撮影

テントウムシを見よ!2020/02/02 20:58

テントウムシを見よ!
穏やかな晴天が続いた一日。枯れた水草の上に掛かる陽が眩しく感じられました。
春に向けての着実な一歩が踏み出された様にも・・ちょっと気が早過ぎでしょうか。
ナナホシテントウ、エンジンスタート!
そうでもないよと言いたげなやつの姿が草地に・・
まだ枯葉が殆どを占める地表をせわしなく歩行するナナホシテントウ。
枯葉の裏で越冬中だったけど、明るい陽射しに誘われて、エンジンスタートの模様。
さて、目指す獲物アブラムシの所在は?・・さすがにちょっと厳しいかな・・
鉄柵の上もセカセカ
一度掛かったエンジンは、そう簡単には止められない。
獲物を求めてのウォーキングは所構わずと言う感じでした。
目的地へのバイパスでしょうか。鉄柵の上を綱渡りの感じでセカセカ・・
そのパワフルさには脱帽でした。
こんな姿を目にすると、寒さに縮こまってばかりじゃダメだなと反省させられます。
寒さに負けそうな時には、テントウムシを見よ!って言う事かも・・

※2/2に都内で撮影

束の間の春を・・2020/01/29 21:24

束の間の春を・・
暖冬傾向と言え、ここ数日の寒さはつくづく身体にこたえました。
今日は一転して4月並みの暖かさに・・やや戸惑いを感じましたが、ほっと一息。
空に浮かぶ雲も、今の時期らしからぬ、ほんわかムードを漂わせて・・
これは期待できそうだなと、草むらに目を落としてみたら・・
歩き回っていたナナホシテントウ
予感は的中でした。
まだ枯れ草が混じる草地を忙しそうに歩き回っていた元気者。
成虫の姿で越冬可能なナナホシテントウ。春が来たと感じて活動を始めたらしい。
まだちょっと早過ぎると思うけど、その意気や良しと声を掛けたい気分に・・
オオイヌノフグリの花に来た小型のハエ
既に開花を始めていたオオイヌノフグリの花。しかし訪問客は皆無の日々続きでした。
しかし今日は大違い。蜜を求める昆虫の数多しで、咲き甲斐を感じた一日だった筈。
こうして見ると、天候に恵まれさえすれば、春景色は、いとも簡単になのかも・・
でも、まだまだ気が早過ぎでしょうね。
出来れば、しばらくの間は、こんな束の間の春を楽しみたい気持ちなんですが・・

※1/29に都内で撮影

豊かな陽射しを浴びて・・2020/01/13 21:38

豊かな陽射しを浴びて・・
ほっと一息つける感じの豊かな陽射しに恵まれた一日。
曇り空の下では陰鬱な雰囲気が漂う草地にも、穏やかな雰囲気が漂っていました。
一年の内で、陽射しの有り難さを最も感じる時期が、正に今なのかも知れません。
陽射しが降り注ぐ常緑樹の葉上に・・
陽射しの有難さは、成虫のまま越冬する昆虫達にとっては、もちろん絶大な筈。
陽射しが豊かな場所に注目すると、日光浴に専念する姿を目にする事が出来ます。
その定番の場所と言えば、冬の間も葉を落とさない常緑樹が筆頭に挙げられます。
そんな流れで目を凝らしたら、いました!。南向きに開いた葉っぱの上。
ナミテントウ成虫の日向ぼっこ
折角の陽射しを遮らないように注意しながら、接近してみたらこれでした。
様々な斑紋のバリエーションを持つナミテントウ。
これは黒地に、オレンジ色の斑紋がくっきりの二紋型ですね。
オレンジ色の中に黒い点々が・・何となく目の様に見えなくもないなと・・
陽射しがたっぷりで、ご機嫌の表情の様に見えたのですが・・
蜘蛛の幼体が潜む網
常緑樹の葉は幼体で冬を越す蜘蛛達にも、絶好のロケーションとなっている様です。
これはその一例。
強制的に折り曲げられた状態の葉に、細かい網がびっしりと張られていました。
おそらくこの中には、春になっての誕生を待つ卵が潜んでいる筈。
方角は正しく南向き。これを産み付けた母蜘蛛の知恵が活かされているんですね。
陽射しの恩恵をたっぷり受けた幼体が、春の陽を浴びて、うじゃうじゃ・・
あまり目にしたくない光景だけど、そうなることは既定路線の様です。

※1/13に都内で撮影

そんな空の下では・・2019/12/17 22:37

そんな空の下では・・
ぴーんと張り詰めた緊張感。秋のそれとは明らかに違う冬の青空が広がり始めました。
さて、そんな空の下では?・・
ふくら雀
陽射しはあれど、空気を暖める力は殆ど期待できずの状態。
それは、スズメ達が見せるこの姿が如実に物語っています。
いわゆる、ふくら雀。羽毛の蓄熱効果を最大限利用する為の工夫ですね。
日向ぼっこ中のナナホシテントウ
羽毛を持たない昆虫達は、じっと固まって陽射しの暖かさを享受するのみ。
枯葉の下に潜って越冬中のナナホシテントウも、日向に出てこの態勢でじーっと・・
でも、こうしてばかりじゃお腹が空いちゃうしなぁ・・
再び緑が蘇る春までの、正念場とも言える日々がいよいよスタートした様です。

※本日撮影の画像ではありません。
※冬空とテントウは12/16に、スズメは12/15に、いずれも都内で撮影。