母虫の知恵が・・2018/02/10 20:31

母虫の知恵が・・
真冬の野では、次世代に生を託した母虫の苦心作を多く目にする事が出来ます。
それぞれが、冬の風景に巧妙に紛れて、ぼーっとしていると気づかない程。
例えばこれはミノガ(蛾)の幼虫が潜む通称ミノムシ。
葉や木屑等を寄せ集めたバリアを構築し、それを細糸で細枝に括り付けています。
ちょっと見には、地上に落ちる事なく枝上に留まった枯葉にしか見えません。
冬に活動が活発化する野鳥達の捕食行動から、いかにして、幼い命を守りきるか・・
母虫としての、知恵が全て結集された作品だなと感じました。
ハラビロカマキリの卵嚢
これは樹木の細枝に産み付けられたハラビロカマキリの卵嚢です。
がっちりした太幹に産卵される事が多いのですが、これは敢えて頼りない場所に・・
ミノムシ同様に枯葉への擬態?、或いは鳥はこの細枝には止まれないだろう?・・
何気ない光景ですが、これにも母虫の巧みな知恵を感じてしまいました。
オオカマキリのダブル産卵
この卵嚢を産み落としたのはオオカマキリの母虫です。
木を好むハラビロカマキリとは違って、野草を産卵場所に選ぶのがこの種の特徴。
で、このギシギシの茎を選んだと言う訳ですね。
それにしても、一気に二つも横並びで産んじゃうとはねぇ・・
ぼーっとしてた私でも気づいた程ですから、枯野での目立ち具合はかなりのもの。
大丈夫かなぁって言うのが、率直な感想でした。
さて、春の陽が降り注ぐ中、この双子卵嚢は無事孵化の時を迎えられるのやら・・

※2/10に都内で撮影

目立って身を護る2017/10/16 19:56

目立って身を護る
昨日より更に強さを増した雨足。草の葉に宿る水滴も大粒な物に変わっていました。
こんな日は、昆虫との出会いはまず無理だろうなと思いながら歩いていたら・・
いました!・・この観察地ではめったに出会えないド派手な奴。
ハマキガ(蛾)の仲間・ビロードハマキでした。
黒地にびっしり散らばった白斑点の効果で、暗い雨空の下でも目立ち度合い抜群。
周囲の環境に紛れる色・形で身を護る擬態とは真逆で、目立って身を護る作戦か・・
確かに、宿敵は、こんな怪しい奴には手を出さない方が得策って思うでしょうね。
ビロードハマキの頭部
凝りに凝ったデコレーションで、体の前後関係も分からなくなっていますね。
昆虫にとっての生命線・頭部を守ると言う意味でも、極めて有効な策と思われます。
でも、それを見抜くのも、観察者に求められる能力。
と言う事で、”多分こっちが頭だな” と推測して近づきましたが、大当たり!。
踏ん張った前脚の中央に細い触覚と黒い眼も確認出来ました。
しかし、それさえも、散らばった斑点に紛れて、極めてあいまい。
”ほんと、やるなぁ” って言うのが率直な感想でした。

※10/16に都内で撮影

欺く者と襲う者2017/10/06 22:15

欺く者と襲う者
クズの葉の上に、枯葉が一枚落ちていた・・って言いたくなる様なこれ。
でも、枯葉に脚は生えていないので、それに気づけば、バレバレですね。
正体は蛾の仲間・シャチホコガの一種と思われます。
この見事な擬態色が効果を発揮するのは、秋が進み草の葉が枯れ色に変わる頃。
ちょっと早く登場しちゃったかなぁって・・
オオカマキリ成虫
昆虫たちが念入りに擬態して身を護るのは、草地を徘徊する殺戮者の目を欺く為。
中でも恐れられているのは、残忍に鎌をふるうカマキリの仲間たちでしょうか。
今の時期は、堂々たる体躯に成長した個体を、数多く目撃します。いわば成熟の時。
このオオカマキリもその一例・・って言いたい所ですが、何だか変。
体の後半部がひしゃげた状態になっていました。
恐らく最終脱皮に失敗した個体と思われます。折角ゴール迄辿り着いたのにね・・
でも、見る所、持前の闘争心だけは満々の様子。
翅を広げて飛べなくたって大丈夫さ・・って言う事ならいいのですが・・

※10/6と10/5に都内で撮影

ちょっとヘンテコリン2017/09/29 20:44

ちょっとヘンテコリン
久しぶりに戻って来たスカッとした青空。浮かぶ雲もすっかり秋型に変わりました。
昨日までは、辛うじて耳にする事が出来たセミの声もバッタリ。
9月もあと一日。この先、夏の名残と言える物が急速に姿を消して行く筈です。
イソカネタタキ(推定)
自然界の音源は、セミに代わって、秋に鳴く虫が主役の座を占めて行きます。
しかしセミと違って、声はすれどもその姿はいずこ?って言う位の奥ゆかしさ。
と言う訳で、殆ど諦めているのですが、今日は、その内の一つに遭遇しました。
林間に生える下草の茎に止まっていた、お腹ぷっくりのヘンテコリンな奴。
鉦を叩く様な鳴き声を響かせるカネタタキの仲間と思われます。
これは体の特徴からみて、イソカネタタキと呼ばれる種でしょうか。
一言で言うと、鳴く虫にしてはブサイクだなぁ・・って随分失礼な言い方ですね。
マメノメイガの休息ポーズ
同じ下草の繁みで出逢ったこれは、ちょっとヘンテコリンだけど、格好いい。
蛾の仲間のマメノメイガ。この様に葉裏に逆さまに止まるのがこの種の流儀です。
何でそうするの?って思いますが、羽根を広げた猛禽類の様にも見えて格好いい。
こんな風変わりな蛾に多く出会えるのも秋ならでは。
それもこの先の自然観察での楽しみです。

※9/29に都内で撮影

逃げ込んだ先は・・2017/09/24 19:39

逃げ込んだ先は・・
こちらの足音に気づいて、急いで飛び去った小さな緑色の蛾。
逃げ込んだ先は、枯葉や折れ枝が降り積もったこんな場所でした。
この避難場所選びは完全に失敗って言う感じ。緑色の鮮やかさが強調されていました。
元いた緑の草の繁みで、じっとしていた方が良かったのにね・・
(アオシャクの仲間)
シバスズ
このシバスズのケースは、逆の意味での、避難場所選定のミス。
元いた枯れ色主体の地面でじっとしてれば、恐らく発見は困難だった筈。
擬態上手の昆虫たちですが、慌てふためくと、ろくな事にはならないなぁと・・
ホシハラビロヘリカメムシ幼虫
キクイモの黄色い花弁に止まったこれのケースは、失敗か成功か微妙なところ。
私はすぐに気づきましたが、見方によっては、”えっ!、どこに?" かも・・
秋は、紅葉も混じって、自然界に様々な色が混在する季節です。
擬態上手の昆虫たちにとっては、かなり悩ましい時期と言えるのかも・・
(ホシハラビロヘリカメムシの幼虫)

※9/24に都内で撮影