葉裏に逃げ込んだ・・2020/07/07 21:27

葉裏に逃げ込んだ・・
木立の下の草地を歩く私の足音に驚いてさっと飛び去った昆虫あり。
じーっと目で追った結果、ターゲットはエノキの幼木の葉裏に逃げ込みました。
無理な這いつくばり姿勢をとって、その葉裏を覗き込んでみたら・・
葉の裏で隠れんぼする蛾
確認出来たのがこれ。かなり風変わりな翅を持つ蛾の一種でした。
黒っぽい縁取りの中に半透明な部分があり、向こう側の葉の色が透けて見えています。
この特徴的なパターンを見て、私にはぴんと来るところあり。
ツゲノメイガ
それは数日前に目にしたこの蛾。
翅のパターンを突き合わせたら共通性が確認出来ました。
白日の下なので、色合いはだいぶ違って見えますが、翅のパターンはぴたりと一致。
それを頼りに調べた結果、メイガの仲間のツゲノメイガだと判明しました。
その名の通り、この種の幼虫は低木ツゲの葉を食草とするそうです。
この個体が止まっていたのも、ツゲの木。ここにいたのは産卵の為だったのかも。
今日出会った逃げ足の速い個体のお陰で、いろいろな事が判りました。
今日の個体に感謝しないといけないのかも・・

※7/7と7/2に都内で撮影

ギャップあり過ぎ2020/06/20 21:22

ギャップあり過ぎ
こちらの気配を察知してさっと飛び去ったものあり。
逃げた方向を目で追ってみたら、その正体はこれでした。
翅の中でも一大勢力を成すシャクガの仲間・ツマジロエダシャク。
威風堂々の風格を漂わす姿。数ある蛾の仲間内でも最も偉そうな奴じゃないかなと・・
さて、今は偉そうにしているこれですが、前世はどんな姿だったかと言うと・・
葉っぱの先端で戸惑う尺取り虫
成虫の名にシャクと付いている事から推察出来ますが、幼虫時代の姿はこれ。
いわゆるシャクトリムシ(尺取虫)。物の寸法を測る動きになぞらえた命名です。
初夏の野では、くねくね体を伸縮させて、葉上を移動する姿を度々目にします。
結構愛嬌ある奴だなぁと見とれてしまうのですが、これがあの偉そうな成虫に!・・
ギャップあり過ぎだよと思えるのですが、それもまた昆虫世界の面白さなんですね。

※成虫は6/20に、幼虫は2019/5/26に、いずれ都内で撮影。
なお、幼虫画像は2019/5/27の記事に掲載済みの物の引用です。

細長いのを2種2020/05/21 21:08

細長いのを2種
夏に向けて、樹々の葉の緑がいっそう濃さを増しています。
そんな葉っぱの上で出会う昆虫もバリエーション豊かになってきました。
ここでは、細長いやつだなぁと感心させられたのを2種掲載します。
まずは、スリムな体形が際立つ甲虫・ジョウカイボン。
大きな食痕の傍にいましたので、こいつの仕業かと思えたのですが、さにあらず。
食性は肉食性。捕食対象は小型の昆虫とか・・
ツトガの一種
エノキの葉上にいたこいつも超細長。
遠目には植物の破片の様にも見えたのですが、良く見れば、目もある。脚もある。
蛾の仲間・ツトガでした。翅を開けば、典型的な蛾の姿ですが、閉じればこの通り。
巧妙な擬態で身を護る、気が小さいやつなのかも知れません。

※5/21に都内で撮影

大人をも夢中にさせる・・2020/05/14 18:01

大人をも夢中にさせる・・
花盛りとなったヒメジョオンの花は、多種多様な昆虫にとって人気抜群の存在。
黒いマントを羽織った様な姿のこれも、この花にぞっこんの様子。
二日連続でその姿を確認出来ました。
ヒメジョオンで吸蜜するスカシクロバ(蛾)
マダラガ科のスカシクロバ。
バリエーション豊富な蛾の中でも、黒づくめのアダルトな雰囲気はかなりユニーク。
しかし甘い蜜には目が無い様子。細い口吻を伸ばして丁寧な吸蜜を続けていました。
大人をも夢中にさせる甘い蜜と言ったところでしょうか。

※5/13と5/12に、いずれも都内で撮影

依然冬姿の木にて・・2020/02/25 19:48

依然冬姿の木にて・・
落葉樹の多くに緑が蘇る迄には、まだもう少し時間がかかりそう。
枝むき出しの寂しい冬姿で空に突き上がっています。
見るべき物など何もない退屈な眺めの様ですが、それでも良く目を凝らせば・・
例えばこれ。画像ほぼ中央に、散り忘れた枯葉の様にも見える物体がぽつんと・・
こう言う物を目にした時は、一応確認が必要と言う事で、ズームインしてみたら・・
ミノムシ
左に回り込んで確認した結果、枯葉の様に見えた物体の正体が明らかになりました。
小枝や繊維質などを寄せ集めて作られたミノガ(蛾)の幼虫の住処・ミノムシでした。
上端が枝にしっかりくくりつけられており、冬の強風を物ともしない頑丈な造りです。
このバリアの中でぐっすり安眠をして春の訪れに備えると言う図式ですね。
このミノムシ、以前は普通に目撃出来たのですが、最近は激減傾向にあるとか・・
そう言う点からは、貴重な体験を出来たかなと・・
枝に集団でつくイセリアカイガラムシ
一見退屈な冬木立ですが、思わぬお宝も・・そのもう一つの例がこれ。
と言っても、この木にとっては、とんだ迷惑者に取り憑かれたでしょうね。
小枝に、集団で群がったイセリアカイガラムシ。
豪州からの渡来種で、樹木を衰弱させる事にかけては一級の腕前の持ち主とか・・
それらが、こんなに集団を組んで・・樹々の冬越しも結構大変ですね。

※本日撮影の画像ではありません(2/24に都内で撮影)