依然冬姿の木にて・・2020/02/25 19:48

依然冬姿の木にて・・
落葉樹の多くに緑が蘇る迄には、まだもう少し時間がかかりそう。
枝むき出しの寂しい冬姿で空に突き上がっています。
見るべき物など何もない退屈な眺めの様ですが、それでも良く目を凝らせば・・
例えばこれ。画像ほぼ中央に、散り忘れた枯葉の様にも見える物体がぽつんと・・
こう言う物を目にした時は、一応確認が必要と言う事で、ズームインしてみたら・・
ミノムシ
左に回り込んで確認した結果、枯葉の様に見えた物体の正体が明らかになりました。
小枝や繊維質などを寄せ集めて作られたミノガ(蛾)の幼虫の住処・ミノムシでした。
上端が枝にしっかりくくりつけられており、冬の強風を物ともしない頑丈な造りです。
このバリアの中でぐっすり安眠をして春の訪れに備えると言う図式ですね。
このミノムシ、以前は普通に目撃出来たのですが、最近は激減傾向にあるとか・・
そう言う点からは、貴重な体験を出来たかなと・・
枝に集団でつくイセリアカイガラムシ
一見退屈な冬木立ですが、思わぬお宝も・・そのもう一つの例がこれ。
と言っても、この木にとっては、とんだ迷惑者に取り憑かれたでしょうね。
小枝に、集団で群がったイセリアカイガラムシ。
豪州からの渡来種で、樹木を衰弱させる事にかけては一級の腕前の持ち主とか・・
それらが、こんなに集団を組んで・・樹々の冬越しも結構大変ですね。

※本日撮影の画像ではありません(2/24に都内で撮影)

観察地で今日・・2020/01/25 19:59

観察地で今日・・
いつもの観察地で、以前から注目し続けて来た物の、今日の様子を掲載します。
まずは、ハラビロカマキリの卵のうから。
観察地を取り囲むフェンスに植えられた低木の小枝に産み付けられています。
私の注目点はその小枝の様子。卵のうギリギリの箇所でバッサリ。
この植え込みは伸び過ぎを防ぐ為、定期的な手入れ(刈り込み)が行われています。
推測ですが、作業した人が卵のうの存在に気づいて、ここ迄でやめとこうと・・
そんな気遣いを感じたのですが・・もしその通りなら、ほっこりするなぁと・・
あとは、卵のう収集家の目に止まって、持ち去られる事がない様に祈るばかり。
イラガの繭
こちらは、ハンノキの枝に鎮座するイラガ(蛾)のまゆ。
見事だなぁと感心する位のしっかり感で枝に張り付いています。
これなら、もしかするとと言われている雪が降っても、大丈夫かも・・
ボロボロに壊れた蜘蛛の網
最後はユキヤナギの枝に注目。その対象はボロボロに壊れた蜘蛛の網です。
でも、蜘蛛の季節もとうに終わった今では、なんて言う事もない眺めの様ですが・・
実はこれ、つい最近その役目を終えた網なんです。その事を下の画像で説明します。
ジョウロウグモ雌との最後の遭遇
これは1/19に同じ網で目にした光景。ジョロウグモのメスが止まっています。
ジョロウグモの活動期はとっくに終わっていた筈。恐るべき長寿ぶりだなぁと・・
しかし、これが私にとっての、この蜘蛛との最後の出会いとなりました。
この一週間のどこで息絶えたのか判りませんが、空っぽの網を見れば一目瞭然。
どちらかと言えば憎まれ役の蜘蛛。でも経過を知っているだけに寂しい気持ちに・・

※最下段の画像は1/19に、他は本日1/25に、いずれも都内で撮影

期待する気持ちには・・2020/01/20 20:46

期待する気持ちには・・
大寒の日と言う事で、身に沁みる様な寒さを覚悟していたのですが、肩透かし。
ポカポカ陽気と迄はいかないものの、ここ数日の中では最も寒さが緩んだ一日でした。
大きく膨らんで、期待を持たせていたウメの蕾も、この通り。
開花一番乗りの勇ましい姿を目にする事が出来ました。
春に向けての第一歩。今年もウメがその役割をがっちりキープしたんですね。
イラガの繭
ゆっくりかも知れないけれど、この先、樹々の花の開花が進んで行く筈です。
となれば、気になるのが、ハンノキの小枝に鎮座しているこいつの動向。
蛾の仲間・イラガの繭です。これが割れて幼虫が誕生するのはいつ頃?・・
樹々の花と同様、今や遅しと言う気持ちで・・と言う訳にはいかない様な・・
と言うのも、この繭から誕生するのは、何とも恐ろしいパワーを持つ幼虫だから。
体中に鋭い針がびっしり。万一刺されるとビリビリ感電した様に痛いらしい。
で、付けられた俗名が電気虫。誕生を待つ気持ちにはどうもなれません。
参考に、電気虫の実像を、下に掲載します。
イラガ幼虫の鋭い針
いかにも痛そうですね。

※1/20(ウメ)と1/19(イラガの繭)に、いずれも都内で撮影。
※イラガ幼虫は去年8/22に撮影し、8/24の記事に掲載した画像の引用掲載です。

枯れ色目前の草むらで・・2019/12/08 21:58

枯れ色目前の草むらで・・
午後の陽射しを浴びた草の葉が、黄金色に輝いていました。
程なく一面の枯れ色。自然観察にとって最も厳しい時期が目前に迫っています。
怪しいシルエットが・・
緑色だった頃の面影を僅かに残す葉。その一枚で目にした怪しいシルエットがこれ。
強烈な逆光状態のため、実態が掴みきれません。
固まっていたシャチホコガの一種
と言う事で、人為的に順光状態にしたショットがこれ。
シルエットの正体は、奇異な体形が特徴のシャチホコガの一種でした。
風に飛ばされた枯葉にしか見えないこの姿。まさに時期的に嵌った擬態だなぁと・・
なお、このショットを撮る為に、指で葉っぱを逆向きに方向転換させました。
敏感な昆虫であれば、当然異変を感じて逃げる筈なんですが、びくともせず。
この種の越冬形態はサナギでとされていますが、これは成虫のまま冬に突入?・・
そんな事情もあり、機敏な反応を示せないまま固まっていた?・・
再びこの場所で出会えるかは大いに疑問です。そうなれば、嬉しいのですが・・

※12/8に都内で撮影

無事冬を越せると・・2019/11/18 20:55

無事冬を越せると・・
近づく真冬の足音に、昆虫達の冬越し準備も着々と進んでいます。
方法は様々ですが、多く見られる物の一つが繭にこもっての越冬態勢作りです。
例えばこれは蛾の仲間・イラガの幼虫がハンノキの細枝に設営した繭(まゆ)。
枝の分かれ目にぴたりフィットする形で固定されていました。
強風が吹こうが、雪が降ろうが、大丈夫。中に眠る幼虫は安心して冬を越せそうです。
さて、この繭からどんな姿の幼虫が生まれ出るのかと言うと・・
イラガ幼虫の鋭い針
これです。全身鋭い針だらけのイラガ幼虫。
刺されると、感電したみたいにビリビリ痛いので、付いた名前が、電気虫。
つるっとした形の繭からこんなケバい奴が生まれ出るのが、昆虫界の面白さかと・・
それにしても、繭に対して ”無事冬を越せるといいね” と言い難い所が微妙ですね。
オンブバッタ・緑色タイプ成虫
こちらは ”無事冬を越せるといいね” と、言いたくても言えない所が悲しい。
晩秋のかなり遅い時期まで、成虫の姿を目撃できるオンブバッタです。
褐色タイプと緑色タイプが存在しますが、今日目にしたのは後者。
周囲の枯れ色に全くなじまないその体色で、良く今日まで生き延びたなぁと・・
でも、残された日々は・・と考えると・・

※11/18(オンブバッタ)と11/17(イラガの繭)に、いずれも都内で撮影。
※イラガ幼虫は、8/22に撮影し、8/24の記事に載せた画像の引用掲載です。