緑に映える・・2018/09/12 20:59

緑に映える・・
暑さも峠を越した今、過激な暑さに参っていた植物の緑も息を吹き返した感じ。
そんな緑に映える昆虫を、最近撮影した中から2枚選んで掲載します。
まずは、地味な色合いの物が多い蛾の中では異色とも言えるカラフルな奴。
その名はアカマダラメイガ。クリーム色と紅色の対比が丁度いい按配です。
私はこれを見る度に、旧国鉄の特急列車の車体色を思い浮かべてしまいます。
とんと見かけなくなってしまいましたが・・
クビボソハムシの仲間
秋は、様々な色合いを持つハムシの仲間のバリエーションを楽しめる季節。
これは、それほど派手じゃないけど、緑に映えていい味を出していました。
止まっていたのは、旺盛な繁り具合を見せているクズの葉。
随分派手な食い跡を付けたもんだなぁと・・でも確信が持てません。
この様な食い方をする昆虫と言えばコフキゾウムシが筆頭格に挙げられます。
とんだ濡れ衣かも知れません。
(クビボソハムシの仲間)

※本日撮影の画像ではありません(9/8に都内で撮影)

この木を選べ2018/09/10 21:13

この木を選べ
ハリエンジュ(ニセアカシア)の細枝から吊り下がる不思議な物体。
遠目には枯葉の様に見えますが、近づいて見るとこの通り。
枯れた細枝の切れ端等を組み合わせて作ったミノガ幼虫のすみか・ミノムシでした。
この中に潜んでいる幼虫が目指すのは、ぬくぬく環境での冬越し。
まだ夏が終わったばかりだと言うのに、随分気の長い話ですね。
ハリエンジュの豆果の鞘
これは同じハリエンジュの細枝で目にした光景です。
枝豆と言う雰囲気も漂うこれは、マメ科の樹木である事を示す豆果の鞘(さや)です。
この木に実った豆の鞘は、現状全てがこの様に褐色の枯れ色に変わっていました。
これを見てピンと来ました。ミノムシはこの鞘への擬態を決め込んでいるんだなと・・
形が微妙に違うけど、色合いとしてはそっくり。十分だまし効果は期待できそうです。
数多い木の中から、冬越しの場所としてこの木を選んだのは、ずばり正解でしょうね。
ミノガ科の蛾も多種。この種に関しては ”この木を選べ” が言い伝えなのかも・・

※本日撮影の画像ではありません(9/8に都内で撮影)

木立の中のトゲトゲ2018/08/06 20:02

木立の中のトゲトゲ
蝉時雨がどしゃ降り状態の木立の中で目にしたトゲトゲの球体。
ひとつだけでなく、周辺に、何個も転がっていました。
クリの木の果実でしょうか。完熟迄には至っていない筈ですが、なぜ今?・・
桁違いな暑さの影響で、転がり落ちるタイミングを間違えた?・・
すこし気になる光景でした。
イラガの幼虫
こちらは、落下ではなくて、木の幹をくねくね登って行ったトゲトゲ。
刺されると電撃的に痛いので、別名デンキムシとも呼ばれるイラガの幼虫です。
背中全体に、クリの実のそれに負けない程の鋭い針がびっしり。
クリの実は、注意すれば触っても大丈夫。でもこれについては絶対厳禁ですね。

※8/6に都内で撮影

生命に危険を及ぼす・・2018/08/05 19:59

生命に危険を及ぼす・・
”生命に危険を及ぼす暑さ” と言う恐ろしい言葉を頻繁に耳にするこの夏。
その危険度が一向におさまる気配がありません。
夏の暑さに強い筈の昆虫達も、人と同様にこの暑さに閉口気味?・・
日陰に避難する姿を目にする事が度々です。
これはアオヤンマのそれ。水辺を飛翔する際の躍動感は消え失せ、ひっそり。
ハラビロカマキリ幼虫、日陰を求めて・・
成虫まであともう一歩と言う所まで来たハラビロカマキリ幼虫も同じく。
後脚を精一杯伸ばしたポーズで、日向から本体を避難させようとしていました。
今日のところは、獲物の捕獲より身の安全をはかる方が優先だったみたい。
絶命した蛾の幼虫
中には、日陰に逃げ遅れて絶命と言う悲劇的な結果に至った物も・・
草の繁みにぶらさがっていたこれはスズメガの幼虫でしょうか。
葉とは糸一本でとつながっていますが、だらーんとして生気が全く感じられません。
成虫にさえなっていれば、いくらでも日陰に避難出来たのに・・
この幼虫にとっては、最悪の巡り合わせだったんですね。

※8/5に都内で撮影

夏の主役達を殺す・・2018/08/02 20:22

夏の主役達を殺す・・
連日の猛暑を受けカラカラに乾いた地面。そこで目にした異質な輝きを放つ物体。
既に息絶えたリュウキュウツヤハナムグリでした。
南方から流入した甲虫で、暑さには強い種と思っていたのですが、早くもこの姿。
桁違いの暑さの連続により、体力的なダメージを受けてしまったのでしょうか。
息絶えた蛾の幼虫
こちらは、熱気が立ち込めるアスファルト路面に転がっていたイモムシです。
お尻に生えたアンテナ状の突起から判断して、スズメガの仲間の幼虫と思われます。
ぴくりとも動きません。元気に飛び回る成虫にはなれず、炎天下に悲しい姿を晒す。
こちらも、記録的な猛暑によるダメージを受けた犠牲者なのかも知れません。
アブラゼミの翅とアリ
梅雨明け後の暑さを受け、例年より早く始まったセミの季節。
そんな前倒しの結果として、こんな光景を頻繁に目にする様になりました。
片方だけ千切れて転がっていたアブラゼミの翅。
精一杯声を張り上げて、地上での短い生を全うした結果であればいいのですが・・
注目点は、画像左側に写っている黒い物体。翅をしげしげと見つめるアリでした。
この後、翅の先端にかじりつき、巣への持ち帰りにチャレンジしていました。
”夏の主役達を殺す暑さ” そんな今、後始末屋としての活躍がこの先も続きそうです。

※8/2に都内で撮影