稀に見る意地悪さ2017/04/09 19:45

稀に見る意地悪さ
降りやまぬ雨が作った水たまりに、花びらのパターンが出来ていました。
満開になって間もない今、もうこの光景を目にするなんて・・
いさぎよいのがサクラの花の特徴だけど、もう少し粘れないものかなぁと・・
花見頃の今日も雨
花見頃にぴたり適合した土日だったのに、近年稀に見る空の意地悪さでしたね。
雨に濡れたサクラも情趣があっていいと思うけど、やはりなぁ・・
カエデの新緑
サクラの花が散れば、いよいよ新緑が目に眩しく映る時期に・・
そのサクラの新緑に先駆けて、カエデの葉が鮮やかに色づいていました。
こちらは雨に洗われて生き生きとした表情を見せていました。
様々な木の新緑を楽しむ時も間近。それを促すのは、間違いなく春に降る雨。
それは判っているけれど、サクラ満開の時期だけは邪魔して欲しくなかったなぁ・・

※4/9に都内で撮影

雨の仕打ちが・・2017/04/08 19:26

雨の仕打ちが・・
満開となった東京のサクラ、お花見の絶好機に雨の仕打ちが待ち受けていました。
花を愛でる人で賑わう筈の芝生広場にも人影はなし。
サクラにとっても、ちょっと張り合いに欠ける気分かも・・
これだけ見事に咲いたのにね・・
サクラ並木は雨
花の美しさを独り占めにして楽しめると言う点では、雨も悪くはないかなと・・
水滴を宿すサクラ
水滴を宿した花びら。晴れの日に見る快活な姿とは真逆なイメージでした。
花にとっては、震え上がる様な冷たい雨でない事がせめてもの救いでしょうか。
サクラの花にいたツマグロオオヨコバイ
本来なら蜜を求めて頻繁に訪れる筈のハチやアブの姿は皆無。
僅かに目にした昆虫と言えばこのツマグロオオヨコバイだけでした。
ふんわり開いた花びらの形が、雨よけの傘として絶好だったみたい。
弱いながら降り続く雨、今日はこのままここで夜を迎えるのかも・・
 
※4/8に都内で撮影

もう少し時間が・・2017/03/24 20:01

もう少し時間が・・
予報では晴れ。しかし穏やかな春の空が安定して続いた訳ではありませんでした。
時折かかる雲に隠される青空、北から吹く横殴りの強い風。
冬の名残が、しぶとく息を吹き返した感じでした。
そんな日の午後、そろそろかなと思い、様子を見に出かけた桜並木では・・
僅かに花開いたサクラ
ざーっと見回したところ、わずかに開花が見られたのはこの枝先だけ。
冷たい空気にさらされて、ちょっと早まったかなぁと後悔している様にも・・
春爛漫の花景色のスタート迄には、まだもう少し時間がかかりそう。

※3/24に都内で撮影

モードチェンジ?2017/03/17 20:32

モードチェンジ?
春到来を感じさせる暖かさに恵まれた日。
空の表情も柔らかめ。冬空の、ぴーんと張り詰めた緊張感が消え失せていました。
この先、こんな空が安定して続く事を、強く望みたい気持ちに・・
ルリシジミ
陽射しに誘われたのでしょうか、春一番の蝶・ルリシジミを数多く確認出来ました。
しかし、皆、警戒心旺盛。カメラの接近を感じてヒラヒラと飛び去ってしまいます。
これはやっとゲットした一枚・・ではなくて、十分余裕をもって撮影した一枚。
カメラをかなり接近させても、じーっと動きません。
どうやら、陽射しの暖かさが心地よくて、ぐっすり昼寝中だったらしい。
お陰で、銀箔色に輝く真新しい翅の美しさを観察する事が出来ました。
春モードのナナホシテントウ
いっぽう、こちらのナナホシテントウは、ひと時も休まず、ちょこまか・・
数を増し始めた若緑の草の上を、せわしなく歩き回っていました。
その目的は、獲物であるアブラムシの捕獲で、それなりの成果がある模様。
これ迄、晴れの日は日光浴と決めていた様ですが、もはや完全にモードチェンジ?。

※3/17に都内で撮影

冬型から春型へ?・・2017/02/19 15:18

冬型から春型へ?・・
所用の合間ショットをもう一枚。
都心の高層ビル群上空に掛かる変な白い雲。
西に向かうジェット旅客機が残した飛行機雲と思われます。
真冬には長く直線状の航跡を保っていたのですが、今日のは何だか腰砕けの様子。
空も厳しい冬型から春型への転換を始めたのでしょうか。

※2/19に都内で撮影
※不定期な更新がもう暫くの間続く予定です。