縮こまってばかりじゃ・・2024/02/24 14:41

縮こまってばかりじゃ・・
この先、かんばしくない天気の日もある様ですが、今日のところは穏やかな晴天。
気温はまだ低いけど、春本番が間近に迫っている事を実感しました。
その空を軽快に横切っていったのは、入江に住むユリカモメ。
見る者を元気づけてくれるその姿。
寒さに縮こまってばかりじゃいけないなぁと・・
ムクドリは依然防寒態勢
ユリカモメは元気いっぱいだけど、他の野鳥も同じくと言うわけではありません。
サクラの枝に止まっていたムクドリは、この姿。
体を大きく膨らませて、寒さに耐えている様子でした。
ちょっと見、パワフルに見える鳥ですが、実態はそれ程でもないのかも・・
寒さに弱い私としては、強く共感を覚える光景でした。
因みに昆虫達との出会いは・・僅かに小さなハエを見かけた位に留まりました。

※2/24に都内で撮影

雨滴を宿して・・2024/02/23 12:54

雨滴を宿して・・
穏やかな春の空とは正反対。暗い雨雲が掛かり続ける正午前となりました。
樹々の小枝も雨滴を宿して・・
芽吹きのタイミングを遅らせる要因にならなければいいのですが・・
雨に打たれていたフキの芽
冴えない空の下でも、フキの芽は元気な姿を見せていました。
春の始めは、いつもこんなもんだよって承知しているんでしょうか。
春の陽射しが戻るといいね と声を掛けたい気持ちに・・
昆虫達のデビューに、ブレーキを掛けている事は間違いないですからね。

※2/23に都内で撮影

あわて者がいるから・・2024/02/22 14:22

あわて者がいるから・・
音を立てる程ではなかったのですが、細かい雨が降り止まぬ正午前。
気温の方も、真冬に逆戻りと言う感じの低さでした。
開花を間近にしたユキヤナギの枝も、この状態。
勇気を出して開いた花はたった一輪だけ。早まったなぁと後悔していた様にも・・
開き掛けたノゲシの蕾
完全に開く寸前で、急ブレーキが掛かった感じだったのは、このノゲシの花。
それを囲む蕾は、依然、かたく閉じたままでした。
開き掛けの蕾に、だからやめとけって言ったでしょって、声を掛けている様にも・・
しかし、この手のあわて者がいるから、季節が一歩一歩進んでいくんですけどね。

※2/22に都内で撮影

いつの事やら・・2024/02/21 13:49

いつの事やら・・
どんよりとした曇り空から、細かい雨がポツポツと・・
梅雨時を思わせる様な、冴えない空模様となりました。
サクラの枝にも雨滴が点々と・・
穏やかな春の陽射しが安定するのは、一体いつの事やら・・
開きかけたタンポポの花・ここ迄でストップ
早春の昆虫たちにとって、蜜供給源とも言える恵みの花・タンポポ。
今日は、こんな中途半端な姿で、固まっていました。
当然の事ながら昆虫の姿はさっぱり。しーんと静まり返った草地でした。
ひと雨ごとに春が本格化。そんな流れであればいいのですが・・

※2/21に都内で撮影

冴えない空の下で・・2024/02/19 13:17

タンポポの花もここまで・・
花開いたウメの木の上に拡がっていたのは、小雨も混じる曇り空。
穏やかな春の天気が定着する迄には、まだまだ時間が掛かりそうですね。
タンポポの花もここ迄・・
花開けば、昆虫達の姿も見られる筈のタンポポも、冴えない空の下ではここ迄。
早起きをした春の花にとっては、避けられない状況なんでしょうね。
そんなに焦ることはないよ と声を掛けたい気持ちに・・

※2/19に都内で撮影