ご苦労さん2021/01/25 23:54

ご苦労さん
穏やかな陽射しが戻って来た日。
昨日は体ぷっくりのふくら雀状態だったんですが、ややスリム体形に戻ったかなと・・
まん丸顔で日向ぼっこ
こちらは、あいも変わらずのぷっくりまん丸顔。
草の葉上で日向ぼっこ中だったヒラタアブです。
寒さが厳しい今の時期も、活動をやめない元気者。
しかし、時々こんな感じでの、ソーラーパワー充電が必要な様です。
しおれきった草
草むらで目にした、ちょっとぞーっとさせられる姿の草・3本。
寒さに耐えて頑張って来たんだけど、もはや限界と言う感じ。
”ご苦労さん” と声をかけてあげたい気持ちになりました。

※1/25に都内で撮影

陽射しが燦々の日に・・2021/01/24 14:58

陽射しが燦々の日に・・
予報された雪にはならずに済みましたが、それでも気温の低さはかなりのもの。
真冬はやはり陽射し燦々の日がいいなと言う事で、そんな日に撮影した画像を3枚。
これは、工事用の区画仕切り版で目にした光景。
風に飛ばされて来たゴミが沢山付いていましたが、画像中央やや右の物に関心が・・
日向ぼっこ中の小さな蜘蛛
そーっと近づいてみたら、これでした。
脚を開いて仕切り版に張り付いていた小さな蜘蛛。
獲物待ちと言う感じではなく、暖かい陽の光を目一杯浴びようと言う算段の様でした。
ここは北風も避けられるし、日向ぼっこには持ってこいだよ!と言う事だったみたい。
昆虫の捕獲はひとまず置いといて、今日はこれで行こうと決め込んでいた様でした。
それにしても、垂直に切り立った仕切り版なのに、よく転げ落ちないなぁと・・
蜘蛛の脚の吸着力ってやはり凄いですね。
ユキヤナギの冬芽とタンポポの綿毛
冬の自然は、出来れば陽射し燦々の日に目にしたいもの。
ユキヤナギの細枝で撮影したこれも、そんな雰囲気の一枚です。
びっしりと並んだ冬芽。それに引っかかっていたタンポポの綿毛。
暗い空の下では感じられないほんわかムードが漂っていました。

※1/22と1/21に都内で撮影

真逆な雰囲気を・・2021/01/23 15:24

真逆な雰囲気を・・
すかっと晴れれば気分も爽快に、しかし重苦しい雨空は真逆な雰囲気を漂わせます。
今日は、ほぼ予報通り、そんな空に覆われた一日になってしまいました。
こんな空が明日も続きそう。状況次第では、都内でも雪が降る可能性があるとか・・
それだけは勘弁して欲しいところなんですが・・果たして?・・
明るい褐色に染まる草むら
これは、穏やかな晴天がひろがったきのう目にした草むらの光景です。
季節が進み、一面のみどり転じて、明るい褐色への変貌が完了していました。
これはこれで華やかと目に映るけど、雨空の下では全く違う雰囲気だった筈。
写欲がまったく湧かない眺めになっていた事でしょうね。
晴天下のヒラタアブ
これも昨日撮影した中の一枚。
花壇の花に来て、吸蜜をするヒラタアブの仲間です。
冴えない空の下では、花もこの様にサービス満点度で開いてはくれないだろうし・・
今日は、一体どこに潜んで雨宿りをしていたのやら・・

※1/23と1/22に都内で撮影

寒気がやや緩んで・・2021/01/22 18:13

寒気がやや緩んで・・
うっすらかすみが掛かった青空が拡がり、張りつめていた寒気がやや緩んだ感じ。
ここのところの寒さに縮こまっていた身には、なによりの恵みと感じられました。
スズメ達も・・と言いたい所ですが、そう言う訳でも・・
この通りぷっくり。防寒体勢のふくら雀状態は相変わらずでした。
長い間この体勢で過ごして来たので、そうやすやすとはチェンジ出来ない様ですね。
一輪だけ開いていたユキヤナギの花
植物の方が、気温の変化に敏感なのかも・・そう思えたのがこの光景。
びっしり花芽を付けたユキヤナギの枝。一輪だけですが、白い花が開いていました。
偉大なるパイオニアと言ったところ。でも、さすがにちょっと早過ぎだと思うけど・・
クヌギエダイガフシ(虫こぶ)
クヌギの枝で目にした物騒な形の虫こぶ。
クヌギエダイガタマバチ(蜂)の幼虫が潜むクヌギエダイガフシです。
やがてこの殻を割って成虫が誕生する筈。
寒気の緩みを受けて今日にも・・と言う事はさすがにないでしょうね。

※1/22に都内で撮影

既に春本番?・・2021/01/21 20:32

既に春本番?・・
これ以上身軽になりようもない程にスリムな姿で空に突き上がる落葉樹。
こんな風景を見る限り、春の訪れはまだずーっと先の様に思えるのですが・・
一輪だけ開いていたアカツメクサの花
視線を足元に落としてみたら、そうとばかりは言えないかなと・・
超遠慮気味ですが、ピンク色の蕾が開き掛けていたアカツメクサの花。
辺りをどう見回してみても、この一輪しか確認出来ませんでした。
まさに偉大な先駆者と言ったところでしょうか。
元気に動き回っていたアリ
こちらは、全季節対応可能な働きアリ。
今日も複数が、枯れ草が拡がる場所で、忙しく動き回っていました。
今の時期は食糧探しにも苦労が多いのでしょうが、そんな状況、何するものぞ!・・
アリの世界は既に春本番なんでしょうね。その勤勉さにはほとほと感心させられます。

※1/21と1/20に都内で撮影