雨があがって・・2021/06/20 15:36

雨があがって・・
まだ雲の数は多いものの、その向こうに爽やかな青空が拡がり始めました。
その空を忙しく飛び回っていたのは、旬の野鳥とも言えるツバメ達。
雨の日はさっぱりだった昆虫達の活動も、この空に誘われて復活した模様。
こうして飛び回っていれば、巣で待つ幼鳥に与える餌採りはバッチリなんでしょうね。
雨滴をびっしり宿した蜘蛛の網
施工主の姿が見当たらない蜘蛛の網。降り止んだ雨の痕跡が幾つも残っていました。
折角目に見えにくい網を張ったのに・・これじゃぁ、獲物となる昆虫達にバレバレ。
この水滴の大きさから見て、網としての機能復活には相当時間が掛かりそうですね。
チョウトンボの輝く翅
雨の恵みを受けて、草地の野草群が生き生きとしていました。
その葉に止まり翅休めをしていたのは、体長比桁違いに大きな翅を持つチョウトンボ。
陽射しを受け、このトンボの個性と言えるメタリックな翅の輝きが一層鮮やかでした。
それにしても、翅のこのデカさたるや・・実に見応えがあるなぁと・・

※6/20に都内で撮影

湿った空気の中で・・2021/06/19 13:07

湿った空気の中で・・
梅雨入りを受けて、湿った空気が、じとーっと、肌にまとわりつく様になりました。
人にとっては不快な日々の始まりですが、一部生物にとっては、待望の状況の様です。
大歓迎派のひとつが、湿っぽい場所大好き生物の代表格・カタツムリ。
これは、葉っぱの上に残されていた盛大な動きの軌跡です。
満遍なくと言う感じの徹底ぶり。こんなに激しく動いて何を食べているのやら・・
イトトンボの爽やかな水色
湿った空気の不快感を和らげてくれる色と言えば、爽やかな水色が挙げられそう。
今の時期に良く出会うイトトンボの仲間達の体色が、まさにそれと言えそうです。
体全体に対する比率は大した事はありませんが、アクセントカラーとしては効果的。
こんなのを目にすると、なんかほっとしますね。
※クロイトトンボ
典型的な梅雨空
上部の2画像は、きのう薄日が射す時間帯に撮影した画像。
一方こちらは、雨模様の今日昼過ぎに撮影した空の様子です。
何とも重苦しい、典型的な梅雨空と言っていい雰囲気が漂っていました。
当分の間は、こんな空ともうまく付き合っていかなければいけないんでしょうね。

※6/18と6/19(雨空)に都内で撮影

スッキリしない空の下・・2021/06/18 17:13

スッキリしない空の下・・
雨の心配はないものの、いまひとつスッキリしない空模様の日中となりました。
そんな空の下、風に漂う感じでフワフワと飛んでいたのは、チョウトンボ。
この時期になると決まって姿を現すちょっと風変わりなトンボです。
今日はかないませんでしたが、水草の葉に止まる姿もなかなか。
妖しげな光沢を放つ幅広な翅は、このトンボならではのチャームポイント。
近々目にする事が出来そうです。
ササグモ2匹が近距離で・・
いっぽう地上では、ハンター達の暇そうな姿をいくつか目にしました。
これは草の葉に止まるササグモ。二匹仲良く獲物の到来待ちって言う雰囲気でした。
このまま行ったら、獲物争奪戦が起きそうな感じも・・
もうすこし距離をとった方がいいと思うけどなぁ。
繁殖行為をしようとしているカップルだったら、余計なお世話だけどね・・
獲物待ちポーズのハラビロカマキリ幼虫
同じエノキの木の複数の葉に、ハラビロカマキリ幼虫が何匹も止まっていました。
みんな同じ位の大きさなので、同じ卵のうから誕生したものと思われます。
そのいずれもが、こんな感じの勇ましいポーズをとっており、やる気満々!。
捕らえられる立場の昆虫にとっては、この木での一休みはやめた方がいいみたい。

※6/18に都内で撮影

梅雨入りの翌日は・・2021/06/15 16:15

梅雨入りの翌日は・・
梅雨入りした東京ですが、たった一日だけで明けた?・・なんて事をふと思う様な空。
梅雨だから毎日雨模様と言う事はないのですが、さすがに極端過ぎる展開だなと・・
翅休め場所を譲り合うイトトンボ
晴天大歓迎な筈のイトトンボ達も、昨日と大きく様変わりした天気に戸惑い気味?。
忙しく飛び回る事はせず、水草の枯れ茎に止まってじーっとしていました。
種類は違えど、翅休めに好適な場所は、お互いに譲り合ってと言う事の様でした。
(ベニイトトンンボとクロイトトンボ)
隠れ帯に身を隠す蜘蛛
好天を受けて、蜘蛛達も俄然やる気を出したみたい。
入念に調整した網に止まって、獲物の到来を今や遅しと待ち受けていました。
強い陽射しを浴びて白く輝くギザギザは、自分の存在を隠蔽する為の隠れ帯。
人の感覚からすると目立ち過ぎの様に思えるけど、騙される虫も多いんでしょうね。
この時点では収穫ゼロでしたが、こうして待っていればその内きっと・・

※6/15に都内で撮影

少し遅れて梅雨入り2021/06/14 14:23

少し遅れて梅雨入り
平年より7日、昨年より3日遅れで、関東甲信の梅雨入りが発表された日。
東京でも、音を立てる程ではないのですが、細かい雨がしつこく降り続けました。
成長期に入った草木にとっては、まさに恵みの雨と言った感じでしょうか。
旬の時を過ぎた(?)ガクアジサイ
旬の花・アジサイにとっては、7日遅れの時間差は、影響が大きい様に感じます。
これは、今日の雨に濡れたガクアジサイ。
中央部の花を囲むのが装飾花ですが、かなり色あせたものを多く目にしました。
本来の花が元気であれば、それでいいのさかも知れないけれど、見栄え上はねぇ・・
アジサイの花で昼寝をするリュウキュウツヤハナムグリ
これは、梅雨入り前日の、きのう目にした光景。
アジサイの花に潜り込んで昼寝をするリュウキュウツヤハナムグリです。
硬い殻をまとっているので、雨に濡れても大丈夫。
おそらく今日もこんな状態を続けていたんでしょうね。

※6/14と6/13に都内で撮影