まずはミニから・・2020/02/19 20:21

まずはミニから・・
春霞?・・そんな薄ぼんやりとした空に筋状の優しげな雲が浮かんでいました。
澄み切った冬の青空ともお別れ。そんな事を思わせる穏やかな風景でした。
キカタバミの花開く
地表に目を落としたら、やや遠慮気味ながら、小さな春の彩りが一輪だけ・・
敷き詰められた枯れ落ち葉の隙間から顔を覗かせたキカタバミの花。
穏やかな陽射しに誘われて、眠たい目をこすりながらお目覚めの様子でした。
この花は、ヤマトシジミ(蝶)にとってホスト的な存在です。
蜜を吸う事は勿論、葉に産卵し、やがて誕生する幼虫の食草としても活用されます。
今日のところはその姿はありませんでしたが、花が開いたとなれば、遅からず・・
クロミャクイチモンジヨコバイ
ヤマトシジミとの初遭遇はお預け。その代りにこの元気者との出会いが実現しました。
こちらの接近に気付いて、ピンと飛び跳ね、近くの落ち葉に着地!・・
セミの親戚筋にあたるヨコバイの一種・クロミャクイチモンジヨコバイでした。
こうして見るとかなり存在感がありますが、実際は目に止まらない程の小ささです。
大物の登場はもう少し先。春の昆虫ステージは、まずこの手のミニから幕開けですね。

※2/19に都内で撮影

鬱陶しい雨も・・2020/02/16 19:40

鬱陶しい雨も・・
晩秋に全ての葉を落とし尽くせなかったカエデ。その枝にびっしりと付く水滴。
降ったり止んだりを繰り返した雨が創り出した光景です。
人にとっては鬱陶しい雨でしたが、春本番に向けて動き始めた自然にとっては・・
枯葉を押しのけてデビューした若草
枯れ落ち葉を押しのける勢いで顔を覗かせた若い草。
今日の雨は、絶好の活力源として、これらの草の成長を更に促す物になった筈。
一雨ごとに本当の春が近づく。そんな受けとり方をすれば、鬱陶しい雨も・・
ヒメツルソバの花開く
本当の春が来れば、こんなチャーミングな花を楽しむ事も出来ますしね。
(早くも咲き始めたヒメツルソバの花)

※雨の風景は2/16に、他は2/14に、いずれも都内で撮影

極端すぎるよ!2020/02/13 19:56

極端すぎるよ!
いくらなんでも、気温の変化が極端すぎるよ!。
そんな言葉を発したくなる様な暖気に包まれた一日。
既に開花を始めていたカワヅザクラも、一層本気度を増した姿を見せていました。
オニノゲシの花開く
オニノゲシの花も、今日の暖かさに即反応した様子。
これまでのちょっと寝ぼけ気味の開き方から、ばっちりお目覚めの姿に・・
ここに蜜を求める昆虫の姿があれば、春本番なんですが、さすがにそこ迄は・・
大物を運搬中のアリ
寒い時期にも活動を休止する事がなかったアリ達。
今日の暖かさは、更なる元気の起爆剤となった様です。
巣に持ち帰る餌運びに大忙し。こんな大物も軽々とと言う感じでワッセワッセ・・
残る問題は、このまま巣穴にすんなり入るかなぁ?と言う事だけでしょうね。

※2/13に都内で撮影

意外とすんなりと・・2020/02/10 21:47

意外とすんなりと・・
春の訪れを期待する気持ちが、日増しに強まっています。
そんな想いにこたえてくれるこの眺め。菜の花畑の今日の様子です。
まだちょぼちょぼって言う感じの背の低さですが、伸びる意欲は十分な雰囲気。
ナノハナ・開きかけた蕾も・・
中には、ここまで成長した姿を見せる物もありました。
茎の先に蕾がびっしり。一つだけですが、黄色い花弁を開きかけた物も・・
こう言うのを目にすると、畑一面が黄色に染まる日もそう先の事ではないかなと・・
ひらひらと舞うモンシロチョウ・・そんな春景色への期待が一層たかまりました。
東の空に浮かぶ月
歌の上ですが、菜の花畑と言えば、おぼろ月夜と言うイメージが頭に浮かびます。
で、その主役の今は?と言う事で、東の空を眺めたらこの通り。
おぼろに霞んではいないけど、満月に近い月がぽっかり浮かんでいました。
今週後半は、季節外れの暖かさになるとの予報も・・
意外とすんなりと春がスタート。そんな展開を期待したい所ですが、さて?・・

※2/10に都内で撮影

気長に待つしか・・2020/02/07 20:05

気長に待つしか・・
つらら状に凍りついた日比谷公園の噴水の映像がニュースで流されていた日。
強い北風は止んだものの、肌を刺すような寒さは一向に和らぎません。
丸裸のイチョウの木も、今が我慢のしどころと言う感じで空に突き上がっていました。
地面スレスレのタンポポの花
それでも、地表に目を落とせば、寒さ何するものぞと言う勇ましい光景が・・
精一杯の開き具合を見せていたタンポポの花。
しかし、ひょろっと伸びた茎の先ではなく、地面スレスレでの開花が限界の様でした。
これでは、蜜を求める昆虫達への訴求効果はイマイチの筈。
頑張って咲いたけど、無駄だったなと言う結果に終わらない事を祈るばかり。
顔をのぞかせたドウダンツツジの花
木に咲く花も頑張っていました・・と言ってもこちらも本来の姿には程遠い状態。
とんがり頭の冬芽を沢山付けているドウダンツツジの木。
そのひとつの先っぽが割れて、白い花弁が顔を覗かせていました。
しかし、この状態では、どんな形の花なのかの推測は全く困難。
その時期の訪れを気長に待つしかない様です。

※2/7に都内で撮影