本性は変わらない2017/08/19 21:53

本性は変わらない
ここ数日の中では最も安定した空だなぁと思っていたのですが・・
気配を感じて視線を向けた西の空は、こんな感じ。
ただならぬ雰囲気の雲が、ずらりついたて状に連なっていました。
白雲に混じる濃い灰色は要注意のサインとか・・
雨をたっぷり含んでいる事の証明らしい。その後の展開はズバリその通り。
この後、数多くの落雷を伴う激しい雨に見舞われました。
この夏の本性はやはり変わりませんね。
アオモンイトトンボの雌
陽射しがまだ燦々の時に、草むらで目にしたスッキリシャッキリのイトトンボ。
緑との対比が鮮やかなアオモンイトトンボ・雌でした。
昨日の雄に続いての嬉しい出会いです。
この観察地での目撃数の減少を心配する記述を、昨日8/18の記事に記したばかり。
しかしこうして雄・雌の存在を確認出来たと言う事は、来季の再会もバッチリ!。
ぜひ、そうであって欲しいなぁと・・
アリに擬態したホソヘリカメムシ幼虫
近くの葉に目を移したら怪しい物影が・・随分でかいアリがいるもんだなぁと・・
でも何となく違和感あり。こんなにガクガク四角張ったアリっていたっけ?・・
と言う事で、しばし考え込んだ結果、以前観察した際の記憶が蘇りました。
これはアリじゃなくて、カメムシ。細長体形のホソヘリカメムシの幼虫と言う訳。
雑食派のアリは他の昆虫を襲って食べる事もあります。特に集団化の猛威たるや・・
そんなアリに似せて身を護る。実に良く考えられた擬態なんですね。
同種は成虫越冬出来るタフなカメムシです。その内その姿にもきっと出会える筈。
ホソヘリカメムシ
それまで待つのもなんなので、当ブログに掲載済みの成虫画像を参考に・・
2013/10/27の記事に載せた画像です。
アリに激似だった幼虫の面影が何となく残っているかなぁ・・

※8/19に都内で撮影(参照画像は2013/10/27に撮影)

ジメジメムシムシ2017/08/18 21:54

ジメジメムシムシ
今年の夏を象徴する様な空が今日も・・
遥かに青空を望む事は出来るのですが、それが頭上に大きく拡がる事はありません。
この空の様子からは、暑さも程々って言う気もしますが、実際はジメジメムシムシ。
嫌な汗がじとーっと・・そこのところが何ともって言う感じの八月ですね。
アオモンイトトンボの雄
ジメジメムシムシの空気の中で目にした一服の清涼剤とも言えるのが、これ。
涼やかな色合いのアオモンイトトンボ・オスでした。
この観察地では普通種のイトトンボだっだんですが、ここの所レアな存在に・・
環境的な変化や他種との競合によるものなんでしょうか。
普通種はいつまでも普通種であり続けて欲しい。そんな気持ちで見つめました。
ショウジョウトンボの雌
水草の繁みの目を移したら、ショウジョウトンボのメスの姿が・・
繁みの中に隠れる様な、ひっそりとした止まり方でした。
真っ赤なオスの執拗なラブアタックをうるさがって、こうしてる様にも・・
”モテ過ぎるのも考えものなのよ” って言うところでしょうか。

※8/18に都内で撮影

八月の空よ・・2017/08/15 19:28

八月の空よ・・
空模様のぐずつきが解消しません。この先も数日は傘マークがずらりと・・
夏休みのピークである今の時期に、この巡り合わせと言うのは珍しい事かも・・
草の葉を傘にして雨宿り中のハラビロカマキリ幼虫も、全然調子が出ない様子。
雨の日は、獲物の動きもさっぱりだし、ほんと何とかならないかねぇ・・
ハラビロカマキリの幼虫
どの幼虫も、ほぼ同様の逆さまポーズで、じーっと固まっていました。
顔に大きな水滴が付いても、それを振り払う気力もなし?・・
お気の毒だねぇって言う事で、同情ショットを一枚。
生憎な天気続きだけど、これを乗り越えれば晴れて成虫デビューの秋が来るよ。
雨でも鳴き止まない者たちの抜け殻
ハラビロカマキリ幼虫は、揃って一時休止中。
一方、樹下に残されたこの抜け殻の主たちは、雨が降ろうがいっさい関係なし。
雨音に負けない位のボリュームで、各種セミたちの合唱が続いていました。
いまが全盛期と鳴いているセミたちに、秋の日の訪れは無し。
鳴きやんだらそれで終わりって言う悲壮感さえ感じられました。
八月の空よ、少しはセミたちにも味方してやれよ・・

※本日撮影の画像ではありません(8/14に都内で撮影)

間に合うの?2017/08/08 20:18

間に合うの?
ノロノロ台風の影響が薄れ始めた午後。
青空に向かって背高ノッポの夏草が突き上がっていました。
あれ位の風なんてへっちゃらさって言いたげな雰囲気も・・
ヒメクダマキモドキの幼虫
吹けば飛ぶようなミニミニ幼虫も、葉っぱの上で涼しい顔。
キリギリスの仲間・ヒメクダマキモドキの幼虫です。
自慢の長い後ろ脚で踏ん張れるから、強い風が吹いたって平気なのさ・・
それにしても、今の時期に、依然この小ささ!。
やがて訪れる秋の昆虫ラッシュタイムに間に合うの?って余計な心配を・・
アカボシゴマダラの産卵
エノキの幼木では、アカボシゴマダラが産卵を繰り返していました。
虫食いだらけの葉は避けて、出来るだけ新鮮な葉に向けてお尻をくいっと・・
はやいもので、暦の上では、既に立秋(2017年は8月7日)を過ぎました。
次世代に命をつなぐ蝶たちの産卵行動にも、一層拍車がかかりそうです。

※8/8に都内で撮影

賛同したいのは・・2017/08/06 20:52

賛同したいのは・・
夏の象徴・入道雲が湧き上がり中って言う風景だけど、一寸余計なおまけ付きです。
入道さんが、太い腕を横に伸ばした様な・・
いずれにしても、今日の暑さは、ここ数日の中では最高レベルだったかも・・
日向では、噴き出す汗で、首筋に巻いたタオルがあっと言う間にびっしょり。
こんな日の賢い過ごし方は、日陰となる場所への避難と言う事なんですが・・
荒地にいたイボバッタ
そんなのとは全く正反対の生き方に徹する昆虫もいます。
このイボバッタもそのひとつ。
緑の少ない乾燥した荒地を生息場所とするワイルド感溢れるバッタです。
生息環境に合わせる様に、体表面はガサガサで、色も完璧な荒地仕様。
”今日の暑さは最高、空気も乾いてるし、文句なしだね” って、涼しい顔?・・
レンズを向ける観察者は、地べたの熱も加わって、更に汗びっしょり。
イボバッタ君の意見には賛同しかねる状況でした。
日陰にいたアオバハゴロモ
いっぽう、このシーンには激しく賛同したい気持ちに・・
日陰になる草地で茎に止まり汁を吸っていたのは、名前も涼やかなアオバハゴロモ。
セミの遠い親戚だけど、全く声を出さない物静かな昆虫です。
目にするのはいつもこんな日陰になる場所。正にクール&ビューティって言う感じ。

※8/6に都内で撮影