水ぬるむを感じた日2021/04/11 15:32

水ぬるむを感じた日
いかにも春らしい穏やかな天候に恵まれた日。
池の水面では、カルガモカップルの仲睦まじい姿を目にしました。
時々この様に羽根をバタバタさせての身繕いに余念なし。
まさに、水ぬるむを感じさせる光景でした。
アジアイトトンボの未成熟なメス
岸辺の草地では、早々にデビューしているアジアイトトンボの姿を今日も・・
この種のメスは羽化後暫くは、この様に派手目な紅色を身にまといます。
やがて、割と地味目な緑色系に・・
若草色との対比が鮮やかなこの色合いを楽しむのも、今のうち。
アジアイトトンボと今季初遭遇!
■参考画像■
これは4月4日に同じ場所で撮影し、当日の記事に掲載したアジアイトトンボのオス。
メスと違い、生涯この色合いは変わりません。
大食漢のナナフシモドキ幼虫
サクラの木の若葉で、今日も出会えたナナフシモドキの幼虫。
昨日と殆ど同じポーズで固まっていました。
注目点は止まっている葉っぱの後端部。かなりの規模で欠損しています。
当然の事ながら、欠けた部分は、このヤセッポチのお腹の中に・・でしょうね。
サクラの木にとっては、つくづく迷惑なやつに取り憑かれたもんだなぁと。
でも、一向に場所替えする気配が見られないところがなんとも・・

※4/11に都内で撮影(参考画像は4/4に撮影)

あいにくな空の下2021/03/28 15:51

あいにくな空の下
雨模様の日曜日。
見頃を迎えたサクラの花にとってはあいにくな空模様だった様です。
花を愛でる立場からも、やはりサクラには青空ですね。
地面をほじくるスズメ達
樹下の草地では、早くも散り始めた白い花びらを多数確認出来ました。
その地面に、スズメ達が多数降り立ち、くちばしでしきりに土をつついていました。
その目的は?・・草の種?、ミミズ?、あるいは土中に潜む昆虫?・・
これだけ熱心にやると言う事は、成果大いに有りなんでしょうね。
春を迎えて動き始めた昆虫たちに災難が及ばない事を祈るばかり。
とにかくその貪欲さは並外れてますからね。

※3/28に都内で撮影

川の岸辺にて・・2021/02/21 16:09

川の岸辺にて・・
川の岸部を埋め尽くすヨシの枯れ草。明るい陽射しを浴びて穂先が輝いていました。
今の時期限定の豪華絢爛な眺め。新たな緑に染まるのは、だいぶ先の事でしょうか。
水鳥たちの数が減った?・・
穏やかな岸部でゆったりと休息をする水鳥たち。
一時に比べて数が減った様にも感じられたのですが・・
気のはやい連中は、既にここを飛び立って、夏を過ごす場所に渡り始めたのかも・・
キタテハの日向ぼっこ
土手の斜面の草地で活発な動きを見せていたのが、元気者の蝶・キタテハでした。
これは休息時のポーズ。翅を半開きにして、陽射しの暖かさを享受している感じ。
いっそ全開にした方がいい様に思えるけど、揃ってこれ位の開き方でした。
その理由らしきものも確認出来ました。
既に繁殖期に入ったのでしょうか。休息中の雌にプロポーズを仕掛ける雄の数多し。
その度にさっと飛び上がって、追っかけっこを始めます。
全開にしていたんじゃ、雄の仕掛けに即応出来ない。
モテモテの雌ならではの半開きポーズだったのかも。私の勝手な推測ですが・・

※2/21に都内で撮影

強風が吹いた日に・・2021/02/20 22:26

強風が吹いた日に・・
春の嵐一歩手前くらいの強風が吹いた日。
体が縮こまる程の寒さと言いたい所ですが、実際はやや生暖かさを感じる程。
季節が春に向かって着実に進展している事を実感しました。
ヨレヨレの情けない開き方をしていたハルジオンの花も、今日はここ迄シャッキリ!。
あと、もうひと頑張りって言うところ迄来ましたね。
カラスノエンドウの花開く
私にとっては今季初目撃の春の花。紅色が印象的なカラスノエンドウです。
この花を好む昆虫と言えば、アリの仲間達が筆頭に挙げられます。
花の付け根に空いた小さな穴・花外蜜腺から滲み出す蜜を漁る姿が定番。
しかし、今日はその様子は観察出来ずでした。
花の数がまだ少数なので、アリ達も開花に気づいていなかったのかも・・
一瞬ひやっ!
強風をもたらしたのは澄んだ青空。それを背景に着陸態勢に入ったジェットライナー。
その直前をそれなりの大きさの野鳥が、さーっと横切りました!。
実際には相当高低差がある筈なので、全然ノープロブレムだったんでしょうが・・
レンズの遠近感圧縮効果で、危なっかしかった様にも感じてしまいました。
いずれにしても、デカいの相手に直前横断するのはやめといた方がいいよ、野鳥くん。

※2/20に都内で撮影

明るい陽射しのもと・・2021/02/11 20:11

明るい陽射しのもと・・
明るい陽射しが安定して降り注いだ一日。
ここのところ継続して観察している早咲きのハルジオンにも若干の動きが・・
蜜大好き昆虫・ホソヒラタアブの吸蜜でした。
花びらは相変わらずヨレヨレでシャッキリしないけれど、アブの側にも事情が・・
お腹が一杯になるのなら、咲き方なんてどうでもいいよって言う事みたい。
まずは一件落着。でも、花としてはもう少し頑張った方がいいと思うけどなぁ・・
キタテハ
依然、枯れ色が主体の草地を活発に飛び回るものあり。
頑丈そうな翅を持つキタテハでした。
この様に草の葉に止まったり、また飛び上がったりの繰り返し。
お腹を満たせる何かを必死に探していたんでしょうね。
でも、そう簡単には・・と言う感じ。気の毒に思える光景でした。
ジョウビタキの雌
ヨシの枯れ茎に止まっていたこのまん丸目は余裕の表情か?・・
小柄ながら渡り鳥として冬の日本に飛来するジョウビタキのメス。
やって来る目的は、当然の事ながらお腹を満たせる物の確保。
木の実や昆虫を好んで食べている様です。
このヨシ原にいると言う事は、当然、ここに住む昆虫が狙い目なんでしょうね。
鋭いくちばしで枯れ茎をガシガシ!・・中に潜む幼虫類なんかが真っ先にやられそう。
もしかすると、茎に産み付けられたカマキリの卵のうも?・・
可愛いなぁなんて、見とれていてはいけないのかも・・でも、やっぱり可愛いな。
(付記:黒っぽい筋模様は対向する茎の影。アングル上避ける事が出来ませんでした)

※2/11に都内で撮影