空を見上げたら・・2022/01/27 13:52

空を見上げたら・・
ぴーんと張り詰める寒気。その事は、澄み切った冬の青空からも窺い知れます。
これは早朝に見上げた東の空。
顔を覗かせた陽の光を浴びて、朝雲がほんのりと橙色に色づいていました。
さざなみを思わせる雲が・・
枝剥き出しのサクラの背景は、さざなみを思わせる橙色の薄雲でした。
枝に止まる野鳥もさえずる事なく、ただこの光景に融け込んでいる感じ。
今の時期ならではの風景に、しばし見とれてしまいました。
希少品・ミノムシ
澄み切った青空に恵まれた日中。視線を上に向けたらこんな光景が・・
細枝にぶら下がる褐色の物体。枝に残った枯れ葉の様にも思えますが・・
実はこれ、ある昆虫の幼体の冬越しの姿・通称ミノムシです。
蛾の一種・ミノガの幼虫が眠る入れ物で、枯れ葉等を組合わせて作られています。
昔はごく普通に目にできる冬の風物詩だったんですが、いまや希少価値大の存在。
出会えてラッキー!。無事に春を迎えられますようにと言う思いで見つめました。

※1/27に都内で撮影

動く気になれんわ!2022/01/25 13:30

動く気になれんわ!
陽射しをさえぎる薄雲が掛かり続け、一向に気温が上がらない日中となりました。
野鳥達もこの寒さには閉口気味の様子でした。
草地に降りてじーっと固まっていたのは、冬の間も元気に活動するムクドリ。
流石に今日の寒さは身にこたえているみたい。ふくらスズメ顔負けの膨らみ様でした。
ブルブル震えてた(?)ムクドリ
ほんとにたまらないなぁって言う表情(?)。
お腹はペコペコだけど、動く気になれんわ!・・ブルブルって言う感じでしょうか。
いまのところ安泰なカマキリの卵のう
野鳥の餌食になりやすいカマキリの卵のうも、今日のところは安泰かも・・
これは以前から注目している、ユキヤナギの枝にあるチョウセンカマキリの卵のう。
鋭いくちばしでほじくられた形跡は皆無。さて、このまま春を迎えられるのやら・・
獲物にありつけない蜘蛛
昆虫狙いの生き物と言えば、蜘蛛も一大勢力です。
これは、老木の幹で目にした小さな一匹。
まさに手持ち無沙汰もここに極まれりの静止ポーズで固まっていました。
この寒さ、何とかならんかねって言う心境の様にも・・
昆虫ファンとしては、同情しちゃいけないかもだけど、そんな想いも、ふと・・

※1/25に都内で撮影

今の時期らしい・・2022/01/24 13:25

今の時期らしい・・
雨は上がりましたが、天気の快復が非常にスローテンポでした。
薄雲越しにぼんやり顔を覗かせた太陽。これでは空気を温める力は期待出来ません。
今の時期らしいと言えばその通りなんですが、自然観察をする立場からはねぇ・・
タンポポも半開き
草地のタンポポも、半開きの状態で固まっていました。
これでは、蜜を求める昆虫たちへのアピールは期待できそうにありません。
事実、訪れるものの気配は無し。
時節柄、仕方ないと言えばそうなんだけど、気の毒だねと言う想いで見つめました。
カワウのハンティング風景
こちらは、すっきりしない空の下でも、食欲を満たす事についてはフルパワーで・・
入江の水面で目にしたカワウのカップルです。
向こう側のは、いままさに潜水態勢へ突入中!。
のんびり波に漂っている様に見えて、水中の動きには監視怠りなしなんですね。
大変だねと思いますが、そんな事言ってたら水鳥やってられないよなんでしょうね。

※1/24に都内で撮影

あまりの寒さに・・2022/01/23 14:24

あまりの寒さに・・
日の出からそれほど経過していない時間に目にした街路樹の風景です。
細枝に止まっていたのは、そのものズバリ・フクラスズメでした。
明るくなったので活動を始めようとしたけど、あまりの寒さにブルブル!・・
元気者たちにとっても、一年のうちで最も厳しい時期が今なのかも・・
枯れ葉を養分にして・・
枯れ落ち葉が積もった樹下で、場違いなほど鮮やかなグリーンに出会いました。
邪魔な枯れ葉を押しのけて伸び上がった幼木です。
枯れ葉の養分を吸収して、この先ぐんぐん背丈を伸ばそうと言う算段でしょうか。
寒さに震えている身としては、見習いたいところですが、さすがにね・・
セミの抜け殻
こちらは、枯れ落ち葉同様に、その役目を果たし終えた存在。
夏に、木立を賑やかな鳴き声で活気づけたセミの抜け殻です。
地中から這い出して羽化し終えた時の形を、そのまま留めていました。
材質的に、かなりの耐久性を持つものの様ですね。
でも、これはこれで時の経過の無常さを強く感じさせる眺めと言えるかなぁと。

※1/23と1/22に都内で撮影

我れが狙うのは・・2022/01/22 14:05

我れが狙うのは・・
朝7時頃に眺めた東の空。
暖かめな色合いの雲が浮かんでいましたが、空気はぴーんと張り詰める程の冷たさ。
この感覚的なギャップは、今の時期ならではでしょうね。
木立の中を飛び回るジョウビタキ・雄
それでも、陽が高く昇った日中は、寒さがややゆるんだ感じ。
野に生きるもの達にも、それなりの元気が戻ってきた様です。
これは木立の中で、枝から枝へ・・忙しく飛び回っていた小鳥。
鮮やかな色合いが特徴の渡り鳥・ジョウビタキのオスでした。
中々餌にありつけないジョウビタキ・雄
飛び回っていた目的は、当然ですが、お腹を満たす食糧にありつく事。
この種は、各種昆虫や蜘蛛、それに木の実などを好んで食べるそうです。
しかし、鋭い眼力をもってしても、中々目指すものにありつけない様子でした。
このまま夜になってしまったら、お腹ペコペコで参っちゃう。
なんとか見つけないとと言う、焦りを感じさせる目つきの様にも・・
低木ヤツデの葉上で見たハエ
お目当ての昆虫、いないわけじゃないんです。
割と多く目にしたのが各種ハエ。
低木ヤツデの葉上で日向ぼっこをする姿を頻繁に目にしました。
でも、ジョウビタキにとっては、狙いとは違うターゲットらしい。
我れが狙うのは、高い木の上に棲むものと決め込んでいたみたい。
この点は、嗜好の違いだからどうしようもないですね。
かなり無理っぽいけど、幸運を祈る!・・

※1/22に都内で撮影