眩しい陽射しを受け・・2020/07/02 20:51

眩しい陽射しを受け・・
梅雨の真っ只中にある事を忘れさせる様な、スカッとした青空に恵まれた一日でした。
これで掛かる雲が入道雲なら完璧に真夏の風景なんですが、その点だけはやや微妙。
ぐっすり昼寝中のアオドウガネ
当然ですが、陽射しの眩しさは相当なもの。
それを避ける様に、アジサイの葉陰方向に顔を向けて熟睡中の甲虫がいました。
昼間はひたすら眠りこけ、日が沈む頃に起き出して活動を始めるアオドウガネ。
典型的な夜型昆虫ですね。正に昼寝のプロフェッショナル!。
寝ぼけて転げ落ちない様に、葉の端に脚を引っ掛ける態勢もバッチリでした。
ハラビロカマキリの幼虫
ヒマワリの葉上にいたハラビロカマキリ幼虫は、昼寝なんかしていられない。
陽射しギラギラの今が稼ぎ時。臨戦態勢のポーズで獲物を待ち受けていました。
葉上にくっきり印されたシャドーもやる気十分な雰囲気。さすがだなぁと・・

※7/2に都内で撮影

早速梅雨晴れの日に・・2020/06/12 20:49

早速梅雨晴れの日に・・
梅雨入りしたとは言え、毎日が雨模様と言うわけではありません。
東京は、雲間から青空がのぞく時間帯も多い展開でした。
気温もそれにつれて上昇。マスクを掛け通しだと、熱中症への懸念も湧く程でした。
吸蜜に大忙しのナミアゲハ
道端に咲くランタナで活発な吸蜜行動を繰り返していたのは、アゲハ蝶の仲間達。
これはナミアゲハ。翅に欠損が見られる事からも、活動の激しさが窺い知れました。
発展途中のショウリョウバッタ幼虫
梅雨明けの頃には、日本最大のサイズに成長するショウリョウバッタもまだミニミニ。
翅がまだ生えていないので、空間移動は、このひょろ長い後脚だけが頼り。
その屈伸パワーをフル活用、草から草への鮮やかなジャンプを見せていました。
これはその合間に見せた一休みの光景。
脚が長過ぎて若干持て余し気味にも見えるこのポーズが、何ともユーモラスでした。

※6/12に都内で撮影

梅雨入りの日に・・2020/06/11 23:32

梅雨入りの日に・・
関東が梅雨入りしたとの発表があった日。
それ迄ひろがっていた青空から暗い曇天に急変、細かい雨が降り始めました。
これはそんな時間帯に見上げた西の方角の空。
小さくて分かり難いのですが、黒い点々が確認出来ます。
これらは餌を求めて飛び交うツバメ。空の変化を歓迎している様な活発さでした。
降り出した雨を受け、餌となる昆虫の動きにも変化が生じていたのでしょうか。
ランタナの花に来たクマバチ
これは、まだ青空が覗いていた時間帯に撮影した画像。
花壇で見頃を迎え始めたランタナの花に来て吸蜜をするクマバチです。
小柄な花に超肥満体型のハチ。不似合いな組み合わせだけど、そんなのお構いなし。
シロツメクサで吸蜜するクマバチ
小さな花の集合体・シロツメクサの茎先にもやって来ていました。
クマバチの体重に負けて、茎全体が傾いでしまっています。
どうしても、乱暴者が可憐な花を虐めている様にしか見えないのがこのハチの特徴。
雨の降り出しを予感した感じのせわしない吸蜜アクションが随所で・・
花達にとっては、とんだ受難の連続だったのかも知れません。

※6/11に都内で撮影

果たしていつ頃?・・2020/05/17 21:37

果たしていつ頃?・・
重苦しい梅雨空に覆われる前に、それとは正反対の軽快な空が拡がる時期があります。
今日見上げた空はまさしくそれ。
一気に真夏へと言う流れもありかと思うのですが、それじゃ困るよと言いたげ物も・・
ガクアジサイの今
それがこれ。梅雨空が似合う花・ガクアジサイです。
中央の粒々が本来の花。花開いた時の色を想像できる段階にまで成長していました。
ここまで来ればあともう一歩でしょうね。
自然観察上はあまり嬉しくない雨の日の連続ですが、果たしていつ頃?・・

※5/17に都内で撮影

お尻をくいっと・・2020/05/11 20:43

お尻をくいっと・・
スカッと晴れ渡った空の下、樹々の葉の緑が目に迫って来ました。
ついこの間、若葉が誕生した様に思えるのですが、早くもこのボリューム感!・・
夏に向けて変身を急ぐ自然のパワフルさに圧倒される気がしました。
木立の下草に止まるナナフシ
日陰を求めて逃げ込んだ木立の中、下草の上で出会ったへんてこりんな昆虫がこれ。
長い胴体、同じく長い脚、でも頭部は不釣り合いな位に小さなナナフシです。
サクラが咲く頃に幼虫が誕生しますが、今年はその機会に恵まれずこれが初遭遇。
体をユラユラ揺らしながらゆっくり移動する姿に、例年通り変なヤツだなぁと・・
葉っぱに同化するナナフシ
止まった草の葉の形に体型をマッチングさせる特技もお手の物。
・・って言う事でお尻をくいっと・・
中々のエンターティナーぶりで目を楽しませてくれます。
今日はこの1匹だけでしたが、目を凝らせば他にもきっと・・
このエリアを観察の巡回コースに組み入れようと決めました。

※5/11に都内で撮影