水滴を楽しむ2017/08/14 20:35

水滴を楽しむ
梅雨の再来を思わせる様な細い雨が降ったり止んだり・・
こういう雨の日には、野草に宿る水滴のバリエーションを楽しむ事が出来ます。
まずは圧倒的多数の面白さ。
秋本番を間近にして、数を増して来たエノコログサにつく水滴です。
個々には小さな水滴だけど、これだけまとまれば、それなりの重さになるはず。
穂のうなだれ具合が、晴れた日のそれとは明らかに違いました。
葉っぱの上に宙玉?・・
細長い草の葉の先端では、最近話題になっている宙玉レンズを連想させる光景が・・
大粒の水滴の中に、向こう側の景色が写り込んでいました。
茶色は地面の色、緑色はそこに生えた野草の葉。魚眼効果でかなり歪んでますね。
私はこれを見た瞬間、昔、駄菓子屋で買ったあんこ玉を思い浮かべてしまいました。
五円玉だったか、十円玉だったかを握りしめて、”頂戴な” って・・
ハムシ、水滴に戸惑う?・・
濃紺色の小さなハムシが細長い葉っぱの上でひっそり。動くに動けずって言う感じ。
自分よりも大きな水滴も散乱するこの場所の雰囲気に戸惑っていたのかも・・
秋晴れって言うイメージが先行する秋ですが、実際は降る雨の量もそれなりに多い。
いまからこんな調子じゃ、秋の日々を元気に過ごすのはきびしいかもよ・・
(トゲアシクビボソハムシと推定)

※8/14に都内で撮影

シルエット2017/07/06 20:37

シルエット
湧き上がる夏雲。木立から聞こえるニイニイゼミの声も一段とボリュームアップ!。
目で耳で、夏本番はすぐそこを実感させられました。
夏空とシルエット
夏モードの青空を仰ぎ見たら、こんな光景が目に飛び込んできました。
クズのつるに止まって、何かを探す動作を繰り返していた怪しいシルエット。
おおよそ察しはつきますが・・
キイロスズメバチ
シルエットの実態はこれ。見るからに威嚇的な姿のキイロスズメバチでした。
探しているのは巣作りの材料?・・あるいは食料となる昆虫?・・
いずれにしても、この姿を見かけたら、お近づきにならない様、注意が必要。
踏ん張ったシルエット
こちらはクズの葉越しのシルエット。強い逆光状態なので異常な程にくっきり。
それにしてもずいぶん踏ん張ってますね。
ハラビロカマキリ幼虫
これは別の日に撮影したふんばり屋の実態・ハラビロカマキリ幼虫です。
草むらでちょっと目を凝らすと、あそこにもここにもって言う位の過密ぶりです。
でもそうならないのが自然の摂理。狩猟者を狩る狩猟者がちゃんと用意されています。
今日見かけたキイロスズメバチもそのひとつ。
真夏を目前にして、強弱様々、役者が揃い始めました。

※7/6に都内で撮影(ハラビロカマキリ幼虫の実像は7/4に撮影)

セミが鳴いた日に・・2017/07/02 19:19

セミが鳴いた日に・・
真夏並みの暑さに閉口した日。今季初めてセミの鳴き声を耳にしました。
例年通り真っ先に誕生するニイニイゼミのものと思われます。
それを聞きつけて、サマーボーイ勇躍登場の図・・こちらも例年通りですね。
凄く張り切っていたけれど、今日のところ、収穫はさっぱりだったみたい。
最終脱皮を済ませたキリギリス
そう遠くない先に出されると思われる梅雨明け宣言。
草むらでは、それを一歩先取りした光景を目にする事が出来ました。
最終脱皮を済ませたキリギリス成虫です。
春の草むらでピンピン飛び跳ねていた幼虫の頃の面影は既に皆無。
真夏になると、草の繁みの奥に身を隠してしまい、遭遇機会は激減する筈です。
この個体もカメラの接近を察知して、その通りの行動へ・・
もしかして、見納めかも。
オオカマキリの共食い
オオカマキリ幼虫も、早く成虫にならなくちゃって、大食い敢行中?。
その気持ちは解るけど、いま食べてるのは、おなじ種の幼虫じゃぁないの?。
同じ種でも、誕生時期にズレがある為、こんな残酷シーンも日常茶飯事か。
でも、共食いだけはやめた方がいいと思うけどなぁ・・
コフキゾウムシのメス争奪戦
こちらは共食いじゃなくて、一匹のメスを巡っての争奪戦です。
この時期になると、食草であるクズの葉上で度々目にする光景。
ホットな夏を象徴する、暑苦しいバトルと言っていいのかも・・
でも、本当によくやるよなぁ・・
(コフキゾウムシ)

※7/2に都内で撮影

やはり願い下げだなぁ2017/06/11 20:22

やはり願い下げだなぁ
時ならぬ枯れ景色。自然観察者にとっては目を覆いたくなる様な惨状です。
伸び盛りの草原に入ったエンジン除草機による徹底作業の結果と言う訳。
いずれ緑が蘇るとは思うけど、ここ迄刈られると、当分の間はダメだなぁ・・
しかし、それでも目を凝らしてなんとかと言うのが、自然観察者のしつこい所で・・
オンブバッタの赤ちゃん
根性を込めて探してみれば、居るもんです。動くやつ。
これはカラスノエンドウの豆のさやに止まっていたオンブバッタの幼虫。
除草機のカッターの攻撃を逃れて、僕はバッチリ元気だよ・・
秋が深まる頃まで生き続ける息の長い種。
こんな事に負けてたまるかって言う事の様です。
イナゴの赤ちゃん
しおれた草の葉にも鮮やかな緑色のチビが一匹・・
誕生後間もないと思われるイナゴの幼虫でした。
この小ささから見て、除草作業が終わった後、生まれ出たのかも・・
緑の草の旺盛な繁りが、ベビーフードになる筈だったのに、全くの当て外れ。
とりあえず、僅かに残る緑繁る場所への移住を検討しないといけないかも・・
ショウジョウトンボの雌
飛び跳ね族のチビたちにとって、かなり困った状況。
でも、ショウジョウトンボ・雌は、こんなにいい場所って他にないじゃん・・
地味な体色の為、枯れ草にうまく紛れ込めるし、倒れた枯れ草は止まりやすいし・・
しつこいオスのアプローチを避ける上では、最適な場所と思っているみたい。
徹底した除草作業結果への受け取り方は様々。
しかし、自然観察者としては、時期外れの枯れ景色は、やはり願い下げだなぁ・・

※6/11に都内で撮影

秒読み時期の緑に・・2017/06/05 20:58

秒読み時期の緑に・・
真夏に向けての季節の歩みは、かなり俊足の様です。
樹々の葉も新緑の時期を過ぎ、もはや成熟の段階に入った感じ。
若緑一色ではない複雑な色の競演を随所で目にする事が出来ます。
その上に広がるのは、梅雨入り前限定の爽やかな青空。
いつまでも目にしていたい光景ですが、やがて陰鬱な雨空の時期に・・
今日も、この後、雷鳴が轟き急な通り雨が降りました。既に秒読み段階か?・・
ベニイトトンボのオス
今の時期限定の緑の世界に、ひときわ映える紅色のトンボがいます。
それがこのベニイトトンボ・雄。
毎年梅雨入り前の今の時期になると登場するイトトンボです。
今年の色づき具合も極めて良好。溢れる緑の中を優雅に飛翔していました。
ショウリョウバッタ・緑色型幼虫
ベニイトトンボは、今の時期の緑とハイコントラスト。
一方、ショウリョウバッタ幼虫は、周囲の緑に見事にマッチする擬態色です。
この色に護られてのびのびと生活し、夏の野の主役に成長してゆく筈。
このチビはその為の準備運動中?・・後脚を交互にあげてオイッチ・ニ・・

※6/5と6/4に都内で撮影