まずはミニから・・2020/02/19 20:21

まずはミニから・・
春霞?・・そんな薄ぼんやりとした空に筋状の優しげな雲が浮かんでいました。
澄み切った冬の青空ともお別れ。そんな事を思わせる穏やかな風景でした。
キカタバミの花開く
地表に目を落としたら、やや遠慮気味ながら、小さな春の彩りが一輪だけ・・
敷き詰められた枯れ落ち葉の隙間から顔を覗かせたキカタバミの花。
穏やかな陽射しに誘われて、眠たい目をこすりながらお目覚めの様子でした。
この花は、ヤマトシジミ(蝶)にとってホスト的な存在です。
蜜を吸う事は勿論、葉に産卵し、やがて誕生する幼虫の食草としても活用されます。
今日のところはその姿はありませんでしたが、花が開いたとなれば、遅からず・・
クロミャクイチモンジヨコバイ
ヤマトシジミとの初遭遇はお預け。その代りにこの元気者との出会いが実現しました。
こちらの接近に気付いて、ピンと飛び跳ね、近くの落ち葉に着地!・・
セミの親戚筋にあたるヨコバイの一種・クロミャクイチモンジヨコバイでした。
こうして見るとかなり存在感がありますが、実際は目に止まらない程の小ささです。
大物の登場はもう少し先。春の昆虫ステージは、まずこの手のミニから幕開けですね。

※2/19に都内で撮影

鬱陶しい雨も・・2020/02/16 19:40

鬱陶しい雨も・・
晩秋に全ての葉を落とし尽くせなかったカエデ。その枝にびっしりと付く水滴。
降ったり止んだりを繰り返した雨が創り出した光景です。
人にとっては鬱陶しい雨でしたが、春本番に向けて動き始めた自然にとっては・・
枯葉を押しのけてデビューした若草
枯れ落ち葉を押しのける勢いで顔を覗かせた若い草。
今日の雨は、絶好の活力源として、これらの草の成長を更に促す物になった筈。
一雨ごとに本当の春が近づく。そんな受けとり方をすれば、鬱陶しい雨も・・
ヒメツルソバの花開く
本当の春が来れば、こんなチャーミングな花を楽しむ事も出来ますしね。
(早くも咲き始めたヒメツルソバの花)

※雨の風景は2/16に、他は2/14に、いずれも都内で撮影

テントウムシを見よ!2020/02/02 20:58

テントウムシを見よ!
穏やかな晴天が続いた一日。枯れた水草の上に掛かる陽が眩しく感じられました。
春に向けての着実な一歩が踏み出された様にも・・ちょっと気が早過ぎでしょうか。
ナナホシテントウ、エンジンスタート!
そうでもないよと言いたげなやつの姿が草地に・・
まだ枯葉が殆どを占める地表をせわしなく歩行するナナホシテントウ。
枯葉の裏で越冬中だったけど、明るい陽射しに誘われて、エンジンスタートの模様。
さて、目指す獲物アブラムシの所在は?・・さすがにちょっと厳しいかな・・
鉄柵の上もセカセカ
一度掛かったエンジンは、そう簡単には止められない。
獲物を求めてのウォーキングは所構わずと言う感じでした。
目的地へのバイパスでしょうか。鉄柵の上を綱渡りの感じでセカセカ・・
そのパワフルさには脱帽でした。
こんな姿を目にすると、寒さに縮こまってばかりじゃダメだなと反省させられます。
寒さに負けそうな時には、テントウムシを見よ!って言う事かも・・

※2/2に都内で撮影

束の間の春を・・2020/01/29 21:24

束の間の春を・・
暖冬傾向と言え、ここ数日の寒さはつくづく身体にこたえました。
今日は一転して4月並みの暖かさに・・やや戸惑いを感じましたが、ほっと一息。
空に浮かぶ雲も、今の時期らしからぬ、ほんわかムードを漂わせて・・
これは期待できそうだなと、草むらに目を落としてみたら・・
歩き回っていたナナホシテントウ
予感は的中でした。
まだ枯れ草が混じる草地を忙しそうに歩き回っていた元気者。
成虫の姿で越冬可能なナナホシテントウ。春が来たと感じて活動を始めたらしい。
まだちょっと早過ぎると思うけど、その意気や良しと声を掛けたい気分に・・
オオイヌノフグリの花に来た小型のハエ
既に開花を始めていたオオイヌノフグリの花。しかし訪問客は皆無の日々続きでした。
しかし今日は大違い。蜜を求める昆虫の数多しで、咲き甲斐を感じた一日だった筈。
こうして見ると、天候に恵まれさえすれば、春景色は、いとも簡単になのかも・・
でも、まだまだ気が早過ぎでしょうね。
出来れば、しばらくの間は、こんな束の間の春を楽しみたい気持ちなんですが・・

※1/29に都内で撮影

くじけそうな時には・・2020/01/28 21:11

くじけそうな時には・・
秋の彩りがまだ残っていた12月下旬の自然に比べ、1月下旬の寂しさは格別です。
枯れ色に染まり力無く倒れた水草の風景が、今の時期の自然を象徴している様にも・・
再び緑が蘇る日は来るのか?そんな事を疑いたくなる様な気持ちで見つめました。
冬芽がぷっくり
葉を落とし尽くした樹木も、深い冬の眠りの中。
・・と言っても、春に向けての準備はしっかり完了済みです。
役目を終えた葉痕の隣に、次世代の葉芽がぷっくりと膨らんで居座っていました。
時期が来れば、いつでもパカっと開けるよ!・・そんな意気込みが感じられる姿。
寒さにくじけそうな時は、こう言うのを目にするのが一番かも知れません。
ノゲシの花、時期外れに開く。
ちょっと、おっちょこちょい過ぎるよと思える野草も・・
枯葉が敷き詰められた樹下の地表から、すっくと伸び上がったノゲシ。
伸び上がるだけでなく、勇ましくも、開き掛けの花が一輪・・
でも、この日はここまで開くのが限界だったみたい。ややサマにならない姿でした。
まぁ、全開になっても、花粉媒介役の昆虫の訪れは期待薄なので無駄足だったかも・・

※本日撮影の画像ではありません。
※上段の2画像は1/26に、最下段の画像は1/24に、いずれも都内で撮影