猛暑の昼下がりに・・2018/07/20 19:58

猛暑の昼下がりに・・
じりじりと照りつける陽射し、容赦のない暑さが今日も継続しました。
これは昼下がりの駐車場で目にした光景。車の下の日陰に逃げこんでいたカラス。
くちばしが開いていますが、やかましくカーカーと鳴いている訳ではありません。
息も絶え絶えの体調を象徴していたみたい。
色が黒いから、陽射しをもろに浴びると体温が急上昇してしまうのかも。
真夏は大変だね・・
アブラゼミ
暑ければ暑いほど元気づくのが、今の時期の昆虫界の主役・セミの仲間達です。
今日の暑さを受け、合唱音のボリュームが一段とアップしていました。
そんな合唱団の一員として重要な位置を占めるのが、このアブラゼミ。
終盤に差し掛かると、翅が傷んだ個体も多く見かけますが、今は完璧におニュー。
鳴き声に張りがあるのも当然ですね。
アオバハゴロモ成虫
アブラゼミはちょっと暑苦しい体色。一方こちらは目に心地良く映るクールタッチ。
セミの親戚・カメムシ目ヨコバイ亜目に属するアオバハゴロモです。
木の幹に止まるポーズは本家セミ達と同様。但しこちらはいっさい鳴きません。
草木の茎や幹に止まり、汁を吸う日々を静かにおくっています。
鳴くエネルギーを使わないだけ、楽な生き方かも。
実情は判りませんが・・

※7/20に都内で撮影

真夏モードに・・2018/07/01 21:10

真夏モードに・・
背丈を競う様に突きあがる夏草。草の繁みの奥からはキリギリスの声も響いて・・
梅雨明けの発表と共に、草むらの風景が一気に真夏モードに突入した感じです。
ヤブガラシで吸蜜するアオスジアゲハ
旺盛な繁茂力を見せるヤブガラシの花に来て吸蜜していたのは、アオスジアゲハ。
青緑色の斑紋が、夏の陽を浴びて一層の輝きを見せていました。
元気な花に、元気な蝶。この組み合わせも真夏を象徴する風景と言えそうです。
アイノカツオゾウムシ(推定)
元気いっぱいと言えるかどうか・・微妙だったのが、この鼻長昆虫でした。
ゾウムシの仲間・アイノカツオゾウムシと思われます。
細い草の茎を、ヨタヨタと、危なっかしい足取りで行ったり来たり・・
ぎこちない足取りだなぁと、ハラハラして見ていたら、案の定、ポロリと落下!・・
その瞬間、翅が開いてふわりと・・但し、大した飛翔距離じゃありませんでしたね。
こんなドジな奴に出会えるのも、昆虫の数が増えてきた事の恩恵です。
暑さ負けしない様に注意しながら観察を続けたいと思います。

※7/1に都内で撮影

早くも梅雨明け!2018/06/29 21:38

早くも梅雨明け!
記録的な早さで関東甲信地方の梅雨明けが発表された日。
それを証明する様な青空が広がり、強烈な陽射しが照りつけました。
見下ろす路面にはハイコントラストな影がくっきり。
このまま焼き付いてしまいそうな雰囲気さえ・・
昆虫少年、起動
真っ先に鳴き始めたニイニイゼミの声も、今日の暑さを受け、俄然ボリュームアップ。
となれば、当然の流れとして、こんな光景が繰り広げられる事になります。
”頑張ってね” と言いたいけれど、ニイニイゼミは小型な上に体色も極めて地味。
発見の難易度は高そうです。そこを何とかするのが昆虫少年のパワーなんですが・・
梅雨明けの空にコシアキトンボ
スカッと晴れ渡った梅雨明けの空とトンボの組み合わせも一枚。
黒基調の体の中央に白い帯。コシアキトンボですね。
この他にも、様々な種類のトンボが軽快に滑空していました。
梅雨明けの発表、大歓迎と言った感じでしょうか。

※6/29に都内で撮影

雨宿りで出会った・・2018/05/30 20:54

雨宿りで出会った・・
ほぼ予報どおりの時間に、重苦しい雲がひろがり、ポツポツと雨が降りだしました。
樹々の緑も暗くしずみこんで・・梅雨時特有の風景が早くも完成した感じ。
ナミアゲハ成虫
雨宿りは樹々が密集する木立の下。そこには既に先客がいました。
ヤマブキの葉に止まっていたのは、くっきりしたモノトーンが印象的な蝶。
黄色味を含まない夏型の翅色を持つナミアゲハでした。
まだ伸びきらない翅端部や尾状突起から判断して、羽化したての個体と思われます。
誕生直後に雨の洗礼とは!。今夜更に強まる筈の雨に耐えられればいいのですが・・
アカサシガメ成虫
背中に雨粒を乗せて葉上を歩いていたのは、カメムシの仲間アカサシガメでした。
小昆虫などを捕らえて体液を吸う獰猛な性格のカメムシです。
頭部にだらんと垂れた先尖りの口吻で、ぐさっとやるんでしょうね。
木立の中で雨宿りをする昆虫達にとっては、油断大敵な存在と言えそうです。
こちらは、雨が降り出して、シメシメだったかも・・

※5/30に都内で撮影

真逆な青空の下で・・2018/05/24 21:17

真逆な青空の下で・・
陰鬱な空に覆われ続ける梅雨時。
そんな日が始まる前には、真逆とも言える爽やかな青空に恵まれる日もあります。
今日目にした空は正にそんな感じ。地上の若緑とベストマッチな明るい水色でした。
こんな空の日が長く続けばと思うのですが、なりゆき上無理な願いなんでしょうね。
蜜腺にご執心のアリ
いきいきとした若緑は、人の目への何よりの活力剤なんですが、それだけでは・・
昆虫たちにとっても、今の時期の緑は、生きて行く上での大切な栄養源となります。
で、このシーン。若葉の表面に止まってじーっと動かない小さなアリ。
歩き疲れてしばし休憩の様にも見えますが、こうしているのには、別の理由あり。
それは食欲を満たす為。葉の表面にある微細な蜜腺から出る蜜を吸っていた様です。
蜜腺は、葉を荒らす害虫の退治をアリに依頼する為のおびき寄せ手段らしい。
と言う事で、これは、その作業契約がめでたく成立したワンシーンなんですね。
スグリゾウムシ
葉っぱにとって小さなアリは歓迎すべきお客さん。でもこのチビは真逆な存在です。
ころっとした体型のスグリゾウムシ。チビですが、食欲の方は一丁前。
このショットは、葉っぱの端を食べ終わって、次、行ってみようとなった瞬間です。
お尻の部分にえぐられた食い跡が確認出来ます。でもこの程度じゃ全然物足りない筈。
葉っぱを護るもの、食い荒らすもの・・種々入り乱れての顔見せが続いています。
それだけ、今の時期の草木の緑は魅力的なんですね。

※5/24に都内で撮影