劇的な空の変化に・・2019/10/22 19:27

劇的な空の変化に・・
即位礼正殿の儀の式次第に時を合わせた様な、劇的な空の変化にびっくり。
それ迄の暗い空から一変。流れる雲の向こうに澄んだ青空が拡がりました。
青空に激変する前の不穏な空
上の画像撮影時のほんの数分前の空は、この通り。
雨は止んだとは言え、不穏な雰囲気の雲が足早に通り過ぎる空でした。
秋の空は変わりやすいと言われますが、こう迄極端とは・・
ウラナミシジミ、いざっ!日光浴へ・・
雨に息を潜めていた昆虫達も、続々と表舞台に・・
このウラナミシジミは、ちょっと翅を開いて ”いざっ!日向ぼっこへ” の態勢でした。
草の葉上で日向ぼっこをするアキアカネ
同じ草むらには、真っ赤に成熟したアキアカネの姿も・・
例年になく雨が多いこの秋。戻った陽射しにほっと一息と言う感じに見えました。
体が温まったら、定番の翅休め場所である樹木の枝先へ・・
そのアクションを起こす迄には、もう少し時間が必要な様でした。

※10/22・今年限定の祭日の昼下がりに都内で撮影

厳しい力関係2019/10/21 20:46

厳しい力関係
夏の暑さに息を潜めていた昆虫の世界に再び賑わいが戻る秋。
それに合わせる様に、各種クモ達の活動も活発になっています。
随所に仕掛けられた網に掛かる犠牲者の数、極めて多し。
これはジョロウグモの網に掛かったモンキチョウの白色型。
堂々とした体躯のメスが獲物に取り付き、粛々と食事中でした。
・・その上方に写っているのは、メスと比較にならない位に小さなオス。
何とか獲物に有り付けないかと、徐々に接近中でした。
メスに追い払われるジョロウグモのオス
次に起こった展開はこの通り。
獲物にありつこうとするオスの接近に気付いたメスが追い払いに掛かりました。
こりゃヤバい!と言う事で、オスはすごすごと上方への避難を開始!・・
これは、クモの世界におけるメスとオスの力関係を象徴するシーンと言えます。
この体格の差ですから、到底かなう筈もありません。
何しろメスは、オスをも食いますからね・・何とも厳しい力関係ではあります。

※本日撮影の画像ではありません(10/20に都内で撮影)

そこにいる目的は様々・・2019/10/20 22:16

そこにいる目的は様々・・
秋の野草の中では最もデラックスな(?)雰囲気を漂わすキンエノコロ。
黄金色の穂が、秋の陽を浴びて輝いていました。
その細茎を上へ下へと忙しく動き回っていたのは、野草達の救世主ナナホシテントウ。
野草にとっての大敵・アブラムシ退治に超多忙な日々をおくっている様です。
キンエノコロの穂で休むベニシジミ
秋の野の花が賑やかに顔を揃えた今の時期、蜜を求める蝶達も大忙し。
このベニシジミは、吸蜜の合間の休憩場所としてキンエノコロを活用していたみたい。
びっしり密集した繊毛にふわっと止まって一休み。
小型で身軽な蝶ならではの翅休めシーンでした。
コセンダングサの花にとまるキタキチョウ
いっぽう、このキタキチョウはバッチリお仕事中。
コセンダングサの花に止まり、いざっ!吸蜜のポーズをとっていました。
いかにもお似合いの組み合わせですが、こんな穏和な雰囲気のシーンも今のうち。
この草は、やがて、鋭いトゲを持つ凶暴な姿の果実(引っ付き虫)を実らせます。
ズボンなどに引っ付かれると、肌にチクチクと痛い厄介者。
草むら観察者にとっては有り難くない変貌ぶりですが、そんな時期ももうすぐ・・

※ベニシジミのみ10/19に、他は10/20に、いずれも都内で撮影

深まる秋ならではの・・2019/10/19 20:04

深まる秋ならではの・・
それぞれの季節には、それぞれの雰囲気にマッチする野草の姿があります。
風の季節・秋に似合うのは、その風の猛威にも負けない物腰の柔らかい草。
ちょっぴりススキ似だけど、それよりずーっと小型のこれはコブナグサです。
これ以上細くなりようもない位の茎の先で、控えめな穂先がユラユラ・・
物静かな雰囲気を漂わす秋の草。
今にも降り出しそうな暗い曇天の下、その個性が一層強調されている様に感じました。
アキノウナギツカミの花
水辺で目にしたアキノウナギツカミの花も極めて控えめ。
蕾が開けば、淡い紅色が顔を覗かせますが、それでも雰囲気的には大同小異。
そんなに控えめで、花粉を媒介して欲しい昆虫を惹きつけられるの?と心配になる位。
オオカマキリのメス成虫
控えめな野草を目にした後で出会ったこれの存在感には、かなり圧倒されました。
クズの葉上で睨みをきかしていたオオカマキリのメス成虫。
お腹がぷっくり膨らんでいましたので、産卵を控えた個体と思われます。
物腰の柔らかい野草、成長しきって威圧感たっぷりの昆虫。
それらが共存する今の時期の草むら。深まる秋ならではの特性と言えそうです。

※10/19に都内で撮影

この場所に足繁く・・2019/10/18 20:18

この場所に足繁く・・
秋が深まるにつれ、咲く花の数が徐々に減って行きますが、この花は大丈夫。
鮮やかな黄色が目を惹くユリオプスデージー。花期は11月から5月までとか・・
開花時期から察しがつく通り、花の少ない時期に生きる昆虫にとっては貴重な存在。
早くも、それを物語る光景を目にする時期に入りました。
これは超小型なハナアブ・ミナミヒメヒラタアブの吸蜜シーン。
この先長い間お世話になりますって言う感じでしょうか。
ウラナミシジミ
こちらは今の時期限定の吸蜜シーン。
暑さがおさまった頃に出現し、冬の到来と共に姿を消してしまうウラナミシジミです。
その名の通り、裏翅にうねる様に走る波模様が特徴。黒い眼状紋もチャーミング。
小さい翅に良くこれだけチャームポイントを詰め込んだものだなぁと感心します。
時期限定と言う所がいかにも惜しい。
出会いの期待を込めて、ユリオプスデージーが咲くこの場所に足繁くとなりそうです。

※本日撮影の画像ではありません(10/17に都内で撮影)