視力の衰えについては・・2016/07/01 20:46

視力の衰えについては・・
梅雨時の雨の恵みを受け、木立の緑がますますその濃さを増しています。
緑の香りに包まれて、樹間の小径を歩く時、ある音が絶え間なく耳に届きます。
それは、”あぁいよいよ夏が来たなぁ” を実感させる例のあの虫の声。
その声の主を探すには、首を大きく曲げて木の太幹を見上げる必要があります。
声の主発見!
と言う事で、今日も実行。そして程なく見つけました。
”えっ、どこに?” って言う感じですが、ターゲットは画像ほぼ中央にいます。
ニイニイゼミ
非常に分かりにくいので、部分拡大してみるとこの通り。
東京では多種に先駆けて鳴き始め、セミの季節の到来を告げるニイニイゼミでした。
小形だし、木の幹の色に巧みに擬態している為、見つけるのは容易ではありません。
私はこれを見つける度に、視力の衰えについてはまだ大丈夫だなとひと安心。
聴力的にもOK。割とか細いニイーニイーと言う鳴き声、バッチリでした。

※7/1に都内で撮影

みんな苦労して大きくなった2016/06/30 22:01

みんな苦労して大きくなった
幼虫時と成虫時の姿の違いを楽しむのも、昆虫観察の目的のひとつです。
真夏を間近に控えた今は、正に幼虫ラッシュの様相を呈していて興味が尽きません。
例えばこれ。ヤブガラシの葉に止まっていたサトクダマキモドキ幼虫です。
注目点は、体の各部位の大きさの比率。
胴体に対して、異様に長い触角と後脚が、何ともアンバランスに感じられます。
長い触角は外敵への警戒センサー、後脚の長さを素早く逃げる為?・・
決して平穏ではない草むら。
無事大きくなる為には、準備万端怠り無しの対策が必要な様です。
ハラビロヘリカメムシ幼虫
葉っぱの上に小さな葉っぱがもう一枚・・
そんな雰囲気なのがハラビロヘリカメムシの幼虫です。
擬態としてイマイチかも知れないけれど、努力のあとは十分認められますね。
マルカメムシの幼虫
さて、何が何やらつかみどころの無いこれも、カメムシの幼虫なんです。
成長するとチョコボールみたいなころっとした体形になるマルカメムシです。
良く見ると体にびっしりと毛虫みたいな毛が生えています。
相手を威嚇する意味があるのでしょうか。
真夏には、それぞれのあるべき姿に変身する幼虫たち。
”みんな苦労して大きくなったんだね” ってほめてあげないといけないのかも・・

※6/30に都内で撮影

の様なもの2016/06/29 21:01

の様なもの
今の時期、草むらの草の幹等で良く目にするのが、こんな光景。
何やら、白い綿の様な物がびっしりまとわりついています。
植物の病気の一症状かなとも思えますが、さにあらず。
この綿のかたまりが、もうすぐバラバラに分解して・・
ベッコウハゴロモの幼虫
こんな物に変化します。綿の小さな切れ端がモソモソ動くので、あれれって・・
でも、動いて当然。
超短足だけどしっかり脚も生えていて、昆虫の幼体である事は間違いなし。
正体は、草や木に取り付いて、汁を吸う食性を持つベッコウハゴロモの幼虫です。
幼虫時代も風変わりなやつですが、成虫になってもそのユニークさはかなりのもの。
コットンベビーが変じてどうなるのか?。それを確認出来るのも間近と思われます。

※6/29と6/27に都内で撮影

寂しがってる暇は・・2016/06/28 20:27

寂しがってる暇は・・
空模様の変化が小刻みで、めまぐるしい。
昨日は文句の付け様もない晴天、そして今日はこれ又文句のつけ様もない梅雨空。
そんな空の下、草むらでは、雨の止み間をついて活動を始める昆虫も・・
大粒の雨滴を宿した葉っぱの上にいたのは、ハラビロカマキリの緑色型幼虫でした。
体はだいぶ細いけど、色合いは、雨の季節の風物詩アマガエルを連想させる様な・・
そんな目で見つめたら、睨み返して来ました。雨に濡れても相変わらず気が強い。
ウスバキトンボ
今日訪れたのは、アキアカネを数多く目にしてきた草地です。
でも、良く翅休めをしていたギシギシの穂等を探っても、その姿は皆無。
さては、昨日の晴天を受け、高原に旅立ったかなと思ったのですが・・
目を凝らしたら、餌取りの為か空中を飛び交うそれらしいトンボの数、極めて多数。
あぁ、アキアカネたち、まだここに居たんだと一安心。
折良く近くの草に止まった一匹に接近してみました。結果は、あれっ!、違うわ。
色は似てるけど、全然別種のウスバキトンボでした。
そう言えば、この旅するトンボも、ちょうど今頃に多く目にする様になる種です。
もしかすると、アキアカネの集団と入れ替わってここに到着って言うことかも・・
旬の時を迎えたトンボの世界、寂しがってる暇は全くないよって言う感じ。

※6/28に都内で撮影

木陰で出会った硬いやつ2016/06/27 20:41

木陰で出会った硬いやつ
強い陽射しを避け、涼しい木陰で、PETボトルのお茶を飲んで一休み。
さて、昆虫観察を再開しようと、脇に置いたカメラバッグを見たらこの通り。
わざわざ探し回らなくても、モデルさんが私のもとにやって来てくれていました。
木洩れ陽を受け金属的な輝きが一層の冴えを見せていたリュウキュウツヤハナムグリ。
嬉しい事は嬉しいけど、バッグを背負おうとすると、当然逃げるだろうし・・
どうしたものかと、しばし困惑の一幕ではありました。
セマダラコガネ
様々な甲虫たちの姿を、間近に観察出来る嬉しい時期がいよいよ到来です。
これは、木洩れ陽のスポットライトに浮かび上がったセマダラコガネ。
名前のとおり、背中のまだら模様が特徴です。
それにも増して印象的なのが、頭部に生えた触覚の先端形状。
グーチョキパーのパーの様にも見えるし、何かのアンテナみたいでもあるし・・
さて、次に出会う甲虫は、どんな特徴で目を楽しませてくれるのやら・・

※6/27に都内で撮影