ウォーム & クール2018/02/20 20:26

ウォーム & クール
あくまでも一時的らしいのですが、今日東京では四月並みの暖かさに恵まれました。
地面すれすれでは、この陽気に本当の春が来たと勘違いした様な野の花の姿が・・
仲良く並んでダンスを踊っていたこれは、ホトケノザの花。
依然枯れ色が主体の野では、鮮やかなピンク色がやや場違いに感じられる程でした。
オオイヌノフグリの花
ホトケノザはウォームカラーで・・
一方このオオイヌノフグリはクールカラーで自己顕示中。
どちらも春まだ浅い時期から花開き、冬の寂しさに飽きた目を楽しませてくれます。
しかしこの花たちにしてみれば、人の目を楽しませる気なんてさらさら無しの筈。
この色づきは、花粉媒介役のハチやアブ等を惹き寄せる為のお化粧です。
しかし、肝心のそれらの来訪は、まだ全然芳しくないみたい。
予報では明日以降暫くは、また冬の寒さに逆戻りとか・・
春の始めはこうなりがちだけど、野の花にとっては、戸惑いの日々かも知れません。

※2/20に都内で撮影

超新緑を楽しむ2018/02/19 20:32

超新緑を楽しむ
新緑と言う言葉からは、5月の頃に樹々が見せる緑を連想しますが、それだけでは・・
春の気配がわずかに漂い始める今、木立の中で目にする緑も中々です。
超新緑と言ったらいいのでしょうか。生まれたての緑の瑞々しさに目を惹かれます。
これは大きな木の根元で成長を始めた幼木の緑。ゆらゆら揺れて踊っている感じ。
厳しい寒さの冬を乗り越えた喜びを表している様に感じました。
冬芽が割れて・・
ちょっぴり春めいた光を与えてくれるお日様に向かって、こんにちは。
ボケの小枝に並んだ冬芽が割れて、これまた新鮮な緑が顔を覗かせていました。
幼い緑が見せるポーズは皆チャーミング。
今の時期、早咲きの花だけでなく、生まれたての葉っぱにも要注目ですね。

※2/19に都内で撮影

筆頭格は、やはり・・2018/02/18 20:58

筆頭格は、やはり・・
陽射しが乏しい日にはさっぱりだけど、正反対の日には俄然活気づく。
早起き昆虫の筆頭格ナナホシテントウの観察では、そんな図式を覚えておく必要あり。
と言う訳で、文句のつけようがない晴天の下、いつもの草地に足を向けました。
目撃した個体はそれなりに多数。枯れ草と若草の間を縫い忙しく行き来していました。
そんな合間のワンショットがこれ。大きな落ち葉の上でしばし休憩の一コマです。
時々こんな風に日向ぼっこをしないと、パワーが続かないと言う事でしょうか。
本来のパワーが全開となる迄には、まだ時間が掛かりそうだねと思ったのですが・・
ナナホシテントウ・ラブラブ中
そんな推測を打ち消すような光景がこれ。
寒さなんか飛んでいけの熱々シーンを展開中のカップルでした。
春の雰囲気がほんのちょっぴり漂い始めるやいなや、ただちに行動へ!・・
早起き昆虫の筆頭格は、やはりナナホシテントウで決まりだねって確信しました。

※2/18に都内で撮影

お日様次第2018/02/17 19:36

お日様次第
あくまでも陽当たり良好な場所限定なんですが、春の息吹を確かに感じる事も・・
落ち葉を押しのける様に、生まれたての緑が分布範囲を広げ始めていました。
そんな場所で目にした花一輪。ヨレヨレですが、それでも咲こうとする意欲は十分。
もうひと押しお日様の力添えがあれば、行けそうですね。
(オニノゲシ)
依然冬姿だけど・・
視線を頭上に転じたら、目に飛び込んで来たのは、依然枝むき出しの冬木立でした。
しかし、仔細に観察すると、枝に付いた冬芽の形にもだいぶ変化が現れています。
それらが割れて若い緑が顔を覗かせる日も、そう先の事ではない様にも・・
こちらも、お日様の力添え次第って言う事でしょうね。
穏やかな晴天の継続を強く望みたい気持ちです。

※2/17に都内で撮影

フレッシュグリーン2018/02/16 20:10

フレッシュグリーン
ゆっくりとですが、季節は着実に春に向かって進んでいます。
その事を目に見える形で表現しているのがこれ。アジサイの冬芽です。
硬く閉じていた突先が割れて、とんがり頭の坊やがお目見え。
でも、まだ ”どうしようかな" と迷っている様な雰囲気も・・
傾げた顔がまっすぐ空に向かうのには、もう少しお日様の力添えが必要かも・・
ここまで来れば・・
まだ迷っている寝坊助も多いのですが、数歩先行く元気な芽も少数ながら・・
一例がこれ。場違いに感じられる程のフレッシュグリーンが顔を覗かせていました。
ここ迄来れば、”パカっと盛大に” はもう時間の問題と思われます。
寒さに縮こまっている自分にとっては、大いに励みとなる光景でした。

※2/16に都内で撮影