今の内だけ/ずーっと・・2017/06/17 19:27

今の内だけ/ずーっと・・
とぼとぼ歩きの私の後を追って来た感じ。目の前の草の葉に止まったアキアカネです。
真新しい体色、どこにも傷みの見られない翅が、生まれたてである事の証明。
”おっ、ピカピカのおニューだね” って言う感じの嬉しい出会いでした。
しかし、この若々しい姿を目にできるのも今のうちだけ。
この種の習性として、やがて、集団で高原に向け避暑旅行に旅立ってしまいます。
そして再び出会えるのは、暑い夏にも終わりの気配が漂い始める頃となります。
アキアカネ
”君の顔はバッチリ憶えておくよ。またここに戻ってね” って顔面迫写も一枚。
でも、それは全く詮ない望みなんでしょうね。
まぁ、ピンポイントでなくてもいいから、東京のどこかには戻って来て欲しいなと・・
コバネイナゴの幼虫
アキアカネとの遭遇機会は、この先しばらくの間、途絶えてしまいます。
一方こちらについては、この先この地で、ずーっとコンティニュアス。
草の葉に止まるアバタづらのリトルベィビー・コバネイナゴの幼虫です。
やがて背中に翅が生え、体格もがっしりとした逞しいものに・・
そんな成長の過程にレンズの目を向けるのも、この先の楽しみとなります。
”カメラサービスよろしくね” って言いたい気持ち。

※6/17に都内で撮影

未熟な飛行家2017/06/16 20:11

未熟な飛行家
樹下の草地で目にした、今まさに飛び上がろうとしている昆虫。
見慣れないその姿に、はて、これは何者ぞ?・・
体の大きさ(特にお腹の太っちょぶり)に対して、余りにも貧弱な翅だなぁと・・
飛び上がれず、ちょいブザマ
見た目の危なっかしさに見合う感じで、飛び上がろうとはしたけれど、ヨロヨロ・・
このまま下にころげ落ちてしまいました。
どうやら、飛ぶ事には、まだあまり慣れていない感じ。
さて、この未熟な飛行家の正体は?・・背中の白黒模様で大体察しは付きますが・・
ヨコヅナサシガメの終齢幼虫
これは、4/15に近くの木立で目にしたヨコヅナサシガメの終齢幼虫です。
背中の模様から判断して、これの成長した姿が、今日のアレで間違いなし。
約2ヶ月の間で、背中にも翅が生え、空を飛べる成虫に変身完了と言う訳。
あとは、飛翔テクニックが上達さえすれば、コンプリート!。
他の昆虫を襲う肉食性のカメムシです。さーっと飛んできて、鋭い口吻をブスッと・・
襲われる立場の昆虫たちにとっては、何とも恐ろしい強敵がまた一つ誕生です。

※6/16に都内で撮影(参照画像は、4/15に撮影し、同日当ブログにも掲載済み)

見かけによる/よらない2017/06/15 20:43

見かけによる/よらない
草の葉に止まっていた、細くてヒョロッと長いやつ。
今の時期になると、たまに見かけるイトカメムシでした。
今日は何やら黒い物と一緒に写ったので、何だろうねと詳細観察してみたら・・
イトカメムシが殺戮行動中
この通り、頭部から出た口吻(ストロー)が、黒い物体に向けられていました。
画像では被写界深度外で不明瞭ですが、目視では、それは明らかに昆虫でした。
タマムシの仲間・クズノチビタマムシと思われます。
と言う事で、これは、虫が虫を襲う残虐シーン(体液吸い取り中)だったと言う訳。
それにしても、いかにも弱々しい体形のこいつが、こんな事をしでかすとはなぁ・・
人は見かけによらないと言いますが、昆虫にもずばり当てはまる事なんですね。
ムシヒキアブ
イトカメムシは ”見かけによらず” ですが、これの場合は見かけのイメージどおり。
昆虫を捕らえ口吻を突き刺して体液を吸い取る殺戮者・ムシヒキアブの一種です。
行動はイトカメムシと同様ですが、こちらは見るからに、それをしそうな雰囲気。
今日は、殺戮行動の合間の休憩中らしく、口元に何も確認出来なかったのが幸い。
でも、休憩後は、再び飛び上がって、イメージどおりの行動に移る筈です。

※6/15に都内で撮影

旬の花・バリエーション2017/06/14 20:40

旬の花・バリエーション
今の時期を象徴する花と言えば、やはりこれで決まりでしょうか。
雨に濡れる姿がバッチリ決まるアジサイ。
しかしこれ迄のところ、梅雨らしい天気はほんの僅かって言う展開。
この日も晴れ空に向かい雨乞いをしている感じで、花開いていました。
(ガクアジサイとホソヒラタアブ)
カラスウリの花
至る所で目にする事が出来るアジサイですが、この旬の花は場所と時間限定です。
木立の中、陽射しが届かぬ暗い所で、怪しい雰囲気を漂わすカラスウリの花。
夜になってから咲き始める、いわばアダルトな花。
日中行動を旨とする自然観察者としては、縁遠い存在と言えるでしょうね。
でも、何とも不思議なこの姿をたまに目にすると、ちょっとクラっと・・
ムラサキカタバミの花
物静かな感じの花が多い今の時期、群れて咲くムラサキカタバミは一寸異質かも。
林床の草地、鮮やかな薄紅色が、周囲の緑と好対照を見せています。
みんな揃って、昆虫に向かい、おいでおいで・・
ただこの日に限っては、訪問客の姿はさっぱり。
本来は、冒頭に掲載したホソヒラタアブあたりが常連客の筈なんですが・・
只今、あちらは、アジサイにクラっときて、浮気中?・・

※本日撮影の画像ではありません(6/12に都内で撮影)

カタブツに注目2017/06/13 20:41

カタブツに注目
昆虫の世界が賑わいを増す中、各種カタブツ(甲虫)達も続々と・・
蝶やトンボの様に派手なアクションが見せませんが、それでも見所は多い。
何よりも、体色や模様などのバリエーションの多さを楽しむのも一興です。
まずはメタリックな輝きを放つルリクビボソハムシ。小さいながら存在感は十分。
ヤマイモハムシ
ほぼ同じ体形ですが ”おしゃれに一色加えてみました” って言う感じなのがこれ。
ヤマイモハムシでしょうか。
太っちょな胴に細い首。これって、ハムシの仲間によく見られる体形です。
さて、今季は、さらにどんなバリエーションに出会えるでしょうか。
フタオビトラカミキリ
ハムシの仲間も多彩だけど、カミキリムシも決して負けていません。
この日出会ったのは、フタオビトラカミキリ。
虎のそれに例えられる体表の模様が、緑一色の空間の中でかなり目立っていました。
ご近所をちょこまか動き回っていた小さなアリも、興味を惹かれたみたい。
”何だこりゃっ!” て言う訳で、しずしずと近づいて、右脚にちょっかいを・・
しかし、さすが大物、そんな事にお構いなく、デンと構えていました。
でも、あまりしつこくやると、蹴られるかもよ・・

※本日撮影の画像ではありません(6/12と6/10に都内で撮影)
α6000/FE 90mm Macro