もうすぐとまだまだ2017/08/20 20:24

もうすぐとまだまだ
昨日の激しい雷雨が、季節のひとつの区切りになったのでしょうか。
うだる様な暑さが少しおさまった様に感じました。
草むらの風景も、次第に秋の気配を漂わせ始める頃。
そんな風景に似合う昆虫のひとつが、スマートな体形のツユムシの仲間です。
我が時近づくって言う事で、その幼虫たちも体力増強に余念なし?・・
これはアカツメクサに止まっていたアシグロツユムシの幼虫です。
たくさん食べて大きくなるぞ!って言う事?・・間に合えばいいけどね・・
アシグロツユムシの幼虫
ツユクサの葉っぱに乗り移って、自慢の長い触角を入念にクリーニング開始!。
秋の草むらも天敵の数多し。このセンサーの感度を良好にしておかないとね・・
ツチイナゴの幼虫
アシグロツユムシ幼虫にとって、成虫デビューの時はもはや目前。
一方、このツチイナゴ幼虫にとっては、まだずーっと先の事。
背中に翅が生えて、体色も枯れ景色に似合う茶褐色に変色して・・
そして長い冬を、緑が消え失せた枯野の中に潜んで過ごします。
繁殖行動の為の異性にめぐり合うのは、来年の春も深まった頃の筈。
いわば一般的な昆虫とは真逆のライフサイクルを持っているんですね。
”この先色々大変な事もありそうだけど頑張ってね” って声を掛けたい気分に・・

※8/20に都内で撮影

顔見て笑うな!2017/07/30 20:31

顔見て笑うな!
草むらで目にしたおかしな顔。
キリギリスの仲間・サトクダマキモドキの幼虫です。見れば見る程、へんな顔。
触角を後ろに畳んでいる様子が、鼻毛を伸ばした間抜けなおっさんと言う風にも・・
と言う事で、その特徴に着目して、顔面接写を一枚。
”ひとの顔を見て笑うな!”って怒られそうですが・・
ツチイナゴの幼虫
クズの葉に止まっていたこの子は、シクシク泣き虫かも・・
目の下に涙の跡があるから・・って言うのは、こちらの勝手な解釈。
眼下の筋模様が特徴のツチイナゴ幼虫です。
毎年今の時期に誕生し、成虫として越冬、来季に繁殖行動をして一生を終えます。
実に息の長いイナゴ。泣き虫と言うイメージとは大違い。逞しい生命力の持ち主です。
なお、成虫になると冬枯れの野に紛れる褐色系に色変わりしてしまいます。
フレッシュなグリーンの体色を目にするのも今のうち。
キリギリス・メス成虫
まだ幼虫時代を過ごす種が多い中、ご本家キリギリスは既に究極の成熟体形に・・
これはメス。お尻には立派な産卵管も確認出来ます。
春の野でタンポポなどの花をかじっていた幼虫時代のひ弱なイメージとは大違い。
威圧感さえ感じさせる姿に、しばし見とれてしまいました。

※7/30に都内で撮影

今の内だけ/ずーっと・・2017/06/17 19:27

今の内だけ/ずーっと・・
とぼとぼ歩きの私の後を追って来た感じ。目の前の草の葉に止まったアキアカネです。
真新しい体色、どこにも傷みの見られない翅が、生まれたてである事の証明。
”おっ、ピカピカのおニューだね” って言う感じの嬉しい出会いでした。
しかし、この若々しい姿を目にできるのも今のうちだけ。
この種の習性として、やがて、集団で高原に向け避暑旅行に旅立ってしまいます。
そして再び出会えるのは、暑い夏にも終わりの気配が漂い始める頃となります。
アキアカネ
”君の顔はバッチリ憶えておくよ。またここに戻ってね” って顔面迫写も一枚。
でも、それは全く詮ない望みなんでしょうね。
まぁ、ピンポイントでなくてもいいから、東京のどこかには戻って来て欲しいなと・・
コバネイナゴの幼虫
アキアカネとの遭遇機会は、この先しばらくの間、途絶えてしまいます。
一方こちらについては、この先この地で、ずーっとコンティニュアス。
草の葉に止まるアバタづらのリトルベィビー・コバネイナゴの幼虫です。
やがて背中に翅が生え、体格もがっしりとした逞しいものに・・
そんな成長の過程にレンズの目を向けるのも、この先の楽しみとなります。
”カメラサービスよろしくね” って言いたい気持ち。

※6/17に都内で撮影

やはり願い下げだなぁ2017/06/11 20:22

やはり願い下げだなぁ
時ならぬ枯れ景色。自然観察者にとっては目を覆いたくなる様な惨状です。
伸び盛りの草原に入ったエンジン除草機による徹底作業の結果と言う訳。
いずれ緑が蘇るとは思うけど、ここ迄刈られると、当分の間はダメだなぁ・・
しかし、それでも目を凝らしてなんとかと言うのが、自然観察者のしつこい所で・・
オンブバッタの赤ちゃん
根性を込めて探してみれば、居るもんです。動くやつ。
これはカラスノエンドウの豆のさやに止まっていたオンブバッタの幼虫。
除草機のカッターの攻撃を逃れて、僕はバッチリ元気だよ・・
秋が深まる頃まで生き続ける息の長い種。
こんな事に負けてたまるかって言う事の様です。
イナゴの赤ちゃん
しおれた草の葉にも鮮やかな緑色のチビが一匹・・
誕生後間もないと思われるイナゴの幼虫でした。
この小ささから見て、除草作業が終わった後、生まれ出たのかも・・
緑の草の旺盛な繁りが、ベビーフードになる筈だったのに、全くの当て外れ。
とりあえず、僅かに残る緑繁る場所への移住を検討しないといけないかも・・
ショウジョウトンボの雌
飛び跳ね族のチビたちにとって、かなり困った状況。
でも、ショウジョウトンボ・雌は、こんなにいい場所って他にないじゃん・・
地味な体色の為、枯れ草にうまく紛れ込めるし、倒れた枯れ草は止まりやすいし・・
しつこいオスのアプローチを避ける上では、最適な場所と思っているみたい。
徹底した除草作業結果への受け取り方は様々。
しかし、自然観察者としては、時期外れの枯れ景色は、やはり願い下げだなぁ・・

※6/11に都内で撮影

レギュラーメンバーが・・2016/11/29 20:53

レギュラーメンバーが・・
穏やかな陽射しが戻って来た草むらですが、昆虫たちの賑わいの戻りは無し。
じーっと目を凝らしてやっと・・それも単独でって言う状況に変わって来ました。
その僅かな遭遇対象は、毎年この時期まで生き延びるレギュラーメンバーだけ。
その一つがイナゴ。こんがり焼けた感じの体色が今の時期の環境にぴったり。
主食である水辺の草の葉も枯れ始め、食料探しの為に岸辺に移住した様です。
オンブバッタ
数あるバッタの中でも、最終盤までレギュラーポジションを占めるのがこれ。
超シンプルなとんがり体形を持つオンブバッタです。
今年もその通りの展開になって来ました。
勢いよく飛び跳ねる事もなく、動作は総じてモタモタ・・
こう言う省エネタイプの方がより長持ちするって言う事らしい。
ナナホシテントウの日光浴
イナゴやオンブバッタは、この先そう遠くない時期に消え去るさだめ。
一方このナナホシテントウは、本格的な冬になっても姿を消す事がありません。
木の幹の窪み等に身を潜めて冬を越す事が可能です。
と言う事で、好天の日にはこうして日光浴でヌクヌクするのが定番スタイル。
この冬も、様々な木の幹の、南に面した側に要注目です。

※11/29に都内で撮影