大食いの甲斐あって・・2019/10/14 18:38

大食いの甲斐あって・・
台風一過の晴天が拡がった昨日、秋の草も豊かな陽射しを浴びてキラキラ。
その草の繁みの奥からは、秋に鳴く虫達の声が耳に届きました。
夏の象徴・セミ達の声に比べてあまりにも小音量。静かな秋到来を実感しました。
ツチイナゴの成虫
秋の気配が漂う草むらで出会った無骨者!。雰囲気違いもいいとこだなぁと・・
イナゴの仲間の中では唯一の越冬種・ツチイナゴの成虫でした。
いかにも頑丈そうなこの体形は、厳しい寒さの冬を乗り越える上での必須要件。
まだだいぶ先の事ですが、その為の準備はバッチリ完了済みと言う事ですね。
ツチイナゴの幼虫
この種は、初夏に卵から孵化し、暫く幼虫時代を過ごした後に成虫化します。
と言う流れを証明する画像がこれ。同じ草むらで7月15日に見かけた幼虫です。
細長い草にしがみつく様子は何とも頼りなさげ。それが変じて今のあの風貌に・・
実はこれ、しがみついているのでなくて、葉をムシャムシャ食べている光景でした。
その大食いの甲斐あって、いまのあの姿ありと言う事ですね。
成虫になった今は更に食欲増進中?・・厳しい冬を越さないといけないからね・・

※ニュース報道を見るにつけ、台風19号の爪痕の甚大さに驚愕しています。
被災された方々に、心からお見舞いを申し上げます。
ご安全と、一日も早い復興をお祈り致します。

※本日撮影の画像ではありません。
※草地の風景とイナゴ成虫は10/13に、幼虫は7/15に、いずれも都内で撮影。

秋空への変貌が・・2019/08/25 20:52

秋空への変貌が・・
旺盛な繁り具合を見せるクズの葉。その上に拡がる空の様子に少し変化が・・
入道雲になりきれない感じの切れ切れの雲が浮かんでいました。
まだ天高くとはいかないけれど、秋空への変貌が着々と進んでいるのかなぁと・・
水草の葉にくっきりシルエットが・・
水辺の草に目を転じてみると、昆虫の世界でも、秋モードへの変貌が着々と・・
それを感じたのがこの光景。水草の葉にくっきりと浮かび上がったシルエットです。
さて、葉っぱの向こうに隠れているものの正体とは?・・
ヒントは葉っぱに隠れきれずに、ちょこんと飛び出した触覚です。
水草に止まるハネナガイナゴ
撮影アングル少しを変えてみたら、この通り。
シルエットの正体は、立派に成長したハネナガイナゴでした。
イナゴの仲間に共通する事ですが、秋に実りの時を迎えるイネ科植物の葉が大好物。
岸辺の草地から移動して、さぁ食べまくるぞ!の態勢に入った様です。
今は無傷なこの葉っぱも、悲惨な食い跡だらけにされてしまう事間違いなし。
コカマキリ
猛暑の夏には一休みと言う感じだった昆虫の世界にも、秋の賑わいが戻って来ます。
それと共に、"食うか食われるか" の過熱したシーンを目にする事も多くなります。
このコカマキリは、”食う” 方のメインキャストのひとつ。
背中の翅がまだ未完成ですが、体型的にはほぼ出来上がりと言う感じ。
両腕揃えのファイティングポーズも一丁前なので、実力発揮の時も目前ですね。

※8/25に都内で撮影

梅雨空の下の飛び跳ね系2019/07/15 20:41

梅雨空の下の飛び跳ね系
連休最終日も今ひとつすっきりしない空模様。
強い雨こそ降らないものの、重い雲に覆われがちな一日になりました。
こんな空の下、草むらの昆虫達もしーんと静まり返っていたかと言うと・・
オンブバッタ幼虫のペアー
さにあらず。特にバッタやイナゴ等、飛び跳ね族の動きが活発でした。
これはオンブバッタの幼虫。小さくて気が付きにくいのですが、その数多数。
草の葉から葉へ、ピンピン飛び跳ねていました。
その元気の素は、旺盛に繁り始めた夏草の葉です。
2匹が止まるこの葉っぱにも盛大な食い痕が出来ていました。
小さい体で良く食うなぁと感心する事しきりでした。
脱皮直後のオンバッタ
更に数を増す為に、現在、鋭意量産中!。
これは一段階大きくなる為の脱皮を終えたばかりの個体です。
ついさっき脱ぎ捨てたばかりの殻とにらめっこの図。
こんな小さい殻に良く収まっていたもんだなぁと感慨にふけっている様にも・・
堂々としたキリギリス成虫
数回にわたった脱皮は完了。そんな完成形の姿を見せていたのはキリギリス成虫。
幼虫時のか弱い姿からは想像出来ない程の威圧感が漂っています。
幼虫時は春の花などをかじっていたのですが、今は他の昆虫を捕食する肉食系。
獰猛な性格が顔にあらわれていますね。
草の葉を猛食するツチイナゴ
オンブバッタもキリギリスも秋の終わり迄にはその姿を消してしまいます。
しかし、このツチイナゴは、そのもっとずーっと先まで・・
成虫の姿で冬を越す珍しい飛び跳ね系です。
その為には大いに食べて体力づくりに励むことが必須な筈。
今がまさにその時。猛烈な勢いで草の葉をかじっていました。
この先長いから大変だねと、声を掛けたい気分に・・

※7/15に都内で撮影

ミニミニとデカブツ2019/06/09 20:27

ミニミニとデカブツ
雨こそ降らないものの、どんよりと曇った空は、正に梅雨真っ最中の雰囲気でした。
そんな空の下でも、昆虫の世界は、新顔の登場で大賑わい。
葉上で勇ましいポーズをとっていたのは、私にとって今季初遭遇のミニファイター。
くいっとお尻を曲げたポーズが特徴のハラビロカマキリ幼虫でした。
オオカマキリにだいぶ遅れをとってしまいましたが、勇躍デビューを果たしました。
イナゴの若齢幼虫
こちらも、私にとって今季初遭遇のミニミニ。
私の携行品の上に、ちょこんと止まっていたコバネ(たぶん)イナゴの幼虫です。
背景との色合いの違いで気づきましたが、うっかりすると見過ごしそうな小ささ。
この先、伸び盛りの水辺の草をムシャムシャ食べて、目覚ましく成長してゆく筈です。
草むらで休むアオヤンマ
小さいのばかりを見た後に、出会ったのがこれ。その大きさに度肝を抜かれました。
大型トンボ・ヤンマの仲間のアオヤンマ。
活動域は水草が繁る水辺ですが、休息時にはこうして普通の草むらでもダランと・・
その姿に、かなりのギャップを感じさせるヤンマかも知れません。

※6/9に都内で撮影

食欲の秋に・・2018/10/02 21:29

食欲の秋に・・
昆虫の食事マナーも様々。最近撮影した画像から両極端の2例を紹介します。
これはイネ科の水草に止まって食事中のコバネイナゴ。
前脚で葉っぱの端をつかみ、バリバリと食い始めていました。
食い跡はまだそれ程ひどくはありませんが、大きくえぐられた形になるのももうすぐ。
破壊者としての面目躍如って言う感じですね。葉っぱの悲鳴が聞こえてきそう。
ニラの花にいたヒラタアブの仲間
小粒なニラの花で多く見かけたヒラタアブは、まさに心優しき訪問者。
食事マナーも至って丁寧で、対象物を破壊する様な行為は一切しません。
これは口吻先端を花びらの表面に押し当てての静かな食事シーン。
この種は花粉を媒介する役目も担っているので、花にとってはウェルカムなお客の筈。
植物にとって歓迎出来ない訪問客もいれば、真逆のものもあり。
それらが入り乱れて、食欲の秋の昆虫ステージが盛り上がりを見せ始めました。

※本日撮影の画像ではありません(9/30に都内で撮影)