今日もきっと・・2018/12/14 20:38

今日もきっと・・
所用の合間に樹木が多い公園で一休み。そこで見上げた空はこんな感じでした。
落葉樹の多くが葉を落とした為、見通しは極めて良好。
冬の晴れ空特有のクールなブルーが、目にまぶしく感じられました。
某所の内壁に止まっていたトリバガ
肌に触れる空気もぴーんと張り詰めて、まさに冬本番の趣きに・・
いくら目を凝らしてみても、めざす昆虫との遭遇は叶わずでした。
でも、いる所にはいたんでしょうね・・と言う事で過日撮影した画像を一枚。
風を避けられる某所の内壁で目にした奇妙な形の蛾・トリバガです。
その某所とは前にも紹介しましたが、冬の間も昆虫に出会える可能性が高い穴場です。
具体名は避けますが、寒い時期には特に生理的欲求が高まって利用機会が増える所。
今日も張り付いていたんでしょうね、寒がりな昆虫が内壁にべたっと・・

※風景は12/14にiPhone8で、蛾は12/8に、いずれも都内で撮影

戸惑っている?・・2018/12/13 20:20

戸惑っている?・・
陽射しを遮る雲の隙間から直線状に射し込む光の束・天使の階段がくっきり。
ぴーんと張り詰めた寒気を象徴する、正に冬本番を象徴する眺めと言えそうです。
寒い日に見たノゲシの花
これは地表すれすれで目にしたノゲシの花一輪。
暖冬かと思い、早目に咲き始めたけれど、ここ数日の寒気襲来に戸惑い気味?・・
今日も、ここ迄開くのがやっとと言う感じでした。
この程度では、蜜を求める昆虫達に対するアピールパワーは明らかに不足。
事実、あたりにそれらの姿は全く無し。
寒気だけでなく、寂しさも漂う地表スレスレのワンシーンでした。

※12/13に都内で撮影

クジ運次第2018/12/11 21:40

クジ運次第
地表を埋め尽くすおびただしい数のエノキの落ち葉。
寒風を受け、ザワザワと動く様は、冬の始めならではの風物詩と言えそうです。
私のもうひとつの興味は、この葉の裏側。
ゴマダラチョウやアカボシゴマダラの越冬幼虫が潜んでいる可能性が大。
でも、数が数だけに、ズバリその葉を引き当てられるかは、その時の運次第。
クジ運が極めて悪い私は、中々的中できないでいます。
アカボシゴマダラの幼虫
参考に以前撮影したエノキの葉上のアカボシゴマダラ幼虫の画像を掲載します。
撮影は11月中旬。この時はエノキの葉もまだ僅かながら緑色を残していました。
この葉が枯れて地表に・・それと一緒に幼虫もと言う展開を辿った訳ですね。

※落ち葉は12/9に、幼虫は2015/11/16に、いずれも都内で撮影。
※幼虫画像は、同日のブログ記事に掲載済みの物を引用しました。

※お知らせ;事情により、この先暫くの間、記事更新に間隔をあける予定です。

最後の一葉が・・2018/12/10 22:18

最後の一葉が・・
昨日同様、肌を刺す様な強い寒気に見舞われた一日。
空の表情もすっかり真冬のそれに変わっていました。
サクラの枝に一枚だけ
今日はそれ程でもありませんでしたが、強い北風が吹き付ける日も間近な筈。
サクラの細枝に残った最後の一葉を目に出来るのも、これが最後かも知れません。
常緑樹の葉に残るセミの抜け殻
サクラを含め、落葉する木は冬姿への変身を加速中です。
いっぽう常緑樹は?・・この通り、何の変化もなく、季節感はほぼゼロ。
と言う事で、その葉の一枚を羽化場所として選んだセミの抜け殻もその当時のまま。
これはこれで、時の移ろいの虚しさを感じさせる物と言えるのかも知れません。
この殻から誕生した成虫は、とうの昔にその寿命を終えたと言うのにね・・

※12/10に都内で撮影

季節感が一致した2018/12/09 20:35

季節感が一致した
昨日迄と同じ服装で出かけたのですが、失敗したなぁと強く感じた一日でした。
空気がぴーんと張り詰めて、体の芯からの冷え込みを感じました。
枝むき出しの冬姿の木も増えて来た今、目と肌で感じる季節感がやっと一致した感じ。
アブの日向ぼっこ
冬の間も花の蜜を求めて活動するアブの仲間も、今日は日光浴優先モードに・・
陽当たりのいい場所で翅休めする姿を多く目にしました。
(ヒラタアブの仲間と推定)
木の幹の窪み穴に・・
木の幹に空いた洞窟状の窪み穴。冬の陽射しが長く当たり続ける方角にぽっかり。
これは、毎年冬になると必ず立ち寄る、私にとっての定例観察ポイントです。
”さて、今年は?” と言う事で覗いてみたらこの通り。
確認出来ました!真新しい白い卵塊。
種は断定出来ませんが、クモの仲間が産み付けたものと思われます。
毎年繰り返されるここへの産卵。代々受け継がれてきた場所なんでしょうね。
確かに理想的。いい所に目をつけるもんだなぁと・・

※12/9に都内で撮影