葉裏に逃げ込んだ・・2020/07/07 21:27

葉裏に逃げ込んだ・・
木立の下の草地を歩く私の足音に驚いてさっと飛び去った昆虫あり。
じーっと目で追った結果、ターゲットはエノキの幼木の葉裏に逃げ込みました。
無理な這いつくばり姿勢をとって、その葉裏を覗き込んでみたら・・
葉の裏で隠れんぼする蛾
確認出来たのがこれ。かなり風変わりな翅を持つ蛾の一種でした。
黒っぽい縁取りの中に半透明な部分があり、向こう側の葉の色が透けて見えています。
この特徴的なパターンを見て、私にはぴんと来るところあり。
ツゲノメイガ
それは数日前に目にしたこの蛾。
翅のパターンを突き合わせたら共通性が確認出来ました。
白日の下なので、色合いはだいぶ違って見えますが、翅のパターンはぴたりと一致。
それを頼りに調べた結果、メイガの仲間のツゲノメイガだと判明しました。
その名の通り、この種の幼虫は低木ツゲの葉を食草とするそうです。
この個体が止まっていたのも、ツゲの木。ここにいたのは産卵の為だったのかも。
今日出会った逃げ足の速い個体のお陰で、いろいろな事が判りました。
今日の個体に感謝しないといけないのかも・・

※7/7と7/2に都内で撮影

甲虫の夏来たる2020/07/06 21:46

甲虫の夏来たる
昆虫世界の真夏は、各種甲虫の賑わいで本格的に幕を開けます。正に大小様々。
これは小さい方の代表格・マメコガネです。別名ジャパニーズビートル。
日本から北米に渡った個体が農作物に甚大を被害を与えたとして恐れられています。
私の観察地でも、野草の葉を激しく食い荒らすシーンに度々出くわします。
なりは小さいけれど、決してあなどれない存在と言えそうです。
寝こけているアオドウガネ
なりはデカいけど、いつも寝こけているのんびり派・・そんな印象の甲虫がこれ。
葉陰で惰眠をむさぼるアオドウガネです。
昼間は、この様に寝こんでいて、日が暮れた後に活動を始める夜更かしタイプ。
植物への加害度がどれ位なのかは、現場をおさえられないので、いまいち不明。
でも、この図体から推測すると、かなりのものなのかも・・
ジョロウグモの餌食になった甲虫
硬い殻で身を固めている甲虫達は、向かう所敵なしと言う感じですが、さにあらず。
こんな光景に出くわす事も度々です。
ジョロウグモの網に掛かってぐるぐる巻きにされた甲虫。
硬い殻に護られていても、こうなってしまっては、もはや打つ手なしですね。
それしにてもこの蜘蛛、この後、どの様にしてこのカタブツを食すんでしょうか。

※7/4と7/5に都内で撮影

夏を待ちかねて・・2020/07/05 19:23

夏を待ちかねて・・
梅雨明けの時期が気になり始める頃。
真夏を象徴する花・ヒマワリも、ここまで開いてその時を待ちかねている様子でした。
怪しい物影が・・
その花の下部に怪しい物影がちょこんと・・
さっきまで降っていた雨を避ける為にここに逃げこんだハラビロカマキリ幼虫でした。
ヒマワリの花の裏に潜むハラビロカマキリ幼虫
ハンティングポーズをとっていますが、ここに潜んでいたのでは収穫はさっぱり。
夏の陽射しを浴びて全開となるヒマワリの花の上が、本来の待機場所の筈です。
蜜や花粉を求めてやってくる昆虫を、自慢のカマを振るって速攻ゲット!。
そんな光景を目にする日も、もはや間近でしょうね。

※7/5に都内で撮影

物凄い顔に出会った2020/07/04 20:04

物凄い顔に出会った
雨の恵みを受け、旺盛な繁茂ぶりを見せる草むら。そこで出会った物凄い顔。
成熟の域に達したキリギリスのオスです。
幼虫の頃には草食性でしたが、成虫時には凶暴な肉食性に変化します。
その食性変化を端的に表しているのがこの怖い顔と言う訳ですね。
キリギリスのオス成虫
今日のこれは草の葉上にとまっていた為、全身像を出来ましたが、まれな体験かも。
成虫になると、草の繁みの奥に身を潜めて生活する事が多くなります。
姿は見えないけど、チョン・ギースと言う独特の鳴き声が草むらの奥から・・
子供の頃の夏休みの記憶につながる懐かしい音。それを耳にするのも、もうすぐ。
翅が生えかかったキリギリス幼虫
同じ草むらでは、背中に翅が生えかかった終齢幼虫も確認出来ました。
ガッシリとしたこの体形から推測すると、既に肉食性に移行済みかも・・
食べられる側の昆虫たちにとっては、いよいよ油断大敵な日々に突入ですね。

※7/4に都内で撮影

顔見て笑うな!2020/07/03 21:10

顔見て笑うな!
タブノキの幼木で目にした、ある蝶の幼虫の正面接写。
先の尖った3対の突起が、耳、目、鼻毛の様にも見えて、何とも滑稽な風貌です。
”ひとの顔見て笑うな” と言われてもね・・
アオスジアゲハ幼虫
全体像がこれ。
頭でっかちで超短縮形の体形を持つアオスジアゲハ(蝶)の幼虫でした。
この幼虫は、タブノキなどクスノキ科の若葉を食草として育ちます。
見るからに柔らかそうな今の時期の若葉は絶好の育児食となっている様です。
食い荒らされた葉っぱ
生え始めたばかりの柔らかそうな葉っぱが集中攻撃を受けていました。
その食いっぷりの凄さはこの通り。
ちょっとかじっては、目移りをして隣の葉っぱへ・・と言う事で、やり放題な感じ。
この幼木をあえて選んで産卵した親蝶の先見の明は、まさにズバリでしたね。
ハルジオンに来たアオスジアゲハ
参考に成虫の画像を掲載します。
光る稲妻みたいな斑紋が、黒いベース色に映えて、実にカッコいい。
幼虫と成虫の姿に大きな差異があるのは、蝶の世界の通例だけど、これも又ですね。

※幼虫は7/3に、成虫は2019/4/28に、いずれも都内で撮影