ちょっと面白いの2017/08/22 20:41

ちょっと面白いの
最近、草むら散歩で目にしたちょっと面白いものを三つ。
って言うか、二つのもありますが・・
まずは、例年にない多雨傾向に大喜びって言う感じのカタツムリ。
我が時を得たりって言う事の様で、真夏の草むらでも頻繁に見かけます。
これは愛を語り合う二人(?)って言う事?・・ガッチンコしていました。
ワルナスビの実
小枝から吊り下がる、ミニミニスイカ二つ。
表面の模様からそんな感じもしますが、これは嫌われ者の野草・ワルナスビの実。
ワル(悪)と付く位だから、その素性は知れたもの。
海外から移入し、凄い繁茂力で、他の植物の生存に悪影響を与える事、甚大。
またこの実を食べた家畜等が、含有される毒にあたって死亡する事もあるらしい。
”何となく面白いな” なんて、呑気に眺めていてはいけない様です。
アシブトクチバ
面白いと言うか、すごく奇抜だなと思える昆虫画像もひとつ。
蛾の仲間・ヤガ科のアシブトクチバの静止風景です。
ド派手な色で相手を威嚇する種が多い蛾の仲間ですが、これは渋いモノトーン派。
威嚇効果はいか程?って思いますが、大胆な模様でのびっくり効果狙い?・・

※本日撮影の画像ではありません(8/21と8/20に都内で撮影)

なんだこりゃ?2017/08/21 21:52

なんだこりゃ?
公園の境界を仕切る低いコンクリート塀で目にした??な光景。
褐色の帯が、塀を包み込む様に伸びていました。
なんだこりゃ?って言う事で近づいて見たら・・
蟻道詳細
実態はこの通り。それなりのボリューム感を持った帯でした。
材質的には、木材を細かく破砕したオガクズ状のもの。
これでピンと来たのは、いわゆる蟻道です。
光や風の直撃を嫌うシロアリが、自分達の通行路として造営するとされています。
人家にも甚大な被害を及ぼすシロアリ。
その存在判定の決め手は、壁や土台などに蟻道があるかを確認する事らしい。
それにしても、ここは木造の人家などとは全く無縁な公園の敷地内。
なんでこんな所に?って言う疑問が湧きますが、私にはぴんと来ました。
それは下の参照画像で・・
スーパーかくれんぼ
コンクリート塀のすぐ後ろにひろがる光景です。2017/6/26に撮影しました。
公園樹を伐採してチップ状に砕いた廃材の置き場。うず高く積み上げられています。
かなり以前からこの状態で放置されており、甲虫達の隠れ場所にもなっています。
木質に目のないシロアリにとっては、まさに宝の山って言う事でしょうか。
あそこに行けば食い放題だぞ!ってウハウハ。それであの蟻道建造となった訳?・・
それにしても、こんな穴場を良く見つけるもんですね。その偵察能力に脱帽。

※8/21に都内で撮影(参照画像は、6/26に撮影し、同日ブログ記事に掲載済み)
※記事のカテゴリーはアリとしていますが、シロアリはゴキブリの仲間だそうです。

もうすぐとまだまだ2017/08/20 20:24

もうすぐとまだまだ
昨日の激しい雷雨が、季節のひとつの区切りになったのでしょうか。
うだる様な暑さが少しおさまった様に感じました。
草むらの風景も、次第に秋の気配を漂わせ始める頃。
そんな風景に似合う昆虫のひとつが、スマートな体形のツユムシの仲間です。
我が時近づくって言う事で、その幼虫たちも体力増強に余念なし?・・
これはアカツメクサに止まっていたアシグロツユムシの幼虫です。
たくさん食べて大きくなるぞ!って言う事?・・間に合えばいいけどね・・
アシグロツユムシの幼虫
ツユクサの葉っぱに乗り移って、自慢の長い触角を入念にクリーニング開始!。
秋の草むらも天敵の数多し。このセンサーの感度を良好にしておかないとね・・
ツチイナゴの幼虫
アシグロツユムシ幼虫にとって、成虫デビューの時はもはや目前。
一方、このツチイナゴ幼虫にとっては、まだずーっと先の事。
背中に翅が生えて、体色も枯れ景色に似合う茶褐色に変色して・・
そして長い冬を、緑が消え失せた枯野の中に潜んで過ごします。
繁殖行動の為の異性にめぐり合うのは、来年の春も深まった頃の筈。
いわば一般的な昆虫とは真逆のライフサイクルを持っているんですね。
”この先色々大変な事もありそうだけど頑張ってね” って声を掛けたい気分に・・

※8/20に都内で撮影

本性は変わらない2017/08/19 21:53

本性は変わらない
ここ数日の中では最も安定した空だなぁと思っていたのですが・・
気配を感じて視線を向けた西の空は、こんな感じ。
ただならぬ雰囲気の雲が、ずらりついたて状に連なっていました。
白雲に混じる濃い灰色は要注意のサインとか・・
雨をたっぷり含んでいる事の証明らしい。その後の展開はズバリその通り。
この後、数多くの落雷を伴う激しい雨に見舞われました。
この夏の本性はやはり変わりませんね。
アオモンイトトンボの雌
陽射しがまだ燦々の時に、草むらで目にしたスッキリシャッキリのイトトンボ。
緑との対比が鮮やかなアオモンイトトンボ・雌でした。
昨日の雄に続いての嬉しい出会いです。
この観察地での目撃数の減少を心配する記述を、昨日8/18の記事に記したばかり。
しかしこうして雄・雌の存在を確認出来たと言う事は、来季の再会もバッチリ!。
ぜひ、そうであって欲しいなぁと・・
アリに擬態したホソヘリカメムシ幼虫
近くの葉に目を移したら怪しい物影が・・随分でかいアリがいるもんだなぁと・・
でも何となく違和感あり。こんなにガクガク四角張ったアリっていたっけ?・・
と言う事で、しばし考え込んだ結果、以前観察した際の記憶が蘇りました。
これはアリじゃなくて、カメムシ。細長体形のホソヘリカメムシの幼虫と言う訳。
雑食派のアリは他の昆虫を襲って食べる事もあります。特に集団化の猛威たるや・・
そんなアリに似せて身を護る。実に良く考えられた擬態なんですね。
同種は成虫越冬出来るタフなカメムシです。その内その姿にもきっと出会える筈。
ホソヘリカメムシ
それまで待つのもなんなので、当ブログに掲載済みの成虫画像を参考に・・
2013/10/27の記事に載せた画像です。
アリに激似だった幼虫の面影が何となく残っているかなぁ・・

※8/19に都内で撮影(参照画像は2013/10/27に撮影)

ジメジメムシムシ2017/08/18 21:54

ジメジメムシムシ
今年の夏を象徴する様な空が今日も・・
遥かに青空を望む事は出来るのですが、それが頭上に大きく拡がる事はありません。
この空の様子からは、暑さも程々って言う気もしますが、実際はジメジメムシムシ。
嫌な汗がじとーっと・・そこのところが何ともって言う感じの八月ですね。
アオモンイトトンボの雄
ジメジメムシムシの空気の中で目にした一服の清涼剤とも言えるのが、これ。
涼やかな色合いのアオモンイトトンボ・オスでした。
この観察地では普通種のイトトンボだっだんですが、ここの所レアな存在に・・
環境的な変化や他種との競合によるものなんでしょうか。
普通種はいつまでも普通種であり続けて欲しい。そんな気持ちで見つめました。
ショウジョウトンボの雌
水草の繁みの目を移したら、ショウジョウトンボのメスの姿が・・
繁みの中に隠れる様な、ひっそりとした止まり方でした。
真っ赤なオスの執拗なラブアタックをうるさがって、こうしてる様にも・・
”モテ過ぎるのも考えものなのよ” って言うところでしょうか。

※8/18に都内で撮影