危険がいっぱい!2018/04/23 21:03

危険がいっぱい!
ジョロウグモやコガネグモ等大形の蜘蛛はまだですが、小型のは続々と登場中。
それぞれの持ち場で、工夫を凝らした方法で、昆虫の捕獲を狙っています。
そんなやつらを見つけるのも今の時期の楽しみと言う事で、目を凝らしたら・・
タンポポの綿毛に紅色の怪しい物影が・・超ミニサイズの蜘蛛でした。
色、形からみて、クサグモの一種の幼体と判断しました。
この種は細かい網を張って獲物を捕らえる、いわば正統派の蜘蛛の筈。
でもこれは面倒な網張り作業を省きタンポポの綿毛で代用しようと言う算段か・・
確かに頭がいいけれど、それに引っかかるうっかり者がいるかどうか?・・
ここは手抜きをせずに、地道に網張りをする努力をした方がいいと思うけどね。
クサイチゴの花にいたササグモ
こちらはクサイチゴの花弁に止まるササグモ。網を張らない待機型の蜘蛛です。
所で、撮影後に気づいたのですが、上方に小さな甲虫が止まっていました。
でも、この蜘蛛はそれに全く関心を示さず。硬くて歯がたたないって言う事?。
どうやら狙っているのは、花芯に吸蜜に来る小型のアブやハチあたりらしい。
ハエトリグモの一種
これは木の幹に止まっていたハエトリグモの一種。これも網を張らない待機型です。
クサグモもササグモも目立つ事に割と無頓着と思えますが、この蜘蛛は違います。
この角度だとそれなりに目立ちますが、実際は幹のゴツゴツに紛れて判別が難しい。
その点をしっかり認識して、この場所で待ち伏せをしている様です。
捕らえるのは、餌あさりに疲れて幹で一休みのハエやアブでしょうか。
始動直後の昆虫社会。まだ場慣れしない昆虫達には、そこいら中危険が一杯です。

※4/23、4/22、4/20に、いずれも都内で撮影

やられ強い花?2018/04/22 20:40

やられ強い花?
今の時期の草むらで目立つ花と言えば、ハルジオンが筆頭格に挙げられるでしょうか。
とにかく凄い勢いの群生ぶりで、白あるいは薄紅色の彩りを披露しています。
その彩りに惹かれてやって来る昆虫の数も極めて多し。
今日はアオスジアゲハの吸蜜風景を目にする事が出来ました。
誕生後間もないと思われるのですが、既に翅には欠損部が生じていました。
花の数が多いので、飛び回るのに大忙し・・その結果と言う事の様です。
花芯をかじるコアオハナムグリ
こちらも大忙し。黄色い花芯に取り付いて猛食中のコアオハナムグリです。
この種の甲虫の食事法は、この様に花芯部分をガリガリかじる事。
正に花をぶっ壊すと言った感じです。花にとっては全然嬉しくない訪問客かもね・・
イモムシも愛好者?
甘いケーキみたいな花芯の愛好者は、甲虫だけにとどまりません。
こんなへんてこりんなのもご執心の様子。種類は不明ですが小さなイモムシでした。
これが孵化して誕生する成虫も、きっとハルジオンの花が大好きな筈。
果たしてそれが花にとって歓迎出来る訪問客なのかは判りませんが・・
徹底的にやられたハルジオンの花
とにかく春の昆虫たちにとってのアイドル的存在と言えそうです。
結果として、こんな惨状を呈する花も数多く見受けられる事になります。
全く手加減と言うものがありませんね。
それでも毎年春になると花盛りとなるハルジオン・・まさにやられ強い花なのかも。

※4/22に都内で撮影

意外な一面2018/04/21 19:40

意外な一面
水辺を活気づける元気者・トンボたちの季節がいよいよやって来ました。
先陣を切って登場したのが、ずんぐりした体形を持つ中型のトンボ・ヨツボシトンボ。
動きとしてはかなり活発。まだ枯れ色が残る水辺を忙しそうに飛び交っていました。
背高の水草がまだ生えていない今の時期の水辺は、見通しが極めて良好。
カメラマンの存在も、相手側に容易に察知されているみたい。
で、こんなロングショットしか許してくれません。一応出会いの記録として一枚。
体毛びっしりのヨツボシトンボ
でも、このまま引き下がる訳にはいかないので、動きに注意してそーっと接近。
明るい陽射しを斜光線として浴びた休息シーンを、最望遠側でキャッチしました。
このショットで明らかになったのは、このトンボの意外な一面でした。
うわっ!凄く毛深いじゃん・・この通り細かい毛が胴体にびっしり生えていました。
今日は真夏並みの暑さになったとは言え、まだ気温の寒暖差が激しい今の時期。
その時期に登場するトンボとしては、これ位のみなりが必要と言う事でしょうか。
冬衣装が中々手放せない自分に照らし合わせて、妙な親近感を覚えてしまいました。
実際はそんな理由で生えているんじゃないのよって言う事かも知れないけれど・・

※4/21に都内で撮影

木立の中を歩けば・・2018/04/20 20:09

木立の中を歩けば・・
今の時期の散策のおすすめコースは、新緑が目に眩しい木立の中を縫う道。
今日はそんな散策条件にぴったりの好天に恵まれました。
降り注ぐ陽射しを浴びる若葉。それ自体が発光している様な感じさえ・・
ヨコバイの幼虫
そんな緑溢れる中で、俄然活気づいていたのがこれ。
植物の汁を吸って成長するヨコバイの仲間の幼虫たちです。
細枝に取り付いてチューチュー・・新鮮なジュースの味は格別って言う事の様です。
イチョウの幼木誕生!
若い葉が生まれ出る季節ですが、あえてその時期に沢山の葉を散らす木もあります。
そんな落ち葉が降り積もった樹下で目にしたのがこれ。
枯葉の隙間から顔を覗かせた幼木。先端には4枚の若葉が開いていました。
この葉の形を見れば一目瞭然。イチョウですね。
樹下に落ちたギンナンから誕生したんでしょうね。
見上げる程の大木に育つ迄には、気が遠くなる様な長い時間が必要な筈。
でもその第一歩を踏み出せた事は間違いなし。
こんな未来につながる物に出会えるのも今の時期ならでは・・
要は見所がいっぱいです。

※4/20に都内で撮影

元気づけられる2018/04/19 20:57

元気づけられる
公園の草地などで集団で餌を漁る姿を頻繁に目にするムクドリ。
スズメと共に最もなじみ深い野鳥と言えるでしょうか。
これはそんな群れの中で見かけた一羽。餌漁りに疲れて一休みって言う感じ。
何と言うこともない画像なんですが、私には特別の思い入れを感じて撮った一枚です。
と言うのも、この一羽には約一ヶ月前にも偶然出会って撮影していました。
特に目を惹かれる一羽だったので・・それが下に掲載した画像です。
一本脚のムクドリ
3/13に同じ公園で見かけたムクドリです。何よりも目を惹いたのはその脚の様子。
理由は不明ですが、脚が一本しかなく、立ち上がるのにも一苦労と言う感じでした。
ほんの少し移動するにも、ピョンピョンと飛び跳ねるしかありません。
野鳥として生活して行くには、この状態はあまりにも厳しいと思えたのですが・・
1枚目の画像の通り、無事通常生活をおくれている事が確認できて一安心。
周りには、仲間と思える群れも確認出来ました。
どうやら、その群れにもとけこんで、通常の生活をおくれている様です。
脚は一本しかなくても、元気に飛べる羽根があるからね・・
この先も度々出会えるといいなぁ。なんか元気づけられる気がするからね。

※4/19と3/13に都内で撮影