お昼寝タイムに・・2017/08/12 20:34

お昼寝タイムに・・
子供の頃の夏休みの習慣の一つに、母親の言いつけに従っての昼寝があります。
何で寝なくちゃいけないのって思いましたが、寝覚めのスッキリ感は確かにグッド。
そんなスッキリ感を期待してでしょうか。
昼下がりの草むらでも、お昼寝中の昆虫を多く見かけます。日陰を選んでぐっすり。
このナナホシテントウもその一例。ちょこまか動き回る為のパワーを充電中?。
カナブンぐっすり
カナブンも心置きなく熟睡中・・って言うか、随分不安定な場所でのお昼寝ですね。
もし落っこちても、硬い殻が身を護ってくれるから、大丈夫なのさ?・・
尺取り虫のお昼寝ポーズ?
こちらは、全身硬直状態でのお昼寝です。
くねくね曲がる体が特徴の尺取り虫・シャクガの幼虫。
このポーズをとっている限り、外敵の目をだませるので安心なのさって言う事?。
私の見立てでは、逆に目立ちすぎだと思うけどなぁ・・
トゲヒシバッタにアリがちょっかい
昼寝なんて言う甘っちょろい事していられるか!って言う奴もいます。
それが超勤勉派の各種アリたち。これはそんな事を示す一例。
枯れ草が敷き詰められた場所で、熟睡中のトゲヒシバッタの前脚先に注目です。
かなり大形のアリがかじりついていました。”しめしめ寝てるぞ” って・・
この直後、バッタが気付いて逃げ去りましたので、大事に至らずでした。
それにしても、ほんと迷惑な奴だなぁ・・アリたちも昼寝ぐらいしろよ!・・

※8/12に都内で撮影

ドジ踏んだ2017/07/23 19:46

ドジ踏んだ
太い木が立ち並ぶ木立の中で目にした、ちょっと??な光景。
空間に浮かぶハラビロカマキリ幼虫・・って言う様にも見えるのですが・・
蜘蛛の網に掛かったハラビロカマキリ幼虫
この場の状況を説明するとこの通り。
細くて見えにくいのですが、枝に張られたクモの網に掛かった幼虫でした。
右奥には、この網の主・ジョロウグモ幼体の姿が確認出来ます。
で、早速殺戮行動に入るかと思ったのですが、暫く見ていてもこの対峙関係は不変。
クモとしても、獲物の素性が判っているだけに無闇に手を出せないと言う事?・・
逆に襲われる可能性も否定出来ませんからね。
いずれにしても、こんな緊迫シーンを生み出した責任はハラビロ君側にあり。
枝を渡り歩いている時に、脚を踏み外したんでしょうか。
ハラビロカマキリ幼虫とアリ
ドジなハラビロ君ではなくて、本来あるべき姿が決まっているシーンも一枚。
草の葉に逆さまに止まって獲物に狙いを定めるの図ですね。
このシーンで注目しているのは、いま何かと話題のアリの仲間の様でした。
でも、中々手を出しません。
”あんなに小さい奴じゃ、腹の足しにもならんからね” って言う事らしい。
このシーンから推測して、例の外来種の駆除をカマキリ達に期待するのは無理みたい。

※7/23に都内で撮影

涼を求めた先で・・2017/07/05 20:05

涼を求めた先で・・
台風一過のすかっとした晴天とはいかず、薄雲が掛かり、熱熱・蒸し蒸しの一日。
涼を求めて逃げこんだ木立の中、そこで目にしたちょっと??な光景です。
”ヒラヒラ飛んでいるな” と目で追ったゴマダラチョウ。
止まったのは、キカラスウリの葉っぱでした。
そしてこのポーズ。お尻をくいっと曲げて、産卵している様にしか見えません。
この蝶が産卵対象として選ぶ場所と言えば、幼虫の食草でもあるエノキの葉の筈。
この近くにはそのエノキの木も数本あります。それには目もくれずにここへ・・
たまには浮気をしてみようかって言う事?・・
でも、やがて生まれる幼虫は、この葉っぱを食べれるの?・・
葉っぱの上にお邪魔虫
これは、アリたちの通り道になっている細い葉で昼寝中のシラホシハナムグリ。
どでんと居座って、明らかに通行の邪魔になっていました。
”こいつ本当に邪魔だなぁ、皆で協力してどかせようにも、このデカさじゃなぁ”
そんな声が聞こえてきそう。
涼を求める期待にはいまいちマッチしなかった木立の中。でも面白い光景を二つも・・
やはり足を向けてみるべきですね。

※7/5に都内で撮影

気づかなかった2017/06/30 20:22

気づかなかった
昆虫撮影で時々経験するのが、一つの物に目を奪われて他の物を見逃してしまう事。
後になって、あれっ、こんなのも写っていたんだと、気づかされる事があります。
最近起こった具体例のひとつがこれ。
草の葉に止まる蛾・チャハマキの擬態上手ぶりに感心して撮影した一枚です。
この画像での注目点は右側の葉っぱに小さく写っている白い物体。
撮影時には全く気付かなかったのですが、画像処理時にふと気になって・・
念のため、部分拡大表示をしてみたら・・
後で気付いた白い虫
これは、元画像を無理やりトリミングした結果です。
ゴミみたいに見えた物体には、ちゃんと翅もある、脚もある、触角もある!・・
種類は判りませんが、昆虫である事に間違いない。
撮影時に気付いていれば、もっとしつこく迫ったのになぁと、反省する事しきり。
※追記:カメムシ目に属するコナジラミの一種と思われます。農業害虫らしい。
アオハナムグリお昼寝中
梅雨晴れの日、エノキの若葉の上で、のんびりお昼寝中のアオハナムグリです。
記録の為にと撮影したのですが、この画像にも、その時気付かなかった昆虫が・・
アオハナムグリと小さなアリ
同じく画像処理時に気付いて、無理やりトリミングをしてみました。
アオハナムグリの背中後部に、赤い顔の小さなアリがちょこんと・・
アリの中でもとびきり小さなアミメアリでしょうか。
興味津々、甲虫の背中でウロチョロしていたみたい。
そうと判っていれば、違うアングルで撮影する手もあったのになぁ・・
と、言う事で、撮影時は周囲にも関心を払わなくちゃと、反省の二幕でした。

※本日撮影の画像ではありません(6/29と6/28に都内で撮影)

梅雨入りの日に・・2017/06/07 20:48

梅雨入りの日に・・
関東もいよいよ梅雨入りしたとの発表がありました。
日中には降雨はありませんでしたが、空気の重さは確かにそれを実感させるもの。
このハラビロカマキリ幼虫も、雨の降り出しが近い事を感じているのでしょうか。
葉っぱの裏側に張り付いて、ひっそりと忍びの構えをとっていました。
動物的・否・昆虫的勘が働いてって言うやつでしょうか。
クロオオアリの女王蟻
じとーっと肌にまとわりつく重い空気、迫り来る雨の予感。
そんな多雨の時期に入ると、必ず目にする様になる光景があります。
今日は、旬の花・ガクアジサイの蕾の上で目撃しました。
真新しい翅を持ったクロオオアリの女王アリ。
今の時期になると、それ迄の巣を離れ、良き伴侶に出会う為の結婚飛行に旅立ち・・
さて、孤独なこの女王に、この先どんな運命が待ち受けているのやら・・
キボシツツハムシ
小さいけれど派手派手!・・そんなキャラクターを持つキボシツツハムシです。
このハムシとの出会いも、割と今の時期に限られる様に感じます。
たった一匹だけでしたが、今年もその通りの展開に・・
”それにしても、小さいけど目立つなぁ” が、いつもどおりの感想でした。

※6/7に都内で撮影