それなりの効果あり?2020/03/28 20:58

それなりの効果あり?
重苦しい雰囲気が漂うこの春。しかし身近な自然は例年通りの変貌を見せています。
枯れ色に覆われていた草むらでも、目ざましい速さで若い緑の再生が進行中。
その主役のひとつが、小柄な薄紅色の花を咲かせるカラスノエンドウです。
この草が繁る所、必ずと言っていい位に姿を現すのが、大小様々なアリ達。
今日も、多数が葉から葉へ・・早足での移動を繰り返していました。
熱心に何かを探し回っている感じ。
花外蜜腺を品定め中のアリ
探し回っていたのは、甘い蜜を供給してくれる花外蜜腺でした。
葉の付け根あたりに点在する黒っぽい窪みが、それ。
しかし窪み全てが潤沢な蜜の供給源とはいかない様で、品定めが必要みたい。
このアリは、口吻を蜜腺に差し向けて、それを確認中でした。
結果としてはハズレだったみたいで、すぐに歩行を再開してしまいました。
花外蜜腺にとりつくアリ
こちらは、いい蜜腺にありつけて、やったね!の図。
若干無理っぽいポーズをとらなければなりませんが、それでも蜜の誘惑に勝てず。
カラスノエンドウがこの様に花以外の所に多数蜜腺を設けるのには、当然下心あり。
アリ達を多数徘徊させて、自らを食害する昆虫を退治して貰おうと言う魂胆らしい。
本当にその狙いが叶えられのかには、若干疑問が残りますが、それでも・・
毎年この光景が繰り返されていると言う事は、それなりの効果ありなんでしょうね。

※3/28に都内で撮影

ヨモギの葉にご執心な・・2020/03/23 20:20

ヨモギの葉にご執心な・・
冬の間も活動をやめなかったアリ達。春の訪れと共に更にパワーアップした感じです。
様々な場所で、餌取りに励む姿を目にする様になりました。
この日見かけたのは、若緑色が鮮やかなヨモギの葉上。
葉の表面をじーっと見つめて、餌になりそうな部分を検分中?・・
でも、さしたる成果を期待できそうにない感じだけど・・
アリの注目点は白い繊毛?・・
葉の表面に焦点が合った画像により、アリの注目点はこれかなと・・
それは、葉の表面にびっしりと張り巡らされている白い繊毛。
いわゆるモグサの素材です。お灸治療をする際の加熱材として重用されています。
アリとお灸は全く無関係だけど、この繊毛、アリにとっても有用な物なのかも・・
真相は謎ですが、この熱心さから察するに、かなりイケてる物なんじゃないかと。
アリとヨモギの関係については、この先さらに注目したい気持ちになりました。

※本日撮影の画像ではありません(3/22に都内で撮影)

甘い蜜に夢中な図・2点2020/03/14 18:31

甘い蜜に夢中な図・2点
ほぼ垂直に立ち上がった数本の柱(種子を内蔵)の中央に開いた小さな白い花。
春に咲く野の花の中では、かなり個性的な形をしたタネツケバナで目にした光景です。
障害物とも言える柱の間に体を突っ込んで吸蜜をしていたのは、小さなアブ。
あえて邪魔くさい形をして、吸蜜させる昆虫を選別する。
そんな意図がこの草にあるとすれば、このアブはウェルカムな存在なのかも・・
若葉の上で吸蜜するアリ
樹々がつける若葉の上で良く目にする光景がこれ。
ちょこまか動き回る筈のアリが、この様に、一点でじーっと静止したまま動きません。
一体何をしているの?って言う感じですが、これはアリと植物の相互依存関係の図。
葉の上に散らばる様に水滴状の濡れが確認出来ますが、これは葉が分泌した蜜の塊。
アリはそのひとつに口を付けて、今まさに甘い蜜の味を堪能中なんですね。
蜜を与える代償に、葉の大敵・害虫をアリに駆除させようと言うのが植物側の魂胆。
若葉萌える時期がスタート。蜜につられたアリを見る機会が増えて行きそうです。

※本日撮影の画像ではありません(3/13に都内で撮影)

穏やかな晴天を受け・・2020/03/09 19:29

穏やかな晴天を受け・・
春のはじめの特徴でしょうか。空模様が小刻みに変化しています。
今日は昨日の雨天から一変。ぽかぽか陽気をもたらす穏やかな晴天がひろがりました。
草むらの昆虫達も息を潜めていた昨日からは一変。活発な動きを見せていました。
オオイヌノフグリの花に来て吸蜜していたのは、ヒラタアブの一種。
身体中を花粉だらけにしながら、花から花へを繰り返していました。
巣材運びに奮闘中のアリ
ヒラタアブは吸蜜に熱中。一方、働きアリ達は巣作りの資材調達に夢中でした。
このアリが運んでいたのは、乾いた泥を被った植物の破片。
そんなの運んでどうするのって言う様に思えますが、利用価値十分の確信あり?・・
巣穴を目指して、わっせ、わっせ・・
日向ぼっこ中の蜘蛛
天候に恵まれて、それぞれの任務遂行に熱をいれる昆虫達。
でも、油断大敵!・・それらを狙う蜘蛛たちも既に活動を開始しています。
・・とは言え、本気モードには、まだ数歩達していない感じでしょうか。
草むらに転がっていた廃材の上にべったり張り付いていたこの蜘蛛。
今日の所は、日向ぼっこ優先らしく、目立つのもいとわず、固まっていました。
鮮やかなハンティングスキルの披露は、明日以降に持ち越しと言う事の様でした。

※3/9に都内で撮影

この空の様な・・2020/03/03 20:46

この空の様な・・
夕刻の空。淡く茜色に染まった雲が桃の節句にふさわしい雰囲気を漂わせていました。
心配事ばかりのこの春。この空の様な平穏な日々が戻る事を願わずにはいられません。
コブシの花、綿毛の殻を脱ぎ捨てて・・
ヌクヌクの綿毛に包まれて寒さに耐えていたコブシの花芽も、今日はここ迄・・
ひらひら踊る様な姿を見せる花の全貌が明らかになるのも、もうすぐ。
カラスノエンドウの花開く
視線を地表すれすれに移してみたら、そこにも春の訪れを告げるものが・・
薄紅色がチャーミングなカラスノエンドウの花。少数ですが開花していました。
この花は、一部の昆虫にとって人気絶頂の存在。
花の付け根にある花外蜜腺から沁みだす蜜は、アリ達を強く惹きつけます。
冬の間、餌探しに苦労していたアリ達にとっては、待ちに待った日々の訪れの筈。
今日は目にしませんでしたが、勘のいい彼らの事、千客万来の光景が明日にも・・

※3/3に都内で撮影