レギュラーメンバーが・・2016/11/29 20:53

レギュラーメンバーが・・
穏やかな陽射しが戻って来た草むらですが、昆虫たちの賑わいの戻りは無し。
じーっと目を凝らしてやっと・・それも単独でって言う状況に変わって来ました。
その僅かな遭遇対象は、毎年この時期まで生き延びるレギュラーメンバーだけ。
その一つがイナゴ。こんがり焼けた感じの体色が今の時期の環境にぴったり。
主食である水辺の草の葉も枯れ始め、食料探しの為に岸辺に移住した様です。
オンブバッタ
数あるバッタの中でも、最終盤までレギュラーポジションを占めるのがこれ。
超シンプルなとんがり体形を持つオンブバッタです。
今年もその通りの展開になって来ました。
勢いよく飛び跳ねる事もなく、動作は総じてモタモタ・・
こう言う省エネタイプの方がより長持ちするって言う事らしい。
ナナホシテントウの日光浴
イナゴやオンブバッタは、この先そう遠くない時期に消え去るさだめ。
一方このナナホシテントウは、本格的な冬になっても姿を消す事がありません。
木の幹の窪み等に身を潜めて冬を越す事が可能です。
と言う事で、好天の日にはこうして日光浴でヌクヌクするのが定番スタイル。
この冬も、様々な木の幹の、南に面した側に要注目です。

※11/29に都内で撮影

まだまだお友達気分2016/10/24 20:43

まだまだお友達気分
本当に久しぶりって言う感じで、晴天が安定して続いた日。
すっきりしない空の下では、とんと姿を見かけなかったアキアカネも現場復帰です。
お好みの場所は、毎度お馴染み高枝の先っぽ。
時々飛び上がり、餌を捕らえては、またひらりと元の枝先に・・
こんな活気溢れる姿を随所で目にする事が出来ました。
枯れた葉に止まるアキアカネ
高い所より、こっちの方が落ち着いていいやって言う、低い場所愛好派も・・
止まっているのは、草むらの、褐色系に変色した枯れ草の葉っぱの上。
これ位枯れてカラカラの方が、硬度もあって、翅休めには最適って言う事みたい。
緑が色濃い草地で、避暑地への旅立ち前の姿を目にしたのは、6月の下旬でした。
それから随分長い時間が経ったんだなぁと・・
今年も、深まる秋を象徴するこの組み合わせを目にする事が出来て嬉しい気分に・・
蜘蛛の網にアキアカネが・・
天気さえ良ければ、まだまだお友達気分になれるアキアカネですが、心配な点も・・
余り目にしたくないのですが、こんな悲しい光景にも割と頻繁に出くわします。
ジョロウグモの網に掛かって既に絶命した個体。
飛ぶ事に夢中で、この網が目に入らなかったのでしょうか。
このシーンでは、左上方にバッタの一種らしいシルエットも確認出来ます。
蜘蛛達も餌取りに必死なのは分かるけど、余りやる気出すなよって言いたいところ。

※10/24に都内で撮影

水辺の秋に・・2016/10/18 20:24

水辺の秋に・・
水辺の秋を象徴する眺めのひとつが、やや傾いた陽を浴びて輝くヨシの穂。
いよいよそんな光景が目の前に拡がり始めました。
開き始めて間もない今は、まっすぐに上を目指して突き上がっている感じで初々しい。
やがて、風が吹くまま、しなやかになびく姿に変わって行きます。
そんな秋の深まりを感じさせる風景を目にするのも、それ程先の事ではない筈です。
ミゾソバの花
足元の湿地に目を移すと、こんなに可愛らしい花がたくさん開いていました。
私の印象ではなんとなく金平糖。
湿地に群生するタデ科の野草・ミゾソバの花です。
ヨシの穂ほどアピール度は高くないけれど、これも又、水辺の秋を象徴する光景です。
ハネナガヒシバッタ
その花のひとつに、こんなのが止まっていました。
小粒で可愛らしい花とは、何とも不似合いな無骨な姿。
ミゾソバ同様、湿った場所を好むバッタの仲間・ハネナガヒシバッタと思われます。
ミゾソバの花はやがて枯れてしまうけれど、このバッタは成虫のまま越冬可能。
そこにいるのは、花を愛でるのも今の内って言う事?、それとも花をかじる為?・・

※10/18と10/16に都内で撮影

逃げ込む先は・・2016/09/12 20:00

逃げ込む先は・・
除草後の枯れ草が敷き詰められた場所を歩いていたら、さーっと飛び立つものあり。
どこへ逃げたのかなと探してみたら、ガサガサ肌の木の幹に止まってじーっと・・
荒れ地への巧みな擬態で知られるクルマバッタモドキでした。
確かにここは色も質感も荒れた地面にそっくり。意識しない限り見分けは困難です。
自分に最適な退避場所を瞬時に選定できるなんて、隠れ名人は流石に違うなぁと・・
ホシササキリ
スリムな体形のホシササキリ。その退避場所は当然こんなところ。
なよなよと風になびく細身な秋の草です。
この他にも、緑色の秋の草に紛れる昆虫は多種多数。
そんな隠れ名人探しをして歩くのも、この先の楽しみです。

※9/12に都内で撮影

夏の勢いも・・2016/09/10 21:47

夏の勢いも・・
北の方角に湧き上がった夏雲。
てっぺんつながりのアーチ型で、何だか面白いなぁと・・
しかし、これ以上ボリュームを増す事もなく、普通の雲に分解されてしまいました。
気温は真夏並み。しかしこんな雲を見る限り夏の勢いも大分衰えたのかなぁと・・
シオカラトンボ
過ぎ去りつつ夏の勢いを象徴するのが、縦横無尽に伸長したクズのつる。
その一本で翅休めをしていたのは、これも又、夏の象徴・シオカラトンボでした。
まだまだ現役続行中。
しかしやがてこんなシーンの主役は、高原から帰還したアキアカネに変わる筈。
さて、今年はいつ頃でしょうか。
オンブバッタのカップル+1
秋と言えば、やはりこの光景。
堂々たる体格のメスの背中におぶさったオンブバッタ・オスの楽チン風景です。
体色の違いは関係なし。この娘がいいとなれば、即こんな体勢に持ち込むみたい。
ところでこのショット。下方にもう一匹オスが写っていました。
”隙あらば僕が” って言う感じでしょうか。バッタの世界も中々大変な様です。

※9/10に都内で撮影