色変化が足早に・・2017/11/16 21:02

色変化が足早に・・
緑から枯れ色への変化が足早に進む草むら。
晩秋を生きる昆虫達にとっては、焦りを強く感じる頃でしょうか。
例えばこのオンブバッタ。枯れ色に上手く紛れる体色だけど、それだけじゃね。
食料となる草が枯れてしまっては、もう生きてはいけないよぉ。
枯れかかった草にオンブバッタが・・
そんな当惑の表情(?)を浮かべて、枯れかかった草に止まっていました。
何とかしてあげたいけれど、これだけはね。
ヤマトシジミの日光浴
近くの草の葉では、ヤマトシジミが翅をフルオープン。
今日の陽射しの恩恵を、生き延びる為のパワーとして蓄えたい気持ちなのかも。
お陰で普段はじっくり見られない表翅の斑紋を観察出来たんだけど・・
しかし、これもまた、いまの時期ならではの寂しい光景と言えそうです。
タンポポ
いま、草むらで最も活気がある物と言えばこれでしょうか。
綿毛を飛ばし続けているタンポポ。
殆ど全シーズン対応可能なタフな奴。冬の間も所々で黄色い花を咲かせ続けます。
しかし、これだけじゃ、昆虫達の冬越しをサポートしきれる筈もありません。
やはり多くの昆虫が冬の間、姿を消すのは自然の摂理なんでしょうね。
手持ち無沙汰の寂しい時期が、もう、すぐそこです。

※11/16に都内で撮影

こうでなくちゃね 22017/11/03 21:55

こうでなくちゃね
文化の日は晴れの特異日。それを実証する様な澄み切った青空が広がりました。
開きかけたススキの穂も、降り注ぐ陽射しを浴びてキラキラ。
秋らしい風景への欲求不満を解消してくれる感じの好天でした。
やはり秋はこうでなくちゃね・・
ウラギンシジミの日向ぼっこ
ウラギンシジミ・雌も、今日の陽射しを大歓迎。
高木の中ぐらいの場所で、日向ぼっこを堪能していました。
風も穏やかだし、本当に今日はいい日だね。
ショウリョウバッタモドキ
天気の悪い日はさっぱりだった昆虫観察も、今日は極めて好調でした。
これは今季初遭遇のショウリョウバッタモドキです。
本家ショウリョウバッタの姿が消えた今、偽物(?)は依然健在って言う感じ。
でも妙に間延びした姿だから、一目で偽物と判ってしまいますね。
オオカマキリ待機中
セイタカアワダチソウに止まってお仕事中だったのは、緑色型のオオカマキリ。
でも、どこか手持ち無沙汰って言う雰囲気でした。
ここにいれば、千客万来でウハウハって言う時期は過ぎ去ってしまった様です。
なんかダレるなぁって言う感じ。長生きするのも大変だね。

※11/3に都内で撮影

バッタ目の現状2017/11/02 21:52

バッタ目の現状
冬の足音が近づきつつある今、草むらの常連達も急速に数を減らしています。
特に飛び跳ね系バッタ目の昆虫にその傾向は顕著。寂しい季節の到来です。
そんな中、依然それなりの数を確認出来るのがこれ、オンブバッタです。
お決まりのオンブ態勢継続中のカップルの数も結構多い。
共に命が尽きるまでって言う感じでしょうか。
ヒメクダマキモドキ
オンブバッタが、厳しさを増す寒さの中、生き続けられる要因とは?・・
運動量の少なさではないでしょうか。モソモソと草の葉上を這う緩慢な動作が殆ど。
そんな推測が当たっているとすれば、このヒメクダマキモドキにも共通する様な・・
長い脚を持っていますが、それを使って勢い良く飛び跳ねる姿は殆ど見かけません。
出会う個体の多くは、この様に草の葉の緑に紛れてじーっと静止しているだけ。
目を凝らして見ると、現状まだかなりの数が生息中です。
オンブバッタといい勝負の様に思えますが、最終的な結果は果たして?・・

※本日撮影の画像ではありません(10/31に都内で撮影)

気構えが違う2017/10/28 21:21

気構えが違う
草むらを賑わした ”飛び跳ね族達” も次第に姿を消しています。
そんな中、寒さが本格化する頃まで、生存し続けるが、このオンブバッタです。
今目にするのは、名前の通り、雄が雌の背中にオンブしたカップル状態のが多い。
オンブは本来の目的である交尾が終わっても、そのままっていう事が多いらしい。
いわば相思相愛の固い絆って言う事の様です。
見た目はクールだけど、何ともホットな愛のシーンと言う訳ですね。
枯れ色のオンブバッタ
オンブバッタが面白いのは、体色に様々なバリエーションが見られる事。
これは、徹底的に枯れきった渋い体色を持つ個体。見方によっては汚らしい位。
草の緑が依然残る今の時期は、逆に目立っていますが、更に季節が進めば・・
いわば先を見越しての用意周到な色付けなんでしょうね。
秋の終わりまで生き続けるバッタは、やはり気構えが違うなぁと・・

※本日撮影の画像ではありません(10/27に都内で撮影)

いまこの姿で・・2017/10/18 20:15

いまこの姿で・・
久しぶりに青空に恵まれましたが、それも、どっしり安定してとはいかない感じ。
天気の崩れを予告する様な雲が掛かる時間帯が、次第に増え始めました。
葉の多くを散らしたサクラの木の枝先にも、アキアカネの姿は無し。
秋の情趣を堪能したい気持ちに対し、今年も天候は余りにも意地悪過ぎだなぁと・・
オンブバッタ幼虫
それでも、晴れ間が覗いた日は、昆虫達の動きも活発化してそれなりに楽しめます。
でも、手放しで楽しめるシーンばかりではないところが、何とも微妙。
例えばこれ。まだ翅も生えていないオンブバッタの若齢幼虫です。
この種は、成虫での越冬は出来ないとされています。あくまでも卵の形でだけ。
そのライフサイクルから判断して、今の時点でこの状態と言うのは余りに遅過ぎ。
この先も無事成長を続けて欲しいけど、まず無理でしょうね。なんか悲しい。
アオクサカメムシ幼虫
一方、このアオクサカメムシ幼虫については、今の時点でこの姿でも全然問題無し。
この種は、成虫のまま、林床に積もった落ち葉の下などに潜んで越冬するそうです。
今の時期は、丈夫な成虫になるために秋の草を猛食中なんですね。
オンブバッタの幼虫とは異なり、こちらは、安心して眺められる幼虫と言う訳。
冬の足音が次第に近づき始める頃、昆虫観察もかなり複雑になって来ました。

※10/18に都内で撮影