陽射しが戻った日に・・2017/08/17 20:45

陽射しが戻った日に・・
八月らしからぬ空模様の連続が、昆虫達にどう影響しているのか気になるところ。
少し陽射しが戻った日、通い慣れた草地でその動向を探ってみました。
まずは、割と平気なんだねって、ほっとできた光景から・・
不順な天候は影響なし。無事成長を果たしたオンブバッタのカップルです。
背中にちょこんと乗っかっているのがオス。乗っかられているのがメス。
晩秋まで生き続ける息の長いバッタです。
メスのお疲れ様態勢は、この先も長く続いて行きます。たいへんだねぇ・・
ヤマトシジミ
草の葉の上に、正におニューって言う感じのヤマトシジミが止まっていました。
質素な中にも自己主張を込めた斑紋。シンプル イズ ビューティ って言う感じ。
秋の野に咲く花の常連客。吸蜜する姿を目にするのもそう先の事ではない筈です。
アオドウガネ熟睡中
少しだけど陽射しが戻ったんだから、動き回った方がいいんじゃないの?・・
そんな気もしますが、このカタブツは葉っぱにつかまって熟睡中でした。
ネボスケ甲虫・アオドウガネ。昼間に見かけるのは、殆どこんな姿ばかり。
眠りこけてる
これなんて、葉っぱに潜り込んで眠りこけていました。頭隠して尻隠さず・・
久しぶりに戻った陽射しを避けるなんて、ほんと勿体ないなぁ・・
この種は、甲虫の多くに見られる夜間活動派。陽が沈んでから動き出します。
でも、ここのところの天気はとても不安定。今夜だって分からないよ・・

※8/17に都内で撮影

お昼寝タイムに・・2017/08/12 20:34

お昼寝タイムに・・
子供の頃の夏休みの習慣の一つに、母親の言いつけに従っての昼寝があります。
何で寝なくちゃいけないのって思いましたが、寝覚めのスッキリ感は確かにグッド。
そんなスッキリ感を期待してでしょうか。
昼下がりの草むらでも、お昼寝中の昆虫を多く見かけます。日陰を選んでぐっすり。
このナナホシテントウもその一例。ちょこまか動き回る為のパワーを充電中?。
カナブンぐっすり
カナブンも心置きなく熟睡中・・って言うか、随分不安定な場所でのお昼寝ですね。
もし落っこちても、硬い殻が身を護ってくれるから、大丈夫なのさ?・・
尺取り虫のお昼寝ポーズ?
こちらは、全身硬直状態でのお昼寝です。
くねくね曲がる体が特徴の尺取り虫・シャクガの幼虫。
このポーズをとっている限り、外敵の目をだませるので安心なのさって言う事?。
私の見立てでは、逆に目立ちすぎだと思うけどなぁ・・
トゲヒシバッタにアリがちょっかい
昼寝なんて言う甘っちょろい事していられるか!って言う奴もいます。
それが超勤勉派の各種アリたち。これはそんな事を示す一例。
枯れ草が敷き詰められた場所で、熟睡中のトゲヒシバッタの前脚先に注目です。
かなり大形のアリがかじりついていました。”しめしめ寝てるぞ” って・・
この直後、バッタが気付いて逃げ去りましたので、大事に至らずでした。
それにしても、ほんと迷惑な奴だなぁ・・アリたちも昼寝ぐらいしろよ!・・

※8/12に都内で撮影

賛同したいのは・・2017/08/06 20:52

賛同したいのは・・
夏の象徴・入道雲が湧き上がり中って言う風景だけど、一寸余計なおまけ付きです。
入道さんが、太い腕を横に伸ばした様な・・
いずれにしても、今日の暑さは、ここ数日の中では最高レベルだったかも・・
日向では、噴き出す汗で、首筋に巻いたタオルがあっと言う間にびっしょり。
こんな日の賢い過ごし方は、日陰となる場所への避難と言う事なんですが・・
荒地にいたイボバッタ
そんなのとは全く正反対の生き方に徹する昆虫もいます。
このイボバッタもそのひとつ。
緑の少ない乾燥した荒地を生息場所とするワイルド感溢れるバッタです。
生息環境に合わせる様に、体表面はガサガサで、色も完璧な荒地仕様。
”今日の暑さは最高、空気も乾いてるし、文句なしだね” って、涼しい顔?・・
レンズを向ける観察者は、地べたの熱も加わって、更に汗びっしょり。
イボバッタ君の意見には賛同しかねる状況でした。
日陰にいたアオバハゴロモ
いっぽう、このシーンには激しく賛同したい気持ちに・・
日陰になる草地で茎に止まり汁を吸っていたのは、名前も涼やかなアオバハゴロモ。
セミの遠い親戚だけど、全く声を出さない物静かな昆虫です。
目にするのはいつもこんな日陰になる場所。正にクール&ビューティって言う感じ。

※8/6に都内で撮影

真夏を象徴する・・2017/07/31 21:28

真夏を象徴する・・
盛大にもくもくとではありませんが、真夏を象徴する雲が湧き上がりました。
明日からは八月。それでなくても十分暑いのに、このまま行ったらどうなる事やら・・
そんな心配をしてしまいますが、暑けりゃ暑い程いいのよって言いたげな者達も・・
そんな面々のスナップを数枚。
ショウリョウバッタ成虫
まずは、最終脱皮を終えたショウリョウバッタから・・
草むらのあちこちで、堂々たる姿を目撃出来る時期に入りました。
名前にある精霊は、お盆にゆかりの精霊流しの舟にその形が似ているからとも・・
確かにそんな気もですが、これは水面を滑る様にではなく、勢い良く飛び跳ね。
アクション的には全然違うけどねぇ・・
シオカラトンボの雌・ムギワラトンボ
ショウリョウバッタは真夏を象徴するバッタ。
そしてこれは真夏を象徴するトンボでしょうか。
ちょっとややこしいですが、シオカラトンボの雌・ムギワラトンボ(俗名)です。
私の観察地では、その年によって生息数に差異がありますが、今年は少ない傾向。
こうして、近接ショットをゲット出来たのは、今季初体験です。
ごく普通種のトンボ。環境的に、いつまでも普通種であり続けて欲しいなぁと・・
アブラゼミ
真夏を象徴する昆虫として、私を忘れていませんか?って言いそうなのがこれ。
現在鳴き声で木立を制圧中のアブラゼミ。ミンミンゼミと双璧をなす代表種です。
たくさん居過ぎて、写欲が・・って言う感じですが、最盛期の記録として一枚。
世界のセミの中でも、この様な不透明な翅を持つ種は珍しいらしい。
決して、見飽きたなんて言っちゃいけない様です。

※7/31に都内で撮影

いい気になるのが・・2017/07/25 20:26

いい気になるのが・・
樹下の草地でふと視線を落としたら、こんなシーンが目に飛び込んで来ました。
葉っぱの上のハラビロカマキリ幼虫とオンブバッタ幼虫のツーショット。
カマキリの恐ろしさを知ってか知らずか・・バッタは逃げる素振りも見せません。
”君の目の前にいるのは、決してお友達じゃないんだよ!” とハラハラ・・
しばらくこんな状態が続きましたが・・
オンブバッタ幼虫、危うし!
やはりなる様になるのが、この世の道理。
本性を露わにしたカマキリが突然バッタにかじりつきました。
そしてガリガリ・・
幼いバッタの命も、もはやこれ迄かと思ったのですが・・
ハラビロカマキリ幼虫・抗議の視線
レンズの接近に気づいたのでしょうか。
カマキリが気をそらした瞬間に、バッタがさっと飛び跳ねて逃げ去りました。
どうやら、かじられた傷は浅かった模様。
で、カメラに向けてのこの視線。”いいところだったのに、邪魔しやがって!”・・
昆虫の世界にずかずか入り込むカメラマンは、秩序を乱す邪魔者に違いありません。
でも、当人、人助けならぬ虫助けをしたと、いい気になるのが困ったところ。

※7/25に都内で撮影