やはり願い下げだなぁ2017/06/11 20:22

やはり願い下げだなぁ
時ならぬ枯れ景色。自然観察者にとっては目を覆いたくなる様な惨状です。
伸び盛りの草原に入ったエンジン除草機による徹底作業の結果と言う訳。
いずれ緑が蘇るとは思うけど、ここ迄刈られると、当分の間はダメだなぁ・・
しかし、それでも目を凝らしてなんとかと言うのが、自然観察者のしつこい所で・・
オンブバッタの赤ちゃん
根性を込めて探してみれば、居るもんです。動くやつ。
これはカラスノエンドウの豆のさやに止まっていたオンブバッタの幼虫。
除草機のカッターの攻撃を逃れて、僕はバッチリ元気だよ・・
秋が深まる頃まで生き続ける息の長い種。
こんな事に負けてたまるかって言う事の様です。
イナゴの赤ちゃん
しおれた草の葉にも鮮やかな緑色のチビが一匹・・
誕生後間もないと思われるイナゴの幼虫でした。
この小ささから見て、除草作業が終わった後、生まれ出たのかも・・
緑の草の旺盛な繁りが、ベビーフードになる筈だったのに、全くの当て外れ。
とりあえず、僅かに残る緑繁る場所への移住を検討しないといけないかも・・
ショウジョウトンボの雌
飛び跳ね族のチビたちにとって、かなり困った状況。
でも、ショウジョウトンボ・雌は、こんなにいい場所って他にないじゃん・・
地味な体色の為、枯れ草にうまく紛れ込めるし、倒れた枯れ草は止まりやすいし・・
しつこいオスのアプローチを避ける上では、最適な場所と思っているみたい。
徹底した除草作業結果への受け取り方は様々。
しかし、自然観察者としては、時期外れの枯れ景色は、やはり願い下げだなぁ・・

※6/11に都内で撮影

秒読み時期の緑に・・2017/06/05 20:58

秒読み時期の緑に・・
真夏に向けての季節の歩みは、かなり俊足の様です。
樹々の葉も新緑の時期を過ぎ、もはや成熟の段階に入った感じ。
若緑一色ではない複雑な色の競演を随所で目にする事が出来ます。
その上に広がるのは、梅雨入り前限定の爽やかな青空。
いつまでも目にしていたい光景ですが、やがて陰鬱な雨空の時期に・・
今日も、この後、雷鳴が轟き急な通り雨が降りました。既に秒読み段階か?・・
ベニイトトンボのオス
今の時期限定の緑の世界に、ひときわ映える紅色のトンボがいます。
それがこのベニイトトンボ・雄。
毎年梅雨入り前の今の時期になると登場するイトトンボです。
今年の色づき具合も極めて良好。溢れる緑の中を優雅に飛翔していました。
ショウリョウバッタ・緑色型幼虫
ベニイトトンボは、今の時期の緑とハイコントラスト。
一方、ショウリョウバッタ幼虫は、周囲の緑に見事にマッチする擬態色です。
この色に護られてのびのびと生活し、夏の野の主役に成長してゆく筈。
このチビはその為の準備運動中?・・後脚を交互にあげてオイッチ・ニ・・

※6/5と6/4に都内で撮影

飛び跳ね族続々と・・2017/05/31 20:19

飛び跳ね族続々と・・
キリギリス系の幼虫だけが目立っていた飛び跳ね族の世界にも大きな変化が・・
これからの時期、草むらを活気づけるキャストが続々とデビューしています。
今日はオンブバッタの幼虫に、初めて出会いました。
小さくて目で追うのが大変ですが、草の葉に止まるこんな姿がそこここに・・
オンブバッタ幼虫
近寄ってみたら、この通り。
小さいながら、ゴツゴツした体で、それなりにワイルド感あり。
成長につれて翅が覆い隠しますので、このスッピンの体を目にするのも今の内。
アシグロツユムシ幼虫
ぷっくりと膨らんだお腹の持ち主はアシグロツユムシの幼虫でしょうか。
ピンピン跳ねるオンブ幼虫に比べると、ノロノロとした動作で、かなり鈍な印象。
このノロノロ動作は成虫になってからも、あまり変わらない様にも・・
とびきり長い脚を持っているのにね・・
ショウリョウバッタ幼虫
一足お先に誕生したショウリョウバッタ幼虫は、順調な成長を遂げている様です。
体つきも一回り大きくなった感じ。
この幼虫なんて、ちょっと色っぽいピンク色を帯びた触覚を持っていました。
恋の季節の始まりには、まだ少し早い様な気がするけれど・・

※5/31に都内で撮影

夏の子に、やっと・・2017/05/27 19:56

夏の子に、やっと・・
梅雨が近づく頃、それを忘れさせる様な爽やかな空に恵まれる事があります。
今日の空もまさにそんな感じ。空に浮かぶ薄雲も、超軽めで爽やか。
こんな空をずーっと眺めていられればいいのですが・・
”それじゃぁ、僕らの季節が始まらないよ” って言いたげなチビたちが・・
ショウリョウバッタ緑色型幼虫
草地の中を、ピンピンと飛び跳ねていたのがそれ。
私にとっては ”夏の子” にやっと出会えたぁ・・
夏の主役とも言える飛び跳ね系昆虫の代表格・ショウリョウバッタの幼虫。
成虫になれば、日本最大と言う誇らしいタイトルを持つデカブツです。
しかし今の時期は、目を凝らさないとどこに? って言う位に小さい。
やがて翅が生え、キチキチと言う音をたてながら、縦横無尽に・・
それは、鬱陶しい梅雨が明けた頃でしょうか。
ショウリョウバッタ褐色型幼虫
このバッタには緑色系と褐色系の体色バリエーションがあります。
今日はその両方に出会うことが出来ました。これは渋い褐色系ですね。
今日の出会いは、環境的に全く差異のない同じ草の繁みでした。
一体どう言う法則に従って、この色分けが成立しているのか?。
その辺にもちょっぴり興味が・・
”ただ単に、親の色を受け継いだだけだよ” って言う事かもね。

※5/27に都内で撮影

レギュラーメンバーが・・2016/11/29 20:53

レギュラーメンバーが・・
穏やかな陽射しが戻って来た草むらですが、昆虫たちの賑わいの戻りは無し。
じーっと目を凝らしてやっと・・それも単独でって言う状況に変わって来ました。
その僅かな遭遇対象は、毎年この時期まで生き延びるレギュラーメンバーだけ。
その一つがイナゴ。こんがり焼けた感じの体色が今の時期の環境にぴったり。
主食である水辺の草の葉も枯れ始め、食料探しの為に岸辺に移住した様です。
オンブバッタ
数あるバッタの中でも、最終盤までレギュラーポジションを占めるのがこれ。
超シンプルなとんがり体形を持つオンブバッタです。
今年もその通りの展開になって来ました。
勢いよく飛び跳ねる事もなく、動作は総じてモタモタ・・
こう言う省エネタイプの方がより長持ちするって言う事らしい。
ナナホシテントウの日光浴
イナゴやオンブバッタは、この先そう遠くない時期に消え去るさだめ。
一方このナナホシテントウは、本格的な冬になっても姿を消す事がありません。
木の幹の窪み等に身を潜めて冬を越す事が可能です。
と言う事で、好天の日にはこうして日光浴でヌクヌクするのが定番スタイル。
この冬も、様々な木の幹の、南に面した側に要注目です。

※11/29に都内で撮影