夏の思い出につながる・・2018/07/17 20:06

夏の思い出につながる・・
水草の葉に垂直に止まっていたデカブツ。正に真夏到来を実感させられる光景です。
日本に生息するバッタの中での最大種・ショウリョウバッタのメス。
このバッタは、私にとって、幼い頃の原っぱ遊びの思い出につながる昆虫と言えます。
キチキチ音を響かせて飛ぶ姿が、巨大な入道雲とオーバーラップして浮かぶ様な・・
但しキチキチ音をたてるのはオス限定。メスに対するアピール効果狙いなのかも・・
バッタの世界もいろいろ大変そうです。
オンブバッタの幼虫集団
ショウリョウバッタは夏の終わり頃には、次第に数を減らして行きます。
一方、ちょっと似のオンブバッタは、秋の終わり頃まで生き続ける先の長い種。
従って、成長度合いにもかなり差異が生じる事になります。
これがオンブバッタの現状。草の葉の大きさと比べて、いかに小さいかが判ります。
この日目にした幼虫集団は、同じ親から生まれた子供たちの様に思えます。
今はこうして仲良く群れているけれど、やがて散り散りに・・
全員が健やかに成長する事を祈るばかり。

※本日撮影の画像ではありません。
(ショウリョウバッタは7/15に、オンブバッタは7/16に、共に都内で撮影)

気の長い話2018/07/07 21:30

気の長い話
夏の風物詩・セミの声が一段とボリュームアップして来ました。
ただし今耳に届くのは、真っ先にデビューしたニイニイゼミの声が殆ど。
この後登場するアブラゼミやミンミンゼミの声に比べると、遥かに控えめです。
姿の方も控えめ。木の幹に同化する色合いで、目撃はそう簡単ではありません。
まして幹の高所に止まるので尚更。これはようやく見つけての望遠ショットです。
オンブバッタ幼虫
セミ達が地上で過ごす時間は、地中生活のそれに比べて、極めて短い。
一方、今の草むらでは、秋の終盤まで生き続ける息の長い種も多数生息しています。
オンブバッタもその一つ。但し今は超ミニサイズなので、良く目を凝らさないと・・
今日目撃した個体のひとつがこれ。
緑色タイプの幼虫の下に見えている白いのは、さっき脱ぎ捨てたばかりの脱皮殻です。
その詳細は下の画像で・・
オンブバッタの脱皮殻
脱皮殻の詳細です。一段階成長した幼虫と相似形ですが、サイズは遥かに小さい。
こんな窮屈そうな入れ物に収まっていたんですね。
無事脱皮出来て、伸び・伸〜びって言う感じでしょうか。
しかし、成虫になる為には、今回の脱皮だけでは足りずに、更に・・が必要。
セミ達の短い地上生活に比べると、随分気の長い話ですね。

※7/7に都内で撮影

既に一丁前2018/06/08 22:24

既に一丁前
昨日同様、雨の心配はほぼゼロの梅雨晴れの空がひろがりました。
今は、本格的な雨の季節に入る前の、予行演習期間と言う事でしょうか。
こんな日は、生まれたての昆虫達にとって、体を鍛錬する上で絶好の日和の様です。
これはハラビロカマキリの幼虫。ご覧のとおり、まだ超ミニサイズ。
脚も短いので、葉っぱから葉っぱへ乗り移るのにも一苦労と言った感じでした。
でも、こう言う動作を難なくこなせないと、やっていけないよと言う事で一生懸命。
赤ちゃんの歩行練習の様にも見えました。優しいママの付き添いはないけどね・・
ハラビロカマキリ幼虫のきつい目つき
”恥ずかしいところを見るんじゃないよ!” って睨まれてしまいました。
この赤ちゃん、気の強さだけは、既に一丁前の様ですね。
オンブバッタの若齢幼虫
これは私にとっての今季初遭遇。オンブバッタの幼虫です。
こちらも、体の小ささと言う点では、ハラビロカマキリ幼虫といい勝負。
でも、脚の能力は相当な物。私の接近を察知しピーンと跳ねて別の葉っぱへ・・
恐るべきカマキリの幼虫達が徘徊し始めた今。これ位の能力は絶対必要!・・
何しろ、この種は、秋の終盤近くまで生き続ける長寿命のバッタですからね。

※6/8に都内で撮影

色変化が足早に・・2017/11/16 21:02

色変化が足早に・・
緑から枯れ色への変化が足早に進む草むら。
晩秋を生きる昆虫達にとっては、焦りを強く感じる頃でしょうか。
例えばこのオンブバッタ。枯れ色に上手く紛れる体色だけど、それだけじゃね。
食料となる草が枯れてしまっては、もう生きてはいけないよぉ。
枯れかかった草にオンブバッタが・・
そんな当惑の表情(?)を浮かべて、枯れかかった草に止まっていました。
何とかしてあげたいけれど、これだけはね。
ヤマトシジミの日光浴
近くの草の葉では、ヤマトシジミが翅をフルオープン。
今日の陽射しの恩恵を、生き延びる為のパワーとして蓄えたい気持ちなのかも。
お陰で普段はじっくり見られない表翅の斑紋を観察出来たんだけど・・
しかし、これもまた、いまの時期ならではの寂しい光景と言えそうです。
タンポポ
いま、草むらで最も活気がある物と言えばこれでしょうか。
綿毛を飛ばし続けているタンポポ。
殆ど全シーズン対応可能なタフな奴。冬の間も所々で黄色い花を咲かせ続けます。
しかし、これだけじゃ、昆虫達の冬越しをサポートしきれる筈もありません。
やはり多くの昆虫が冬の間、姿を消すのは自然の摂理なんでしょうね。
手持ち無沙汰の寂しい時期が、もう、すぐそこです。

※11/16に都内で撮影

こうでなくちゃね 22017/11/03 21:55

こうでなくちゃね
文化の日は晴れの特異日。それを実証する様な澄み切った青空が広がりました。
開きかけたススキの穂も、降り注ぐ陽射しを浴びてキラキラ。
秋らしい風景への欲求不満を解消してくれる感じの好天でした。
やはり秋はこうでなくちゃね・・
ウラギンシジミの日向ぼっこ
ウラギンシジミ・雌も、今日の陽射しを大歓迎。
高木の中ぐらいの場所で、日向ぼっこを堪能していました。
風も穏やかだし、本当に今日はいい日だね。
ショウリョウバッタモドキ
天気の悪い日はさっぱりだった昆虫観察も、今日は極めて好調でした。
これは今季初遭遇のショウリョウバッタモドキです。
本家ショウリョウバッタの姿が消えた今、偽物(?)は依然健在って言う感じ。
でも妙に間延びした姿だから、一目で偽物と判ってしまいますね。
オオカマキリ待機中
セイタカアワダチソウに止まってお仕事中だったのは、緑色型のオオカマキリ。
でも、どこか手持ち無沙汰って言う雰囲気でした。
ここにいれば、千客万来でウハウハって言う時期は過ぎ去ってしまった様です。
なんかダレるなぁって言う感じ。長生きするのも大変だね。

※11/3に都内で撮影