まだまだ先かなぁ・・2024/02/16 13:24

まだまだ先かなぁ・・
きのう、春一番が吹いた東京ですが、今日の気温は、依然真冬レベル。
空に浮かぶ雲も、まだ穏やかな表情の春型ではありませんでした。
枝剥き出しの木はソメイヨシノ。花開く時は、まだまだ先かなぁと・・
日向ぼっこ中のアブ
春が来たよと続々デビューする筈の昆虫達も、もう暫くは、様子見と決めたみたい。
今日出会ったのは、このフタホシヒラタアブだけでした。
吸蜜より日向ぼっこを優先と言う雰囲気。
こんな感じの我慢の日々が、しばらく続くのかも知れませんね。
がっしりした太っちょ体形。いかにも寒さに強そうな雰囲気です。
昆虫の数が極端に少ない今の時期、出会いを叶えてくれる有難い存在と言えます。
頼りっきりの日々が、この先も暫くのあいだ続きそうです。

※2/16に都内で撮影

突き上がっていた・・2024/02/15 12:05

突き上がっていた・・
穏やかな陽射しが降り注いでいた梅園。
花のひとつに止まって吸蜜に熱中していたのは、太っちょのハエでした。
ライバルの数が少ない今は、まさに贅沢気分に浸り切りの様ですね。
撮影者としては、この組み合わせ、ちょっとなぁと感じたんですが・・
筆先も空に・・
ぴーんと尖った筆先。そんな感じの樹木の芽が空に向かって突き上がっていました。
パワーに満ち溢れたその姿。見ているこちらも元気を貰った気分に・・

※2/15に都内で撮影

その務めをしっかりと・・2024/02/14 13:06

その務めをしっかりと・・
澄んだ青空に映える鮮やかな紅梅の花。まさにベストな組合せと感じました。
春の訪れを真っ先に告げてくれる花。その務めをしっかりと果たしていますね。
吸蜜に熱中するヒラタアブ
数は多くはありませんが、ほぼ全開状態になったタンポポの花も・・
蜜を求める昆虫が、それを見逃す筈がありません。
今日は、フタホシヒラタアブが吸蜜にやって来ていました。
それほど時をおかずに、蝶達の姿も・・
静まり返っていた昆虫の世界、いよいよ動き出しましたね。

※2/14に都内で撮影

水鳥はつらいよ・・2024/02/13 13:03

寒くても開くウメの花
穏やかな陽射しが今日も降り注ぎましたが、気温の方は、真冬レベルのまま。
本格的な春のスタートまでには、もう少し時間が掛かりそうですね。
そんな中でもウメの花は元気いっぱい。活気溢れる姿で開いていました。
ただ、残念なのは、花粉媒介役のハチやアブの来訪がさっぱりな事。
もう暫くは、待ちぼうけの日々が続きそうかなぁと・・
水鳥はつらいよ・・
豊かな陽射しを浴びてキラキラ輝く入江の水面。
水鳥・オオバンが、ゆっくり横切って行きました。
水がいくら冷たくても、餌取り行動をやめる訳にはいかないんですね。
暫く観察しましたが、水面に頭を突っ込む採餌アクションは無し。
でも、こうして漂っていれば、その内きっと・・
水鳥はつらいよですね。その望みが叶うことを祈りたい気持ちになりました。

※2/13に都内で撮影

咲いててよかった・・2024/02/12 13:42

咲いててよかった・・
陽射しの明るさはかなりのものなんですが、気温は一向に上がらず。
そんな、じれったい日々が続いています。
枝剥き出しの木にも、けなげな若芽がびっしりと を期待したのですが・・
いくら目を凝らしても・・もう少し時間が必要な様ですね。
スイセンの花に来たアブ
野に咲く花の数も、依然極少。
そんな中、元気な姿を見せていたのは、スイセンの花。
蜜を求める昆虫達にとっては、救いの神的な存在と言えそうですね。
今日は、ヒラタアブが吸蜜にやって来ていました。
花芯に潜り込む前に、ご挨拶。
咲いててよかった・・ありがとうね って言う感じのシーンでしょうか。

※2/12に都内で撮影