夏が蘇った?2015/09/12 21:40

夏が蘇った?
戻った陽射しが、再び夏の雰囲気を蘇らせたかと言うと、一概にそうとも・・
例えばこれ。水辺の草で翅休めをするシオカラトンボです。
翅が所々破損している事が確認出来ます。夏を精一杯生き抜いた事の証。
主役の座を秋のトンボ・アキアカネ等に明け渡す日も近い様に思えます。
アブラゼミ
目ではなく、耳でも夏の勢いの衰えを実感する事が出来ます。
それは、木立から耳に届くセミの鳴き声。
あれだけやかましかったミンミンゼミやアブラゼミの声がほぼフェードアウト。
今は、わずかにツクツクボウシの声が耳に届くだけ。
あまりにも見慣れてしまったこんな光景も、今や貴重な目撃体験になって来ました。
(アブラゼミ)
オンブバッタ褐色タイプ
昆虫世界の主役交代が着々と進んでいます。
バッタの仲間で、これから多数派の座を占めてゆくのがオンブバッタ。
まだ緑が鮮やかな草地で目にしたこれは褐色タイプの個体です。
今はまだ違和感ありありですが、やがて枯れ色に染まる草地にぴったりはまる筈。
蜘蛛の幼虫集団
秋の野に生きる昆虫達にとって、脅威の存在となるものも続々と誕生中です。
ちょっと気持ち悪いのですが、これは誕生後間もない蜘蛛の幼体の集団です。
私の接近を感知して、一斉に動く様は、まさに ”蜘蛛の子を散らす” って言う感じ。
それにしても、これが全て順調に成長したら、どえらい事になりそうです。

※9/12に都内で撮影